zulutrade

はい、また相場の話です。

相場に興味がある人、楽をして儲けたい人はこのzulutradeを知っておくべきだと思います。これは前の日記に紹介しましたが、自分では売買せずに、うまい人の売買シグナルをそのまま頂戴してその人と同じ売買を自動で行うというシステム。

面白いでしょ?

ここ  ←クリック

我々がコピー・フォローできる人たちはかなりの数存在します。数千人でしょうか。彼らはシグナルプロバイダー(SP)と呼ばれますが、SPの中には当然下手糞もいるし、それこそ我々誰でもがSPとして登録できます。

で、SPは自分で売買、あるいは自動売買ソフトを使って売買するわけですが、その結果が全て公表されています。勝率100%のSPもいれば勝率は50%前後だけれど利益をコンスタントに出しているSPもいる。どういうSPかというのは、それを選ぶ我々のこのみで選べるわけで、また、ランキングというのがあって、評判の良いランキング、勝率のランキング、あるいはドローダウンが少ないランキング、または一回のトレードが長いか(数日)、短い(数分)かで選ぶこともできます。

ランキングはこんな感じ。画像をクリックすると大きくなります。

それぞれのSPの詳細を見るとこんな感じ。一番上の超有名人であるRichterをクリックすると

このように詳細が見れます。グラフのところにタブがありますのでそれを押すともっと細かいこともわかる。

では実際にどういう風な売買をしているのかの売買履歴もこのページの下のほうを見るとわかります。

濃い緑はそこそこの利益、薄い緑は少ない利益、白っぽいのはもっと小さな利益。逆に損失は同じように赤で表示されます。ただこの例では赤が無い。つまり全く負けてないことを意味します。そしてどのくらいの利益があるのかは表の右端を見るとわかりますが、一回で数十から100pipsを超える利益の出たトレードがある。

これを見ると、すげーーーって思うわけですが、上のパフォーマンスのデータを見ると、彼の勝率は96%と出ています。異常な勝率です。これを見ると、神だ!なんて思う人もいるかもしれませんが、これってつまり負けトレードは決済せずに、値が戻るのを待つ戦略をとっているのが想像できますね。それでも駄目だと思ったときには損切りするわけですが、その損切りの回数はかなり少ないSPです。上のパフォーマンスのグラフを見ると、順調に利益が増えているのに途中落ち込んでいるところがわかりますが、これが損切りしたときってこと。

値が戻るという自信があるからドローダウンが大きくてもそのまま保持するわけで、どうしてそこまで自信がもてるのかは私には全くわかりません。

ただ、為替の場合は大きなトレンドで動くより上下に繰り返し動く期間がほぼ全体の80%であると言われていて(通貨ペアによっても癖が違う)、「負けても待っていれば値が戻る」ケースが多く、それを期待しているように私には思えます。

このトレード結果は結果ですが、では今持っているポジションはどうなっているのかを見てみます。

現在保持しているものはまっかっか。つまりドローダウンを抱えているということ。少ないものは23.9pipsですが大きいのは120PIPを超えている。

そこで前の緑色ばかりの売買記録をもう一度見てください。それぞれのトレードの詳細に注目です。

彼がそれぞれのポジションを保持している間の高値が「高値」で、安値が「Low」、そして「利益」の欄に何PIPS利益を出したのか書いてある。

一番上の 高値 175 LOW -18 そして利益が125.1 なんてのは素晴らしいの一言ですね。拍手喝さいです。彼が買ってから下げは18あったけれどその後上がって175まであった。でも彼が手仕舞いした時点では125.1。つまり彼はもっと上を狙っていたんでしょうね。でも下がってきたから手仕舞いしたであろうことが想像できます。

こういうトレードなら我々も安心して着いていけるんですね。

ところが下のほうを見てみると、高値 38 LOW -118 利益33.8というのがある。これってつまり買った後に急落し、それを損切りせずに保持し、戻ってきたところで売ったというのが想像できます。本来ならここでは買わずに売っていたら100以上の利益が出た場所ってことです。

これらはこのリストから想像できますが、この売買データをエクセルのデータとして落として、それをチャートに読み込むことが出来ます。どの時点で売買したのかがチャート上でわかるんです。

これをやると数字では見えない、彼の本当の姿が見えるって事。興味のある人は是非チャートで売買ポイントを表示させてみてください。気になる人たちの売買履歴をそれぞれチャートに表示すると、うまい下手がすぐわかります。またタイムフレームの違うチャートにそれぞれ表示すると、どういう手法を使っているのかが見えてきます。

私は暇ですから、そんなことばかりやっているのですが、正直なところ、この人はうまい!!って思う人は本当に少ないです。いないと言ってもいいくらい。

多くの人が逆張りで、どんな指標を使っているのかわかりませんが、ボリンジャーバンドや様々なオシレータでも使っているのでしょう。あるいは動くレンジを見てるのか。これってどういうことかというと、簡単に言えば、「高いところは売って、安いところは買う」という手法。

値が上下に動いているときにはこれで十分勝てる。ではトレンドが出来たらどうなる?大負けするってことなんですね。

それでも我慢していれば値が戻すことも多いってことなんでしょう。

私としてはこういう手法は最悪だと言って良いと思っています。それぞれのSPが我々に対して何か書いていることがありますが、自分はプロであると公言するのは良いにしても、中には、文句があるなら自分でやれとか、お前は勝てないから私をフォローしているのだろうとか、フォロワーの書き込みに逆切れする人もいて面白いです。

でも私としては彼らがなんと言おうと大きなドローダウンを平気で抱えるのは絶対にプロだとは思えません。

だいたいおかしいじゃないですか。日ごろ狙う利益は2~30PIPSなのにどうして平気で100以上のドローダウンを抱えるのか。他の有名なSPで500以上のドローダウンを平気で抱えているのもいます。100以上、ましてや500も動くということはどんなチャートを見ているのか知りませんが、完全にトレンドは逆に動いているのは明白です。

それがまた戻ってくるかは誰にもわからないし、もし戻ってくるとしたとしても放置をする理由はないはずです。やっぱり損切りは大事で、そして戻るときにはまた買いなおせば良いだけの事じゃないですか。

ここに彼ら若者特有の意地の強さとか、勝率にこだわりたい性格、あるいは負けることを認めたくないアホさが見え隠れします。またこのズルトレードというシステムに関する2ちゃんもありますが、書いている人の多くは頓珍漢が多いことにも気が付きました。

今まで儲けさせてくれたのだから我慢しましょう。値が戻るまで待ちましょうとか、あるいはドローダウンが怖くてFXが出来るかと大口を叩く人もいる。でも実際にSP達の売買履歴からSPがどういう手法、どういう考え方でトレードをしているか分析している人はかなり少なく感じます。

またブログを読んでも売買履歴の分析をしてSPの本当の姿を見ようとする人も少なく、単に誰かの売買をコピーするZulutradeでどういう風にリスク分散しようかとか、その程度のことしか考えていないのがわかります。リスク分散は実際の売買結果から見るのではなくて、そのSPの手法でリスク分散させるべきでしょ?つまり、トレンドフォロワーと逆張りを混ぜるとか、ドル円が好きな人とUSD/CADを混ぜるとか、つまり相関関係のない人を組むというのが一番大事なはずなのに、手法を考えずにその人の勝率とかドローダウンの大きさ、あるいはトレードの数で選んで自分のアカウントのマージン調整をするなんて愚の骨頂だと思います。

わかりますよね?トレンドフォロワーの短期売買、しかもロスカットをしっかり出来る人なら大きなドローダウンは無いのが普通ですから、そういう人ばかり集めればマージンコールの危険は少ない。しかし逆に勝率が高い人ばかり集めると、ドローダウンが凄いですからみんなでドローダウンを抱えて真っ青になるってこと。

こんなことは考えてみればすぐにわかることですが、でも実際にやってみないとピンと来ないんですね。SPの癖や手法を調べるのも実際に自分がそのSPをフォローして儲けたり損をして初めて真剣に調べるようになるのかもしれません。

というのがわかっていますので、私はすぐに証券会社に口座を開き、ライブアカウントで多くのSPのフォローを始めました。当初は1000ドルぐらいあればいいだろうと思っていたのが、すぐに危ないのがわかって2000ドルにしました。私は最小のマイクロロットといわれる1トレード1000ドルですからこれで十分だろうと思っていました。

しかし期待は裏切られるんですね。またすぐ追加で2000ドル入れました。(笑)

ここのところの円高、ユーロ安、ポンド安で大きなトレンドが出来ています。で、うまいと言われている人たちのほぼほとんどのSPがこれでやられてしまっています。不思議でしょ?大きなトレンドが出来ていてユーロなんか気持ちのいいくらい下げているんですから、ここでがっぽり儲ける人がいてもいいのに、居ないんです。というか私はまだ見つけていません。で、ほとんどのSPは巨大と言ってもいいくらいのドローダウンを抱えています。損切りをするSPも非常に少なく、私としてはこいつら本当にプロか?って疑ってしまいます。

でも考えてみれば、前の日記に書きましたように、このシステムはSPが自分で売買して儲けるより、多くのフォロワーを惹きつけて、そしてトレード数を増やすと恐ろしく大きなバックマージンがあるシステムですから考え方がちょっと違うのかもしれませんね。

このシステムは2009年から稼動しているようですが、その当時の話題を拾っていくと面白いことがわかります。当時、神と呼ばれていたSPが今は綺麗に姿を消している。不思議でしょ?うまい人なのに今はいない。バカらしくてやめたのでしょうか?それとも何十億も稼いだからもう相場はやめた?(笑)

私としてはこのシステムも相場の世界の縮図として同じだと思っています。先物もFXもなかった昔から、突然神のような売買をする人が現れるんですね。あっというまに数千万も儲けたり。この人どこまで伸びるかと思うと、もう2週間後にはいなくなっていた。ま、それが相場の世界なんですね。

このシステムのSPたちもそうなのかどうかはわかりませんが、彼らの売買履歴を見ていると、いつか消えていく人たちだろうというのを私は断言できます。

たとえこのまま10年儲け続けても、あの手法ならいつか必ず全財産を吐き出すはずだと思います。これって経験してみないとわからないのかもね。(笑)

逆張りの怖さはこれなんですね。でも逆張りは有効な一つの手法だけれど、トレンドが出来てしまったと思った瞬間はすぐに飛び降りる必要があるはずで、そのまま持ち続けたら一体あんたの手法はなんなの?ってことになります。

あるドローダウンをごっそり抱えたSPは、仕込が出来たなんてほざいていますが、日ごろアンタがやっているのは20PIPSを集める手法じゃないの?って言いたくなります。

やっぱり私が信じる、勝てる手法は一つしかありません。大きな(長い時間の)トレンドを見極めて、その中で生ずるトレンド方向の小さな波を取る。これしかないと思います。

ではZulutradeの数多いSPの中にそういう人はいないのか。これが一番大事な点だと思います。今のところ、たった一人だけ良さそうな人を見つけたのですが、今はその人の手法の検証中です。

その人は4時間足で方向を見定め、1分、5分足で出撃・撤退ポイントを決めると言っています。

でもねぇ、それも嘘だというのは昨日の下げでわかりました。

これは昨日の、いや今朝か。EUR/USDの一時間足ですが、彼はチャートに赤丸をつけた辺りで買いに入ったのです。よしよしと思っていたらちゃんと値は上がってきた。私もニヤニヤしていたのですが、次の急落では何もせずに保持です。このチャートの一マスは26PIPSですから、彼は楽に60PIPS以上利益が乗ったのに結局はそれ以上のドローダウンを抱えることになりました。

これは彼のトレードですが、それを私はそのまま私の口座でコピーしているわけで、私ならここで売る!と思えば私がそれを売って利益確定することは可能です。また利益が何ピップスだったら利益確定とか、ドローダウンが何ピップスだったら損切りするとか、自分が考えるルールを反映させることも可能です。

では、どうして私は何もしないで見ていたのか?

だって彼らの腕前を見るための実験中ですから、どううまいか、どう下手か、彼らの長所欠点を見るには最後まで付き合うしかないわけです。今は利益を出そうと思ってやっているわけじゃなくて、調査中だからこれでOK。

ところがですねぇ。

そんな悠長なことを言っていられなくなりました。トレンドフォロワーの彼でさえトレンドが変っても保持するような状態で、他のうまいといわれる人たちはほぼ全て大きなドローダウンを抱えています。私の売買単位はマイクロロットといわれる1000ドル単位ですから、負けてもたいしたことはないだろうと想像していました。またうまい人たちは本当にうまいんだろうと思っていたのが裏目に出ました。

逆張りもいいでしょう。ドローダウンもいいでしょう。でもどんどんナンピンして買い下がって、そしてまた下がってを繰り返すのって素人丸出しなんですよね。ってそれをそのままコピーして売買してる私はなんなのか?

検証中とは言え、ドローダウンが予想より大きくなりすぎてちょっと怖くなってきました。このまま下がり続けるとチトやばいです。でもここまで来たら最後まで付き合おうと思っていますので、後ほど銀行送金してたっぷり口座にお金を入れておこうと思います。

今、どのくらいのドローダウンがあるか?

リストが長すぎて全部をお見せできないのが残念ですが、現在のオープンポジションは全部で74。ドローダウンは14104.8ピップスで金額にすると1745.16ドルです。昨日の夜、私が寝るときには700ドル代のドローダウンだったのに、数時間寝ている間に1000ドル増えてしまった。そして今現在、刻一刻とこのドローダウンは増え続けています。

バカだよね~~~~。(笑)

しかしまぁ、欲の皮の突っ張った人間ばかり集まる世界ですが、これを地獄と呼ぶんじゃないでしょうか。地獄は決して死後の世界だとは私は考えていません。天国も地獄も今のこの世に存在していて、どの世界を選ぶかはその人の想念一つってことなんですね。

このシステムを考えた連中はまさに地獄の管理人みたいなもんで、金を儲けたくて相場を張る人を集め、そこそこうまい人も集め、片方は自分でやらずに他人任せで大金を掴もうと思っているし、また任されるほうは実はカモが売買する手数料が主な稼ぎで、自分の売買そのものは失敗してもたいして腹が痛まない。そんな狸と狐の化かしあいがこのシステムだと思うのですが、そういう場を作って狸も狐からも儲けようとする上手がいるってこと。相場の世界の縮図だと思いました。

でもこのシステムそのものは使えるし良いと思っています。

————————————–

このシステムはただシグナルプロバイダの売買をコピーするだけじゃなくて、トレードの大きさ、利益確定、損切りの基準を自分の好きなように出来ると書きました。

と、同時に、USD/JPYはやらないとか、通貨ペアも選べます。

ここで是非もう一歩突っ込んで欲しいんですよねー。例えば、USD/JPYの買いだけはやらないとか。これを選ぶことが出来たらかなり嬉しいシステムといえると思います。

何もわけがわからないから他人に頼っているフォロワーばかりじゃないわけで、大きな方向性もこちらが選ぶことが出来たら、つまり買いはOKだけど売りは駄目みたいな。もしそれが出来たら、私は本当に自分でやる必要がなくなると思います。

自分は大きな流れだけ抑えてそのつど変更しておけば、あとは要所要所適当なところで出撃してくれれば最高です。

うーーむ。

EAと呼ばれる売買自動ソフトがいろいろ売られているのですが、その設定が出来るものがあれば私には面倒なことがなくなります。

探してみよう。

どなたかご存知でしたら是非とも教えてください。マジで欲しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

zulutrade” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 4567335336414236704a4c6133594e323852766e584275377a4f35737471716fa195587de984b76c64395a67c0027d365f40e4f2b7fbf88c937825afc69425a1
    それこそ最後のdaboさんの後半の数行が全てだと思います。
    ZULUとは、ずるいのずるなのかな?などと勘繰ってしまいます。
    システム運営者もずるいし、シグナルプロバイダもずるいし、追っかけしている人もずるいし、でもシステムそのものは使える。
    それで良いのではないですか。
    そもそも、daboさんも思っているようですが、現在では相場という物自体がそんなものですからね。
    その隙間を突いていくと言うのは有りだと思っています。
    私自身ニッチな隙間産業で身を立てていましたからね。

    でもその中で、世の中の恵まれない人達(特に子供)に多少なりとも還元出来たらと思うところもありますので、システムが出来上がりを楽しみにしています。

  2. SECRET: 0
    PASS: 454a74567a4c5274486e4a6358534641497446306d3173727766667335576a79d4a543a4ed52d8c9a9ad059785247aa188d3b7ff395c05890b80545d74609438
    そうそう。相場をバカにする人が多いですが(私もその部類かも)、では世の中から株式市場が無くなったらどうするのかって話なんですね。とは言うものの、規制緩和が行き過ぎて本来必要の無い商品(CFDとか)がはびこってる感じ。

    ま、ハサミも包丁も、要は使いようってことで・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *