債券の乗り換え思案中

私の資産運用のメインは債券投資ですが、今そのまたメインで持っているGEの債券があと半年で償還になるのでどうしようか思案中です。

このGEですが、豪ドル建てで利回り8%です。この数年、世界中が大騒ぎしている中で結構長く、そして不安も持たずにその利回りが確保できたのは本当にラッキーだったと思います。

で、それもとうとう償還を迎える。今後はどうしましょう。まぁ、こんな時期ですから利回りが高いものは危ない会社、危ない国ってことになるわけで、まぁ、一部をそちらに向けてちょっと冒険してみようってのならまだしも、本隊をそれにブチ込むのはまず不可能。でも世界的にローリスクハイリターンの債券なんかありゃしない。

GEですが来年の2月に償還です。その時まで持っていてもいいのですが、債券の値上がりで、現在値では今の残存期間の年率換算の利回りは5%まで下がっています。つまり、今、売っちゃった方が得ということ。

でも乗り換えるにしても利回り8%なんてのはない。

この前、モルガンスタンレーのを購入しましたが、今回は違うものを探しています。で、こんなのはどうかなと思うのが

○ ゴールドマンサックス 7.75% 豪ドル建て
○ イギリスのロイズ  7.50% 豪ドル建て

双方とも既発債で残存期間は5年と4年。この%ならいいでしょ?ってこの%は額面に対しての%で、現在値は104程度ですから実質利回りは当然下がります。多分7%前後。ロイズは7%を割るかな。

半分ずつ買ってみようかと思ったり。どうしよ・・・・

この%でも日本と比べたら、またアメリカ、マレーシアでもこの%はまず無理ですからずいぶん良い%だと思う方も多いようですが、私から言わせるともう一声欲しいところです。

あと1%欲しい・・・・

1%でグタグタいうのもみみっちいもんですが、この1%の違いが何十年の内には大きな差になるんですね。

かつてはなんだかんだと頑張って総資産に対して12%で回していた時期もあるのですが、この数年、パフォーマンスはどんどん下がるばかりです。

資産運用って結局仕事なんですよね。毎日モニターとにらめっこしているとすればそれは仕事であって退職者のやることじゃないと私は思うんですよ。退職者ってのは半年に一度くらい、資産、運用内容をチェックすればいいみたいな状態を私はイメージしています。

つまり相場じゃなんじゃと頑張って稼いでいるのは、自営業と同じだし、また勤め人も似たようなもんだと思うのです。それを止めれば収入が減る、その分は途絶えるという点で同じ。

やっぱり退職後の生活維持を考えた場合、それらからほぼ完全に開放された状態でありたいと思うのです。遊んでいようが寝ていようが、旅行に出っ放しだろうが確保できる収入。ただそういう種類の収入で今の状況だと7%以上を狙うのは私にとっては非常に難しい。ヘッジファンドにも手を出したいのですが、どうも性格的に難しい。でもKLに行ってから研究を始める予定ではいます。

まぁ、KLに行ったらまた相場いじりを始めるつもりなのはここでも何度か書きましたが、一体どうなりますかね。私の相場いじりは大きな額を動かしませんから、それで利益が出ても総資産の運用利回りはたいして上がらないんです。また、結局それがうまくいっても上に書いたように、仕事で利益を出しているのと同じで、その所得をあてにするようになるといつになっても退職できないってことなんですよね。

だからやっぱり放っておいて利回りの良いものが欲しい。そうなれば寝たきりになろうが、ボケようがどうにかなりますもの。(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

債券の乗り換え思案中” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 574a324155745450767a676a68396c6b4f46576468347956764c623044545333ef3a50ab9e1bf61e9e8f78cd1ab23d9d0935921846c41faec6c0417b8922068a
    また、食いついてしまったワタシ・・・

    9時の時報と同時にそのゴールドマンサックスとイギリスロイズ豪ドル建て債券とやらを日本の対面証券会社で買えるかどうか対面証券会社に買えるコールですね。

    他力本願、考えるのメンドクセ~~的なワタス(涙)・・
    信頼できる人のデラックス脳みそ借りて勝負しちゃえ~~的な(爆)・・・

    あんまり為替動きませんでしたね~~
    アメリカ国債デフォルトするやらしないやらの話題が去っても・・

    円高いつまで続くの??
    いくらで反転(…って言うの?)するの??
    だれかおせーて!!!

    でも債券といったって所詮借金ですよね・・・
    ここは潰せない通貨や、潰せない国、潰せない会社っていう事なんですか??daboさん分析によると・・・・

  2. SECRET: 0
    PASS: 5835376b6651396a6c47595441374c49684c726a5658564b6b424361414c4f44bbc8f6e5d61f4efdca8e686500c3b3ad197fc5d3fe087f7f949eea42835ec1dc
    あはは、jazzさん食いつきましたか。

    債券投資って金貸し業と同じですよね。相手が将来どうなるかを見極めないとならない。

    私は間抜けなのは絶対安全は有り得ないと思っているところです。リスクのないところに利益はない。でも本当はそれを「その通りだ!」なんて思っちゃいけないはずなんです。

    もしリーマンブラザーズの8%だなんて債券があったら多分あの時買っていただろうと思うわけですよ。まさかあの大会社が潰れるなんて想像もできませんから。つまりゴールドマンサックスもロイズも同じで、いつどうなるかは神のみぞ知ること。

    でも思うんですよ。もしゴールドマンサックス、ロイズ、あるいはGEにしても、そういう会社が潰れる時代に自分が儲けを出せるほうが不思議じゃないかって。

    バブルがはじけて今まで数知れない中小企業が倒産したし、リーマンショック後も同じ。それは今も続いているわけですが、債券投資だって事業と同じであるはずでそうそううまくいく方がおかしいような気さえしてきます。

    ただ債券投資でたとえば6%7%に回ったとしても、そんな純利益が出る事業なんてまず普通じゃありえませんよね?でも債券投資ならできる。ましてや危ないと思えば今日、今すぐにでも売り飛ばして撤退ができる。事業をしていたら、あの取引会社は危ないから取引停止して乗り換えろなんて簡単にはできないじゃないですか。そう思うといかに債券投資が楽かわかります。金貸しだって、借り手が危ないから逃げろと思ってもそう簡単には逃げられないでしょ。

    だから債券投資って事業としても面白いと思うんです。私もこの人生でいろいろ仕事をしてきましたが、そりゃ儲かるときにはごっそりってこともありますが、毎年毎年投資金額に対して純利で7%なんてまずありゃしません。ましてや損するときもごっそり。でも債券投資は元金以上損することはない。

    ま、そんな風に考えると、いかにリスクを取るかと積極的に考えることも出来るはずで、ジャンクボンドにあえて投資する投資家も少なくないですよね。

    ま、リスクも考えた上でどう分散投資をするかってのがポイントでしょうが、債券投資は面白いと思っています。

    不動産投資ならまず元金がゼロにはなることはないぜ、なんて人もいるはずです。私も興味はあるんですが、全く経験がないので全くわからず。

  3. SECRET: 0
    PASS: 4f53713547554b646d5a4959516247494c7770706678386a68716173723766535b7ca40d7b360c63477100f2c0e1f86eb190e0c667d3e36f2a7f26f7fbcc3f09
    ダボさんはオーストラリアですからA$でしょね(当たり前)

    日本の20%源泉多きです。そこで考えたんです(脳みそカランコロの脳で)

    HSBCKLで債権とりあったっているか聞いてみようかと。

    A$を今日たまたまKLに送金し 久しぶりにダボさんの日記に入ってきたら 美味しい利率。
    まあ HSBCKLで債権に関しての書類手続きしてないので無理だと思いますが。その時は定期にします。4%で我慢するしかないけど。日本よりはいいかも。
    9月に日本で手術するんですね。あと 一月後ですが 気をつけて来てください。
    気が向いた メール下さい。差し入れしますよ。

  4. SECRET: 0
    PASS: 577638585249373472777471375663496b3942414c555959586b446d436a5259128338f55e9f94199722a0abd68440c620c83ad7caa53d29ccaa8d9489d33b61
    空さーーん、私がオーストラリアにいるから豪ドルなのだというのは全く大外れです。そうじゃないってことをここに何度か書いているのに・・・

    自分がインドネシアに住む中国人だったら、アメリカに住む韓国人だったら、イギリスに住む日本人だったらどうするのか?それを是非考えていただきたいのです。

    自分が何人でどこに住むかということと、どの通貨を基本にして利殖を考え生きていくかというのは全く関係がないはずなのです。

    私が今オーストラリアドルを中心にしていること、そしてオーストラリアドルと心中するつもりだというのは、国としての安全性、成長性、将来性、そして利殖に関しては飛びぬけて効率が良いと今はそう考えているだけだからです。

    これから私はKLに移りますし、将来的には日本に帰るつもりではいますが豪ドル中心なのには代わりはないのです。

    ただ、今はそう思っているだけでこれからの世の中の動きによってそれもまた変る可能性はあります。でもKLに住むからリンギットだとか、日本に帰るから円だとか、そういう考え方は皆無です。

    もしかしたら元を中心にしたり、シンガポールドルを中心に考えなくてはならない時代が来るかもしれない。

    身体は世界中動き回るのは不可能ですが、お金は自由でありたいと思います。良い話があればいつでもどこでも移動して(通貨を替えるだけでその国に移動させる必要はない)思う存分働いて欲しいと思います。

    でもそうは言うものの、私はたまたまオーストラリアに来たから結果的にオーストラリアドルを中心に考えることに違和感がないのかもしれないとは思います。でもこの20年ですが、当初は私は円を中心にしていました。当時はまだ年率7%で回る商品がいくらでもありましたから。その後は米ドルです。私がオーストラリアドル中心になったのはこの数年でしかありません。

    日本人だとか、住む場所とか、そういう呪縛から自分を解放することは非常に大事だと思うからこそ、このブログにもその話題を何度も取り上げて書いているのです。その辺を是非ご理解してください。

    HSBCの担当が何を言うかわかりませんが、思うような答えがなければご一報ください。私のKLの担当を紹介します。債券もこちらから指定すれば探してくれます。

    お?差し入れですか?嬉しいなぁ。美味しい魚を食べたいな~~~。

    どうもありがとうございます。お気持ちだけ有難く頂戴します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *