悩ましい豪ドル

豪ドルの外貨預金、債券をお持ちの方、そしてトラリピを行っている方は多く、豪ドルの動きが気になる方は多いと思います。

で、今の時点の豪ドル。またややこしい動きになってきましたね。

円の売り介入があったので当然豪ドルは上がった。でも84円弱の値って高すぎる感があったわけで案の定ダラダラと売られ続けて円売り介入時の価格どころかそれ以下に売られ、今はちょっと戻った位置。

これからどう動くのか考えてみてもややこしい感じがします。

一時間足で見るとその辺の動きが良く見える。

上のチャートで見るとこれは押し目買い近しのポイント。インジケータウインドウ(赤丸)でもそれは見れて、短期のインジケータが陽点したところが出撃場所。

日足を見ても久しぶりに移動平均も陽点し、位置関係から見ても上昇トレンド確定の様子。

ところがそう簡単には問屋が卸さないのが、はっきりダイバージェンスが見えているし、日足のインジケータの長期も陰転中。実際の値は円売り介入もあって9月の高値を抜けたもののすぐ売り戻されてこの辺にかなり強い抵抗があるのも簡単にわかる。つまり上がってきたものの上昇力はさほどなく、上値も限定的であろう事が見える。

こういう時に買い出撃するべきでしょうか?

私にはわかりません。(笑)

せいぜい「陽点を確認後」小さな試し玉、斥候隊を投入って感じでしょうか。これが一分足のスキャルピングだとしたら当然出撃となりますが、でもすぐに逃げられる準備をして出撃をすることになると思います。

9月の高値も終値で完全に抜いて、全て緑になったら突撃だと思うのですが、そこまで行くのかどうか。悩ましいポイント。

週明けの動きには注意が必要ではないでしょうか。

ところで昨日のオプションの彼との話の続きですが、って本当はこの話のほうがメインなのですが(笑)、私が彼に一番聞きたかったことは豪ドル資産のヘッジに関してです。

上昇してきてここらが天井、あるいはこの値なら納得と思える値になったら先物でもFXででも豪ドルを売ればいいわけですが、金額が非常に大きくなりますから、そしてそれプラス、スワップの支払(先物だと値にそれが含まれている)がありますから、言うのは簡単でも実際にはかなり難しい。

だからいつもバカみたいに見ているだけ(私の場合)になるのですが、オプションでも使ってどうにかならないかというのが私の知りたいこと。

オプションと言っても銀行などが扱っている通貨オプション(なんだかこれってインチキ臭くて問題があるようですね)ではなくて通貨先物のオプションがCME(シカゴ市場)で上場されていますのでこれを使う手があるんじゃないかとずーっと考えていました。

でも彼曰く、それは難しいとのこと。

考え方としてはいいのだけれど、豪ドル・日本円の通貨オプションの市場が小さすぎるとの事。まぁ、その市場が小さくてもこちらの方はもっと小さなゴミみたいな投資家ですからどうにかなるんじゃないかと思うものの、市場が小さいということは値動きにもそれが関係してきて、自分がやりたい売買が出来ないことを意味するようです。

彼の案としては、S&P500のオプションを使うのはどうでしょう、とのことでした。

私は全く知りませんでしたが、豪ドルとS&P500の動きには相関があるとのこと。つまり豪ドルが上がるときにはS&P500も上がり、下がるときもそう。

言われてみるとそうだろうと思うのは、豪ドルって世界中の投資家から常に注目されいるわけですが、世界が安定しているとお金がどんどん集まって豪ドルは上がる。しかしリーマンショックの時もそうですが、世界に不安が広がるといの一番で売られるのも豪ドル。これは豪ドルに投資した資金の回収でもあるでしょうし、またそういう動きのパターンを読んでる投機筋の動きによってもそれに拍車が掛かるのでしょう。

この考え方は円も同じで、円の動きで日経平均は敏感に動きますから、円のヘッジを日経平均で行うという考え方と同じなんですね。それを言うならオーストラリアにはASXというオーストラリアの日経平均に相当するものがありますから、これも相関関係にあるはずでそれでも良いかも知れない。でも市場規模を考えればS&Pに勝るものは無い。

つまり、コールを売るということになります。どのくらい遠くのコールをどのくらい売るべきかとかその辺は難しい問題だと思いますが、この戦略はいつか試してみたいです。

ただ、私の場合は円建ての収入は皆無ですが、年間を通してそれなりの円が必要ですので、やっぱり本当は豪ドルのオプションを扱いたいという思いがあります。コールを売って、インした場合にそれは行使されるわけですが、その時には円を持つことを繰り返してもいいかもしれません。

しかし彼のこの考え方を聞いて、彼がどういう視野を持って世界を見ているのかが良くわかりました。私のような近視眼的な見方からは豪ドルのヘッジを株式指標で行うなんて発想は絶対に出てきません。でも彼は世界の大きな流れを見てそれを掴んでいるのですね。これってまさにオプション投資そのものだと思いました。私のようなスキャルパーは目先の小さな動きをとる事を繰り返しますが、彼のようなオプション戦略だと長い目で大きな動きを常に見ているわけで、その辺の違いがはっきりわかります。

この考え方はマレーシアへ渡ってからのリンギット防衛にも使えるはずです。リンギットはデリバティブは一切存在せず、交換そのものも制限されている箱入り娘みたいなものですから、先物やオプションでどうにかしようと思っても無理。もちろんFXでもリンギットの通貨ペアは存在せず(ですよね?)。

今は円高でリンギットとの交換は有利ですが、これも時代の流れと共に変ってくる時が来るかもしれない。また、リンギットに交換した円資産をどうにか下がらないようにしたい時も来るでしょう。そんなときにリンギットと相関するものを見つけられたら、それをリンギットだと思って売買すればヘッジになるのではないでしょうか。

リンギットはドルペッグからバスケット制へ移行したということですが、その構成比は公表されておらず内容は不明。ただ貿易が大いに関係するはずですから、輸出入の額、その割合を加味したバスケットの構成がなされているはず。

この辺を調べた結果を聞いたことも見たこともないのですが、マレーシアの輸出入の相手国、規模を見つつ、円、米ドル、ユーロ、あるいは中国人民元の動きと照らし合わせると何か見えてくるかもしれませんね。

誰が是非やってみてください。(笑)

どうせ暇なんだからお前がやれ?はいはい、そのうちやりますよ~。

------------------------

一時間足ではもうすでに陽転していました。どこまで行くのかな~。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

悩ましい豪ドル” への6件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6c79797575687a477953733958457a653875614142697a6a6d4a336844685375f32f0ac4ab4e18d058e44d7c71c42fb8a3a992f41645e283f64df66a1fc77d41
    豪ドルのヘッジを株式指標で行うなんて発想は私も絶対に思い浮かばないです。
    物事を点で見るか3次元で見るかほどの違いがあるのでしょうね。

    その方とのオプションのお話も読ませていただきました。
    中々面白そうですが、残念ながら私にはそこまでのリスクを受け入れられに無い可能性が大です。
    とは言え、色々な方法があり私には私にあったやり方があるかもしれないと思うので、少し勉強してみようかなと思ってもいます。

    まあ色々と手を付けることが多くて、何から始めていいのやら、この数年遊びまわっていたので、頭の中はバカンス中です。

  2. SECRET: 0
    PASS: 77634635386a7333384230334f45316c414b49435035546f6a3775707a6633728bec3b535d6e74ad56cf86d3847f2cb9474c3309c454c3d6c75bc74031503589
    ずんさん

    仰るとおり自分に出来るとは思えませんが、考え方を知るのは本当に良いことだと思いました。我々なりに消化して新たな手法が見つかると良いですね。

  3. SECRET: 0
    PASS: 47643168495949344d7a614b37365176376152425847653553503334417a5a4597f444673ae8c352b0835580b9aa30b5305fec133c105d7deda37a060f96f787
     豪ドル・円というより、米ドル・ユーロ以外の通貨オプションは流動性がなく、つまりは売り気配と買い気配のサヤが大きすぎるのです。相手の言い値で売ってやるのがバカバカしくなります(笑)。
     また、通貨オプションはIVが低く、結果として使用証拠金にたいする利益があまりに小さいので、その点からもやる気が失せます。

     通貨オプションの板はIB証券のTWSで見れます。原資産はETFを使います(それのオプションが一番流動性があるはず)。ティッカーはドル・ユーロなら「FXE」、ドル・円なら「FXY」です。豪ドル・円はたぶんありません。
     豪・ドル円のオプションは日本国内ではたぶんKakaku FX、SAXO、DMMが扱ってますが、サヤが大きすぎなので実際にやる気になるかどうか……。できないことはないので(仲間内でやっている人はいます)、もし興味がおありなら各社にお問い合わせください。

     私は豪ドルを買っているときは日経225のコールを多めに売ります。225はS&Pの子分なので同じことです(笑)。
     本当ならASX200指数のオプションをやるのがベストなんでしょうけど、これが流動性がないんですよ。オーストラリアは不思議な国で、指数オプションよりも個別株オプション(BHPビリトンとか4大銀行)のほうが出来高があるのです。
     ASXに上場しているオプションの出来高は取引所のHPで見れます。TWSで板も見れます。
     もうひとつの手として、NYSEに上場しているオーストラリアインデックスファンドというETFのオプションをやるという手もあります。原資産は「EWA」なのでTWSでご覧ください。
     いずれにせよ、どれも流動性がイマイチなので、S&Pや225のオプションで代用するほうがいいのではと個人的には思ってます。

     ここらへんは現在、われわれのグループの「海外トレード研究会」で研究中している事柄なので、記述に間違いがあるかもしれません。おかしな点は逆に指摘してくだされば助かります。

  4. SECRET: 0
    PASS: 4275596b4f4755457861766341395a72516378527a68366b6d73797a7535794a35880ae6f85268f95a54fa58fde7299e19dd8827e6f61423f435739e0d41b056
    ポーさん

    なるほど、通貨オプションですが先物じゃなくてETFがあるんですね。知りませんでした。そしてそちらのほうが流動性がある。なるほど。

    しかしAUDJPYのオプション市場が小さいというのが信じられません。そりゃユーロなどに比べれば小さいのは当たり前でしょうが、豪ドルに投資する投資家は世界中に山のようにいるはずだし、円を借りて豪ドル投資のキャリートレードもはんぱじゃない額だと思うのですが、オプションは利用しないというのも理解の外です。これだけ巨大なマーケットなのに不思議ですね。

    ASXは先物をちょっとだけいじったことがありますが、まさに値動きはアメリカのコピーで、今は知りませんが当時は大きく動く時間帯がアメリカ時間になってしまっていて、さすがアメリカ従属の国だと思いましたっけ。それならリクイディティの高いアメリカ商品の方がいいですもんね。

    お会いしたときにお話させていただきましたが、やっぱり私の手法だと国債のような巨大な商品の方が良いようです。小さな商品だと値動きが荒くてチャートもノイズだらけ。でもe-miniもノイズが多いから大きさは関係ないのかな。e-miniならDAXの方がやりやすかったり。でもEurexならDAXよりStoxx50の方がチャートに乗りやすい。ベストはBundですが。とにかく投資対象は何でも構わないんです。値動きがチャートに乗りやすいかどうかそれだけが問題。あとは取引高ですね。ポジションを大きくしても値が飛ぶようなことが無ければ何でもOK。

    教えていただいたVIXですがチャートを見てみました。これは値動きも大きくて面白そうなのですが、残念ながらティックチャートで確認するまでに至らなく、スキャルピングから見た動きの性格がわかりませんでした。

    ポーさんは投資時間が長いですから、そういう目で見ると値動きが大きく面白いと感じるのかもしれませんね。ただ私の場合は、日足レベルでの値動き、いやボラティリティというべきか、それはあまり関係がないんです。いかに日中足のチャートに乗りやすくてノイズが少ない動きをするかどうかが全てで、小さな値動きなら小幅で取ってポジションを大きくするだけですから、それはそれで一向に構わず。

    もしかするとポーさんから見て、こんな値動きじゃ利益を出すのが難しいと思うようなものが私に合っているかもしれません。

    かつて225をやっていたときには、皆が動かないねぇ、という時こそ私の出番みたいな感じもありました。下手に大きくブレない、値が飛ばない状態でフラフラ波を打っているのが私には一番都合が良いんです。FXでも値動きの小さな(しかしスプレッドは高い)アジアンセッションだけ売買するというトレーダーを見つけまして、同じようなのがいるとニヤっとしたことがあります。

    そんな意味で、日足ベースでの値動きではなくて日中足がフラフラ動いている面白そうな商品があったら是非ご紹介ください。

    ポーさんの通貨のヘッジを株式指標でするというのは意外でしたが、私も通貨は通貨でやらなくてはいけないという固定観念は捨ててもいいかなとは思っていたのです。というか、バカな話ですが、要は他の利益で損失を穴埋め出来れば良いというのがヘッジだと思っていて、動きに相関性が全くないとしてもそれはそれでいいのではないか。極端な言い方ですが、他の収入で補うのがヘッジと考えれば何でもいいということになる。

    要はトータルのプラマイがどうなるかということでしかなくて、何を投資対象とするかってのは関係がない。

    でもそこまで考え方を広げてしまうと、ではスキャルピングをヘッジだと思ってやれよってな話になるわけで、振り出しに戻ってしまう。(笑)

    ですのでやっぱり相関性の高いもの、通貨オプションなら相関どころかそれそのものですから、また頻繁に売買するわけでもないし、自分の取引高もそんなにないわけですからどうにかなるんじゃないかという期待は捨てられません。

    ただ、買い手が喜ぶような値しか付かないのであればわざわざ利益をくれてやるようなもんで、そんな売買はしないほうが良いのでしょうね。

    今の状態では実際の値を見ることもなく考えているだけですから全く意味がないですが・・・・

  5. SECRET: 0
    PASS: 537836754e6f4641616547484f44336a314c473573514f504b747554617349764936e5fdf92116f942f965bac75620b54caa2ff2039ca92cb88b15d58c7e1bb4
     トレンドは出ずに小さな上下動だけが続いているのがスキャルピングにはいいんでしょうね。
     スキャルピングにあった銘柄を探してくるというのは興味深い発想です。なにこの小動き!?とあきれるようなモノを見つけたらご報告します(笑)。

     アメリカってふざけた国でして、指数の2倍や3倍の値動きになるようなETFってものがあるんですね。たとえばプロシェアーズ・ウルトラ・ダウ30(DDM)というETFはダウの値動きの2倍だけ動くようです。
     こんなものマネーゲームとしか思えませんが、小さな上下動も2倍3倍に増幅されるので、もしかしたらいいかもしれません。
     リンクを貼ったページではいろいろなETFがわかりやすく紹介されているのでお勧めです。

  6. SECRET: 0
    PASS: 6477545043374f3479744f546e53764864623534377835724d676b6e4e777475f172d87c3eb29cf2da3e344af506d1c902bb297269893fb31899f76874eab341
    ポーさん

    いやいや、私はトレンドフォロワーですからボックスで動かれたりチョッピーな動きは一切だめです。

    ただ一般的にボックス内の動きだと言われる動きでも、私はスキャルパーですから1分足とか短い足でみると、そのボックスの動きも大きなトレンドの集合体なわけです。だからやっぱり基本はトレンドがないと私は手も足も出ません。

    そのDDMってのも面白そうですね。動きが大きいというのは売り買いが交錯してノイズも多いのか、それとも大きな津波が動くようなトレンドが出来るのか、是非1分足、あるいはティックチャートで見てみたいです。

    面白そ~~~~。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *