ローストビーフ再び

日本では肉らしい肉を食べてきませんでしたので、肉食系の私は再び低温調理によるローストビーフを作ってみました。

今回は写真付。(笑)

まず、使った肉はこれです。価格が書いてありますが、15ドル42です。重さは1.286キロ。キロ単価は11ドル99。つまり一キロ当たり960円。グラム96円の安い肉です。普通ステーキにする肉はこれの2-3倍くらいでしょうか。和牛の場合はこの6倍ぐらいの価格です。

で、この肉はローストビーフ用として味付けもされています。これはオニオン&ガーリック風味。この手のが何種類かあって大きさもいろいろあるって感じでしょうか。このまま袋から出してオーブンで焼けばOKという肉。

写真はクリックすると大きくなります。

私がやるのは低温調理ですからオーブンは使いません。

今回はこのびったりした袋に入ったまま65度弱のお湯に投入しました。前回より低めです。そしてそのまま30分間放置。

この鍋は圧力鍋ですが、圧力は掛けません。65度弱をキープ出来るように時々火をつけるだけ。10分ごとに温度計でお湯の温度を計るわけです。

その後、取り出してフライパンで焼き目をつけます。それがこれ。

光の具合が悪く、うまく写っていませんね。すいません。私はとにかく焼きすぎの肉が嫌いなので、かといって焼き目が無い肉も面白くないので、適当に火を入れました。

そして粗熱がなくなったころにカットです。

今回の火の入り具合はばっちりでした。真ん中は真っ赤ではなくてそれなりにちゃんと火は入っています。ただ、フライパンでの火入れはもう少しやっても良かった感じ。

私はステーキの焼き方はいつもレアですし、牛のタタキやユッケも大好き。だからこのローストビーフもこんな感じでちょうどいいのですが、ヨメさんには生過ぎるようです。彼女が食べるときにはブツブツ言いながらフライパンで焼いていました。(笑)

最近、私はダイエット食ですので、自分で食べるものは自分で料理するパターンが多くなっていて、このローストビーフも自分で作って自分で食べるしかなく、皿に盛ってもちょっと寂しい感じです。

グレービーを作るのは面倒ですし、そもそもグレービーなり他のソースは炭水化物(糖質)が多いので駄目。だからローストビーフはイングリッシュマスタードと決めています。付け合せも簡単で、ミニコスレタスとタルタルソースだけ。

ニンジンやジャガイモの類は糖質が多すぎるので食べません。最初はアレも欲しいこれも欲しいと思いますし、スープやパン、あるいは米も欲しいと思いましたが、低炭水化物のダイエット食になれた今ではこれだけで十分です。

これを食べても血糖値は全くと言っていいほど動きません。ただカロリーは高いですね。でも低糖質ダイエットではこの程度のカロリーなら全く問題なし。

味?

前回と同じで美味しく食べられました。1キロ超えの肉が15ドルちょいですから、この一人分は多分3ドル程度でしょう。240円(笑)。美味しいし、非常に安いし大満足です。

しかし不思議なのは、どのレストランでローストビーフを食べてもパッサパサで美味しくないということ。焼き方の問題だけじゃないと思うのだけれど、どうしてオーストラリア、いやゴールドコーストってろくなものがないのか本当に不思議。シドニーとかメルボルンに行くと美味しいものはいくらでもあるのに・・・・

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ローストビーフ再び” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 736f7549534243354543616a746c70426f416c685877734b774a457938554434a04e251cdab6b6eef16f633e936407e58b5e850b5baaea7beb0321b1b9567ebd
    ご丁寧な写真と解説、ありがとうございます。
    是非試してみたいと思います。
    わたしは、父が肉といえば「牛肉」しか食べない人だったので、実家ではビーフのお料理しかでなかったんですが、その反動か、わたしが作る料理は、肉といえば「豚肉」か「鶏肉」がほとんどでした。
    そのせいでしょうか、先日血液検査で、「鉄分が足りません。red meat を食べなさい。」といわれました。
    red meatってビーフかラムだと思いますが、ラムはちょっと苦手なので、ローストビーフに挑戦したいです。
    赤みのビーフには、キューピーのごまドレとねぎの小口切りっていうのも合いますよ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 7154506769577a5871534663446e4855695a466c734d5634473536677961736aa035880382ae3069dd8171114002d70e7631a722d8f8e01a06996a58f11090ad
    ダボさん、こんばんは。
    ローストビーフ、ジューシーで美味しそうですね。
    器や盛り付けにも拘られるダボさんのお料理、参考にしまーす。
    あっ。最近お料理あまりしてませんでした(>_<)

  3. SECRET: 0
    PASS: 444a68356f596a426359587a51596267627a655058396d67453658425266715abb8d6fccff1fc03860a7dfc516b38d9c84aceed9dd75659412c900babac6adf2
    解り易くて助かります。
    海外のスーパーではよくそう言ったお肉を見かけるのですが、日本では中々見かけません。
    引っ越したばかりもあってか、どこに行ったら買えるのやら?
    まあ、それなりのお金を出せば買えるのでしょうが、ここは一つ安価な品でどこまで出来るかやってみようなどと変な欲が出てきて・・・まあ困った性格です。

    先日東京銀座のル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン カフェ・バー (le 6eme sens d’oenon )と言うお店で驚くほど柔らかくジューシーな鶏肉を食べました。
    daboさんのジューシービーフを思い出して、取り敢えずチキンでもいけるのかな?などと考えながら食しました。
    ビーフは難しくてもチキンならどこでも手に入りますからね。
    ただ火の入りはビーフより時間がかかりそうな気がします。
    ちなみにこのお店併設のレストラン(同厨房)は、有名店でお値段もそれなりで予約も中々取れないのですが、こちらはコース1500円で気軽でいつでも出入りできますので少食の方でしたら便利です。

  4. SECRET: 0
    PASS: 514f41535369485638414373467064686c336231724151375a4c4e774e4d49450817a6183e758c0d844627378c492be641b79e9e3d3882dcc7cb83eae47903de
    ちりとてさん

    ゴールドコーストで美味しい牛肉を食べるのは難しいし、段々と離れて行ってしまうのはわかるような気がします。私が思う一番の牛肉はやっぱり焼肉です。それもJapanese Food Expressが一番だと思っています。今はサウスポートセントラルに入っていますが、私はここの焼肉が大好き。ただし、和牛です。それも店長にお奨めを聞いて注文する。これって非常に大事で、いつか店長がいない時に普通にメニューから注文したら美味しくなかったことがあります。でも聞けば今日のお奨めを教えてくれるし、それは本当に美味しい。

    有名なステーキハウスやその他高級店でもゴールドコーストってイマイチなんですよね。

    nebulaさん

    料理は科学だと私は思っていて、その実験が何よりも楽しいです。美味しい理由は科学で解明できるのが面白いです。

    ずんさん

    日本はいい店がいくらでもあって、羨ましいです。

    で、鶏肉ですか?

    ちょうど久しぶりに食べたいと思って今日買ってきました。それも低温調理したのでそれをリポートしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *