次男坊との別れ

明日は次男坊がシドニーに行く日。我々夫婦も一緒に行きますが、我々は3泊で帰ってきます。

ヨメさんに、そもそもなんで俺たちもシドニーに行くんだ?と聞いたところ、明確な答えもなく、良いチャンスじゃんとのこと。別に我々は毎日サンデーだし行こうと思えばいつでも行けるし、次男坊は変に自立している男で親の助けを全く求めないヤツだから、我々がくっついていく必要もなし。一緒にシドニーに行ったところで、初日にあいつの寮に一緒に行ってその後はずっと別行動になりそうな雰囲気。

何のことはない、嫁さんと私と二人で行く旅行と全く変わりなし。

でもねぇ、やっぱり寂しいんですよね。ヨメさんも意地っ張りで弱いところは絶対に見せない女だけれど、息子を送り出すのが悲しいんじゃないかと思いました。

私も悲しい~~~~~~。

今日は次男坊と何時間か行動を共にしました。彼の車も購入希望者がすぐ出て、本日引渡しをしてきました。で、修理屋さんに行ったり、銀行に行ったり、また食事をしながら、車に乗りながら彼とずーーっとしゃべっていました。

彼と私の共通の話題というのは結構あって、今日はお金のことを話していました(っていつもと一緒か 笑)。あいつも金融関係だし、成りあがろう、儲けようという意欲が非常に強い男で、世界の金融の話やお金儲けの話は大好き。

でもあいつとゆっくり話せることなんか今後なくなるし、いつでも出来る世間の一般論の話じゃなくて、あいつが小さい頃から言い聞かせたことを本当にわかっているのか、そんなことのチェックをしていました。

私が口を酸っぱくして言い続けてきたことは単純なことです。ここにいつも書いているように小作人からの脱皮です。ですから、(投資でレバレッジを利用するのは別として)絶対に借金はするな、家を買うのにもローンを組むな、消費財をローンで買うのは自殺行為、そしてたとえ兄弟でも家族でも個人保証はするな、金は貸さずにくれてやれ、等。ま、内容としてはごく一般的なんですがそんなことを改めて話しているときに、彼はニヤリと笑いましたわ。

オヤジ、おれは金融の勉強をしてるんだぜ、ですと。

分かりきったことを言うなってことですが、頭で分かっていても世の中では当たり前のことを自分はしないというのは結構難しいことで、その場になったらコロって変わるのが人間なんですよね。ローンだって何もなければローンを組まないと買えないと考えるのが世の中の常ですから。

でも面白いと思ったのは、彼の中高生時代を過ごした学校にアメリカ人の音楽の先生がいたんですが、彼はその先生を尊敬していて、いつも学校から帰ってくるとその先生にこんなことを教えてもらったと嬉しそうに話していました。で、それが今でも心に残っているようで、今日もまたその内容を言ってました。

社会保障とは別に所得の9%を貯め続けろ、そうすれば絶対に老後に苦労はしないと言われたそうで、それを自分は実践するつもりであること。そして銀行を絶対に信用するなと。銀行は庶民のために存在しているのではなくて彼らが儲けるために存在していて、世の中で一番儲けているのも彼らだと。

自らそういう世界で生きていくことになるだろうに、そんなことを言ってましたわ。まだまだ子供ですが、それなりに信念があるのが見える子なので、実際に社会に出、家庭を持ち、子供が出来たらどういう風に変わっていくのかが楽しみです。お前、学生のころには偉そうなことを言っていたのにねぇ、なんてことになるんでしょうが、きっと私の本当の出番は多分その時なんだろうと思っています。

上昇志向の強い頑張り屋ですから安心は安心なのですが、逆にそれが強くなりすぎる心配が無きにしも非ず。

ですからシドニーで別れるときには大事な一言をあいつに言おうと思っています。

立って半畳、寝て一畳。

自分のためにはそれだけで十分だと。

ーーーーーーーーーーーーーー

明日からシドニーですが、今回はPCを持っていきませんのでアクセス、書き込みはしばしお休みです。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

次男坊との別れ” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6b4856724f41384a7278464e467646563358654a53357077493441566566767473044d901e1c0dbbf0e7406b2d2b151ca795d64ded1ac457d190485ca31f6591
    こちらの企業は給料の9%分をSuperannuationとして積み立ててくれますから、老後は安心ですよ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 6935577834746743334571494f6964354f4a36766f3666356d76515876754d665e71d5b1bacc64f8a1ec341bda20afd01e23dc830ce3a540b10c8c1a85cf9a54
    次男坊がいうのはそれとは別にということです。スーパーで言えば任意加入分ってことでしょうか。

    オーストラリアの年金は日本で言う生活保護に似ている条件付の年金で、スーパーアニュエーションができてやっと誰でもが手に入れる年金ができた。これって日本の厚生年金に似ているわけですが、日本では収入の16%程度を半分ずつ雇用主と労働者が負担。%で言えば日本の方が多いわけですがそれで老後安心して生活できる年金支給レベルじゃないのは明白。さてオーストラリアのスーパーアニュエーションは9%で将来どのくらいの威力があるのかはまだ始まったばかり(17年の歴史)で勤め初めからスーパーに加入して今受給している人は皆無。で、実際にどんな感じなのかはわからず。

    ま、私としてはたった9%でどうにかなるのであれば、老後苦労する人はいないんじゃないかと・・・・

  3. SECRET: 0
    PASS: 5a7159586162535156534d6653757376796570514961505958365574674f5a782c2304d5c61f6f567c02d51a0cae0d08d030f64997c5a0cb35a5a8263d4092db
    平均的な年収を得ている人なら退職時に300~400k程度にはなっています。(これで足りるかどうかは個人次第ですから何とも言えませんが。)余裕のある人は任意でどんどん積み立てるのが税金対策にもなってベストですね。

  4. SECRET: 0
    PASS: 575056414e47353247394738545646495337484f31744c62504d7652304a5541dac2d6b5ebb647ae59ec1e41b3f258d0f70be757f5694551b12a1bacae10bf90
    スーパーのポイントは節税ができるというところにあると思います。他にも保険形態になっている節税+貯蓄型の商品もありますが。

    そして一番大事なところは
    >(これで足りるかどうかは個人次第ですから何とも言えませんが。)
    ここです。30-40万ドルは年金の原資でしかなく、これだけでどうにかなるとは一般的なオーストラリア人とて考えていないと思っています。資産・収入チェックにパスして通常の老齢年金が満額もらえるとして、これがプラスされるならどうにかなるかもしれないというレベル。ですから多くのオージーは資産を子供に譲り、自分は身軽な形にして老齢年金を受け取るようにしてますよね。確か、80万ドルぐらいの資産までなら老齢年金はもらえますから。

    またオージーもMM2Hを取ってマレーシアへ渡る人は決して少なくないですが、生活防衛のためにはしょうがないということになる。またもし移民が祖国へ帰ろうという話(かつてはよくあるパターンだった)が出たとしても、日本の場合は絶対にこれでは生活できない。

    次男坊の音楽の先生の話をここに書いたのはそこがポイントなんです。プラス9%が必要であると。

    日本人も厚生年金を手にし、若干の蓄えと自宅があればどうにかなるだろうと予想していた人が多かったのだろうと思います。でもそれじゃどうにもならないからこのブログの元であるMM2Hでマレーシアという話が出てくるし、「海外で長期滞在」が未曾有のブームになっているはず。

    これはかつての金持ちが海外で優雅に老後をというのと正反対の理由。しかしそれさえも叶わぬ人が大半であるというのが現在の日本の問題点。かなり深刻だと思います。この20年デフレであった日本でもこのザマ。インフレが当たり前のこのオーストラリアで、しかもこの数年の値上がりは目を見張るものがあるわけで、オーストラリアならどうにかなるかもしれないというのは幻想であると思っています。ましてや税金も高くインフレとのダブルパンチでそうそう楽な老後はないというのが私のオーストラリア20年の感想です。

    今、オーストラリアで65歳だとして30-40万ドルあれば安心なのかどうか。自宅もあり、老齢年金ももらえるのであればどうにかなるけれど、そうでなかった場合は命を繋ぐだけで精一杯だと思います。

    ま、それも人それぞれなんでしょうが・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *