ブログランキングの実験

この二日間、ブログのランキングに関してちょっと実験をしてみました。

まぁ、ランキングに関してはいろいろな考え方があると思います。アフェリエイトプログラムをやっているような人は常に上位にいないとアクセス数は伸びないし新規の読者も入ってこないし、それはすなわち収入に関わってきますのでランキングは死活問題となるはず。

一般的には、まぁ、気分の問題でしょうか。どうせランキングに登録するなら上の方に行きたいと思うのは普通だと思います。私としてもその辺は同じで、こうやってブログを書くことによって未知の方々との出会いを楽しみにしている場合、やはり新規の方に入ってきて欲しいわけで、そうなるとランキングでもそこそこの位置にいたいという思いがあります。(本当に良いブログなのにずーーっと下位の方にあるブログは決して少なくなく、もったいないと思います)

ただ私のブログは情報発信という感じではなく、しかし今更ゴールドコーストの紹介をしても面白くもなんともないと思っておりまして、自分の生活そのもの、毎日の思いを中心に書いています。そういう点ではしっかり情報発信をしている他の方々とランキングで肩を並べる、あるいは上位に行きすぎるのもおこがましい感じがしないでもありませんし、嬉しさ以上に恥ずかしさを感じてしまうことも少なくありません。

そういう意味で、今までは4位、5位というこの辺がちょうど良いかな、みたいなポジションにいました。目立ち過ぎず、でもランキングを表示すれば必ずそこに出ているわけですから。

でも、ちょっと最近、こういうやり方があるのかぁ、と思うことがありまして実験してみました。

今までは私はこういうリンクの出し方をしていました。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

まぁ、オーソドックスな表示だと思います。ここにはランキングに参加していますとか、応援のクリックをお願いしますとも書きませんでした。私としては自分のブログが情報発信という意味では他のブログに劣っていると思っていますし、たまたま私のブログに来てくれた人にはもっと情報満載の同じジャンルのブログを見ていただきたいという思いが強いのでこういうリンクを出す方法を取っています。

で、今回、こんなバナーにしてみました。

]にほんブログ村 オーストラリア情報へにほんブログ村 海外ロングステイへ
上のバナーをクリックすると日本ぶろぐ村のそれぞれのカテゴリーに飛べます。と、同時にこのブログのランキングも上がります。ご協力有り難うございます。

やっぱりこういう独自の画像のバナーだと注目度がまるで違うんですね。

ちなみにこの画像は、ヨメさんがオバケの化粧をしてふざけた時、夫婦でオープンテラスレストランへ行った時、長男が高校を卒業する際の記念パーティに行く前にヨメさんにキスをしている時のもの。別にこれと言った意味はありません。

一般的にブログの中に様々な画像を埋め込む場合、わたしのブログもそうですが、小さな画像を使うはずでその画像をクリックすると別枠で大きく元の画像が表示されるのが普通。つまり、ちょっと変わった画像を使ってそれをバナーにしておくと、読者が元画像を見ようとして思わずそれをクリックしてしまうことがあるのだろうと思うのです。

でも実際にはそれは単なるバナー。ランキングのページ、他のブログが出ているページに飛ばされる。

これってちょっと微妙だと思いませんか?

クリックする人はランキングや他のブログを見ようと思ってクリックするんじゃなくて、またランキングの応援の為でも無い可能性が高い。というか、私もそれに引っかかった(?)経験があるのでこの実験をしてみようと思ったのです。

それがわかるのが今回の実験です。この自作画像バナーに変えた瞬間。いつもは毎日50-120程度しかないINポイントが一気に200を越えました(初日230、二日目400)。で、ランキングも5位からあっと言う間に2位(三日目には1位)。たった二日間の出来事です。バナーを変えたら突然クリックが増えたわけですが、見に来てくれる読者はいつもと変わらないはずですから(Outポイントはほとんど変わらず)、これはバナーのせいだと考えるのが当たり前。

こういうバナーは禁止ではなさそうです。自分でバナーを作っても良いことになっていますから。

ただし、ブログ村のオリジナルバナーをその中に入れるのが条件になっているようです。

このブログ村が提供しているバナーを見てみるといろいろありまして、画像の中に埋もれてしまって目立たないようなバナーもありますし、今回私が使ったバナーの様にはっきりわかるものもある。つまり、規約通りにオリジナルバナーを画像に入れるにしても、目立たない色の小さなバナーを着ければ、パッと見た瞬間それは普通の画像にしか見えないわけで、大きな元画像を普通に見ようと思ってクリックする人が増えるのは間違いないと思います。

でもそれは規約違反ではない。

ましてや今回私がやりましたように、この自作バナーにちゃんとコメントを入れれば問題は無いんじゃないでしょうか。これです。

「上のバナーをクリックすると日本ぶろぐ村のそれぞれのカテゴリーに飛べます。と、同時にこのブログのランキングも上がります。ご協力有り難うございます。」

これもどの位置にそれを置くのか、目立つようにするのかしないのかでかなりクリック数も変わってくるはず。今回の実験ではこの文章をバナーの下に入れました。つまり読者がバナーをクリックする時点でまだそれを読んでない可能性がある。

この文章をバナーの上に書くのであれば、ああ、この画像は普通の画像じゃなくてバナーなんだと気がつく人が多くなり、その分クリックは減るんじゃないかと思います。

まぁ、ブログのデザインに拘る人も世の中いっぱいいますし、面白い自作バナーを作ってそれを置きたいと考える人も決して少なくないでしょう。私も今回自分で作ってみて、これはこれでランキングだクリックだは別にしてもそれなりに面白いと思いました。

ランキングを上げたい人は是非やってみたらいかがでしょうか。

私は今までのポジションが気に入っておりますし、上に行きすぎるのも小恥ずかしいので、元に戻そうと思います。

うーーむ。実際に自作のバナーってやっぱり面白そうです。ランキング云々は別にして、今後何か考えてみようかな。というのは、このバナーを自作することによって、バナーそのものにストーリーを乗せることが可能なことに気がつきました。なんて言うのかなぁ。バナーだけで読者に何か伝えることもできるんですね。これはこれで面白い感じがしないでもありません。

今回のこの日記はこういうバナーを使っている方々に対する誹謗中傷では決してなく、純粋な実験の報告であることを最後に明記しておきます。

私だって今後自作バナーに完全に切り替えるかもしれませんし。(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ブログランキングの実験” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 4d485a4f697172716c3562647975666a4e53305235617a3341735374765662540269c2806522cec859c304ec40d9811a70c9b81bc4976b87181c4cb3a817355c
    自作のバナー楽しくていいと思います♪
    それにしてもダボさんのすごい豪邸驚きましたー。
    あんな家には私は、一生住めそうにないなっ。ぽそっ。
    当たり前でした(笑)

  2. SECRET: 0
    PASS: 4b65324853766149694a7961414162774439754e58744f674b463875724132480c52bcf247761df3f250fdab65d4731546f4932e123f6efd1ba724e224752cea
    こういうバナーにするとランキングが上がるという面は横においといても、それなりに面白いと思うんですよ。いろいろ遊べそうですね。

    家ですが、大きい小さい、ロケーションの良し悪しの差こそあれ、大体どこでもこんな感じですよ。新居のコンドミニアムだって普通のレベルだし。

    日本人の女性はこちらでもてますから、国際結婚なんてのも視野にいれるとか?(笑)

    こちらの家を建てているのを見るとびっくりすると思います。日本みたいに地震もないし建築基準が違うんですね。見た目は良くても中身はタケヒゴ細工みたいです。雨も少ない土地だから防水も適当だし。

    やっぱりお金が掛かってる日本の家の方が私は凄いと思うなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください