感謝、そして思いやり

このブログを読んでいるチャットの友人から、dabo家の夫婦間にはお互いに感謝とか思いやりがないのね、なんて言われちゃいました。

まぁ、当たっていると言えば当たっているし、はずれていると言えばはずれているかな。

少なくとも我が家はラブラブの夫婦じゃなくて、いや、愛がないという意味でもなくて、いわゆる手を繋いで歩いたり、寄り添って歩いたり、honey、愛してるよなんてことは絶対にないし、ましてや一緒に風呂に入るなんて事も絶対ない(関係ないか 笑)。

たとえば風邪を引いたとします。大丈夫?医者に行こうか?食事を作ってあげようか?という会話は全くありません。

「風邪ひいた?バカね、夜中までパソコンなんかやってるからよ!」

といわれるのがオチ。でも、お互いに有り難うとかゴメンねっというような優しい言葉が欠如しているのは確か。どうもお互いにその手の言葉を使うと負けになるような雰囲気もあります。相手が図に乗るのを避けてるというか。そしてそもそも照れくさい。まぁ、子どもと一緒ですね。(笑)

っていうか、言葉で何を言っても腹の中は別だという人間の本性はいやというほどわかっているし、お互いの腹の中もほぼ丸見えですから、言葉は大事だとは思うものの、あまりそれに重きを置くことはお互いにないです。まぁ、我が儘同士が領土争い、主導権争いを続けているって感じでしょうね。そういう意味で戦いと言っても過言じゃなくて、でも実際にどちらかが折れるとその方向に大きく傾いて夫婦のバランスが崩れるんじゃないかと思っています。気を許したら簡単に力関係は崩れる。で、相手が異常に強くなるのは困るけれど、ではこちらも強くなりすぎては駄目だというのもわかっている。その了解の上での大人の駆け引きとでもいうのでしょうか、それが一生続くのだろうし、夫婦間って良いことばかりじゃなくて愛憎まみれている部分もあるわけで、その辺のやりとりそのものが面白いってこともあるんですね。

でもこれって夫婦も何十年も続けているとこんな感じになるんじゃないかとも思っていて、そういう意味では我が家はごく一般的な夫婦だと思っています。逆に気取りもないし、本音の付き合いってこんなもんじゃないかと。

ま、夫婦ってのは時間と共にお互いに良い場所でちょうど釣り合うように出てきて居るんでしょう。はた目から見るほど酷くはないし、また良くもないってところかな。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

感謝、そして思いやり” への5件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 437a32513461526f684b4b6a6c3268716f72646741326a5930304f7638727031b940eba8a6c184b5042d7b95d5c9b9f5ece071c37fa4755d40c5371007d007f4
    寄り添って歩こうものなら「せからしかやん、どけ!」と避けられる

    優しい言葉かけようものなら「具合悪いのか、はよ病院いけ」

    追い炊き出来ない我が家の風呂に冬は灯油代高いので(せこっ)追いかけるように私が一緒に風呂桶に入れば、「バカ、風呂桶の湯が溢れて無くなるやんか、トドがなんで風呂はいっとっと?」

    会社で疲れた疲れた言うから「足裏マッサージしてやろか?」言ったら「先に言うがおかえしは絶対無し」

    旦那に冗談で言ってるふしは感じ取れない

    二言目には「お前誰のおかげで飯食いよっとか、嫌なら金半分置いて出て行け(この金半分置いて・・というくだりに哀愁を感じる)

    「半分置いていける金があるならとっくにこんなとこおらんわい!」と心で叫ぶ。口に出すとキレてボコボコにされるから。

    マジ、私ボクシングジム探しましたよ。しかし、大学時代ボクシングジムに通ってた旦那に勝てるわけ無い。

    しかし、のしつけても、いまさら私なんか誰も貰ってくれないだろう。実家の母にさえ「返品お断り」と言われた。

    こんなんでなんで夫婦やってんのかなーと思ったらやっぱ面倒くさいんですよ、別れるごちゃごちゃが。今更本音で戦える戦友探しが(戦友同志が戦ってる!)面倒くさい。

    うちなんかと一緒にしたら申し訳ないし、全然違うと思うけど、daboさんちも、この広い世界の中で精神的にも力を合わせて生きてきた戦友ですよ、きっと心で判りあえてる素敵なお二人ですよ。言葉って大事とはいううものの、口に出すと照れくさいですね。海外で旦那が「ちゅっちゅっ」奥さんにやってるの見ると、なんかウソっぽい。ただ私妬んでるだけかも。ハッハ^^

  2. SECRET: 0
    PASS: 4552696d6f427a54634179427670313578737243485079584f4d36777156576869860ac4668430186d24856902096c5257e26cf40404e331fbe24e121cf1a072
    内のヨメさんは女だからさすがにボコボコにするって事はないけれど、考えてみたら口でやり返されるから同じかもね。絶対に彼女は負けませんよ。こちらが黙るまで強気で出てきます。

    「せからしかやん、どけ!」
    「具合悪いのか、はよ病院いけ」
    「先に言うがおかえしは絶対無し」

    これも言葉さえ違うけれど全く同じ意味の事を言いますよ。具合悪いんじゃないの?は良く言われます。

    照れくさい事は言わないのと借りを作るのは絶対に嫌というのはいつも感じます。

    ここに九州を感じしてしまうのだけれど、九州の人はそんなことないってきっと言うんでしょうね。でもヨメさんの友達夫婦を見ていても似たものを感じることは良くあります。ただ、一つ違うのは彼らは旦那が上だと言うこと。我が家はヨメさんが上。(笑)

    ヨメさんの友達夫婦を見ていていつも不思議に思うのは、旦那は命令口調だってこと。優しい言い方だとしても「~~~しないさい。」と言うのにはびっくり。奥さんに反論させる余地を残さないのね。命令であって決してお願いじゃない。あああ、内もそうかぁ。あれして、これしてって当然の様にいうのは同じか。

    でもヨメさんの親友で半端じゃない我が儘なのがいるんだけれど(だまってBMWを買っちゃうような 笑)、彼女は結構反論してたっけ。そういう時には命令口調で言った旦那はバツが悪そうに黙る。

    あるいは、彼女は「はい」と返事をするけれど返事だけ。(私もわかったよって返事だけしておけばいいのかぁ。まともに受けちゃ駄目なのね。今気がついた。笑)

    でもこれが九州流の女性の、強い旦那に対する対抗法なのかとも思いました。(私は九州男児をヨメさんにしちゃったと思えば良いんですね。それなりの付き合い方を考えれば良いだけか。今の今まで気がつきませんでした。ヨメさんは男を立てる九州の女性のはずだと信じ込んでいたところがそもそもの間違いなのね)

    テレビで「あいのり」って番組をやっていたの知ってますよね。お互い知らない同士の若い連中が小型バスに乗って世界を旅して、恋をするってやつ。あの番組が好きでいつも見ていたんですが、ある時モロ九州男児みたいなのが出たんですよ。

    九州してる~~ってヨメさんとゲラゲラ笑いながら見ていたんですが、俺が俺がじゃないんだけれどいつも命令口調、なんでも断定した言い方をするから浮いちゃう。相手に告白するにも、「俺に付いてこい」って命令口調。若い子でもそうなのは本当に面白かったです。

    でもそういう言い方ってたまたま言い方がそうであるということであって、気持ちとしては同じなんだと思いました。照れくさくて優しい言葉は絶対に掛けないんだけれど、でも優しいのは同じで、逆に仲間を守るときには一番頼りになるような強さもあるのね。そしてウソや打算がない。ここが九州人のポイントの高いところだと思うんですが、そんな彼の心根を理解した女性が彼と一緒に日本に帰ったんじゃなかったっけか。

    jazzさんのご主人も、じゃぁサヨウナラってjazzさんが出て行ったら、勝手にしろと捨て台詞を吐きながら影でメソメソ泣くタイプじゃないかと思ったり。って、うちのヨメさんがそういうタイプ。

    本当に意地っ張りだと思ったのが、ヨメさんが言ったこの一言。

    「あんたが別れたいと思ったときには別れようと言う前にそれを教えてね。あたしから別れようって言うから。」

    「別れたかったらいつでも別れてあげる。」

    jazzさんのところが大変なのは義母さんが一緒ってところかもだなぁ。こんな強い味方が相手に付いていたら何も言えないよねぇ。

    いつか娘さんも手が離れたらマレーシアに一人で行っちゃうのも面白いかもね。で、旦那さん曰く

    「俺も後で行くから、ちゃんと用意しておけ!」(笑)

    ちなみにjazzさんも九州女だろうけれど、うちのヨメさんは旦那さんには似ているけれど、jazzさんには似ていないと思った。

  3. SECRET: 0
    PASS: 734f58734635764530767975503247505a42797236483748655562667953796e99f7be995ed4ffbb0f9138da4e0683e68bc094bcac748bcddf884ec93b55c2db
    ウソ臭いと思うのは大正解だと思いますね。私もそれを感じることは多いし。

    あれは単なる習慣だと思っています。あれを見て、良いなぁ、優しいなぁ、仲がいいなぁ、なんて思うのは表面しか見ていないと思う。でも言葉が大切だというのと同じ意味であれが大切な部分はあるとは思うけど。でもだからなんだってのが人生長く生きていると感じることですよね。表面的なものにはこだわらなくなるし。

    でも女性は常にそれが欲しい動物だというのを欧米人は良く知っているだけだと思うんです。彼らは優しいんじゃなくて女性操縦法を習慣の中に取り入れたという頭の良い民族。

    女性に優しい欧米風も、それの真逆に見える九州男児も、それは表面的な習慣の差であって中身は関係ないと思いますわ。

    こちらにあるかつては女人禁制だったバーは男達の溜まり場だけれど、ああ言うところで女性の話をする彼らは全く我々と同じだというのがわかって面白いです。でもそういうところから一歩外に出るとレディファーストは絶対的なものだし、女性を大事にするのは当然だという姿勢は崩さないのね。もしかしたら日本人との違いはそこだけかも。

    狐と狸の化かしあいはどこでも同じだと思いますわ。でもたまに教科書に出てきそうな理想の夫婦みたいなのもいるんですよね。あるいは演じている、そう言っているだけかもしれないけれど、MM2Hの人達にはいかにも仲が良くて新婚生活の延長線上にいまだにいますみたいな感じの人達が多い。

    でも海外に出たらそうじゃないとやっていけないのかもしれないし、我が家も口ではなんじゃかんじゃ言っても心の奥の方では繋がっているし、海外で生活してみるなんてのは真の夫婦関係を確かめる良いチャンスかもね。壊れそうな夫婦関係はいとも簡単に壊れるかも。ああ、成田離婚ってそれなのかな。

    ああ、jazzさん、どこのコメントに書いたか忘れちゃったけれど、うちのヨメさんが、吉井のお産婆さんだったら絶対知り合いだと言ってましたよ。それと浮羽のピアノの話をしたら、まさかその人コガさんじゃないよねぇ、なんて事も言っていた。

  4. SECRET: 0
    PASS: 544f6c5352654e6a4c3274544879564158346e79314d6e37676f6c723863636dcf5cd6ea8a83b3e7d1a99560c1b93098b87584e86655a0aafe3e4e5acf957588
    そのボコボコ旦那?が、一昨日、ちょっとこけただけでボコボコになり、たった今、入院しましたが(56歳にして生まれて初めての入院)、車椅子も松葉杖も一人では何も出来ずトイレも出来ず私の介助でやっとこさ。(全然関係ないけど男の人って洋式便座に腰掛けたまま小用を足せるんですね。方向自由自在でびっくりした!)
    まあこんなときにでも,夫婦の有難みでも感じてもらえればいいかなと・・・

    昔からけんかした時に旦那にすぐ言われるんですよ。「お前は俺が働いてお金稼いでるうちはいいけど、俺が働けなくお金がなくなったら平気でハイさよな~らネと見捨てるだろう」・・と

    痛いとこ衝く旦那。「う~~~ん、いい質問ですね~~~」と私^^。そうかもしれん。

    若い時は絶対お金持ちか、お金の心配の無い人と結婚したいと思ってたわけですよ。自分がナンボのものかも省みず。それなのにそれなのに・・・いざ自分が結婚するときに自問自答しちゃったんですよ。「こいつが駄目になっても私が何とかする」

    今現在、喧嘩しようが何しようが犬と一緒で、もう情が移っちゃってるんですよ。憎さも100倍だけど。

    私は自分で言うのも何ですが非常に打算的女。旦那は全く計算の出来ない男。お互い欠けてる部分を補強しながらバランスを保って世渡りしてる。
    daboさんは(ブログでしか知らないのに生意気すみません)美人の奥様とお子さん達家族にお金で何不自由な思いをさせないで、守ってくださってる。奥様は金銭的に何も考えなくていい立場だからといって、いざ、daboさんに何かがあって困ったことになったら頑張っちゃいますよ。きっと。

    だって以前ブログで、息子さんが学校で差別にあったときの息子さんが立派に立ち向かった話。泣いちゃいましたよ。夫婦の歴史というだけの問題だけにのみならず、(うれしかったこと、悔しかったこと)のこういう事も知らず知らずのうちくぐりぬけてる家族だしね

    奥深~い部分はつながってますよ。(ブログだけで何も知らずに偉そうにすみません)

    うちもマレーシアで海外生活してみて真の夫婦関係確かめてみようかな。
    男性天国のほかの国じゃそうはいかないかな^^

  5. SECRET: 0
    PASS: 5833704a7359734d525454704531534330566f37784e387a43374a6c44616178b078ed4d3bff7b6e1df3a45e5b21fb4a573bea3d677147f301f8cc6b08cbe196
    >今現在、喧嘩しようが何しようが犬と一緒で、もう情が移っちゃってるんですよ。憎さも100倍だけど。

    これですねぇ。世の中の別れられない夫婦のその理由ってこれじゃないんですかね。

    >奥深~い部分はつながってますよ。

    これもその通りで、これがあるから別れようなんて結論がすぐには出せないんですね。

    結局気に入らない事って些細なことなのかもしれない。でも、もーー我慢が出来ないって思うんですねぇ。

    子ども達に言わせると私は女性の扱い方がわかってないそうです。おだてろ、言いたいことを言わせておけ、相手にするな、そういうことを言うんですよ。これって欧米人が良くいうことで、その思想の表れがまさにレディファーストであると思うのだけれど、そういう人間関係って寂しいと思うんですよねぇ。

    って、そういう期待が甘いんだそうです。息子達の弁。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *