ホームセキュリティが・・・

こちらはこそ泥が半端じゃなく多いので一軒家はセキュリティシステムを入れているのが普通です。我が家はそれでも5回泥棒に入られました。

本日何度も何度もセキュリティ会社から私の携帯に電話が入りました。家に掛けても誰も出ない場合は携帯にと届けてありますので携帯に電話。で、彼らから電話が入るということはセキュリティに問題があったから。

本来はすっ飛んでいって家の様子を見るべきなのですが、最近何もないのにセキュリティアラームが作動することがあって、またかぁ、と思い放置しておりました(センサーの反応が続かない限り1分でリセットされる)。我が家には体長15センチぐらいの大蜘蛛が住んでいますし、ヤモリやゴキブリがセンサーの前を通ると反応してしまうなんてことは日常茶飯事です。

ただ、もし私と連絡が取れない場合はセキュリティ会社のガードマンが家に急行することになっていて、私が前立腺の手術で日本に行っている間も数度それがありました。

しかし一日に何度も電話が入るっておかしいなと思い家に行ってみました。するとセンサーが反応した部屋のセンサーそのものが壊れていました。

セキュリティシステムの故障って、それが動かないのが故障と考えるのが普通ですが、今回はセンサーが常に反応するという故障だったようです。つまり、今日ほぼ一日サイレンが鳴り続けていたということ。(笑)

セキュリティシステムが作動するとそれはすぐにセキュリティ会社にわかるようになっているのと同時に、家では恐ろしいほど大きな音のサイレンがなります。ブーとかビーとかじゃなくて、ホワンホワンホワンというそれこそ工場か野球場で鳴るような凄い音。2,3キロ離れていてもすぐわかりますし、もし隣の家のサイレンが鳴ると物凄い音で自分の家のサイレンなのか隣のサイレンなのかもわからないほど。

つまり、隣人はびっくりして飛び起きるわけです。それほど凄い音のサイレンが今日一日ずーーっと鳴り響いていたということ。(笑)

きっと隣人はノイローゼになってるかもだ。

このセキュリティに関してですが、アラームが作動するとセキュリティ会社からまず電話が入ります。そこでこちらは暗証番号を言うわけですが、もしそれを間違えると大変なことになります。セキュリティ会社のガードマンと警察がすっ飛んでくる。

彼らは暗証番号が違っていても、違うということははっきり言わないようです(間違えたことがないから良くわかりませんが)。つまり泥棒に入られたとして、セキュリティ会社から電話が掛かってきたときに、それに泥棒が答えるかもしれない。あるいは住人が泥棒に驚かされている状態かもしれないわけです。その時には泥棒が・・・なんて言ったらどんなことになるかわかりませんから、わざと暗証番号を間違える。するとセキュリティ会社も何かあったなというのがわかるわけです。

あるいは、火事、警察、医療関係のボタンが決まっていますのでそれを押せば何の連絡も無しに警察なり消防車なり救急車が来る様な仕組みです。

ところがですね。子供が学校から帰ってきたときとか一人でいるときにアラームを鳴らしてしまうことがあるんですね。で、慌てているときに電話が掛かってきても暗証番号をちゃんと言えない、覚えていないこともあるわけです。

当然泥棒かもしれませんから警察が来ますが、俺はここの家の子供だ~~、なんてわめいて泣いても、はい、そうですかと簡単にはすまないわけです。親と連絡が付かない場合は警察署に連行ってことになるのかもしれませんね。

また、こちらの泥棒は若者のこそ泥がほとんどで、凶悪犯の話はこの20年で数回聞いたことがある程度です。若者が遊ぶ金欲しさ、あるいはドラッグを買うためかもしれませんが、かなり前ですが冷蔵庫の中の食べ物を食べて出て行っただけだったなんてのもあるくらい。

そういう若者を大目にみてやろうという風潮がこちらにはあるような気がしてしかたがありません。警察も捕まえる気なんかまるで無い様ですし、一応警察を呼んでもよっぽどじゃないとすぐには来ないし、来ても「命が無事で良かったね」で終わることがほとんど。

我が家には5回入られましたが、一度はヨメさんの洗濯場に隠しておいたハンドバックを取られました。3回は未遂(セキュリティがなった)。ただ、一度だけごっそりやられたことがあります。このときは明け方で長男が徹夜で勉強していまして、セキュリティを掛けていないのを泥棒が知っているかのように、そして誰も気が付かないうちにやられてしまいました。

財布や隠しておいた宝石貴金属、日本円、米ドルなどの外貨、パスポートなども綺麗に持っていかれました。これは本当に不思議で隠してあった場所を知っていたのかと思うほどの手際の良さでした。今考えてもまず絶対思いつかないようなところに隠していましたので、プロって本当に凄い。

それと、私の財布、ヨメさんのハンドバックがやられたわけですが、なんと私の財布は私が寝ているベッドの横に脱ぎ捨てたズボンから。そしてヨメさんのハンドバックは別部屋でヨメさんが寝ている枕元から盗んでいったのです。

これも不思議で、全く気が付かないなんてことがあるのかどうか、その後家族で実験してみましたが、どうやっても音は出るし気配はわかるわけで、いくら熟睡していたとは言え、寝ているすぐ横まで泥棒が来たとは信じられません。また泥棒は洗濯場の網戸をナイフで破って入って来ましたのでナイフは間違いなく持っていた。だから下手に泥棒に気が付いて大騒ぎしたら・・・・。想像しただけでもぞっとします。

このときは被害総額もかなり大きかったので、警察は鑑識も連れてきて指紋採取をしていましたっけ。でも犯人は捕まらず。

ただ、2,3年経った頃、警察から電話がありまして、お宅に入った泥棒が盗んだと思われる指輪が出たという連絡でした。石の種類は?形状は?大きさは?刻印は?と色々聞かれましたが、大きさのところでヨメさんの指輪じゃないのがわかりました。警察官が言う指輪についていたのはエメラルドの一個石で、3キャラットだと言っていました。我が家のはずっと小さいですが、もしその3キャラットをもらえたら・・・、なんて馬鹿なことを言っていたのを思い出します。

このときは本当にしっかりやられてしまったので、カードや運転免許証の再発行、パスポートやビザもそうですが、その手間が大変でした。その他、キャッシュ、宝石貴金属類がやられまして、我々の結婚指輪もその時に取られてしまいました。叔父の形見だった時計とか悔しいことは悔しいのですが、泥棒に狙われたら必ず入られると思った方がいいので、泥棒に隙を与えた自分達が悪いと思うようにしました。

おまけですが、その時に私は父のキャッシュカードを預かってパスポートなどと一緒に隠してあったのですが、当然それも盗まれ、年寄りの父はなんとそのキャッシュカードに暗証番号をご丁寧に書いておいたので、そのキャッシュカードからお金が引き落とされていました。泥棒がお金を下ろすのに使ったATMやその場所もわかりましたがどうにもならず。

私は拳銃(競技用)所持の為に金庫を持っていたのですが、金庫があれば安全と思うのは大間違いで、泥棒がもし金庫を見つけたとすれば、寝ている我々を叩き起こして金庫を開けろと言うはずで、余計なものはないほうが安全。そして泥棒用のおみやげを用意するのも一つの手だとこちらでは言われていまして、いらないカードや2,30ドルだけ入れた財布をあたかもいつも使っているように見せて適当なところに置いておくとか。

ま、鍵を掛けてセキュリティがあれば安全ということではなくて、家の外は誰でもが歩くのと同じように、家の中にも他人が入ってくることがあるぐらいに今では考えています。

あ、そうそう。この時に非常に大事なものを盗まれて大騒ぎになりました。泥棒は盗んだものを長男の学校へ持っていくカバンに入れて逃げたんですね。そしてそのカバンの中には長男が徹夜して書き上げたアサイメントが入っていた。

アサイメントの提出は一日遅れるたびに評価をワンランク落とされるそうで(例えばAからBとか)、彼は気が狂ったように焦っていました。彼が学校へ行ってから警察が来たのですが、彼のカバンが盗まれたことも報告しその証明書を発行してもらったのでどうにかなりました。(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ホームセキュリティが・・・” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 4e744676696e483034304f7a397150593875383137356f78574154426a6e714ee78cc794b5e2a5bd3c59dfea1793a8c26cea09eff96d60595ab52a262d37aea3
    壊れたサイレン、かなり迷惑ですね。
    多いみたいですね、こそ泥。
    うちの隣の老夫婦も、お昼寝中にベッドサイドのバッグから宝石をごっそり持っていかれたと言ってました。
    うちは、金目のものはないのですが、それでも、ある時、外から帰ってきてハンドバッグを玄関に置き、ガレージと玄関の間のドアは閉めた状態で(鍵はかからない)、ガレージを開けたまま、外回りの気になる植木を切ってました。
    ちょっと前のところを切るだけだから、と油断したんですね。
    奥のパームツリーもちょっと気になって、ほんの4~5分ぐらい奥に行っている間に、玄関のバッグから財布と親宛に来た銀行のロゴが入ったレターを盗られました。
    カード類が全部財布に入っていたんで、クレジットカードを即止めました。
    やっぱり後がたいへんでしたね。
    銀行や公的なカードを再発行してもらうために、車が要るのに、まず運転免許証を再発行してもらうための身分証明書がない。違反暦なんかで本人確認しました。
    その後、開封されたレターが郵便受けに入っていたので、近所の人だと思っていたら、娘に話しかけた近所の人が、うちの番地を聞いて、「ああ、誰々さん?」と親の苗字を言ったので、その人がレターを盗った人だと思います。
    現金はほとんど入っていなかったのですが、「使いやすかった財布返して。」と言いたいです。

  2. SECRET: 0
    PASS: 7043744356565373335a516132447359313354596e734c5442717a5357426b73c932c0e3e54443bb444e336f368a8e00f02f650694d6e618ea3f6f199f20c4c4
    ちりとてさん

    ちりとてさんもやられましたか。でもこの国はそういうもんだと考えると、果たして取るほうが悪いのか、取られるほうが悪いのか、なんだかわからなくなるところがありますよね。そりゃ取ったほうが悪いに決まっていますが文句を言っても返ってくるわけじゃないし。

    その取られたレターですが、ご両親の苗字を言った人が犯人だろうというのはわかります。そもそも苗字が違うのに番地からご両親の苗字がわかるわけがない。その人は苗字が違うことなど想像もしてなかったんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *