日本人は素晴らしい

今回の大災害でそれに対処する日本人の行動に感動した人は少なくないと思います。いつも文句を書いているような私でさえ感動して何度と無く涙を流しました。日本は凄い、日本人は素晴らしい、日本頑張れと声援を送り、一日も早い復興を望み、心を痛めた方々が早く心の平穏を取り戻すことが出来るように願っています。

ただいつも書いているように、こういうときこそ悲しみや不安から逃れるために、そういう美談を追い求め、自分の心を落ち着かせようとする傾向が人間にはある。もちろんこれを否定なんかしていません。本能の動きとして当然だと思います。

今、問題なのは原発。これの復旧にはきっと気の遠くなる年月が掛かると思いますが、とりあえず今は被害を最小限に抑えること。その為に、原発に関わった方々、そして自衛隊、警察、消防の決して少なくない方が危険を顧みず、命を懸けて頑張ってくれている。これには本当に頭が下がります。

では、原発を作る企業、運営する企業、そして原発を後押しする政府やマスコミに、今回世界が感動した日本の美しい心がそこにもあるのかというと、どうも何か違う論理が動いているのを感じます。

情報を小出しにし、危険は無いと繰り返し、しかし被害はどんどん広がり、怖い放射能に関しても、それの広がりは実は風であるというのはチェルノブイリでもはっきりしているのに、今回は風を考慮した危険を誰も言わない。また放射線のレベルにしても、危険では無いと思わせる目的の為にレントゲンやCTスキャン、酷い場合は飛行機で空を飛ぶ旅行者が受ける放射線と今回の放射線を比較して説明するしまつ。

詳しい計算方法も知らない我々は、ああ、安全なのかと思ってしまうけれどどうもこれにも裏があるようで、それを指摘する学者も出てきています。ヒラリー国務長官が日本を信用できないと激怒したニュースもありましたが、彼女は日本流の「安心させるための方便」に関して怒ったのだろうと私は思うのです。

そんなことを考えているうちに、SNSの知人から一つの動画を教えてもらいました。たかじんのそこまで言って委員会の画像です。

私たちが美しいと感動した日本人の心とは違うものが動いている世界があるという話。

こういう話を聞くと、まぁそんなもんだろうなと我々は今までの経験から納得してしまいますが、それをそういうもんだと放置した責任もあると思うのです。ただ相手は強大な力を持っているわけで、反対運動は簡単にもみ消されてしまう。これが今まで行われてきたことで国民は我慢してしまう。でも、反面、諦めずに国を相手に戦って勝利を得た事件もありましたが、それも考えてみると国の責任を認めても良いかなと思える事件でそうなるのであり、国として絶対に譲れないところはありとあらゆる手を使ってもみ消そうとする動きがあるのも我々は知っている。

本当にこれは悲しいことだけれど、それが現実。一つ前に書いたことも同じですが、長いものに巻かれなければ生きていけないのか。弱肉強食の世界が持つ生きるための大原則がこれなのかもしれませんが、本当に悲しいことだと思います。

ところで放射線に関してですが、政府やマスコミが言う数字、計算方法はおかしいとこの中部大学の武田邦彦のホームページに書かれており、正しい計算方法、数値の考え方がわかると思います。いや、これが正しく政府マスコミは嘘を言っていると断定をするつもりはありません。ただこういう考え方、見方があると知るのは大事だと思うのです。

武田邦彦のHP  ←クリック

そもそも国を信用することが間違えのような気がします。これは日本と言う意味ではなく、全世界の国も同じようなものかもしれません。でも私はこんな歳になるまで国を信用したいと思い続けていますし、今後もそうであって欲しい願望を捨てようとは思っていません。

ただ私自身が「信用する」という感情の動きを否定した生き方をしているのはここには何度も書きました。「信用する」という行為は「事実を知り」「理解し」「判断し」「確信する」という行為とはまるで違って糞味噌一緒にしてしまう危険があるからです。

でも我が祖国日本は信用できる国であって欲しいと思う気持ちを捨てられません。

今の状況が収まるほうへ早く動いて欲しいですが、政府の「大丈夫」をそのまま「信じる」ことなく、自分で判断することは大事だと思います。福島や近隣の地域から避難する人も増えていますし、東京でさえも危ないと考える人も少なくなく、外人が大挙して海外に出ている現状も単にあいつら大げさだと考えるのは間違えていると思います。

私が一つの目安として考えているのはアメリカの軍の動きです。

17日は横須賀、厚木基地のアメリカ人家族に避難勧告が出たのは皆さんご承知だと思いますが、まだ軍そのものが避難というニュースはありません。

ただ、18日付のハワイはホノルルの新聞に、アメリカ軍アジア司令官が日本在住の駐留軍(兵隊)を含むアメリカ人87300人の避難準備完了。ただ行き先はまだわからずというニュースが掲載されました。

ここ  ←クリック  英語です。

事の重大さから、広範囲の避難勧告を出すのは非常に難しい問題があるわけで、それが故に対処が遅れる可能性もあるかもしれません。と、同時に今は隠されている事実があるかもしれません。それは上に上げた武田教授のHPを見ると自分なりの判断ができるはずです。

ま、そんなことから本当に危ない状態になった場合、まずアメリカが動き出すと私は考えていて、日本の駐留軍がもし避難を始めたときには東京を含む関東在住者は真剣に考えなければならないと思っています。

津波の被害で良く言われることですが、津波が来るかもしれないというニュースで避難をし、何も起こらなかったときに避難民にはっ二つの考えが出てくると言います。

「逃げて損した」

「何も無くてよかったね」

この二つの考え方の差が将来の生死の分かれ目を決めると私は考えています。

その為にも私はアメリカ軍の動きはウォッチし続けるつもりです。

これ以上大きな災害にならないことを心の底から願っています。

そして、今の日本がするべきことは美談を集めて感傷に浸るのではなく、こういうときこそ上の映像の武田氏が最後に言っている、

「万機公論に決すべし」

これを浸透させることが何よりも大事だと思いました。

先日、石原都知事が「天罰」発言をして大騒ぎになり、結局謝罪、発言の撤回をしましたが、私が石原氏が好きなのはこの「万機公論に決すべし」の考え方を持ってと思えるからです。彼から天罰と言う言葉がでることこそ、彼の思考の中に神仏があり、人間の行いは常に神仏に見られており、自分が曲がった行動をすれば天はそれを見逃さないという、自分を律する考え方をもっているのかとも思いました。

天罰と言う言葉を聞いて、被災者がどんな気持ちになるかは簡単に想像できますが、それと同時に中学生レベルの日本語の理解力があれば彼の言う天罰は被災者に向けたものではなく、エゴと金儲け主義に走る日本、日本人、そして人類に向けた「自戒せよ」と言う意味なのも簡単にわかります。原発問題もまさにこれだと思います。

私が政治家に求める資質とはまさにこれで、何をどうするという主義主張の前に、この気構えが欲しいと思うのです。もし全ての政治家がそれを根底に持った上で議論を尽くしてくれるのであれば、私は安心して彼らに任せることが出来ると思います。

もしかしたらかつての日本はそういう国だったのかもしれませんね。政治に関心のない国民と言われますが、ちゃんとした政治家が彼らの話し合いの中で物事を決めて行ってくれるのなら任せてよいと思いますもの。貴族院がそれだったのかな?

正直なところ私にはこの民主主義ってのが良く分かりません。難しい外交や経済のことが我々一般庶民にわかるはずもなく、なんとなくイメージであの人は良いとか悪いとか考えてしまうと思うのです。正直言って私がそうです。ところどころ見える部分だけで判断してしまう。そしてその根拠なんて大したものじゃないです。

消費税が駄目だと言ってそちらにざーーーっと流れ、今度は消費税が必要だとなればまたざーーーーっとそちらに流れる。これをうまく操っているのが財務省であり、マスコミであり、統治される側はいつの時代もこんなものなのでしょうか。選挙って意味の無いゲームのような気さえしてきます。もしかしたらこれが世界の現実であって、前の日記に書いた巨大な権力を持っている影の存在は自分が政治家になることも無く、影から繰ることだけをしていれば良いというのもわかるような気がします。

民主主義とはコントロールする側が考え出した最高の道具であるような気さえしています。コントロールされる側は自分が選んだと思って安心してしまう。でも実はもっと上のほうでコントロールする側を我々が選ぶことは出来ない。

ベンジャミンフルフォードが涙を流しながらその影の存在を打倒するべきだと叫ぶのはこのことを言っているのだろうと思います。民主主義は我々庶民に与えられた餌かもしれないけれど、もし民主主義で金の力でコントロールする側さえも選ぶことが出来たら、彼の言うあるべき世界が出来るのかもしれないですね。

国とはそれをあてにするべきものではなくて、国民がそれを利用するべきものであると考えればなんてことがないのでしょうが、まだ私はそこまで達観できずにおります。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *