米ドルvs豪ドル

この数日の動きを皆さん見ていますか?おもしろいですね。

米ドルと豪ドルの動き。

日本人は円を中心に考える。当たり前だと思います。だから米ドルを考えるときも豪ドルを考えるときも円対比で考える。でもたまには米豪の対比を見てください。

日本もそうであるように、1ドルが100円というのは心理的にも大きな壁。オーストラリアから米ドルを見ると1ドルが1ドルというのが大きな壁。のはずなんですがそうでもなさそうで、1ドル=1ドルの場所に拘る人がいないように見えます。つまりそこで攻防戦が起きていないんですね。

相場って理屈抜きにある一定の値が節目になるケースが往々にしてあるのはご存じだと思いますが、米ドル対豪ドルにはそれが見えない。これが私にしてみると非常に不思議に思えるのですが、事実は事実。ま、それだけそのポジションを気にする相場参加者が少ないってことかもしれませんが、私にしては意外な動き。市場参加者の見ている場所が違うんでしょう。

しかし為替は難しい。それをいつも感じます。では他の相場は簡単?ってことになっちゃいますが、まぁ、簡単な物はないのだろうと思います。でもなんでもそうですが、世の中の人が注目している物と注目していない物ってあるんですね。で、どっちの動きが見やすいかというと、私は世の中の人が注目していないときの方がわかりやすいと思っています。

これは株にしても商品にしても同じですが、皆が注目する時って思惑と思惑がぶつかって、そして世界中がそれの動向を気にしている。だから一方通行の動きにになることもあるのだけれど、強力な押す力と押される力とがぶつかり合ってわけのわからない動き、いわゆるだましも多いと私は思うんです。いわゆるジェットコースターの動きと同じ。

私が思う一番良いのは誰も見向きもしないとき。何が起きたわけでもないのだから本来相場は動かないはず。でもちゃんと値は動くんですね。私はその時こそチャンスだと思ってます。でも不思議でしょ?世の中になんのニュースが無くても値が動くんですから。でもそれが相場で、何のニュースもないって事は動きも限定されるって事で、何かあったときに一発稼ごうと言う人にはつまらない動きでも、フラフラ動いているときこそ、チャート上で動きが読めるときだと私は思うんです。

大事な統計数字が発表されるときには相場参加者は息を飲みつつそれを待ち、またその後の動きに注視しますが、私にしてみるとそれは当たり前すぎるんですね。でも動き自体は当たり前じゃなくて読みの違いによって上下の動きが大きい。この動きが大きいときこそ儲けるときと考える人が多いと思うのですが、私は逆だし、それって丁半博打に似ていると思うんですよ。博打をやるならカジノへ行く方が面白い。

動きが大きいときには様々な思惑がぶつかるときで、結局どう収まるのかの判断は難しい。では逆に何も起きていないときには大きな動きはあり得ない。つまり、高かったら売り、安かったら買いという小幅狙いのストラトジーが結構有効になる。

来週、来月、来年、世の中がどう動くが知る必要なんかないし、それがわからなければ相場で利益は出せないと思ってる人はそれはそれで良くて勝手に泣いたり笑ったりすればいいだけのことで、私はみんなが暇だねぇ、動かないねぇ、というときに気軽に儲けるのが好きだし、これこそが一番リスクが少ないと確信を持っています。

皆が儲からないと言うって事は動きが小さいわけで、方向性もはっきりしていないって事です。私に言わせれば、だからこそ安全に儲けることが出来るチャンスだと思う。

前に、プロのいうことを聞くなと書いたのもそれです。我々一般投資家はたとえば一日に10万円儲かったら良いですよね?ところがプロの多くは1日10万円の利益を追っていたら首になります。だから見ているところも違うし、やることも違う。我々零細企業が大企業のつもりになって同じようにやる必要なんかないってこと。

我々にとっては「チリもつもれば山」であるけれど、プロにとってはゴミはゴミでしかない。そこに気がつかずに、プロと同じような思考方法を持つことそのものが変だってのがこの前の日記に書いたことです。

100億以上動かすようになったら彼らの言うことを聞けばいいんじゃないでしょうか。零細企業には零細企業のやり方があるんですから背伸びをしないってことが大事だと私は思うんです。

ま、豪ドルvs米ドルを見ていてそんなことを思いました。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

米ドルvs豪ドル” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 50566d6479774174354a39785333515730684b5536377350444b474c44616f55b352c14f28755e01cadc30c78cbcefba17a32afaca8734198bd044d7ad7aa222
    こんにちは、ダボさん。
    もう11日ですが、本年もよろしくお願いいたします。

    8日から今年のエクシブ初めとして、蓼科に泊まっていました。
    蓼科は空いていても片道3時間かかる遠いところと思っていましたが、今回は行き2時間半、帰り3時間10分とすごく近かったです。
    時間を短縮できたのは、古いカーナビに頼らずに現地へ向かったこと。
    私のカーナビは、首都高のC2が入っていません。
    ところが、我が家からC2を使うと中央道にあっという間に乗れることを知り、実際使ったら数十分の短縮ができました。

    と脱線話はさておき、今年も早々から私はダボさんと波長が合っているようです。
    年が明けた(住宅ローン減税額が確定した)ので、剰余資金から住宅ローンの繰上げ返済をしようかなと思ったのですが、豪ドルの値動きと金利の動きがおもしろい。

    なので、82円10銭(手数料込み)で1本買い、6カ月定期に入れてみました。
    大した利息はつきませんが、以前NZドルを買ったときは円に戻す決心がつかず、結局現地で使うことにしました。
    NZ旅行のいいきっかけになったのです。

    エクシブ旅行の準備で忙しく、このブログを見ずに、7日に手続きしちゃいました。
    あーー、損するかも。

  2. SECRET: 0
    PASS: 62505a705a574238734b3533625048785642465472454b30466338303166655a76b2161d9f4e8c6c1fdd8a98bfbdd3ccdf429bba1a33e6fa094b46d6080c0964
    今年もよろしくお願いしま~す。

    正月早々エクシブですかぁ。いいですね。更科もいつか行ってみたいです。

    豪ドルを買われたのですか?

    >NZ旅行のいいきっかけになったのです。

    なるほど。そういう考え方も良いですね。

    いつか使うお金ならオプションを使うと有利に交換できる、あるいは交換せずとも利益が出ちゃう(金利をもらうようなもの)ので、是非ともリンギットでそれをやりたいのですが、リンギットはガチガチに守られている通貨でデリバティブは一切無し。これがなぁ。イマイチ面白くないところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *