昨日の大雨

一昨日の夜半から降り始めた雨はかなり凄かった。

おかげさまであちこちで雨漏り。弱いところがわかった。

雨漏りがどういう時にどういう経路で起こるかってのは非常に難しいようで、小さな雨なら問題なくても雨ドイがオーバーフローするような雨だと雨水の流れる経路が変わり、弱点があるとそこに集中して水が流れ込む。

天井に数カ所シミが出来ました。それと地下の壁に水が浸みている。

そもそも雨の少ないゴールドコーストでは家の雨漏り対策が極めて貧弱だと思う。一年に一度あるかないかの雨の為に金を掛けるのは無駄という考え方があるような気がしてしかたがない。

以前びっくりしたのは、新築現場を見ていたのだけれど、屋根にシートも何もない骨組みの上に瓦を乗せていたこと。あの家は大雨の時には凄いことになるんじゃないかと思った。また、いつも変だと思うのはこちらの家には大黒柱が無いこと。何度新築現場を見ても、タケヒゴ細工を思い出す。地震が皆無であることもその理由だろうけれど、建築基準はかなり甘いような気がする。

どちらにしてももう一生一軒家に住むことはないと思う。いささか疲れました~~~。

鍵一つで出かけられる気軽さって良いなぁ。

オーストラリアもマレーシアもコンドミニアムって日本のマンションとまるで違うから、コンドミニアム=狭いという印象は皆無だし、庭がないという感じもしない。たとえ自分の住まいは小さなスタジオか1ベッドルームだとしても、コンドミニアムのファシリティであるジム、サウナ、プール、テニスコート、バーベキューエリア等を使えるのは凄いと思う。共有スペースの中には綺麗な庭、プレイグラウンドもあるのが普通で、大きなところではジョギングコースまである。

しかし自宅にプールなんてのはこちらでは普通だけれど、ジム、サウナ、テニスコートまで作る意味があるのかなんて思う。家族が多いとか子どもが小さければ使う機会も多いだろうけれど、子どもも大きくなって、また住人が老人二人なんてことになれば手が掛かるだけで良いことはまるで無し。

これはウォーターフロントも同じで、クルーザー遊びが趣味ならいざ知らず、せいぜい見晴らしがいい程度で終わりじゃなかろうか。隣の家は子どもも小さく、25フィートのクルーザーとジェットスキーを桟橋に乗せているけれど、ではそれを使っているのかと思って見ていると、月に一度も使わない。あれは飾りか?単なる自己満足か?

でも中には本当の海好きがいて、そういう人達は海へのアクセスが簡単な場所のウォーターフロントにするか、あるいは船はハーバーに預ける。

しかしまぁ、ゴールドコーストっていろんな人がいると思ったのは、自分の家の前に、なんとマストが3本ある大きな帆船を置いている人がいたり、どの家にも船が並んでいるのにある一軒だけは水上飛行機が係留してあったり。そうかと思うと船はないけれどHマークがついた大きな桟橋があったりする。ヘリコプター用ね。で、家を持たずに船の上で生活している人も決して少なくない。

ま、誰でもが好きなことを好きにやってるってことなんだけれど、こういう世界にポッと日本から来てもなかなか彼らみたいに趣味に打ち込んだり、環境を使いこなすのはむずかしいと思った。やることのスケールが違うし、そもそもボート、ヨット、そして水遊びという存在が我々の生活の中にないもんなぁ。せいぜいゴルフ三昧程度のことしかできない。

逆を返せば、日本っていかに遊びの少ない生活環境かというのも良くわかる。無駄が無いと言えばその通りかもしれないが、それは余裕の無さかもしれない。家で言えばせいぜい庭に手を掛けるぐらいだけれど、なんだか型にはまっていて遊び心をそこに感じることはない。伝統だか風習だかなんだか知らないけれど、住まいに若者文化が入り込む隙がない。社会もそういう感じだから、あるいは若者にはこれを与えておけばいいという上から目線だから、若者の行く場がなく、渋谷のような町でたむろしたり、あるいはコンビニの横にヤンキー座りして煙草を吸いだべることしかないんじゃなかろうか。若者は自由に個性を伸ばしてと口では言うけれど、出る杭は打たれる文化は何も変わっておらず、若者を押さえつけて育てる文化であるのは若者達は良く知っていて、だから、若者も諦めて自らどうしたいと考えることもなくなるんじゃなかろうか。

この辺がまだ希望を捨てられない多くの人が海外に出たくなる根源かもしれないなぁ。私も日本にいると息が詰まる思いがして我慢できなかった。日本は自由主義社会ではないと思うもの。個人主義も全く発達していないように思う。巨大なる村社会。個性の乏しい金太郎飴のような国民を社会は良しとする。でも口では違うことを言う。

でも今となれば、外に目を向けるより、日本を変える方向へ皆の意識が動いたら面白いと思う。そんな時が来るのか。無理なのか。あるいは何十年後には変わるのか。でも意識の切り替えなんかやろうと思えば簡単で、また、生活環境に関しては今後過疎地も増えてくるだろうし、実験的な環境作りなんてのやる企業、地域、自治体が出てくるかも。

でもま、日本に期待するより海外に出ちゃった方が早い、楽ってことなんですね。

しかし、今、我々のここでの生活を振り返ってみると、好きなことをやっているねとは言われながらも我々としてはやらなかったことに対する後悔がいっぱいあって、せっかくゴールドコーストに来たのに生活習慣、やってる事は東京にいた頃と同じみたいな感じ。あるいはそれの延長線上でしかない。そんなことに気がついた時にはもうジジーになっていて身体が言うことを聞かない。

私たちはここに19年住んだのか?いや、19年の長期旅行に来ていただけ。それが真実のような気がする。移民として中に溶け込んでいたつもりだけれど、所詮は異邦人、旅人、観察者であり続けていた感じ。

では私たちの本来の家はどこなのか。日本には住む家も帰る場所もない。これから放浪生活を楽しみたいなんて思っていたけれど、我々の放浪は19年前にすでに始まっていたってことなんでしょう。

いやいや、生まれたときから放浪が始まっていて、全ての人間がそうなんだろうと思う。

この浮き草みたいな人生。3年後5年後10年後にはどこで何をしているのかも全くわからない。黄泉の国にいるのかな?(笑)

マレーシアへ行ったら、今までの延長線上の考え方じゃなくて、まさかと思うようなこともいろいろやってみようかな。それには歳を忘れるという作業を一番最初にしなくちゃならないのかも。私はカルチャーショックを受けるのが好きで、だからこそ旅行も好きなわけだけれど、カルチャーショックを与えてくれるのは環境でも何でもなく、自分自身の考え方だというのに最近気がついた。

まずはXXらしく、XXXするべき、XXXあるべきという、その凝り固まった考え方を綺麗さっぱり捨ててみたい。自由でありたいと思うけれど、自由になるのは簡単じゃなくて、いや、やりたいこと好きなことをやる自由ってのは意外に簡単に手に入るのだけれど、ある時気がつくんですね。自分が自由になることを邪魔している最大の敵は自分自身だと。最終的には自分自身に縛られた自分がそこに存在しているのがわかる。国を替えたところでその呪縛から逃れることは無理。

自分から自分を開放すること。これが私の願う真の自由。出来れば死ぬ前にそれを手に入れたい。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

昨日の大雨” への6件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 634e35435a447331703245796735304a4d42363448485062707a4b73706c5177790af69a8a8d9b01c17d55d2dbbf1746816d0402edb9f934771fdc16ef3ce79c
    dabo様のブログみていちいち、そうだ!と・・・
    やっぱり日本は巨大な村社会ですね。
    閉塞感がなんとも絶えられない感じに気付いた人は個性個性と声高らかに叫ぶわりには、今度は一斉に同じ方向の個性ばかり見つめてる。私の周りの学校のお勉強苦手な人達だと、ヘアアーチスト、ネイルアーチスト、エステシャン、アロマ・・・、准看になりたいと目指す職業は皆同じ感じだった。でもこんな不景気のなか、専門学校の餌食になっただけで、看護士以外は皆ニート状態。とーちゃんかーちゃんの農業継ぐわけでもなく・・
    日本の田舎の副産物は、コンビニの前にう・こ座りしてるヤンキーですよ。

    dabo様にお尋ねしたいんですが、オーストラリアも日本みたいに皆一斉にカラスになったみたいに同じ色のリクルートスーツを着て会社訪問、就職活動をするんですか?
    個性個性を声高らかに叫ぶわりには、たまに一人くらい違う格好がいてもいいんじゃないかと漠然と無責任に感じますが、オーストラリアでもそういうちょっとでもリクルートスーツ着ない人なんかは会社組織にとっては協調性がなくてNGな人とみなされるんでしょうか?
    こんなに偉そうに書いているわたしも、村社会にどっぷり染まっておりますが・・・
    数年後に就職するであろう娘に、「あなたの売りは何?企業や世の中はあなたをいくらで買ってくれの?そんな事もしっかり考えて大学行くなりなんなりしてね」とは言ってます。私が厳しいのかな?

    なんか話がそれてすみません。

    多分この閉塞感に堪えられなくなってる日本人が多くなりつつあると思います。でもやっぱりすばらしいところの多い日本人気質(美徳?)は海外でも捨てがたい、大事にしたいもののひとつとなるのでしょうね。どうなのかな~~?

  2. SECRET: 0
    PASS: 70545343376a57396643565377755334716a6d71525773506477425745337757de5acbed204e9e12ad439cdf74781496b142bc68dec295749ab4c47836579749
    私はオーストラリアのホンの一部分しか見ていないと思うのだけれど、そのカラスね。わたし流に言うと金太郎飴なんだけれどこれを社会が望むってことは全く無いと感じています。

    それどころか子ども達の教育を見ていても、やっぱり個性を伸ばすことに注力している教育だと思ったし、自分と他人の違いを強調する、自分の意見を大事にする、だから相手のそれも認めるという根本的なルールがあるように思っています。

    とは言いながら、チームプレイとかリーダーシップを非常に大事にしていて、勝手気ままな個人プレイ、孤高の人を認めるって事じゃないんですね。クレヨンを見てみると、24色入りなら24色違いがあってクレヨンとしてなりたつわけで、一本一本バラバラでは収拾がつかない。でも蓋を開けてみたら24色だけれどみんな同じような色にしか見えないのが日本って感じでしょうか。

    でも日本ってそういう微妙な差の中に美しさを見付けることが出来る民族であって、それは欧州人にも感じるし、個性が強ければ良いって訳でもなくて、アメリカ人とかオーストラリア人には大ざっぱな物を私は感じます。

    日本人が尊ぶ枯淡、清澄、閑寂等があるように、行動パターンにも美を求める傾向が強く、そこに個が没してしまうように見えるけれど、実は微妙なところで目立たない自己主張があって、それが理解できたときの喜びがあるのも確かですね。

    ま、あっち立てればこっち立たず。

    私が思うのはワンパターンってのが一番困るわけで、状況に応じてどんな風にでも変われる順応性、そして引き出しの多い人間でありたいと思ってます。

    時には娼婦の様に~~~ ってやつですね。(爆)

  3. SECRET: 0
    PASS: 6942555a37336a37493834394d57786b74616555544e616a795a74347268734dc31bf3e50c6e4a5dca52e121406ae42282c24606b09345f6036452af1b186831
    あはっ!手元狂っちゃって私、秘密のコメントになっちゃってる・・
    どっちでもいいです^^

  4. SECRET: 0
    PASS: 784b52484a514f4c3670714b6a424b51426a76484848336e754e7454625475487c4d9d13e687383ea870f2dba625612366ac23b3570d49aa450d76cfef5f4544
    編集のボタンを押すと編集できますでしょ?パスワードを入れておかないと駄目ですが。で、秘密コメントのチェックを外して送信ボタンを押せばOK。のはず・・

  5. SECRET: 0
    PASS: 354237635836557235343166536f6c53765444336e466e704d6e616f534d6c48380e6db4648595ffd82cd49fb19b69a55fa293d84759c4158bdb0cc853884f47
    有難うございます。・・・ところがパスワード入れてるけど編集のボタン押しても編集できない・・というのも秘密のコメントのチェックを外そうにも編集ボタン押したらdabo様の次の新着ブログにたどり着き、秘密コメントの画面にたどりつかずチェックが外せない・・・
    にゃんで~~~?
    すべてに弱い私・・・

  6. SECRET: 0
    PASS: 5a3777664d37596d456555636d4d783658634d4a53367150766b5a47514c454b3d353fcef380c233e121b9110419b81a7f31b82b1e5ca87f4064bb67d1009ca5
    秘密コメントは扱いが違うみたいですね。編集、変更できないみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *