稲泰宏博士 放射線は体に良いって話

日本では話題になっているようですが、今日、初めてこの博士の講演をユーチューブで聞きました。

低放射線量医療の第一人者のようで、というか、その理論を言うのは世界で彼一人らしいのですが、これが事実だったらなんと素晴らしいことか。

原爆やチェルノブイリなどで問題になるのは高放射線量での被曝であり、今の福島はまるでレベルが低く、危険どころか健康に良い、長生きできる、農作物も、牛や豚も元気に良く育つはずという主張。

つまり塩にしても毎日8グラム摂る分には問題がなく、これを一度に100日分摂ると問題になる。それとこれを一緒にするなという話。彼の理屈では、いわゆるラドン温泉などが身体に良いと言うのと同じで、浴びたほうが良いくらで、本来は福島ももう少し値が高いくらいの方が良いと言ってます。

これが事実か否かは私に判断できるわけも無く、ただ、世界にはかなり高い放射線値の場所があってそれが問題になっていないことや、有馬温泉の放射線量は政府の、あるいは世界の基準値1ミリ/年をはるかに超えているらしいこと(彼の話では出てこない)など、おかしなことが世の中に起きている疑問に答える理論でもあると思いました。

世の中は「安全」と「危険」の閾値をどこに取るかで考え方も変わるし、それが二派の争点になるわけですが、彼一人だけ「絶対大丈夫」であると断言し、「安全」「危険」を言う人全員が彼から見ると「危険派」でしかないのだろうという点が面白いと思いました。

多分彼に反対する学者はほぼ全員となるのでしょうが、彼の言うことが真実だったら良いですね。

是非、彼の意見に真っ向から反対する学者と彼との討論を聞いてみたいと思いました。

楽観的な考えだけでは片手落ちになりますので、今、かなりうまくない状況だという学者の意見も載せておきます。京都大学原子炉実験所 小出裕章助教授のインタビュー。格納容器が破損しているので冷却水は垂れ流しのまま何ヶ月何年とこれが続き、莫大な放射性物質が放出されるだろう。またその冷却が失敗すれば爆発をすることになりチェルノブイリの様になるであろうという意見。

彼の政府が恐れているのは「パニック」であって「住民の被曝」ではないと言う言葉が印象的でした。



Video streaming by Ustream

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

稲泰宏博士 放射線は体に良いって話” への3件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 39623071326e47424f336c6748665955414a424f514d724f55335079386153333a826b34dde552087e6594c41fba772ac3c41e3d73b006c4756e4a8dc402d3c7
    思い出した、思い出した!
    40年近く前、父が低放射線量は体に良いといって、我が家の風呂場の片隅にラジウム?の陶器みたいな石をどこから手に入れたか知らないけど置いていた。
    「お父さんこれって大丈夫?」って幼心に思ってた。

    そういえば、近くの辺鄙な近所の年寄しかいかないような¥150円とかの温泉でも風呂場のさびれた効能書きに「ラジウム含有量が○○で・・・」といろんな成分が書かれていて「少量の放射線量は体に良いとされてます」ってただし書きも書いてあるわ~~~

    我が家に限って言えば、今思い出せば父はそこら辺りの木の根っこみたいに見える、高麗朝鮮人参(大変高価らしい)を一日中炊きつづけ(それが臭いんだ!)スープを飲み最後はペースト状にして食べてたり・・・
    年金制度は必ずや崩壊するといって一切加入せず、保険制度も信じてなく加入せず、リスクを考えて我が家は車を購入するのもダメ、全てタクシーか自転車だった。

    まあ、daboさんのおっしゃるように、安全と危険の閾値をどうとるかで安全に対する考え方で論争がおこるでしょうし・・・
    まさか原発の利権に絡んだ回し者という訳でもないんでしょうし・・・ちょっと気になるのが、あまりにも興奮気味に話されてる事です
    意を決してお話されてるんでしょうが・・・

  2. SECRET: 0
    PASS: 3449576d34364433664173596f536f4d6168444f435435584a6a5a5a546748717a32ee5baa87a150a9d48a87ff319b4c5cd7d3ab26fd57c852324df0d274337a
    >ちょっと気になるのが、あまりにも興奮気味に話されてる事です

    気になりますよね。決意の程を表したいのだろうけれど科学者に一番大事な「冷静さ」を欠いているように感じさせるのは逆効果。彼の言うことは自分の学説が正しいという前提で話しているわけで、結局それを信じる・信じないという宗教論争と同じレベルになってる。

    また最後に質問があったどのレベルまで良いのかという問いにはちゃんと答えていないし、食品や空気水から摂ってしまう放射性物質の内部被曝に関しても何も言わない。低レベルならいいにしてもそれらの蓄積、魚介類の身体の中での蓄積にも一切触れていない。どんなに溜まっていても大丈夫なら大丈夫だというべきだけれどそれも言っていない。

    でも私も偏頭痛や椎間板ヘルニアで困っている頃に各地の温泉を渡り歩いたし、ラジウム鉱石を埋め込んだ寝具も買おうと思ったくらいで、あるレベルの放射線は身体に良いのかもしれないとは思うんですよ。でもそれは管理されたレベルであるべきで、何でも食え飲めってのは非科学的に感じちゃう。わかりやすいように専門的なことを省いているのかもしれないけれど、昨今は国民も勉強しているからちゃんと言わないとねぇ。

  3. SECRET: 0
    PASS: 4b6e3668727638594135356659563750433563644b45375a3375426269496f58a6063e54944378656decc1dbc165e2b44cebaffbebb93d8190fadc1447beee28
    この説明、ご自分でやらず、池上彰さんに頼んだ方が良かったんじゃないかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *