円売り介入

政府・日銀が円売り介入をしたとのことですが、今回は前回よりうまく行ったみたいですね。

円が上がってちょっと一服したところで一気に介入。最初の一分で75円63銭辺りから77円16銭まで瞬時に円が下がり(ドルが上がり)ましたから、円買いポジションを持っている連中は冷や汗をかいたでしょうね。逃げる余裕はなかったじゃなかろうか。その後、円の売り戻しや提灯筋の円売りで79円50銭辺りまで下がりましたが、今後はどうなりますか。

どうも今までの最高額をつぎ込んだのではないかと言われていますが、前回があまりにもお粗末でしたし、同じようなことはできませんし、今回は周到に準備をしたのでしょうか。

まぁ、投機筋はこれでビビるのでしょうが円高の基調が崩れるとは私にはどうも思えなくて、前回のように結局は何兆円もの税金をくれてしまった形にならないと良いですね。

しかしまぁ、どうしてあの日銀総裁って他人事みたいなものの言い方をするんでしょうか。学者風とでもいうべきか。

「(日銀総裁は)企業が海外進出を決めるタイミングは為替相場の動向が影響すると指摘。現在の為替相場はリーマンショック前と比べてかなり円高で、国内回帰から海外シフトに企業戦略が戻りつつあり、短期的には過去の平均的なペースに比べて海外生産シフトが速く進む可能性があると懸念を示した。」

反面、安住大臣は「納得いくまで介入する」なんて鼻息が荒いですから、これでバランスが取れてるんですかね。

前回の介入のチャート。

ドルの上昇(円の下降)トレンド(小さなトレンドですが)で円売り介入。これってその方向へポジションを持っているトレーダーが多いってことだから、手をたたいて喜んだトレーダーがいっぱいいたんじゃないでしょうか。

当時、私の主銀行の担当が「そろそろ(介入)ですね」なんて言ってましたから皆さん準備はしていたのでしょう。その割にはこのチャートを見てもわかるように、最初の一分で1円動かすこともできず、ましてや介入3分後にはあわや行って来いになるくらい押し戻されましたから、今回はかなり頑張ったのでしょう。

しかしどうも円高に対する緊張感ってのが感じられなくて私としては面白くありません。

かの国だとこれ以上自国の不利になる動きが続くようなら担当者、担当大臣は「粛清」ってことなんでしょう。ああ、日本にも「腹切」なんてのがありましたっけ。

今の日本には責任者不在みたいな感じがします。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

円売り介入” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 444c3543684a54367248684742713873624d74434d7061696477305235373837b2dd86b96de9825ede031669daa30819a745c956bd2e2defdea124920477df6e
    為替介入は結局一時的な可能性が高いのでは?
    根本的原因は、米とユロにあるので・・・
    一番良い方法は、円を刷る事ですが、結果インフレになっても困るので、今のまま様子見で良いのではないかと思います。
    いずれにせよ、長期で見てドル安傾向はあるわけだし、かといってこのまま円高が続く訳もなく、そう遠くない先には円安の時代が来ると思っています。

    トラリピは、ちょっと試行錯誤中です。
    正直、頭の中がまとまらなくなっています。
    トラリピの戦略根本よりも、トラリピに対する考察が自己矛盾だらけで消化不良です。
    逆張り・順張り・トレンド等、そもそも予測をするのならトラリピの必要があるのか?

  2. SECRET: 0
    PASS: 4a744d5a43376b577a6b7135336b554d7672636a7548665a59697a314e664e4842f8a11725f2dd9f22cb6504fd9b52c8f377e0ab9aaa1880c268d0d9d81d12b9
    ずんさん

    日本の方はあまりにもインフレに敏感になりすぎているような気がします。いや、インフレが困ると思っているのはお金持ちだけかもですね。(笑)

    私はインフレが当たり前の国にいるせいか、またこの国を見ていますとインフレをうまくコントロールするのが経済だという感じを受けています。インフレ状態でないと金が動きませんし、収入も増えませんから。

    かつて中曽根さんの時代に竹下さんと組んで、天皇在位50年記念だったでしょうか。アメリカに貿易不均衡でいちゃもんをつけられたこともあって記念金貨をだしましたよね。あの当時で1兆円以上の金を集めたはずです。

    あれって日銀は関係なくて政府の発行ですし、発行しても借金は増えないんですね。本当なら政府紙幣でも発行しても良いんじゃないかと私は考えているのですが、それが駄目ならとりあえず東日本復興祈念コインでも出せば良いと思っています。今の需給ギャップを考えると10兆や20兆の金が増えたところでインフレになるとは思えませんし、インフレになるから「やらない」のじゃなくてそれをコントロールする知恵が欲しいと思っています。

    確かにいつか円安の時代が来ると私も思っています。近い将来、国債を日本で買い支えできない時が来そうですし、その時にどうなるか考えるとぞっとします。

    トラリピですが、正直なところ私の中ではやっぱり結論が出ちゃっています。

    楽をしたい。放置で利益がでるなら・・と思うわけですが、どうやってトラリピで勝つか考えると、それって普通の売買と全く同じだということに気が付くわけで、またトラリピって偶然に結果をゆだねる部分が多すぎて、塩漬けをコントロールするのも難しそうですから、結局それを続けても建て玉を増やして利益を大きくすることは不可能だろうというのが私の考えです。

    それなら普通に売買すればよし。いつもここに戻ってきてしまいます。

    楽して・・・ってのは夢なんでしょうね。(笑)

    でもトラリピの戦略を考え、それで自動運転させることを考えていると、結局トラリピを離れた普通の売買でも通用する戦略だというのに気が付きます。そういう意味で今まで気がつかなかったこと、見落としていたことがわかるような気がしますので、もう少しグダグダ考えてみようと思っています。(笑)

  3. SECRET: 0
    PASS: 6937657a6975366a4761616f4752484779334a564e7532535747706678394d661ec192e94476ea161e98804bcca4d088ac09aadff8b4737993833c4fca1aa677
    今回のdaboさんの話、本文よりコメントの方が興味深いですね。
    こちらのlibraryで高橋洋一という人の書いた「日本経済のウソ」という本を借りました。
    わたしには難しくて、2ページ読んでは眠くなったんですが、一応強調していたのは、今の日銀が日本をデフレ経済にしている確信犯、との主張。daboさんのおっしゃるように、インフレでないとお金が動かないのに・・・ですね。
    マイナス1~0%になるように、金利や量的緩和の操作で完璧にコントロールしている、と。
    今のように物価がマイナスだと実質金利も高くなるので、通貨高が実現しやすくなる。(???このあたりは専業主婦の理解を超えています)
    量的緩和によって、実質金利をマイナス金利に出来るのに、白川総裁はしない。
    1999年から2001年にかけて行われた速見総裁時代のゼロ金利と量的緩和政策に反対したのが当時審議官だった今の白川総裁と山口副総裁だったし。
    実は日本の景気が悪いのは、サブプライムローンの波状の余波というより、2006-07年の金融引き締めが原因とか、そんな話でした。
    賢い人がたくさんいるのに、なかなか日本経済がよくならないのはどうしてでしょうね。

  4. SECRET: 0
    PASS: 7372417976344b566b6f5476456f654b6d68644f46576971376830576a714e38bde826dcdb4a690f72123c83058d1b3847350b5d6edad8773fde8db93f4639b8
    ちりとてさん

    高橋洋一さんの書物を読まれたのですか?私は彼の書物を読んだことがなくてテレビやインターネットで彼の考えを知るだけなんですが、彼はユニークですよね。頭も切れるし視点が非常に面白い。大好きです。

    金をどんどん刷れってのが彼の持論ですが、彼の言うほどまでやったら恐ろしいような気がするものの今の政府や日銀は彼に耳を傾けても良いんじゃないかとは思っています。

    まぁ、彼は責任の無い立場だから言いたいことが言えるんだ、なんてのが大勢の意見なんでしょうが、そういうことを言ってると改革は出来ないと思っています。

    小型のモーターボートなら小回りが効くし何でもできますが、超大型タンカーはそうはいかない。ましてや日本はまだまだ世界の大国だし、日本の出方一つで世界も変るわけですから慎重になるのはわかる。

    でもねぇ、どうも日本のリーダー達に私は大きなビジョンとリーダーシップを感じないんです。社長じゃなくて副社長、経理、総務部長みたいな人はたくさんいるけれど組織を引っ張っていく人がいない。そんな感じ。

    賛否両論ありますが、私は田中角栄みたいなパワーのあるリーダーが欲しいです。また小泉さんみたいに、彼のやろうとしたことが良いか悪いかという点では私は疑問があるのだけれど、あの行動力って大事だと思います。

    我々は日本を出ていますし、有難いことに子供達はどこの国へ行っても生きていけるようなスキルと頼もしさを身に着けていますから日本にこだわる必要ってないわけですが、世界を見る観点から日本を考えると、もう日本は終わったなという感じがしませんか?とりあえず日本を脱出して子供達を育てることが出来たのは大正解だと思います。

    まさか日本が観光とサービス業で食う国になるとは思わないですが、このままだと今まで日本を支えていた産業そのものが衰退して、あるいは消えて行ってしまう恐怖を感じます。

    自国が良ければそれで良いというのが世界のパワーポリティクスだしそれで各国がしのぎを削って世界のバランスが保たれていると思うのですが、民主党(野党もか)しかり日銀総裁しかり、あまりにもお人よしで、もしかしたら無国籍主義者じゃないかと思うくらい。

    他国が滅んでも自国だけは絶対に守るという気概を全く感じません。それどころか世界のためには自国が滅んでも良いと思っているフシがあるように思えます。

    少なくとも民主党や今の日銀総裁みたいなリーダーしかいない会社だとしたら、私ならさっさと辞表を書くのは間違いなしです。

    >賢い人がたくさんいるのに、なかなか日本経済がよくならないのはどうしてでしょうね。

    本当ですね。不思議です。

    私が思うに、戦争と平和って一枚の紙の裏表でどちらかだけを取る事って出来ないはず。でも日本は直接手を下すことなく他人任せで平和を維持してきた感がある。これって温室育ちの子供と全く同じで、自分で行動し、それに責任を持つことを完全に忘れちゃったような気がします。平和ボケって国防だけに関することじゃなくて、そういうボケは全てに通じると思うんです。命を賭けて戦うことって戦争を賛美するわけじゃありませんが、そういう戦いは全ての分野であるわけで、戦うことそのものを拒否している、リスクを取る事をしないのが当たり前になっているような感じ。

    つまり全てが万事他人事でしかなくて、自ら解決しようとしない、解決しようと思ってもできない。そういう体質が出来上がったような気がします。優等生を気取っている間に身ぐるみ剥がされることに気が付いていない。そんな感じ。マッカーサーが狙ったのはまさにこれで、今でも戦後を引きずったままで自己を取り戻せていないのが日本だと思います。

    世界はしたたかなのに、真面目な日本人はそうであることを嫌うのはなぜなんでしょうね。これもまた世界の秩序を乱した日本人というレッテルの呪縛のような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *