不安と信頼、信用

海外に出て日本人に騙される日本人の話のついでに、この話をちょっと。

海外に出た、特にジジババに強い傾向だと思うのですが、あの人を信用するしない、好きだ嫌いだ、これがいやに強いような感じを受けます。多分、不安がそういう気持ちを増幅するのだろうと思うのですが、ちょっとそれ変じゃない?って思うことも結構あります。

前に書いたビザのエージェントに5000万円持ち逃げされた人の話もそうですが、似たような話が結構あるんですね。どうして相手が日本人だと信用しちゃうのでしょうか。またそれに付け込む日本人、企業も間違いなくいて、弁護士だから大丈夫だろうなんて安心しているとこれまた大変で、吸い付いたら離れないような彼らの嫌らしい行動も今まで見聞きしてきました。

でもどっちが悪いんだか見てても良く分からないんですよ。例えば海外に来て事業を起こすのに弁護士やアドバイザーを使いますよね。それこそ公私にわたってありとあらゆる事を相談する。弁護士にしてみるとその相談者の性格から資産内容から全部分かりますし、悪気が無くてもお金の匂いに吸い寄せられることがあるでしょうし、またそれを相談者も受け入れるんですね。決して騙されているという感じじゃないこともありました。

例えば新規に会社を起こすのに、わざわざその弁護士やアドバイザーに役員として入ってもらって給料を出すんですよ(あるいは事務所と年間契約)。困ったとき、必要な時に頼めばいいだけのことなのに、ましてや数人の小さな会社なのに何をしているのかと思いますが、スタートから数年の間ぐらいはそういう人と関係を密にしていたほうが安心できるのも確かだし、また弁護士やアドバイザーも脅かすつもりは無いにしても自分がいれば安心だみたいな空気も作るんじゃないかと思います。まぁ、持ちつ持たれつなんでしょう。

(不思議なことに公認会計士だけは変な人に会った事がないです。なんでだろう。)

また、騙すほうも巧妙です。特に不動産関係でそういう話は良く聞きました。ババを掴まされたとか、高いものを買わされたとか。店を乗っ取られたなんて話もありましたっけ。また地元にいる古い仲間同士で金のありそうなオーナーの繁盛店を乗っ取る相談をしてたり。

不安があるから安心したい。その気持ちが強いから詐欺にも引っかかるんだろうと思うし、甘い汁も吸われてしまうんでしょう。

この「あの人は信用できる」「信用できない」そういう言葉は日本にいる時以上に聞く機会が多かったように思うのですが、信用しすぎもあるのと同時に、ちょっとしたことで「信用できない」って騒ぐんですね。それと好きだ嫌いだって話もいやに多いような気がします。

これって考えて見れば、その大元は相手にあるんじゃなくて自分にあるのがすぐに分かるはずなんですよ。不安があるから期待もしたいし、怖くなればすぐ自己防衛に走る。それって自分の問題であって相手の問題じゃないんですね。でもそれに気がついていない人は一杯いると思います。マレーシアもきっと同じでしょう。

そもそも信用できるのか出来ないのかって考え方自体が私はおかしいとおもうんですよ。悪いヤツか良いヤツかってのも同じで、良い人も悪くなる事があるし、悪いヤツはじゃぁいつも悪いのかっていうとそうじゃない。その相手の変化を呼ぶのも自分自身ですよね。

過度の期待を持って相手に接して、思ったようにやってくれないと徹底的に相手を叩く人も多いし、こういう傾向って本当に困ると思います。またそれがあるから海外での日本人同士の付き合いも難しくなるんだろうと思うのです。

私は他の人に「私を信用しないでください」とはやっぱり言えませんが、過度の期待をされるのは絶対に嫌です。また私自身も他人を信用も出来るか出来ないかという見方もしません。これもまた一歩引いた付き合い方とでも言いますか。過度の期待をしなければ何の問題も起きないですから。

ただ、どうも日本は仕事上では信用できる業者が多いというかそれが当たり前になっているようで、海外のいい加減な世界で苦労している現地の日系業者を日本と同じ目で見て、いや逆に日本人がやってる会社だと思うからもっと期待をしてしまうような感じも受けます。

これは私も前に何度か書いたことがありますが、オフィスを構えている頃に我侭な日本人の客に閉口したことは少なくありませんでした。まぁ、気持ちはわかるんですが「ここは日本じゃない」ってことが良く理解できない人も多いようです。同じ日本人として助けたいと思っても、それ以上のもっとを期待されたら何もできなくなります。

ま、文化も言語も習慣も常識も違う海外に出るんですから、自分もまっさらの考え方で接して現地を受け入れることをしないと問題が解決するどころか増えるだけだろうと思います。

やっぱり基本は

○ 自己責任。
○ 相手に期待しない。
○ 自分で何でも解決できるようにする。自立する。
○ 業者を使っても日本的にやってくれないであろう覚悟を持つ。
○ 少しでも助かったらそれで良しとする。

これが絶対に必要ですよねぇ。期待を持たなければあとで落胆もないわけで、全て自己責任だと割り切れば海外生活はバラ色になると思ってます。(笑)

逆を言うと、仕事をする側から言えばそういう海外だから徹底的に日本式を追及しそれを提供したら鬼に金棒なんですね。それでコストが合えばの話ですが。

そういえば、お世話になった日本の公認会計士と飲んだときに彼が面白い事を言っていました。

「どんな日本人も成田を離れた瞬間に人間が変わる。」

だそうです。これって奥が深い言葉でなるほどって思いましたっけ。私も来て数年は浮ついた調子で地に足が着いていないって自覚がありましたもの。自分はここの普通の生活者だと思うようになるまで5年は掛かったような気がします。いや、10年か。(笑)

日本に住んでいるときに「ここは良いなぁ、嬉しいなぁ」なんていちいち思わないし考えないでしょ?それと同じで、海外に住んでそれを思わなくなった時がその土地の住民になった時かな、みたいな気もします。その頃には不安も浮ついた気持ちも消えてるし、騙される事もないんじゃないかなぁ。

面白いのがね、日本ではバリバリにやっていた人、中にはヤクザまがいの商売をしていたような人もゴールドコーストに来るわけですよ。でも、そういう人でもコロっと騙される。不思議ですね~~~。

私はどういうわけか騙された覚えが一切ないんです。これは騙されていないのか、騙された事に気がついていないのか、残念ながら私にはわかりません。

ただ面白い事が一度ありまして、詐欺師がいたんですよ。日本では銀行に何年勤めていたの、その後独立して居酒屋を10数店舗経営してどうじゃこうじゃという人がゴールドコーストに来た。最初は何も分からないし、その人とも付き合いが進んで我々の仲間に入ってきた。我が家にも何度も来て一緒に飲んだり食ったりしました。で、ある時、彼が行動を開始した。何人か知り合いが彼の新事業に出資したのですが、彼は頃合を見計らってドロン。仕事で仕入れた商品代金も払わず売り上げだけ持って逃げました。

でも不思議に彼は私には一切その話をしてこなかった。私には仕掛けてこなかったんです。これが私にしてみると喜んで良いんだか悲しんだら良いのか後で考えちゃいましたよ。こいつは金にならないと読まれたのかなって。(爆)

今思えば、多分彼は私に欲が見えなかったんではないかと思うんです。だから入り込む隙が無かったのかもしれないし、新事業の話もしてこなかったのかも。

でも災い転じて福になるってのもあって、後日談ですが、債権者が彼の店の権利を取ったんです。その後違う商売をそこで始めてこれが大当たり。一財産作っちゃった。何億稼いだんでしょうか。半端じゃなかったです。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

不安と信頼、信用” への7件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 5053354f636844614e3265486c627079663277336b7969317433344f4738336a032892a4512c434bafffc0b8e8923aed2deb94f896e38469ac702c6733a0ee8f
    自己責任のもと相手を信頼する。了解しました^^
    doboさんの言いたいこと判る気がする

    daboさんが書いてくれた上の5つ基本、判っているようで私は見落としがち。

    一年位前にテレビ東京で「田舎に泊まろう」って人気番組あったんですよね。
    タレントが(それも何かあまり売れてなさそうな)見ず知らずの田舎にやってきて「突然泊めてください」といって泊めてもらう番組。あれ観て旦那は何かじ~んときて泣いてる様子。私もじ~んとくるんだけど、殺伐となりつつある日本人の心に忘れかけた何か暖かいものを呼び戻す番組。

    いつも何かを信頼したいんですね。
    「殺伐」としたものから気持ちが楽になりたがってる~~~
    気持ちが暖かくなりたがってる~~~

    マレーシアにはMM2Hで行かれた方や駐在組さんも(比較的裕福?)いらっしゃるのもだろうし、失礼な言い方ですが、不本意ながらもやむなく騙されやすい方の生血を吸わなければ生きていけない状況に追い込まれたかたもいらっしゃるでしょう。日本に居づらい食いつなぎてきな外こもり?のかたもいらっしゃるのかな?

    自己責任・・・
    苦労を共にした「戦友」は信頼できる?

    でも最低限子供だけは信頼したいと思うのは私だけ?
    daboさんも?

    私の母親は近頃弱気・・・無条件で子を信頼したがってますが「やっぱ最後は金よ」

    「遊びに来たものにはお小遣いあげるよ~~」だって(笑)

  2. SECRET: 0
    PASS: 396e654162444742656f70534d6f4a737356794275434c703269755a453650339530c2cccaef3cb2506bb0033507f503134bb3a6751af2a6f0cb4d982e54b211
    そうですよね

    ワタシもいろいろ小さいながらも事業やってたんで、弁護士っていう人種だけにはなんか信頼おけないな

    ま 仕方ないんだろうけど「金儲け」って感じがプンプンする人間が多かったですよ

    ・自己責任

    そうですよね
    ワタシも基本 最初は全部自分で出来るか
    まずは、やってみる
    ってスタンス

    で、どうしても無理だったら専門に頼む

    そしたら以外と
    「こいつ、ぼったくってやがんな」って見えてくる

    海外でも日本でも「甘い言葉」の人間にはまず気をつけることだと思いますね

    以外と最初から最後までぶっきらぼうな人間ほど安心かも

    お金の話しになっても、目の色が変わらないか
    素早く見抜く

    で、被害は減ると思うんだけどな

    ではdaboさん貴重な話しありがとうございました

  3. SECRET: 0
    PASS: 7570703066696e72616e62336262653138706c7346395434484f4e65687542791026500b56d59642c1f085b23825bb577cd6654ccbb78973266c16624deb035b
    ジャズさん、その通りだと思うんですよ。これは海外に限らず日本も同じですよね。信用するときに無条件で信用するなんて絶対に変だもの。日本では騙したやつが悪くて、騙された方は善人っていう風潮が強いような気がするんだけれど、私はどうしてもこれは変だと思うんですよ。そりゃ、騙したやつが良いわけはないんだけれど、騙されたやつもバカだとも思うわけで、騙されないためにはどうしたらいいか真剣に考えるべきですよね。

    で、騙されたときには相手を怒る前にまず反省すべきだと思ってます。法律が悪い、警察もしっかりしろなんて他人のせいにしても何も解決しないし、まず自分がスケベ根性をだしていたからそこに付け込まれたりする事が多いし、楽をしたいがために相手に丸投げしたりするわけですもんね。あるいは安易に考えて判子を押しちゃったり。騙すやつを怒ったところで騙すやつが減るわけが無いし、それどころか自分に隙がある限りそういう悪いやつを呼び込むんだから。

    でもその「田舎に泊まろう」で感じる事も良く分かります。

    また中には「騙すより騙される側でいたい」という人もいてその考え方もわかります。私もそれには大いに賛同するところがあるんですが、でも「簡単には騙されないぞ」ってのが必要ですよね。それと騙すのは「貧すれば鈍する」ってのが根底にあるわけで、私だって本当に食えなくなったら家族のために盗みだってしますもの。あるいは一家心中かな。でもそうしたくないから頑張るわけで、自分だっていつ騙す側に回るかわからない。

    それともう一つ生き方があると思うんです。「騙されても怒らない。」これも大事だと思うんです。騙されないようにしても騙される。その時は反省はするけど決して騙した方を恨まない。私はそうして生きて行きたいと思ってます。口だけか?(爆)

    でもジャズさんが書いた「戦友」ってのがそれだと思うんですよ。戦友は騙さないんじゃなくて、戦友に騙されてもそれを喜んで受け入れるって考え方があると思ってます。

    子供に関してですが、どうだろうなぁ。「戦友」と同じように考えるしかないと思います。

    信頼ってそういうことかもしれないですね。信頼関係があるというのは騙さない、騙されないってことじゃなくて、「何でも受け入れる」ってことかもしれない。

    「やっぱ最後は金よ」 ですが、私ももっと歳をとったら金で子供や孫を釣ろうと思ってます。(笑)

    野獣の理性さん

    そうそうそう、わかりますわ~~。やっぱり自分で何でもやるってのが基本で、それがあるといろいろ見えてきますよね。ただ個人レベル、中小企業レベルだからそれで良いのだろうけれど、大きな組織、大きなことをやろうとしたら自分で全てを掌握することは出来るわけも無く、誰かを信頼信用して任さなければならない。でもそういう状況になった事がないんで私にはわかりません。(笑)

    でも想像するにそういう状況に自分がないってことは幸せな事で、誰かを信頼、信用する為にはその前にいろいろ試したり、裏切られないように縛ったり、そういう裏作業も必要になるんだろうと思います。単に心の繋がりだけに頼る事はできませんよね。またそういう人は騙された時にしょうがないなんて言える立場にもないんだろうし、自分にはそういう責任がない、騙されて困るのは自分だけ、あるいは家族だけってのが幸せなのかもね。綺麗ごとを言っていればそれで生きていけるし。

    ちょっくら日記にいろいろ付け足しました。

  4. SECRET: 0
    PASS: 4b6544727438366a5a6263594c737574376d4578596759446b6c6355307a376c0fbf49722bd00a55395dc1c32916213815657095b99c7c227587397f472a1661
    大きな組織の上の人達って、昇っていってる段階で
    周りの人間を吟味しながら信用できるやつをリストアップして
    引き連れていって周り固めながらやっていってるんじゃないかなぁ
     わかんないけど

    商売がうまくいってると、うまい儲け話があるとか
    いいファンドがあるとかいい株がある とか
    よくきたけど よくよく調べては
    「そんなにおいしくない」と相手しなかったですよ

    自分でよく調べて勉強して
    自らやって で、損して 「いい勉強になったな」
    これが 一番気持ちいいですね

    海外でも騙されたり物盗られたりなんてぜんぜんなかったですね

    きらきら着飾っていってる人達を横目で見ながら
    ラフな小汚いカッコでいってるから そら外国の物盗りも
    相手しない

    自分では 心の中で「これが俺のリスクヘッジだ」
    とか 思いながら

    勝手な能書き失礼しました

  5. SECRET: 0
    PASS: 544e4578626a4c47356f4a5679664952613831556e4747314a423037685441506ccdb9a1704e78cbce0b80d5bc04d4963ce7c964e8523e45e7924a64f89280c3
    なんで美味しい話を自分に持ってくるのか、そんなのはおかしいじゃないかってのが基本ですよね。あれに投資したら儲かるなんて、じゃぁ他人に薦めないで自分でやればいいじゃんっていつも思います。

    でもかつて面白い事に気がつきました。今とは随分違うと思いますが、いわゆる商品相場。小豆だとか砂糖とか。あれは結構相場をいじれるような話を随分聞いたことがあります。で、商品の会社がやってみませんか?と話を持ってくるときはかなりの確率で儲けられるのがわかりました。でも多分彼らが力ずくで上げたとするなら、いつかそれを誰かにはめこまなくてはならない。それの為に最初にちょっと儲けさす素人が使われる。そんな風に思った事もありました。

    ま、自分で稼いだ金って多い少ないは別にして気持ちがいいですね。

    損をしたときには、これは俺の金じゃないなんて知らん顔できれば良いんですが。(笑)

    その手のリスクヘッジですがマレーシアでは普通のようですね。金持ちも汚い格好をしてるって。これはオーストラリアもその傾向はあるような気がします。大農場も持っていてサーの称号があるような人が町を歩くときには吊るしのペラペラのジャケットを着ていたり。その人が我が家に来たときにはびっくりしました。最初そんな人とは全く知らなくて奥さんに名刺をもらったらなんとマダムなんとかって書いてあったんです。マダムって・・・?まさかと思って聞いたら旦那さんはサー。思わずひれ伏しそうになりました。(笑)

  6. SECRET: 0
    PASS: 536c6d63627339796f3570326a47304247695064304852427770665134766e4ae976f0daea73eaba028477812f2bcdc0296a54d260239d17d3242bb969b19421
    セカンドホームの人に関していうと
    いつも思うのがなぜ日本人(日本語を喋れるローカル)だからと言って簡単に信用するのかが疑問です 
    だったら日本には日本人が一杯いるのに
    「海外に来てるんだから日本人同士で助け合わないと」
    うんこみたいな言葉ですね 
    日本は日本人一杯いますよと正直に教えてあげます
    なんだか妙に煽られて気合入ってる人にその傾向が強いですね
    その割にはジャスコや紀伊国屋で 日本語でローカルに怒鳴ってるし(見たことあり)
    最初のうちは 「まあいろんな人がいるから 気をつけたほうが良いですよ」なんて言ってましたが
    「私は実社会でいろんな人に出会って君より人を見る目がある!!」とほえた人がいたのでそれ以来
    アドバイスは馬鹿馬鹿しくてするのやめました
    まあ自分の金じゃないし好きにすればみたいな感じです
    (マジメに聞いてくる人はちゃんとお答えしますよ)

  7. SECRET: 0
    PASS: 6a61516f653357394e6c57776b5a585130524a744d504477316f756b766e737772cdd101759fe3496b4bf4bd5e0318e49969d733aa65d5ed00a2d6fe984e9f11
    余計な事は言わないほうが良いってのに気が付くのにそんなに時間は必要じゃありませんでしたが、やっぱり何も言わないってのも罪悪感を持っちゃうんですよ。見て見ぬフリをして知らん顔でいいのかって。

    後で、どうしてあの時一言言ってくれなかったの?なんて笑い話でも出来ればいいのですが、そういう人は皆無でした。みんな知らないうちにいなくなっちゃう。

    親しくしてる人でもいましたよ。そこそこの資産家だったんですがちょっと弁護士に頼んで調べれば分かるのにその金をケチって契約書にサインして根こそぎ取られちゃったり。やり直すといって始めた小さな商売でもまた弁護士料をケチって営業許可が出ない場所で商売を始めちゃったり。プライドが高くて誰の意見も聞かない人でしたわ。でも私の事務所にたまに遊びに来ては泣いてました。日本にいる息子に合わす顔も無い、帰ることも出来ないって。結局離婚して、最後はご主人たった一人で安アパートで亡くなっていたそうです。

    でもセカンドホーマーはいいかもしれませんね。遊びに来る人たちだから。オーストラリアへ来た我々の時代は事業移民がほとんどで、何かしら始めなくちゃならなかったんです。まぁ、カモがネギ背負って並んでいた状態だったと思います。

    本当に今生き残ってる人って少ないと思うなぁ。

    でもやっぱり仲間同士の結束は強かったです。皆小さな子供を抱えていて、子供繋がりもあったし。でもそんな仲間も私の友達関係では本当に2,3家族しか残っていません。

    しかしま、頭に血が上って、わーーい、ゴールドコーストだ万歳!なんて皆でやっていましたから、高い代償だったにしてもその人たちなりの良い思い出が出来たかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *