ノックイン債の売り手

早速ノックイン債に関して反応がありました。メールをくれるのは有難いのですが、出来たらコメントの形でご自身の考え方を書いてくれるとそこから話が広がるので私としては嬉しいです。よろしくお願いします。

ノックイン債の売り手はどうやって利益を出しているのかということですが、どう考えても、またどう調べても私の頭では理解の外で、一体何がどうなっているのかわかりません。

ただ、オートコールレベル、あるいはノックインバリアにタッチしない限り元本が保証されるというこのノックイン債の基本から考えますと、前にも書きましたが、「プットオプションの売り」がキーワードだろうと想像できます。

オプションに関しては本を読むなり検索するなりして是非学んでください。かなりややこしいですが、このオプションを自在に繰れるようになるとかなり大きな戦力になるんじゃないでしょうか。私には能力的、精神的に無理がありますが。(笑)

我々買い手がこのノックイン債に投資をすると、まずノックインバリアに達しなければ利益が出るという、ノックインバリア近辺を行使価格とするプットオプションを売る形になると思います。そのプットオプションはノックインバリア以上の指標の値で終われば丸儲けになります。ただノックインバリア(ここでは行使価格)を下回った場合、下回った分全てが持ち出しとなります。

ノックインバリアが現在値から遠ければ遠いほどそれに達する確率は下がり利益になる可能性は高まるわけですが、もしそれに達してしまうと損はいくらになるかわかりません。指標が下げたら下げただけ損になる。「利益限定、損失無限」と言っていいのではないでしょうか。ただ勝率は高い。

我々ノックイン債の買い手がプットオプションの売り手になるとするなら、では買い手は誰なのでしょうか?それがもしノックイン債の販売会社であったとしたら、ノックインバリアを超えない限り利益が出ないことになります。

これでは困るので、買ったプットオプションに相当する先物を買ってデルタヘッジをする。つまり指標がどう動いても損が出ないようにする。しかし利益も出ない。

ただ、我々買い手がオプションを売っているとしても、いくらで売ったのかはわからないわけで、ここでノックイン債の売り手がピンはねしていればそこで利益がでることになる。

ただ指標の値は常に動くわけで損も利益もでないようにデルタをゼロに保つのは簡単ではないと思います。指標の値がノックインバリアに近づけば近づくほどプットの値動きが大きくなるのでヘッジの先物もどんどん増やさないとならなくなるというのが一点。

ただ、もしノックインバリア以下になると買ったプットオプションにどんどん利益が乗るわけですからヘッジの先物をここではずせば大きな利益を期待できる。

下げ相場で大きく動いたときに、それはノックイン債がらみの先物の大量投げが出たからだと説明をうけることがありますが、実際にそういう動きもあるのでしょう。

ただ実際にオプションをやったことのある人ならすぐにわかりますが、オプションの利益を確保するために先物で調整するのは決して簡単じゃないんですね。だからこの辺の話は眉唾のように私は感じます。

ただ、ノックインした場合の下落分は投資家が支払うとなれば、いくら下がろうがノックイン債の販売側は損はないですから、先物を思いっきり売り叩くことが出来るのかもしれません。下がれば下がるほど利益が出るわけですから。

ま、そうだとしても私にはわかったようなわからないようなすっきりしないものがあります。ノックイン債には長期のものもありますが、例えば5年とか7年先のオプションって存在するんですか?ましてや現在値より30%以上離れたファーアウトのオプションなんか聞いたことがありません。つまり市場にそれが存在しないとなれば上の話も成り立たないはず。

ですから、私が想像するこのノックイン債には、我々のような一般投資家が買うのと同じように、それを利用してヘッジをしたい機関投資家の存在があるのではないかと思うのです。

つまり、香港のハンセン市場だとしますが、多くの機関投資家が株式の現物に投資しているわけですよね。その額は何千億円、いやいやもっとでしょう。彼らは現物買いですから値が上がってくれない限り利益がでない。でももし相場が弱含みで今後下げる可能性が大きくなってきたらどうするか?

我々なら現物を売って撤退。でも機関投資家は売る前にヘッジを考えるのではないでしょうか。莫大な規模の持ち株を一斉に売り出したら自らの首を絞めることにもなるかもしれませんから違う方法を考えるかもしれない。

そんな時に、「もし2年の内に30%以上ハンセン指標が下がることがあれば、下がった分は全て補償します」という投資保険があったらどうでしょう。もちろん価格にもよりますが、これは非常に魅力的だと思うのです。

つまりノックイン債のややこしい部分を切り離して、それを保険として売れば売れるのではないかということ。

ここで一つ頭に浮かんでくるのは、このHSBCマレーシアから来たノックイン債の薦めですが、どういうわけか市場に不安があるときにそれが増えるという傾向があります。日本で日経225を基とするノックイン債が多く出回ったときもそういう時ではないでしょうか。

そういう保険があれば大手の機関投資家にしても嬉しいし、そういう時期はボラティリティも高くなっていますのでプットオプション(オーダーメイドなのでしょうが)の値が上がってくる。つまりノックイン債を組むには絶好のタイミングとなるはずですね。リスクを取る我々投資家も多くの配当をもらえるし、機関投資家は大きな値崩れがあってもそれを他人に転嫁できる。そしてその中に入ったノックイン債の販売会社も利益が出る。

3者がウインウインの関係になる。

ところがですね。市場が心配した通りに下がってきたと仮定します。しかしノックインバリアには届かない場合を想定してください。この状態がノックイン債を買った我々には一番好都合なわけですが、これを保険として買った機関投資家はうまくない。例えば20%下がっていたとしてその下げた分は当然自分の損。ところがこれがもう少し下がって30%つまりノックインバリアにタッチした瞬間、全ての損が帳消しになる。

さて何を考えます?私が機関投資家ならこの際、ノックインバリアにタッチしてくれることを願います。それは値が大きく戻ることと同じことを意味するのですから。となると、株価が上がった方が嬉しいはずの機関投資家は、今度は下がったほうが嬉しいようになってくる。ノックインバリアが近づいてくるとそれを下に突破させようとする勢力が突然動き出すと考えて良いのではないでしょうか。

機関投資家が売り浴びせて来ても我々にはそれに対抗する手段がありませんね。大手の機関投資家同士の対決ならまだしも、我々はオタオタしつつ見ているだけ。

ノックイン債は結構ヒットするケースがあるという説明を見つけましたが、こういうことかもしれません。プロは販売済みノックイン債のデータを持っていて、いくらからいくらの間ではどのくらいのノックイン債のノックインバリアがあるかというのも把握しているそうです。値が下がってそれに近づいてくると、一気に下げが加速するであろう事を予測するのでしょう。で、それに提灯をつける投資家もいて、下げに更に拍車がかかる。

ま、これらは私の想像、いや妄想かもしれませんが、満更間違えではないような感じです。

ノックイン債をデザインする側の論理をご存知の方、是非教えてください。また既にノックイン債を買ってしまっている場合、どのようなヘッジが考えられるか、それも教えていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ノックイン債の売り手” への7件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 773879734537735539656f6871564574777a4a4d425653465a77534c46565846cf98d0215593d0bffc4b9da4d5d4db9e34380b3ba383a7c1d227f696465a20b7
    >ノックイン債は結構ヒットするケースがあるという説明を見つけましたが、こういうことかもしれません。プロは販売済みノックイン債のデータを持っていて、いくらからいくらの間ではどのくらいのノックイン債のノックインバリアがあるかというのも把握しているそうです

    ・・・・そういうことだったのか~~~
    だから条件がだんだん悪くなてたのか~~

    証券会社なんてあまり行ったことなかったけど、お姉さんは「この商品(ノックイン)を買ったお客様は一度も損してません」を強調されました。

    お姉さんの説明に無かった今まで同じ商品が発行された回数とノックインバリア←(この言葉もたった今学習)までの具体的な金額の推移(条件)を尋ねたら、同じ発行体の同じ商品の条件が回を重ねるごとにノックインバリアの条件が悪くなっていくのを不思議に思った。ああ~~売る方は私達鴨に儲けさせすぎてしまって、この辺で締めにかかってるのかな~~なんてその時は漠然と感じた・・

    この辺で私みたいなド素人おばちゃんが、鼻歌まじりに夕飯の買い物かごぶら下げて、夕飯のネギ買ったついでに、証券会社に立ち寄る。・・・んでババつかまされて・・・

    だから経済は回ってんのかな~~って一瞬思ったけど、証券会社のお姉さんが「はぁ???~~」って聞き返すような少額で買えば問題無い(笑)・・・だってお財布のなかには生活費もいるもん。
    商品がくたびれない内(まだ回数少な目だった)にチビッと早めに買って二割ですぐ逃げよう!!

    でも、daboさん!
    奥が深すぎるし、私の頭で勝負して良いお金なんてこの世のどこにもニャ~~い!

    んじゃ誰かに任せる??

    いや~~
    やっぱ私は鴨ねぎかな~~
    先方は種銭探しに夢中だろうし・・・
    まあ種銭ないから、相手にされないでしょ。

    だって近くの農家の方々みたいに自宅も先祖代々の土地も何も担保物件なんて我が家にはないんだから・・

    そういや、こんなド田舎に、すごい勢いで○○建託とかがお百姓さんにアパート建てさせてるよ・・この時代に・・・

    コンビニももうだいぶん前から凄い勢いで増えて、すごい勢いで潰れてるよ。
    どんなド田舎でも酒屋さん達は、酒の権利持ってるもんね~~~

    こんな事と無縁のストレスフリーの世界で生きるという事は、私みたいなおバカには酷な時代だな~~

    私みたいに何も無いとか、無知とかかえって強くない??
    でもこんなに選択肢のある時代に(物質的にも豊かな時代に)我慢して生きる?それもつらいな~~~

    daboさんが書いてある、金融用語の意味すらじぇんじぇん判らないのでいちいち検索しながら読んでる残念な私。
    でも、前回や前々回の「元本保証とは?」とか「ノックイン再び」とか、daboさんの説明は具体的に数字使ってて判りやすかった~~グラフ+特に数字が入ってるので自分なりに逆算しやすいし←(・・と思い込んでるだけ)

    でも、こんなdaboさんの書いてある金利水準の国債や社債の金利の商品日本国内じゃ虫眼鏡で探したって無いよ。・・・だとするとどうしたってオーストラリアってなると為替が絡むじゃん・・・
    でも円高?^^
    いざ出陣できる人って、いいね~~

    少なくとも「勝っただの負けただの品のない世界ざぁ~ますわ~~~~オホホホホ~~」的なざーますおばちゃんでもないし(爆)私楽しいよ^^

    金融シリーズ楽しみ~~。でもそれ以外も楽しいdaboさんブログこれからも楽しみにしてまーす。

    手術頑張ってくださいね。
    術後は無理しないでくださいね。

  2. SECRET: 0
    PASS: 38354b496142744379474d50653932475154304f764a7a716e4762544f3859613882b1eea57553f1ecf875a44e6e2ffb510ea575bfeac2432f6b701dc7990a49
    ハハハ~~
    コメントに名前入れ忘れてた~

  3. SECRET: 0
    PASS: 58696a507069734d4c6a72634f53473957397a56704538664a6248536a7068446aae7f51d417cb9c9ed0c5d723ae840e016d389a93fadbd99fb85ce531ebed3a
    どもどもjazzさん

    >お姉さんは「この商品(ノックイン)を買ったお客様は一度も損してません」を強調されました。

    もしこの説明をした証拠が取れたら裁判で勝てるみたいですよ。

    私も興味を持って調べて見るとノックイン債、その他様々な仕組み債の問題点が随分指摘されていますね。で、これでやられたのは我々一般投資家ぐらいかと思ったらXX組合とかXXX大学とかが資産運用でこれを買ってウン十億損失を出したなんて話がごろごろあるのね。

    大きなお金を扱うその道のプロでもこれに手を出してやられているなんてとっても不思議です。

    ノックイン債も時期を見計らって買えばリスクは軽減されるのかもしれませんが、我々のリスクが軽減されると言うことは売り手に旨味がないってことかもしれないし、やっぱり難しそう。

    私がこのブログで望んでいる事は、ノックイン債がいかに危険かはっきりさせることじゃなくて、そういうものに手を出すことなくいかに自分の足で立って自分で稼ぐかの道を探ることです。

    かといってモニターにかじり付いて売りだ買いだと張り切るjazzさんを想像してもそれって現実的じゃないし、かといってお金を投資して放っておいてガンガン利益が出るなんてのは存在するわけもないし、私としても退職者向けとでもいうか、没頭せずにしかしそれなりの頭を使って効率よく利益を出す方法を模索したいと考えています。

    やっぱりオプションを使うのがいいかと私が今まで経験の少ない物で何か出来ないか考えてはいるのですが、それが破滅への入り口かもしれないし、難しいですね。

    ただ元本保証に関して書いた日記ですが、自分で書きつつ、この手法を積極的に取り入れてリスクの配分することは今までなかったので、これを中心に据えて考えたいと思ってます。もう元本を減らすというリスクを取れる年齢じゃないですもんね。無くしたものを取り戻す手立てはないし。(笑)

  4. SECRET: 0
    PASS: 7266694f34646f78465953664144513633437363325475335a455445726f695a57f4423bb8b8c09c6db4145dd6d43168263f9e2f7f94f3fd450da4362b1fe6f1
    >お姉さんの説明に無かった今まで同じ商品が発行された回数とノックインバリア←(この言葉もたった今学習)までの具体的な金額の推移(条件)を尋ねたら

    ここがjazzさんの凄いところですね。これって大事なポイントだけれど意外に聞かないような気がします。儲けたいという気持ちの強い人は、返って知りたくないという心理が働くのかもしれませんね。

    そんな客の心理の動きを売り手はちゃんと知っていてうまい具合にくすぐるんでしょう。

    疑い深いってのは投資に関しては重要なスキルだと思ってます。一般生活ではどうだか知りませんが。(笑)

    私は結構大丈夫そうで駄目なんですよ。疑って疑っていろいろ探って、よしこれなら大丈夫と思うともう疑うことを止めてしまう傾向があります。大穴を空けるときっていつもそのパターン。

    砂場や海岸で子供が砂の山を築いて遊んでいる。でもちょっとした瞬間にそれが崩れて当惑した子供の顔を見ることがありますよね。あの姿ってとっても滑稽で笑っちゃいます。自分を見ているようで・・・・

  5. SECRET: 0
    PASS: 684272456e7046726a7043794139543741507237384e3550556155484970746d31927322a5b7f5c5f09650b90b43e4c3dd390055761cb6b2bff6e403b3dadeec
    前KI日経債の設計をしていたものです.

    債券の組成者はデルタヘッジだけでなくバリアレベルやその上のオプションを売ってますのでこれを債券のクーポンにあてられます.また設計時に理論価格に利益を足して設計してますので理論的には利益がでるようになってます.

    基本的にはさまざまなポジションを組み合わせてヘッジします.またダイナミックヘッジといって時間の経過とともに組み替えをします.もっとも思い通りに売買ができないこともあるので組成者も損で終わることもありますよ.

  6. SECRET: 0
    PASS: 4e33763476366b6a5950704a595636434e6c484c63655a6263715a7039774c6c2c471850945c94a220390390394083e4755904314757e82139df2f554b6e3daa
    追加です.確かに長期オプションはないこともあるしOTM30%をないかもしれません.ただし相対のオプション市場なのでわれわれからは見えません.ない場合は近いものやロールオーバーで代替します.

    保険オプションの話ですが,直観的には値段が高すぎて機能しない気がします.たとえば30%ダウンの保険料が25%など..(あくまで直感にもとづいた例です)

  7. SECRET: 0
    PASS: 554733676d4f62736f327277415a3977476a73713765477065454346535668532bdd5a68d49e4d603666a20751bcb01c09f541f5cb8ee62e595c553179a75b5b
    KLさん、いらっしゃいまし~。コメントを有難うございます。

    なるほど。詳細はまったくわからないもののなんとなくイメージとしては理解できました。バリアレベルやその上のオプションを売る、また期間的には近いものを売ったりロールオーバーするということなんですね。

    しかしどうしても私に理解できないことは、そもそもオプションは理論的に利益を出す手法があるわけで、このノックイン債を売って論理的にあの手この手を使ってヘッジし利益を出す苦労をするくらいなら、自分でやったほうが良いんじゃないかってこと。

    ただノックイン債は資金調達方としての一面もあるようですし、もしかしたらそれが大事なところなのかな。またもし損するとしても何もしなければノックイン債のクーポンマイナス金利分だけですし、損と言ってもその大きさは債券の買い手の損とは大きさが違うのかもですね。

    ま、デリバティブの複雑な世界をなんの知識も無い者が想像しても意味がありませんが、いつか多少は理解できるようになってみたいもんです。

    どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *