海外投資とTPP

日本では条件が悪すぎたり、日本では出来ないことがあるわけですが、もしTPPをやるとなるとこの辺もオープンにせざるを得ないんでしょうね。

日本国内では売っていない、国内の条件が悪いから海外でやるという事に関して、それはおかしい、是正するべきだとの書き込みを私は続けてきましたが、ではこれが全てオープンになったらどうなのかを考えるとやっぱり私は日本的なのでしょうか。護送船団方式や国民を高リスクから守ることも出来なくなるかもしれないのはやっぱりまずいんじゃないかと思います。

知らない人は知らないまま、そんなもんだとその中で生きる事を考える。海外の有利さを知ってる人は勝手にそれを利用する。こういう状態を是とする日本の本音と建前の世界があるはずで、それはそれでいいような気もしてきます。

でもTPPはアメリカ式、裏も表も本音と建前もなく全てがオープンで進められていくはず。それの障害があったとしたらアメリカ企業は日本の政府を相手に損害賠償を言い出す権利もある。

危ないのは農業だけじゃないってのがはっきり見えてくるようです。

私としてはこういう今の状態が本当は好きで、物事にはなんでも表と裏があったり、グレーゾーンがあったり、抜け道があったり、そういう世の中だから面白いと思うことも多いんですよ。

談合しかり。今では談合は悪いものだと決め付けられてしまうけれど、もともとは皆が生きるための知恵、おちこぼれの救済手段でもあったはずで、またそれがあるから過剰なダンピング競争にもならず品質が保たれていたという面もあるはず。

これって良い悪いじゃなくて文化だと思うんですよ。どの国の人間も、例えばマレーシア人はルーズだとか時間は守らないとか言うけれど、それはそういう文化の中でみんな生きてきたしそれでよかったはず。

他国の人間が自分のものさしで計ってああじゃこうじゃ言うことじゃないですね。でもアメリカはあれを直せこれを変更しろとやかましく日本に言い続けてきた。郵政民営化もそう。労働者派遣法改正もそう。談合摘発もそう。でも今までは要望だったのがTPPになったらやらなければならない条約になる。

世界中どこへ行ってもアメリカみたいになっちゃうんでしょうか。

ヨーロッパにはまだアメリカにノーと言える文化があるし、アメリカをかわす知恵がある。でも日本はそうなることを拒否した。チャンスも逃した。

強いものが勝つのが世の常だけれど、時代の流れを受け入れたくない自分がおかしいのかどうか良く分かりません。

私としてはきっと30年後の日本を見ないで済むことが救いかな。適当なところでおさらばしよう。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

海外投資とTPP” への3件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6a58776d3070334c383633716c334c45486d4741596459305979674e784e684879e85ee20f5a55df9e2838ca8be8e35aa9ba1f20a5ce734a37aedfef8094b289
    日本は変わるべきだと思います。でもそれは日本が日本としてどうあるべきか考えて変わるべきで、決して他国の都合を基本として変わるべきではない。それは日本の主権を放棄したのと同じだと思うから。

    でも今までも日本はそうやってやってきた。でも今までは拘束力がなく、できるところはやりできないところはそれなりにごまかしてきた。でもTPPは拘束力がある。

    ま、TPPをやる前提で受け入れられないところは受け入れない、変更を迫ればいいのでしょうが、アメリカが狙うところそのものに変更を迫れば、要はTPPが骨抜きになるのと同じで日本みたいな弱腰じゃないアメリカがそれを認めるのかどうか。

    押され押されて何でも飲んでしまうような弱さが今の日本にあると思うんです。だからとりあえず話し合いの席につこうという考え方は駄目で、準備ができていないなら話し合いの場にも出るべきではない。

    でもま、そういうアメリカの言うことを聞け、アメリカの言うことを聞くしか生きる道がないというのもきっと事実なのでしょう。それだけ日本には力もなければ交渉力を持った人材がいるとも思えず。

    TPPをやるかやらないかの問題より、他力本願の日本に注目して、そのままでいいのか、変われないのか、そこが一番の焦点で、そこを解決することなく日本は先に進むべきじゃないと思うし、今保守系の力が強くなりつつあるし楽しみではあるもののまだまだ力及ばずこのまま流されていくんだろうと思っています。

    これが国じゃなくて人間だとしたら、イエスマンで使えねぇヤツってことになりますよね。そこが一番気に入らない点です。

    菅さんの言う大いに議論というのは嘘でしょう。もうそんな時間はないはず。今から農業を変えて待ち受けるみたいな事も言っているようですが、何年掛かると思ってるんでしょうか。

    日本は前向きにTPPを考える。でも今はその時期じゃない、5年待て。と言えるなら良いと思いますが・・・

    先延ばしで何が起こるのかわかりませんが、癌に侵されているとして内科処置で治る可能性はいくらでもあるのに、アメリカの手術しろ手術しろと言う声に乗る必要は全く無いと思います。

    TPPはその内容云々じゃなくて日本の主権の問題だと思ってます。言いたいことをいう国はいくらでもある。でもそれをいちいち聞く必要無し、自分で考えろというのが私の立場。

  2. SECRET: 0
    PASS: 45756b646657393237304e667738456b4c3967346a65496d6f70654d36706b78c85b417b4c0ffbde249ade0590561dd47dcb1723a5c6a13dc4c2b293386241a0
    誰がどんな考え方を持とうと自由で、活発に論議されるべきだと思うのですが、どうも私がアニマルスプリットさんの考えを聞くと、当事者の意見じゃないように感じるんです。第三者、観察者みたいな。

    自分の親兄弟親族が日本中にいてそれぞれがそれぞれの分野にいて、もちろん自分も家族もその中で生きていてどうにか生き延びようと頑張っている時に、お前たちは死ぬかもしれない、でも日本の将来のためだとは言えないと思うんだけど・・・

    TPPは日本が抱える問題の解決には全く結びつかないと思うんだけどなぁ。他人任せの荒療治。

    日本流じゃ治らないとアメリカが思うなら放って置いてくれれば十分。TPPを受け入れなければどんな報復があるのかわかりませんが、それもまたアメリカの素性を知るのに良いと思ってます。

  3. SECRET: 0
    PASS: 4d417a5470516568483047344b6b6d61566c596a3871475841434f316c4932498b6b4288c7db4fdbe64b3680e53a1b7a03ed40a427e1fe9851489a4ac15e7e7c
    アニマルスピリットさん、とんでもないですよ。

    卑怯者というなら私もその通りで、理想論をぶちまけているだけで結局何も出来ず、日本と一緒に沈みたくないという気持ちを持っていますから。

    良く分からないんですよ。若い頃には巷では学生運動が活発でしたが、「革命」ってなんなのかが理解できませんでした。今でもそうです。過去とは違う路線に向かう事だと思うのですが、その切っ掛けは「今を壊す」しかないという論理。

    こういう荒療治をしないと何も変われないのか、それほど人間ってバカなのかと思いますが、歴史を見るとどうもその通りの様で、「今を壊す」必要性もあるのだろうと思います。

    ただ、柔なビルを壊して立て替えるのも良いですが、補強して備えることもできるはずで、ビルの場合は古きものはそのまま残りますが、人間の場合は古いものは時間と共に新しい環境に慣れるように進化していくはずなんですね。だから補強は決して後ろ向きの対策じゃないと思うんです。

    でも本当にわかりません。駄目な政権をどうするかという時でも、じゃぁ「総選挙だ」ってなるわけで、総選挙こそ「今のぶち壊し」以外の何物でもないですものね。

    ただ、国家の根底に関わる事、主権にも関わる事、そして国でも人間でも自分の足で立って歩く「自立」が大事だと思うのですが、そういう点で「他国の都合」をその切っ掛けとし、変貌の土台にするというのがどうも受け入れがたいんです。強姦されているような思いがするのです。

    でも外的要因、外圧によって変わる。これこそが生命の進化であるわけで、私はそれに反発しようとしているだけなのかもしれません。

    私としては外的要因、外圧ではなくて、自らが望む方向へ自らが変わることが出来るのが我々の目指す進化であり、そしてその進化に合わせて環境も変化させていくのが理想。

    一歩譲って、ぶち壊す事が必要だとしても、それは中から出てくる要求であるべきで、海外の圧力によってそれがなされると、その後そこに構築される物は自国の利益には関係ない他国の都合が優先されるんじゃないでしょうか。これも歴史が証明している事。まさに戦争に負けてぶち壊れた日本がマッカーサーの言うまま作ったのがアメリカ従属という日本国家。

    でもねぇ、私は東から昇る太陽に、西から昇れと言ってるだけかもしれませんね。

    アニマルスピリットさん、貴方の考えを切っ掛けに私もいろいろ考える事ができます。賛同するかしないは別にして、そういう意見を聞かせていただけるのは非常に嬉しいです。

    これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *