またちょっとTPP

しつこい野郎だと思われるでしょうが、実はこういうことを日記に書いているとそれなりに好きな人が反応してきてメールのやり取りが始まったり、それが結構面白いんです。という事で続けます。

今、思い出すのが宮沢喜一首相の頃でしょうか、アメリカと日本との間でお互いの要望書を交換しようという話になった。年次改革要望書というのかな。ウィキペディアには

年次改革要望書
  ←クリック

「日本政府と米国政府が両国の経済発展のために改善が必要と考える相手国の規制や制度の問題点についてまとめた文書で、毎年日米両政府間で交換される。」

へーー、これって良いことじゃんと思うのは幸せな人で、私はこれを

「アメリカによる日本改造指示書」

という風にしか取りません。この中で有名なのが郵政の民営化や労働者派遣法の改正。これって小泉さんと竹中さんがやったやつじゃんぐらいの知識はどなたにもあるはずですが、何のことはない、彼らはアメリカの圧力に屈してそれの推進者となっただけともいえるわけです。竹中さんの言っていた様々な理屈はアメリカが言うのと同じで、売国奴だといわれるのはこれが理由なんでしょう。

ま、アメリカの要望とは彼らがやりやすいように改造してくれということであって、日本のためではないのは明らか。ただ、アメリカの言うことを聞くのが日本のためだという信念を持ってる人もいるようですが、それは無視します。

この毎年交換していた要望書はどうもオバマさんになってからなくなったそうです。

もううるさくああしろこうしろと言わなくなったので万歳と思っていたらTPPなわけです。

TPPは条約であって要望書じゃないんですね。従わなければならない義務がある。また前の日記に書いたように、うまくそれが進んでいない場合、日本政府はアメリカ企業に訴えられ、莫大な損害賠償をしなくてはならないISDという条項も入っている。

ニコニコ笑いながら寄って来て、貴方の為と言い(FXも気をつけましょう 笑)、お互い手を結んで一緒に育ちましょうというNAFTA(北米自由貿易協定)の甘い話に乗ったメキシコがどうなったのか、これもウィキペディアを見てみましょう。

NAFTA  ←クリック

「NAFTA成立以降、域内の貿易は拡大し、特にメキシコの発展に伴いアメリカとメキシコの貿易が大幅に拡大している。」

これを見ていいことじゃないか~~と普通は考えるし、こういうところを大げさに宣伝して良い事だとマスコミは煽る。でもこれの言葉を変えると

「米国の企業や製品が大量にメキシコ国内に流入し、農業などの国内経済を圧迫している」

ということがウィキペディアにも書いてある。そしてなおかつ

「メキシコの農業団体「全国農民連盟」(CNC) は、2010年9月12日、NAFTA によってメキシコの食料主権が深刻に脅かされていると警告する声明を発表した。声明は、国内の生産・販売・輸入などの全農業部門で多国籍企業の支配が強まっていると指摘している。トウモロコシ・コメ・大豆の輸入が増大し、さらに牛肉が4倍以上の輸入になっているデータを報告し、食料主権が急速に脅かされていると述べている。」
 
だそうです。これは昨日書いた、カナダでもアメリカにうまくやられたという話と同じ。

こういう条約とか協定って、誰が推進派か見ればすぐ内容はわかると思うのです。利益があるから推進したい。うまい話には裏がある。騙されないように気をつけましょうというのは国も庶民も同じじゃないでしょうか。

ちょっとこれを見てください。

TPPはもう既にシンガポール、マレーシア、ブルネイ、ベトナムで動いてる。そして日本と各国の間を見てみると、その上記4国とチリ、ペルーともEPAは発効、あるいは交渉完了。そのEPAはまだ締結していないオーストラリア、ニュージーランドを含めた全ての国で、なおかつそこには中国、韓国、インドまで入れたアセアン+6で多国間EPAの話がある。

つまり蚊帳の外にされて焦っているのはアメリカだけで、TPPに乗り遅れると日本が追いて行かれるという話は嘘だというのがわかります。つまり、アジア市場を狙うアメリカが「自分で」イニシアティブを取りながら自国にとって都合のいい多くの項目を忍び込ませながらやって行きたいと言うアメリカのご都合で動いているのがTPPではないでしょうか。アメリカが口を出すようになってから当初のTPPには無かった項目が入ってきてるというのもその証拠。TPPはアメリカのトロイの木馬を日本に受け入れるようなものだと思います。

余談ですが、アメリカが今大変なのは誰でも知ってる。アメリカが良くなってまた物をどんどん買ってくれれば日本も助かる。でもアメリカも随分変わったようで、私がびっくりしたのは、あの借金してでも物を買いまくるアメリカ人の行動ががらっと変わったこと。お金を貯めるのが日本人の特徴と長い間言われてきましたが、アメリカ人もお金をためるようになってきた。そんなニュースも結構あります。

日本の「家計貯蓄率」は世界最低水準  ←クリック

主要国の貯蓄率の変化  ←クリック

ここに一つ怖さが見えるのは、日本を支えている国民の貯蓄1400兆円といわれるあれですが、ああいうのを溜め込んだ世代っていわゆる我々の親とか団塊の世代。お金は持っているけれど使わない人たち。この人たちがちょっと財布を緩めてくれれば日本の景気はV字回復するなんていわれてるわけですが、使ってくれない。平気で低金利に甘んじていてくれるからこそ、そのお金で日本国債を買い支えられるわけですが・・。

このお金があるから安心と思う部分もあるんですが、これって日本の貯蓄率が世界的にも高かった頃から貯めてきたお金。我々の世代には貯められない過去の遺産であるのが気になりませんか?我々の、そして次の世代には無くて当たり前のお金。

将来、この未曾有の国の借金がボディブロウいや、ノックアウトパンチになる日が来る様な気がします。ということは今のうちに徳政令かな?

各国の借金。GDP比。日本はGDP世界第三位になったといいつつ、額は莫大なわけで、倍率だけでも突出してるってどれだけ異常な数字かってのがわかりますね~。ほんとにどうするんだろうか。

こういうところにも、今後の日本の危うさ、今の状況が続くとかなりヤバイってのが見えるような気がします。でもだからといって、お金の無い人が一発逆転を狙うがごとくうまい話、TPPみたいなのに乗ると借金はもっと増えるみたいな。

実際には日本の借金は政府の借金であって日本国の借金じゃないってのが救いですね。国民一人当たり何百万円の債務って言いますが、それって本当はおかしくて、日本の国債を買っているのは日本国民ですから、一人頭それだけの借金じゃなくて、それだけの金額を国民が政府に貸しているっていう意味でもあるわけです。

だから政府のその借金を返すために、国民がどこからかお金を持ってくる必要があるわけじゃなくて、貸してる立場の国民がもうその金はいらないよ、と言えばそこで終わりってこと。あるいは政府がお金を発行すれば終わり。ところが諸外国の場合はそれが出来ないから大変なんですね。債権者は国外にいる。

つまり大事な事は政府の債務だけに注目するべきではなくて、日本国全体としての国内外の資産、債務、債権はどうであるかってことかもしれません。そういう話になると日本政府はいまだ莫大な資産を持っているし、日本国は海外に対しては債権は多くもっているわけで、非常に富んでいる国であるのも間違いがないはず。円高というのはこれが最大の原因だと思うわけです。政府の債務だけを見ても全体は見えないって事。でもその点だけを取り上げて騒げば、無駄使いは減るし、増税もできるし、政府(財務省)の思う壺ってことなんでしょう。

では日本として対外債務がどのくらいあるのか。他の国は?

本来国としての借金とはこれを言うべきかもしれません。

(2007年 順位は対外債務のGDP比)

ルクセンブルク 1兆6176億USD (4355%)
モナコ 180億 USD(1843.70%)
アイルランド 1兆8,410億 USD(960.86%)
アイスランド 1256億 USD(628%)
スイス 1兆3,400億 USD(441.95%)
イギリス 10兆4,500億 USD(376.82%)
オランダ 2兆2,770億 USD(352.75%)
ベルギー 1兆3,130億 USD(348.74%)
デンマーク 4,926億 USD(242.30%)
オーストリア 7,525億 USD(233.70%)
フランス 4兆3,960億 USD(211.86%)
香港 5,880億 USD(200.48%)
ポルトガル 4,612億 USD(198.54%)
ノルウェー 4,691億 USD(190.23%)
スウェーデン 5,982億 USD(176.72%)
ドイツ 4兆4,890億 USD(159.92%)
フィンランド 2,712億 USD(143.95%)
キプロス 270億 USD(126.03%)
オーストラリア 8,264億USD (106.91%)
アメリカ 13兆7,731億 USD(99.95%)
エストニア 248億 USD(86.51%)
ラトビア 335億 USD(83.72%)
スペイン 1兆840億 USD(79.65%)
スロベニア 404 億USD(71.93%)
ハンガリー 1,259億USD(65.68%)
カナダ 7,586億 USD(59.69%)
イタリア 9,963億 USD(55.35%)
ニュージーランド 514億 USD(45.77%)
リトアニア 272億 USD(45.33%)
ブルガリア 349億 USD(40.23%)
日本 1兆4,920億USD(34.93%)   ←日本はここ
スロバキア 366億 USD(33.24%)
ルーマニア 745億 USD(30.17%)
チェコ 747億 USD(29.76%)
ポーランド 1,698億 USD(27.25%)
ロシア 3,565億 USD(17.00%)
ブラジル 2,294億 USD(12.41%)
マルタ 189百万USD(2.01%)(2005)

政府の借金は凄いけれど、日本全体の対外債務を見るとこんな程度しかない。主要通貨の発行国だけみても日本の順位は下のほう。つまり危険度が少ない、だから円を買うということになるんでしょうか。

どちらにしても国民は個人で生活を守らなければならないし、マレーシアに渡れば大丈夫かもしれないですね、とここで無理やりマレーシアにつなげてみます。(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

またちょっとTPP” への5件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6d455156366f6d49313379575764756748305054565870783949725070674c572221f483fcfe2c04d729b00ea8458234ed21327496493bc0efeb3e880b0afa20
    お久しぶりです。

    なるほど…
    TPPに関しては今早急にやる意味があるのか?ないのか?daboさんのおっしゃってる子細なデータ-を拝見させて頂くと、
    「無理して今やらなくても」と、考えさせられます
    ※お恥ずかしいですが、優柔不断な性格なのもので…
    =いわゆる『馬鹿』です(泣)

    ……私はアメリカが好きじゃありません(オバマも…どちらかというと共和党派なので)
    が、何度も行ってます

    良くも悪くも世界最大の『軍事大国』であるし経済大国です…
    日本が「利用価値がある」…あったかな?

    アメリカの「核の傘」に守られて資源も乏しいのに経済第二位の国になれたのも事実です
    …表明的な部分だけですが

    daboさんが指摘されてる諸々の事を突き詰めて、アメリカに対してはっきり「NO」と言えない理由は、これに尽きると思います!

    明治より西欧列強と対峙し、仕組まれたとはいえ太平洋戦争で敗れて西側のシステムに組みこまれ
    今があります

    先の政権で日米安保を軽視?した姿勢を見透かされるや否や すぐさま尖閣 北方領土問題が起きました

    悲しいかな日本は、近隣に強大な二国と相対してる地政学リスクをつねに持っています

    極論をいえば、この問題を抜きにしては経済も政治も語ることは難しいと思います

    沖縄(北方領土も?)が我が国のものであり続けるためには、やはり現段階ではアメリカの軍事力は必要とならざるを得ないとも思います

    だからと言って、何もかも従い続けなければならないかといえば違うとも思ってます…

    そのことが、今までかんかんがくがくと論争を繰り返してきた一番大きな問題です

    と、思ってます(恥)

    では度々の稚拙なコメで大変失礼いたしました(礼)

  2. SECRET: 0
    PASS: 747a52636a3558773369686b457166746355434d593970584f66746859386944d8253d5575a91b1a2c583e5467463edfff4802e12bacb1f450adb8772c1fc3b7
    シドニーに行ってからというもの、このTPPあるいは日本の移民政策の結果向かう方向というのがなんとなくシドニーの町と重なって頭の中にイメージできるようになりました。

    日本の大都市もロスやシドニー、あるいはKLのような人種の坩堝、雑多な民族と言語が行きかいわけが分からない状態になる。でも活気があるような。

    またその先にはスターウォーズに出てきた様々な宇宙人が行きかう街。はるか遠い未来にはそんな風になるんでしょう。今我々がいう日本古来の文化じゃなんじゃというのも様々なものが混ざり合い出来上がったものでしかないと思うわけで、他民族の移入は侵略にも思える不安を乗り越えて時代に合わせて変わっていくしかないんでしょうね。

    もしアメリカなり中国に乗っ取られたような国になってもそれを嘆くのは年寄りばかりで、新しい世代はそれが当たり前の日常だと受け入れてその中で逞しく生きていくんでしょう。

    でも少なくとも、国民には隠すようなことなく、言えば大きな波紋があるにしてもオープンにしてやってもらいたい。

    そんな風に願ってます。

  3. SECRET: 0
    PASS: 314562733466654e79626168485142636d415164413865463030486b6d69414d99b68cab750f0096cc2f1002061f5c92dd7774b0040eebd845b688507fded938
    daboさんコメありがとうございます(笑)

    次の出発準備や所用等で今は日本に一時いますが、 やはり日本企業のアジア・海外進出(移転?)は激しさを増してるように感じました

    daboさんがおっしゃってるように、企業は我々の事などを考えて動いてはいない?というのはその通りだと思います
    が、グローバル化した今の 企業は国際競争に敗れないように必死に日夜戦ってるのも事実です
    「性悪説」で企業を見ていても、結局は我々の大多数はその企業らに生活を委ねてるのが現状なのです

    彼らが国際競争に負けないで、少しでも日本国から出ていかないように考えていくのは我々も必要ではないかと考えました
    ※決して企業側の論理でなく、企業なくして日本がいや日本国民が
    一先進国としての生活が維持できるのか…現時点においては不可能?だと思います
    農業改革にいたっても、TPPうんぬん以前の問題の話しだと思いました
    ※農家の高齢化はひどく
    「このままでは日本の農業は終わる」と言われるのも理解できます

    TPPを考える時に、既に始まっている「ルール作り」の協議のテーブルに参加して、少しでも日本が不利にならないように声を出すということも必要ではないかと思います
    ※アメリカの意見に押し通されるとも思いますが…
    FTA等でコツコツと決めていけばいいじゃないかという意見もありますが、『のろまの日本』は、なかなか決めていけれないでしょうし、世界のスピードは日々加速してるのに日本の戯れごと?など待っててくれるはずもないようにも感じます

    尖閣や沖縄?に「紅旗」が立つようになるくらいなら
    ・・・「アメリカのポチ(ワン)」のほうがまだましだと
    思います・・・語弊がありますが

    将来日本に帰りたいなと 思っても、安心して帰ってこれるような国であるか?? 本当に危惧します
    では乱文にて大変失礼しました(礼)

  4. SECRET: 0
    PASS: 676b336263586c7368385650666c6b613957703267395549703571494e397238f066cdf34237505572526cb7bd2c2b5d74a0e5b4849dc9ef361570f8a838896a
    私は今の政治家が言う「庶民目線」というのが本当にそれで大丈夫なのかが気になって仕方がありません。しかし企業の国際競争力を維持あるいはそれを得るための優遇策が必要だと思っていましたが、韓国の実情を知って唖然としました。結局企業を守ってもそれが国のためにならないのなら全く意味がないですよね。かと言って企業をないがしろにしたら元も子もなくなるんでしょうし。

    好きな映画で「ブレードランナー」があります。見ました?あの中でインテルでしたっけ超巨大企業になっていて企業そのものが国であるようなイメージ。あれって満更嘘じゃなくて、将来、国対国とは企業グループ対企業グループみたいなのが顕著になるかもしれませんね。あるいは企業には国籍がないのが当たり前になって、大きな企業グループの下にそれぞれの国がぶら下がる形になるような感じもします。

    でも思うことは、どうもアメリカの民主主義ってそれはあくまで建前で、ある程度の自由を与えて実はしっかり管理する管理社会に思えるし、資本主義も自分に都合の良いことをうまい具合に宗教とも言えるほどに持ち上げるのに成功して、それに甘んじてバカみたいに喜んで旗を振ってるのが我々のような気がしてきます。

    どうも私は人間としての限界があるような気がして、人間の考える理想社会とはやっぱりその中心に「生き残り」があって決して美しいものじゃないような気がします。

    私としては日本の侘び寂びがもうちょっと積極的な理想社会実現の根本になるような動きがあったらいいのにと思ってます。命ってその存続を守るのが一番大切なことじゃなくて、その尊厳を守る事が重視されるべきだとも思うのです。

    ま、私の頭の中にある理想社会と現実はまるで離れていますし、私もその現実という泥沼の中にどっぷりつかっているわけでどうあるべきかなんてわからないのですが、もしかして何かがまかり間違ってゴーダマブッダが一番最初に得たあの「何か」を人類全体が一瞬に知る事ができるような奇跡が起きて欲しい、そんなことを夢想しています。

    あるいは救世主の出現を待ってる。そんな感じかなぁ。

    技術や経済がどれだけ進歩しても人間そのものは進歩あるいは進化しているのかどうか、そこが疑問です。

    確かに赤旗が日本に立つぐらいなら、51番目の州になった方がいいかもしれませんね。うーむ、実はその方がいいと真剣に考えている政治家もいるのかもしれませんね。とんでもないと思うけれど実はそれが一番現実的な選択なのかも。私も今の政権が続くぐらいならその方がいいかもしれないって思いますもの。(笑)

    アメリカって我侭でどうしようもないと思う反面、真の自由を求める動きは間違いなく強いと思うし、自己批判もちゃんとできる下地があると思うんです。日本の戦前からの本当の歴史にしても、実はそれを明らかにできる情報は日本から出たのじゃなくてアメリカがだしてくれたのが基本になってるような気もするんです。マッカーサーは日本の良さを全部消し去ったけれど、それを明らかにしたのもアメリカで、決して彼らはそれを隠さなかったというのは凄い事だと思うんです。日本なら絶対に隠し続けたと思います。

    日本は彼らの軍門に下って、その中で、内部からの改革を考えるほうが世界のためかもしれないですね。

  5. SECRET: 0
    PASS: 515263387256547179476538394c54515a626135354b53444e4d6f764f474f6effa7203517dcf213b22b578e141121a6cec1c711f993fe406ecc2c42305bec2d
    daboさん どうも(笑)

    >好きな映画で「ブレードランナー」があります。見ました?
    見ましたよ 大好きな映画の一つです(笑)

    ただ偏った考えかもしれませんが……五星紅旗やウォッカ等の国は企業グループにぶら下がるような 軟弱?な体制はとってくれないように思います(悲)

    >アメリカの民主主義ってそれはあくまで建前で、ある程度の自由を与えて実はしっかり管理する管理社会………

    まさにその通りだと思います

    >日本は彼らの軍門に下って、その中で、内部からの改革を考えるほうが世界のためかもしれないですね

    オバマもTEAパーティーの出現やらで、次期大統領も危ない?とも思ってますので…共和党から親日的な候補にでも大統領になってもらうように願いたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *