久しぶりの平禄寿司

一ヶ月ぶりぐらいでしょうか。ゴールドコースト回転寿司の希望の星、平禄寿司に行ってきました。

駄目でした。美味しくなかった。

まずヒラマサ。こちらではヒラマサが結構取れますし、マグロに期待できない夏場は、そして私みたいにもうサーモンは見るのも嫌なくらいな人間にはヒラマサだけが救いの神です。

ところがーー

普通、寿司屋では使わない、というか、刺身では使わないような尻尾の筋ばったところが平気で出されているのにびっくりしました。ああいうのを出されたのは久しぶり。ゴールドコーストでも初めての経験で、むかーーし良く行った怖ろしく安い立ち食い寿司屋を思い出しました。

まぁ、確かに魚を刺身に使うって非常に歩留まりが悪いし、腹もあれば背もあり尻尾もあるわけで、それを全部ひっくるめて同じ料金で出そうとするところに無理があるのだとは思うけれど、まぁ、ヒラマサのあんな部位を平気で出していたのにはがっかりです。そもそも平禄寿司のヒラマサは小型なんです。だから脂の乗りもイマイチだし、いつもデレ~~としてる。。それだけでも鬱憤が溜まっていた私としては今回のヒラマサで切れそうになりました。

それと鶏の唐揚げ。これも半端じゃなくまずかった。

実は平禄寿司に初めていったときに食べた鶏の唐揚げは絶品でした。他の和食屋でもあれだけの鶏の唐揚げは無いと思ったくらい。

それなのに・・・・

美味しいと思ったのはその最初だけで、その後何度も食べましたが、美味しいと思うことはありませんでした。で、昨日の唐揚げ。

ひじょーーーーーーーーーにまずかった。

料理方法の問題じゃなくて素材の問題。私は鶏を扱った事がありませんから、お店の裏方はどうやっているのか、何が悪いのかはまるで想像もつきません。ただ、家で食べる鶏と比べたとしたら、なんていうのでしょうか、ドリップがデロデロに出て古くなった鶏を買ってきてしまった時を思い出しました。

朝〆の鶏なんか無理にしても、工場で作っているようなブロイラーだとしてもやっぱり鶏だけは新鮮じゃないと美味しくないですね。日にちと共にどんどん味が落ちる。悪くなるのも早いし。

で、昨日食べた鶏は悪くなるのの一歩手前みたいな鶏でした。ああいう質の悪くなった鶏の唐揚げも他の店では食べたことが無く、ヒラマサにしてもこの鶏にしても、なにか店の方針でも変わったのかと思いました。

ま、最初はどんな店でも頑張るけれど、落ち着いてくると儲けを出すことを優先するのが普通ですし、歩留まりや原価計算を厳しくやるようになったのかもしれませんね。

正直なところ、こういう状態では知り合いには勧めることが出来ませんし、また、友人宅でパーティがある時に買っていったりすることもやめようと思います。こちらが恥をかいてしまう。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *