久しぶりの飲茶~~

昨日は本当に久しぶりの飲茶を食べに行ってきました。二人だけの生活になると飲茶にも行かなくなってきます。中華そのものも行かないなぁ、最近。やっぱり人数がいないと面白くないですもんね。

で、昨日は友人を誘って3人で久しぶりの飲茶に行きました。場所はオーストラリアフェアの中にある第一楼、Top Oneです。

こんな感じの店。この写真では見えない奥の方にも席があってゴールドコーストとしてはかなりの人数が入れる大型店です。

そこのオーナー。

彼女とはもう20年近くの付き合いになります。初めて会ったのは彼女がサーファーズパラダイスにあるGolden Fortuneという店でウェイトレスをしていた頃。当時から光っていた女性で、他の従業員とはまるで違っていました。中国本土から来た留学生だと言っていました。今ではいくらでもいる本土からの留学生ですが、当時はかなり裕福な家庭の子じゃなければ来られなかった時代。どんな家に育ったのか知りませんが、頭の切れる女性で、サービスも完璧でしたっけ。

そんな彼女が同僚のウェイターと結婚して独立。小さな店を二人でやっていましたが、どんどん大きくなって今ではゴールドコーストの一番店と言ってもいいくらいの店を構えています。やっぱりやり手ってどこの国でも一緒。大したもんです。

点心はカートに載せてテーブルの間を回っていますが、メニューもあってなんでも注文が可能。

まず我々が頼んだのはいつもの定番。ハーガォ(エビ餃子)とホタテのシュウマイ、そしてはじめて見たシュウマイ(海鮮だったかな?)。

そして我が家が中華を食べるときには絶対に必要なラーチュウシーヤォ。どういう漢字を書くか忘れましたが、いわゆる英語で言うと Fresh Chili with Soy Souce。今ではこれが無いと食べる気がしないくらいです。ジャブジャブ使います(笑)。マレーシアでは必ず出てくるサンバルはこちらではまず見ません。

それとコレも定番。鶏脚。ニワトリの足でジャンケンするとチョキしか出せないやつ。これも白と茶とあって、これは茶の方(赤だけど)の味付き。私は味がついていない素の鶏脚が好きなんですがこの店には無し。

そして排骨、スペアリブ。これはたいていお替りするぐらい好き。

そして北京ダック。普通飲茶を食べに行って北京ダックを頼むことは無いのですが、久しぶりなので北京ダック。

この店には北京ダックの半身がないそうで、じゃぁ諦めようと思ったところ、彼女の No Worries という一言で特別にやってくれました。本当に彼女は友達としても客としても大事にしてくれますので、我々が中華を食べるときにはどうしてもこの店に来てしまいます。

もう10数年前から我々が北京ダックを注文した場合、彼女がそれを切ってくれるのがお約束になっています。それは彼女がウェイトレスをやっている頃からで、当時はわざわざ指名していました。やっぱり切り方で随分違うんですよね。我々は肉がついている北京ダックは北京ダックじゃないと思っていて、その辺の切り方が彼女じゃないと上手く出来ないんです。

でもこの店では彼女はオーナーですし、我々もあえて彼女に頼むことはしないのですが黙っていても彼女がやってくれます。

これはただの二つ折りですが、我々が中身の調節をしやすいようにわざとそうしてくれているわけです。

私は北京ダックには非常に強いこだわりを持っていまして、というか、北京ダックほど難しい料理も無いと思うんです。皮がちゃんとパリっと焼けていないと駄目だし、皮に脂や肉が着いていたら北京ダックじゃなくてただの焼き鴨。良く肉屋の窓から見える調理場にぶら下がっている焼き鴨と北京ダックは調理法が違うはずなんだけれど、多分、多くの店はあのぶら下がっている鴨を北京ダックとして出すのが普通なのだろうと思っています。だったら値段も焼き鴨の値段にしてくれないと~~。

そしてあの包む皮もいろいろなんですよね。固すぎたり粉っぽかったり。また中にはさむキュウリやネギ、ホイシンジャンの量や質でもまるで味が変るから得点の高い北京ダックってなかなか無いと思います。そういう意味でこの店の北京ダックは標準。点数をつければ60点か。

では美味しい北京ダックを食べたことがあるのかと聞かれれば、我々は本場の北京の北京ダックを食べたことが無い(香港ではいくらでも食べた)のでなんとも言えないのですが、今までで一番美味しかったのはかつて住んでいた近所、五反田ですがそこにあった上海園という中華料理屋の北京ダックが一番美味しかったです。またそこのフカヒレも絶品で、普通の町の中にある有名店でもなんでもなかったのに本当に不思議。近年有名になった恵比寿に本店がある筑紫楼なんか比べ物にならない美味しさでした。

私たちの新婚旅行は香港でのフカヒレ探訪の旅で、朝食は食べずに昼・晩・晩の3食、ほぼフカヒレばかり探すという1週間の旅だったのですが、なんと、日本に帰ってきてからその日にその五反田の上海園に行きフカヒレを食べ、ここが一番美味しいねという結論でした。

後日談があって、その話を知り合いの香港人に話したところ、真っ赤になって怒り出して、今度香港に来た時には絶対に連絡しろ、世界一のフカヒレを食べさすからとしつこく言われましたっけ。ま、美味しい美味しくないウンヌンってのは好き嫌い、食習慣に大きく左右されますから世界的に美味しいほんまもののフカヒレとはどんなものなのかはわからず。

そうそう、話が長くなりますが、香港のウエイトレスって愛想がないなと思っていて、ある店で非常に可愛い子がテーブルについてサービスをしてくれたときにあの手この手で笑わせようとしたんです。ところがまるで無視。でもちゃんと聞いたことには答えるしサービスは完璧。どうもおかしいなと思って、どうして笑わないの?と聞いたところ、それって駄目なんだそうです。いわゆる給仕って下僕と同じで、主の目を見てはいけない、笑ってはいけない、そして左手を使ってはいけないってのがあると聞きました。これは高級店ほどそうだとのこと。

オーストラリアみたいに世界は皆友達みたいなサービスが当たり前のところにいると、ニコニコ笑って知り合いなら家族の話をするのが普通だし、ちょっとなれなれし過ぎない?なんて思うこともあるけれど、今ではこういうのが良いなと思います。昨今の日本は変にマニュアル化されていて、丁寧さに不自然なものを感じます。日本料理屋の女将みたいな接客方法が広がればいいのになぁ。

ということで、毎度のことで話が長くなりましたが、その他、頼んだのがこれ、大好きな豚さんです。共食い Crispy Skin Pork。皮がカリカリなのが良い訳ですが、これもタイミングで運が悪いと時間が経ってフニャとしちゃう。この日はそういう意味でアンラッキー。

でも、これ。これこそが私の大好物。Steamed Chicken。醤油味がついて茶色のものもありますが、私はこのシンプルな白蒸しが大好き。これを食べたくて自分自身も家で低温調理を始めたわけです。この日は上に書いたチリ醤油であるラーチュウシーヤォ、あるいは細かく刻んで炒めたネギの薬味の二種類で食べました。美味しかった~~。

彼女には子供が3人いて、この女の子は次女。まだ13歳。しっかりしていて可愛い子でした。お母さんが挨拶に行きなさいと言ったのでしょう。この前にわざわざ席まで来て丁寧に挨拶をしていました。私が生まれる前からの母のお友達なのですね?それが不思議~、なんて言ってました。

この写真は、彼女が店で担当している豆腐(桶の中に入っている)を掬う時に、掬い方がそれじゃ駄目だとお母さんが教えてる図。

3人でビールを何本飲んだろうか。10本ぐらい?その内、半分は久しぶりの飲茶で舞い上がってしまった私~~。久しぶりの飲茶。嬉しかったです。

そういえば、このオーナーですが、愛想は良いですし、接客も完璧。適当にごまかすというかの国特有のいい加減さがまるでありません。いつも笑顔で、笑っていない顔は見たことがありません。

ただし、たった一度だけ凄いところを見ました。

ある日、この店で飲茶を食べようと友人と待ち合わせをしていたときのことです。ちょっと早く行き過ぎまして、店も開いていなかったのです。でも彼女が従業員を集めて開店前のミーティングをしているのが見えました。

その時の彼女の顔。しゃべり方。凄かったです。軍隊そのもの。いつも笑顔の彼女がまるで鬼に見えました。

でもさすがですね。店の従業員もここはかなりちゃんとしている方ですが、それはやっぱり彼女の教育があるからでしょう。そんなところも私が彼女、この店が好きな点です。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

久しぶりの飲茶~~” への8件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 73396c395934736371754c524153685935796159585749784a6731364d6f4957d82e9088e4123f025bac7a8382745d94a46fbc3ff67c68383830a44ca3a77467
    今年の夏、Aucklandに家族で滞在したんですが、飲茶のチキンフィートは飲兵衛の僕もはまりました。
    記事の写真にあるような醤油などで味付けしたドロっとした赤いのと鶏の足のコラーゲンそのものといったシコシコしたのがありますね。ただ、僕が好きなのはあるお店の白いチキンフィートの味でした。酢漬けなんだけどニンニク、赤、青唐辛子、あと若干の無色の調味料での味付け。見た目はグロいけど最高でした(笑。
    Aucklandでもいろんなエスニックのレストランに行くといいお店のオーナーさんは皆、なるほどと思わされる雰囲気を感じましたよ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 4a453667594c68314e34746d76667657354d6135564b706c5850495156704564a8ebfa6d6b87815fde0bad7f249779183429d48c5cf65e726a51b49f1fcfd035
    jmさん

    それそれ、それです。白くて歯ごたえのあるやつ。私もそれが好きです。こちらにはjmさんの書かれた酢漬けと、それこそシンプルに蒸した(茹でた?)のがありまして、私はそのシンプルのが一番好きです。

    豚足も大好物なのですが、シンプルに茹でただけが好き。でも中華にはそういう料理がないみたいですね。ヨメさんの実家、福岡ではトロトロに蒸し(茹で?)たやつを焼いて、外側はパリっと仕上げて中はとろけるようなのがあります。あれも絶品でした。

    足なんて気持ち悪いという人が多いですが、美味しいですよね~~。

  3. SECRET: 0
    PASS: 6738505645644e4d5532437669715754486b656c534248685647666467727668728958a48b96843d78d2308530658f72082d7a21740750e05e54c8c6bd6b5bb2
    >福岡ではトロトロに蒸し(茹で?)たやつを焼いて、外側はパリっと仕上げて中はとろけるようなのがあります

    おぉ、これは素晴らしい。一度、挑戦してみようかな。

    daboさんはシンプルに茹でた豚足がお好きということですが、僕は焼き肉屋さんで出てくるようなのが好きです。地方によって違うかもしれませんが、おそらく茹でたやつを塩+黒コショウ+アミノ酸をまぶして食べるやつです。ウチでも簡単にできますしね。アミノ酸が適度に入ってる方がジャンキーだけど美味しく感じるんですよ。そもそも焼き肉屋さんのまぶしダレなんて化調だらけだと思いますが(笑。

    daboさんの食に対するこだわりは凄いですね。肉汁などを残さず食す調理なんて圧巻でした。

    あと、蟹の話も印象深かった。顰みにならって今度、蟹を蒸して食べようと思ってますよ。蟹茹でたときの湯がき汁って見るからに勿体ないし。

  4. SECRET: 0
    PASS: 4b4a7244766468766d5178564251726454694f5663375a7033306b486c4d774e6e88343c2b4e3e5e642e3874731b3ae47495028a0301cb47c5b0381bf1720d52
    jmさん

    私が好きな豚足ってその焼肉屋で出てくるあれです。白くてシンプルなやつ。あれね、オーストラリアにはないんですよ。韓国人の焼肉屋にもないし、韓国食材店で売っている豚足は茶色で輪切りになってて見た目も味も全くの別物。日本の焼肉屋の豚足ってあれは日本独特のものなんでしょうか。

    豚足を買ってきて家で調理しようと思ったのですが、女房がそれだけはやめてくれと言います。半端じゃない凄い匂いで台所もヌルヌル、デロデロになるとのこと。

    蟹ですが、蟹の専門店の人が言っていました。浜で茹でるのがありますよね。あれですが茹で汁はそれなりに古いほうが良いとのこと。そうじゃないとそれこそ蟹でスープを取ることになっちゃう。蟹を茹でるだけのことでもプロの拘りはいろいろあるんでしょうね。その点、蒸しちゃうと簡単。(笑)

  5. SECRET: 0
    PASS: 44716231496a42774f3731534f6464664e56464e7578425271303259415a395a9e6f1115ace279fa9288aceec6a0885b87c6916ac6b30ee92a1d001fb2e24c22
    連投すいません^^;

    >半端じゃない凄い匂いで台所もヌルヌル、デロデロになるとのこと。

    日本とオーストラリアでは食材の管理が違うかもしれません。豚骨や豚足を自宅のマンションで調理したことありますが、豚骨は噂ほど臭いませんでした。もちろん、換気扇はまわしつづけて近隣に迷惑かけないように用心しましたし。豚足なんて臭いはもっとしません。 牛のテールスープなんかもたまにつくるんですが、同じものをAucklandのアジアマーケットで買ってモーテルの台所で作ったら臭い臭い(笑。肉が日本よりも赤っぽくってスープが黄味がかってるんです。一方、ステーキなんかは真っ赤っかの脂肪が少ない肉質で牛肉の旨さってものはこうだったのかと驚きましたよ。日本でトロの感覚の延長か、霜降りの牛肉ありがたがってるけど馬鹿馬鹿しくなった(笑。

    ラーメンの自作する人を検索すると豚骨の臭いについて色々言ってる人がいることはいますね。特に長時間グツグツやり続けた後、突然臭いがヘドロみたいになることがあるとか。

    豚足ですが、経験からいうと豚骨や鶏ガラなどと比べると脂は殆ど出ないんですが、コラーゲン質ですからヌルヌルではなくヌチャヌチャしたものが出ますね。けどまぁ、丼鉢に豚骨並べて圧力釜で蒸してやれば汁は殆ど丼鉢の底ですから非常にお手軽であとも楽だと思いますよ☆ daboさんのお好きな日本の焼き肉屋さんの豚足、案外お手軽に、そちらでも出来るかもです。

  6. SECRET: 0
    PASS: 424e56476b723339366c597a437069355a4b716a4f7a704b7372395063546b3771f7e70cfb902107a0a5a76ccd6fccf81260453adc87d581a2c088f090771375
    jmさん

    豚足が臭くないってのは信じられません。豚骨のスープを煮出したこともないのですが、こちらの豚はかなり臭いと思います。こちらに来た頃は豚を食べたくなかったくらい。今は豚は臭くて当たり前でこれが豚らしいと思うようになりましたので平気ですが。

    牛もそうで、こちらの安い牛肉は牧草の匂いがするんです。牧草の匂いというと青臭さですが、言葉を変えれば牛の糞の匂い。(笑)

    オックステールは好きで月一ぐらいでスープを作るのですが、これは平気かな。でも内臓の臭さは半端じゃないです。でも聞いてみるとこれは日本とて同じで、脱臭するとのこと。ハイターのような薬品を使うところもあると聞いたぐらい。だからこちらのホルモンって普通に料理したら臭くて食べられません。韓国料理屋のホルモン鍋もかなり匂うし。

    でも豚足はやってみたいです。大丈夫かなぁ。

    このブログの読者で友人でもあるちりとてさんが書いていましたが、豚はオスが臭くて、中村さんという日本人がやっている肉屋さんではメスしか仕入れないと聞きました。中村さんに相談して豚足を手に入れればまた違うかも。

    やってみるかなぁ・・・。怖いなぁ・・・。

    前にブログで書きましたが、豚バラでさえも匂いが鼻につくわけだし・・・・・。

  7. SECRET: 0
    PASS: 47627739316f626169377848616477414439386c675a695474334d4a4935436c8e55f04f3f6b1a66cc18b4815a1524ec1790187275be96fc6b688b3cd1e2aa88
    >豚足が臭くないってのは信じられません

    と言われてよく考えてみれば、すいません、日本のお店で買ってる豚足は下処理してあるのを思い出しました。^^;

    >ハイターのような薬品を使うところもあると聞いたぐらい。

    お気に入りのホルモン焼きのお肉屋さんがあったんですが経営者が変わったのか突然、ミノやテッチャンがシャバシャバのヘロヘロになってしまいました。要するに弾力がなくそれを食べるとクリニカで歯を磨いた直後みたいに歯と歯がこすり合うときキュッキュッとなるんです(笑。 まぁ、ホルモンはテッチャンとかなってくると出口に近い分、大腸菌のリスクが高くなるから次亜塩素酸系の洗剤で徹底的に洗浄するんでしょうが、あまり度が過ぎると薬品口に入れてるような感じになるのでその店にはサヨナラしました。

    >オックステールは好きで月一ぐらいでスープを作る

    鶏ガラのスープとかはいかがですか? あれは繊細なスープですが年寄り子供にもピッタリで滋養豊かなのにラーメンのベースにも使えるというやつです。鶏ガラはあんまり日本と海外の違いがなさそうな気もします。

  8. SECRET: 0
    PASS: 4a64304f5a75756e4274396344634f73396a6b304455655a6a664f51327768319681b8becd765ff81ef2cce504c8096afdbf439664053b8b2c90b7218f2266ce
    jmさん

    やっぱり匂いの強いものの処理は我々の想像できない凄いことが行われている可能性ありですね。

    鶏がらスープですが、まず我が家は鶏モモが好きなんです。で、皮も好きなので皮付きが欲しい。ところがスーパーでは皮付きとなると骨も付いてて、骨無しとなると皮もないんです。骨無しの皮付きは日本人の肉屋さんで手に入りますが、最近もっとわがままになってきまして、モモはモモでもいわゆる膝下、ドラムスティックの肉が一番良いということに決定。

    ところがその膝下の部位だけの皮付き骨なしってまずどこにもないんです。しょうがないので骨付きのドラムスティックを買ってきまして、自分で解体します。これが結構面倒。

    で、その時に出た骨でスープを取ります。

    鶏がらって買ったことがありません。値段が中途半端なんですよ。手羽が同じような価格ですし、鶏がらが高く感じます。それと最近、鶏でも豚でもスープを取るにはミンチが使えるってのに気が付きまして、ミンチでスープだけ取って肉は捨てることもあります。少量で良いスープが取れますし意外に経済的。また豚ミンチでスープを取ったあとミンチはそれだけ甘辛く炒めるとしつこくなくて結構良いおかずになったり。

    また本当にオーストラリアっていろいろ無い国で、鶏にしてもブランド鶏なんか聞いたこともないし、ブロイラーか野放し生育かの違いだけ。いろんな種類がないんです。で、いつも買うのはブロイラー。

    日本の美味しい地鶏を食べたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *