英語の発音

他の日記でマングリッシュ・シングリッシュの話題を出しましたが、英語の発音って難しいようで簡単で、簡単に考えると難しくて、また場所によってはまるで違っていて、そういうのがゴチャゴチャになって常に誤解が起きますね。

それを皮肉った動画をお一つ・・・・。これも笑えます。前にもだしたけどぉ。

これを聞いて何が笑いのポイントかわかれば、同じような状況から逃れる事が出来るかもしれませんね。

最初の一回で全てわかるようなら問題なし!

これと似たような経験をしたことがあります。

我ら夫婦と子供二人、家族4人で中華を食べに行ったときのことです。それぞれ好きなものを頼んだのですが、ヨメさんは福建炒飯を頼みたかったのです。で、彼女が言ったのは

「ワン ファッキンチャウファン、プリーズ」

注文をとりにきた女性は固まったまま。二人の息子(バイリンガル)も固まってます。笑いをこらえられなかったのは私だけで爆笑してしまいました。ヨメさんは状況がわからずキョトンとしているだけ。

福建炒飯はフッケンチャウファン。ファッキンチャウファンじゃないんですね。ではファッキンチャウファンってどういう意味なのか?(Fから始まる4文字の言葉があります。絶対に人前では言ってはいけない言葉)

こういうところを注意しないと大恥をかくことになって、場合によっては単に間違えたじゃすまないシチュエーションもあると思います。ま、笑いが取れるという良い点もあるとは思いますが・・・・・。

また、席に座るときに空いてる席を示して、ここに座っていいですか?と聞くケースはよくあると思います。

Is it taken ?

なんて聞き方が多いと思うのですが、座っていいですかを直訳して

Can I sit here ?

と聞くこともあると思います。でも日本人はここで注意しないとかなりまずいことになります。

Can I shit here ?

つまりここでウンコをしていいか?ということ。(笑)

She sells sea shells by the sea shore.をちゃんと発音できる人はこういう問題が起きませんが、シーとスィーの違いがあいまいだと上記のような失敗をすることになりますね。犬を飼っていて英語で指示を出す日本人は多いと思いますが、多くの方々は「座れ!」の意味で「シット!」あるいは「シットダウン!」と言う人が多いのに気がつきますでしょうか?これって英語人が聞いたら大爆笑でしょう。

私も大恥をかいたことは何度もありますが、忘れられないのがあります。それも大勢のお歴々の中で話をしていたときです。

「彼は分別がある」と言いたかったのです。成熟しているとかいう意味で mature と言うべきところ manure と言ってしまいました。manureって肥料の意味で、どちらかというと人糞とか鶏糞、牛糞で作ったもの。

「彼は肥やしだ」の意味になりました。(笑)

このときは誰もそれに反応することなく、笑いもありませんでしたが、後でフト気がついたときには穴があれば入りたいほど恥ずかしい思いをしました。

そうそう、前にも書いたかもしれませんが、もう一つ失敗談。

もう40年近い昔の話ですが、英語圏の女性と鉄板焼きに行きました。目の前でパフォーマンスをやるアレです。で、そのコックが凄く面白かったんですよ。で、彼女に言ったわけです。「こんな面白いコックは初めてみたよ(会ったよ)。」って。よくあるシチュエーションでしょ。で、私は、

「I’ve never seen such a funny cock before.」

って言ったわけです。でも彼女は知らん顔するんです。この文のおかしなところはすぐに分かりましたか?で、私としては通じないわけがないと思ってこのフレーズを数回繰り返しました。でも彼女は無反応。おかしいなぁと思って考え込んじゃったのですが、ハタと気がつきました。コックの事を英語でコックとは言わない。クック、あるいはシェフですよね。ではコックとはどういう意味か。これは前のシングリッシュの話にも出てきましたが、cockは雌鳥の事を意味します。でも他にも意味がある。例えば水道の蛇口とか。そしてそれに似ている男性の・・・・そうシンボル。あれもcockとスラングで呼ぶ。

つまり、彼女は

「こんなおもしろいチ○ポ○見た事ない」

と取ったのだと思います。これに気がついたときには私も真っ赤になっちゃいましたよ。でも今思えば、私がこれを言った瞬間、彼女はきっと目の前のシェフのあそこをチラリと見たんでしょうね。(笑)

こんな馬鹿な話をしながら、英語を覚えていくのも面白ですよね。

------------------

上の動画のストーリーが分からない方はこれの方が良いかもしれません。

載せた手前、簡単に解説します。

彼が言ったのは「皿の上に2枚欲しい。」これを「皿の上にオシッコをしたい。」とウエイトレスは聞き間違えた。

「テーブルの上にフォークが欲しい。」
   ↓
「テーブルの上でセックスをしたい。」

「ベッドにシーツが欲しい。」
   ↓
「ベッドの上でウンコしたい。」

そしてサナバビッチと聞こえるのは相手を罵倒する言葉ですが、それを知らない彼は「Son of a beach」海岸の息子??と思った。

逆にチェックアウト時に「ご多幸を!」と言われたのに彼は罵る言葉を言われたと思い、その罵り言葉を返してしまった。

こういうストーリーです。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

英語の発音” への5件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 5765517a7570366944374c494b67444167516d416c747a616f4971616f347a5738d23102ea50c2d2d15a09d36a8e93b973792f7e50e058f7fbf9b8a15b6b386d
    ダボさんにも、そんな失敗談があるんですね。

    前にもお話した事があると思うのですが、私の住んで居る所には
    武蔵と小次郎の像があるので外人さんの観光客も多いです。
    そこを通るとたまに外人さんに話掛けられるのですが、さすがにノーとは言いませんが聞いてて所々単語が分かる程度です。
    分からない時は笑顔してるしかないかも(笑)

    日常会話ぐらいは出来るようになりたいです。

  2. SECRET: 0
    PASS: 61657a596f756e375a5338715a4d77557358494a4432455a6979736e6c527447908c32f8b4293d9a5b1b023f5617c15f56c7740f4d0019b5bf3dc09a565bea7e
    nebulaさん

    私も失敗談があるどころか、成功談はあるのか?って感じですよ。

    今日はちょっとおセンチになっているんですが、えーと、差別用語を使っちゃいますが、もし自分がビッコだとしても歩くっきゃないんですね。たまには徒競走で一位になりたいなんていつもビリの私は夢見ていましたしビリなのが恥ずかしかったけれど、それでも走るしかないんですね。

    分からないときに笑顔って、相手に対する思いやりでもなんでもなくて自分の照れ隠しでしかないのははっきり自覚して、そして照れる自分を許さないほうがいいと思います。

    絶対に逃げない、言い訳はしないと心に誓ってみてください。諦めない限りかならずそれなりのところに到達するはずです。って今も自分に言い聞かせているところです。

    本音はバカになって全部投げ出したい。(笑)

    私ね、凝り性だとよく言われるんですよ。自分でもそう思ってきました。でもそれは全くの間違いであるというのを最近痛感するんですよ。俺は凝り性だと、何も出来ないくせに自分を甘やかしていたって。でも嫌いなものに凝ることはできないし、凝ってもどうにもならないのは自分に能力がないだけなんだろうけれど、結局何もモノになっていない自分に腹が立ってしょうがないです。

    nebulaさんはまだ若いからこういう気持ちはわからないと思います。

    でもまだ時間があるなんて思ってると、歳をとって私みたいになっちゃいますよ。入れ物は大きそうだけれど、中身を出してみるとたいしたものは入ってなくて、なんだぁ、上げ底だったのかぁ、みたいな。

    私は若い頃から自分の引き出しをたくさん持っている人間になりたいってずーーっと思って今まで来ました。でも引き出しはたくさんあるけど、開けてみたら空っぽだったのに気がついた驚きと悲しさ、わかります?

    nebulaさん、やるときにはやるしかないですよ。

  3. SECRET: 0
    PASS: 6c67315a6d706869595055665a6436466a59794a53716f556a46344878546769916021c2e9b2a2cdb96e0f70365593eb150f20038ced174a1a142260bbb876ec
    コック→cockは良くある間違いですよね~。「My husband is a nice cock!」と言って大爆笑された日本人女性を見たことあります。

    あと日本人はLとRの違いも苦手ですから、clap/crap、election/erectionで恥をかくことも多いですね。母音でもfax/fucks、fact/fuckedあたりはヤバいところです。

  4. SECRET: 0
    PASS: 4a5a38414e5a46704f513268756a48634d657a466767515348695153534b5a3268402ba6767ff29b9a823ef9415056a6ab7a73677134f145b2320ded53f7f914
    外人さんから話掛けられて英語が理解できずに笑って誤魔化している自分をとても恥ずかしく思いました。

    学生の頃は全く英語の授業が楽しくなく、興味すら湧きませんでした。
    ダボさんと知り合って、ジャズを聴くようになってからは自分なりに辞書やネットで調べるようになりましたよ。
    絶対に逃げない、言い訳しないって言葉は人生において全ての事に当てはまると思いました。

    私、まだまだ時間があるなんて思ってませんよ(笑)10年なんてあっという間に経っちゃいますもんね。
    もしかしたらこのまま一人かも知れないし・・・。
    でも何か達成出来た!!と言う物を作りたいと思っています。

    ダボさんは素敵な家庭をお持ちだし、常に目標を高く持たれていて、すごい方だなと思います。
    それと、ダボさんが教えて下さった「壁は乗り越える為にある」って言う言葉をいつも思い出しながら頑張ります♪

  5. SECRET: 0
    PASS: 4d694d4f753161615969626e70733676777771336449744b64466d5132423037bbc82d1e4d042c5f4c4da2c4f672367e395eca993c123f8176985af43fc43522
    BBさん

    なるほど。clap/crap、election/erection、fax/fucks、fact/fucked みたいなのがあるんですね。なるほどなあ、言われてみればその通り。FAXなんて99%の日本人がアウトっぽいですね。私も微妙だと思います。実はアメリカ英語臭い発音は意識的に避けていまして、あいまい母音は強調しないタイプなんです。またWaterをワラーに近い発音は下品だと思っていまして(笑)、ウォーツァみたいに割合綴りに素直だったり。Rもかなり弱い巻き舌にしてます。イギリス英語はキザだけれどアメリカ英語は下品だし、丁度いいのはオーストラリア英語だとマジで思ってます。田舎のおっちゃんやクロコダイルダンディは別にして、私はオーストラリア英語って美しいと思うんですけどねぇ。日本人の多くはオーストラリア英語ってクロコダイルダンディのあれだと思っていて、それがちょっと悔しいです。

    nebulaさん

    私は自分に甘くて他人には厳しいタイプ。そして言い訳は結構うまいですから私の言葉をそのまま信じないほうがいいですよ。(笑)

    でも絶対間違いが無いのは、やって後悔することよりやらなかったことに後悔することのほうが我慢できないほど悔しいってこと。だから周りの事は気にせずに、自分が本当にやりたい事は何なのか心の声に耳を傾けてそれにまい進する事が大事かと。

    私はいつもそれを自分に言い聞かせてお尻を叩いていますが、なんせ体重が重すぎて思うように動けません。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *