薄氷を渡る思い・・

次男坊の大学院(ビジネススクール)入学が決まったのは良しとして、来年どの程度の出費になるのか早速調べてみた。

学費は2年間で5万ドル弱(留学生は約7万ドル)。これは予想していたより低い。ただ意外だったのが寮費。長男がそうであったように最初は寮を利用した方が良いと思う。次男坊は家から出て住んだこともなく、また慣れない大都会で友達も知り合いもおらず、大学の授業が始まればすぐに猛勉強しなくてはならないのは見えているので、寮の方が3食付きだし、学校の敷地内にあるし何かと都合が良いように思える。

で、これの費用が週450ドル。怖ろしい・・ (T.T)

我が家の新居が3ベッドルームで週600だというのに、小さなワンルームでいくら食事付きと言えども週450ってないんじゃなかろうか。長男のいるメルボルンは物価が高くてびっくりしたけれど、シドニーはメルボルンより上を行ってる。その他生活費を考えると週700は越えるだろう。年間36400かぁ。凄い。

あーーあ、こんなんで我が家はやっていけるんだろうか。

留学生はあちこちにゴマンといるけど、留学生は授業料も高いし(旅費もバカにならない)きっと総額で5割り増しにはなるんじゃなかろうか。でもそれでもアメリカに比べるとオーストラリアは格安だと言う。もう何年も前になるけれど、子どもをアメリカに留学させた場合を想定して試算したことがある。あるネイビーリーグの私立校だけれど、最初の一年の学費と寮費、学校への支払いだけで当時8万ドルだった。まぁ、今なら米ドル安だけれど、かつて日本からアメリカに留学させると卒業までに片手(5000万円)は掛かると聞いていた。冗談だろと思っていたけどその数字も満更ウソじゃなさそうで、私はその学費+寮費を見てこりゃ駄目だとすぐに諦めた。

以前このブログでもオーストラリアへ留学させるとどのくらいかかるかという質問を受けたことがある。オーストラリアは格安とは言いながらやっぱり年間5万ドルでは足りないはず(もちろん学部、大学による差は大きい)。大学院はまだ高いし、MBAとなると10万ドルでも足りないかもしれない。

お金の話ばかりで申し訳ないけれど、逆にこれが現実であることはあえてこのブログでちゃんと伝えたいと思う。

子どものやりたいことはやらせてやりたい。でも、親としては薄氷の上を歩く様な気持ち。家計が破綻するようなことはないと思うけれど余裕なんかなくて不安は一杯。

一般的なオーストラリア人の子女は前の日記に書いたように、Fee-Helpという国の援助を受けるのが普通。親は一切金は出さないという家庭も少なくない。子どもが自分で借りて学校へ行き、自分で返す。だから大学で遊ぶなんて事はあり得ないんだろう。また都会に行きたい学校があっても生活費が高いから地元の、あるいは田舎の学校を選ぶ子女も多い。

オーストラリアでは日本のようには学校差がないと言われている。どこの田舎の小さな大学を出ようと大都会の名門校を出ようと、大事なのは成績だと言われるのが普通。ただやはり人気のあるなしはあるわけで、希望が集中するような学校は当然入るのが難しい。では誰でも入れるような大学はどうかというと、入れても出れないということが起きる。ここが入るのは簡単、出るのは大変といわれる所以だろうと思う。

一つの例として面白いのがThe Australian National University(ANU)という国立大学がある。オーストラリア唯一の国立大学。ここは大学の世界ランキングでは上位に出てくる学校でオーストラリア国内でもトップと言われている。日本で言う東大。しかし、場所がキャンベラという国の首都ではあるものの辺鄙な都市にあるせいか学生には人気がなく、そこそこの成績なら入れてしまう。ここが面白いところで、入れるからと喜んで入るとその手のレベルの子女は卒業ができないといわれている。またこの大学はリサーチ系が強いから一般的ではないのかもしれない。

やはり人気が集中するのはメルボルン大学であり、シドニーのニューサウスウェールズ大学。その他各州に一つずつ有名校がある。ここら辺は入るのも大変で、大学は簡単に入れるんだってねという話は通用しない。これらは州立大学で、オーストラリアの大学はほとんどが州立。私立大学はかつては存在せず、次男坊が行っていたゴールドコーストにあるボンド大学がオーストラリア初の私立大学のはず(アホでも入れるけれど優秀なのは優秀。ビジネスとロースクールは有名)。今は全土で私立大学は2校しかない。

大学院を含めて専門性を考えると、大学によって得手不得手もかなりはっきりしていて、同じ学部でも例えば有名校は世界的に有名なビジネススクールを持っており、当然教授陣も一流のが揃っているから一般学部でもそれが関係し、大学差がないことはないとも言われる。それは調べてみると確かにあるようで、大学差がないと言われるものの大学での企業の求人の様子が違う。例えばメルボルン大学の就職説明会では一流企業がずらーっと並んでリクルートに来るが、そういう姿は他校には珍しく、大企業がリクルートに来ない大学も少なく無い。これは大学院になると顕著で、大学差ははっきり出てくるらしい。またMBAであるとかLAWスクールならここというように良い学校は?と問われれば特定の大学の名前が出てきて、日本のようになんでもかんでも東大というようなことは無い。

もうわかりきっているだろうことを書くけれど、オーストラリアの実社会では学歴は日本のような考慮のされかたはなく、あくまで経験、実力がものをいうのは間違いがないようす。だから新卒は将来性があるものの実際には使えないわけで、かなりインパクトのある学生でない限り優良企業への就職は難しいと言われている。

また私が見ていて面白いと思うのは、初任給が結構高いということ。その代わり日本のように中堅になるとグングン上がると言うことはない(今の日本は違う?)。また年功序列は皆無で歳と共に収入やポジションが上がることはなく、転職を切っ掛けとして上のポジション、上の収入を狙うのが普通。一般的には平均転職回数は一生の内5-6回と言われている。

また企業の中で不思議に思えたのは、上司は部下に仕事を教えることがないというか、良く日本で言われるように仕事は盗んで覚えるのが普通のような感じがする。これは若者をトレーニングしないという意味ではなくて、いわゆる中堅の話。仕事を教えると自分のポジションが危なくなると言う話は良く聞く。また仕事を覚えると転職してしまうとも言われる。部下が明日の競争相手になるのは日常茶飯事なのかもしれない。

それとこれは素晴らしいと思うことは、誰でもいつでもチャンスがあるということ。例えば日本では大学に入るのに一浪、二浪したなんてのはあるが30過ぎて大学に行くなんてのは珍しい。でもこちらでは勉強したいと思ったら行くのが大学で、高校を出たから大学に行こうという考え方は皆無と言ってもいいかもしれない。大学は国の補助を受けたにしてもお金が掛かるので、まずは高校を出てから就職してお金を貯めようという若者はたくさんいるし、社会に出てから自分が進みたい方向がはっきりしたとか、上を目指すには専門性が必要だとか、そう思ったときに行くのが大学であり、また大学院だということ。そして社会も企業もそれを受け容れる。

学校のことを書き出したついでに書いておこうと思うけれど、前にも書いたようにこちらの大学は3年で卒業するのが普通。日本やアメリカのように教養課程がなくすぐ専門分野を勉強する。この教養という点で日本と考え方が違うと思うのは、中学高校でも幅広い知識を教えるという感じではないということ。自分の子ども達を見ていてびっくりしたのは、例えば世界史の授業だとしても何年にどこで何が起きたかなんてことはほとんど教えない。その代わり、一つのことを掘り下げる。子どもが中学の時だったか、こちらでは○×式のテストというのは少なく、中学でも論文が中心。で、私に手伝ってくれと言われたのは、中世の武器に関することだった。いわゆる鉄の鎧を着ているあの頃に大きな投石機とかあったわけだが、その投石機に関する論文だった。

またこんなこともあった。「貴方がアメリカのジョンソン大統領だとしたら、ベトナム戦争をどうしたでしょうか?」という課題。これが中学生の社会科の宿題。子どもにしてみると、ジョンソン大統領って誰?ベトナム戦争って何?というところから出発し、何から何まで調べてその問いに対する自分の答えを出さなくてはならない。もちろん正解なんかある問題じゃないわけで、なんといえばいいのかなぁ、こちらの学校って物を覚えさせようとするんじゃなくて、いわゆるプロブレムソルビングとでもいうのか、問題点を探し出して、それの解決策を見付けるというようなことを繰り返し繰り返しやらせているような感じがする。極端な言い方をすれば知識を増やすのではなくて頭を良くする勉強とでも言えるかもしれない。

これに気がついたときにはさすが~~と思いましたよ。実社会で必要なのはまさにそれで、問題点の抽出とそれの解決。これの繰り返しなわけですから。ただし、その代わりこちらの若者は物を知らない。バカじゃないかと思うくらい何も知らない(うちの息子達も同じ)。日本なら誰でも知っているようなことを知らない。上に書いた歴史にしても広く浅く勉強することがないから、知らないことは本当に何も知らない。そういう点では日本の学生の方が一見、頭が良さそうな感じがする。

ただよく言われることだけれど、日本の学生は「それを習っていません」ということがあるらしいがこちらの学生はまずそういうことは言わない。知らないことを知るのが勉強だし、そもそも知らないことの方が多いんだから(笑)。でも逆を言えばこっちの学生はオタク系とでもいうのか、詳しいことは異常なくらい詳しい。掘り下げた勉強をさせるからそうなるのも当然だろうとは思う。また前に聞いたことだけれど、世界の学生が集まって英語の討論会があったときの話。日本の学生の英語力は素晴らしい物があったらしいけれど、「何を話したらいいのかわからない」という子が多かったと。こちらの若者は放って置いたら言いたいことを言い出して止まらないのが普通で、おまけにそれを自信たっぷりに話す(うちの息子達も同じ。生意気に見える)。これも中学時代から討論に関してはかなりしつこくやらされるようで、人前で自分の意見を論理立てて説明、聞き手を納得させるというのは学生の一番大事な能力とされている様子。ま、それがディベートの原点なんでしょう。

これは大人も同じで、しゃべり出すと止まらない(笑)。言いたいことを言う。この点、日本人との差はかなり大きいと思う。逆に自分が何を考えているのか、自分の意見はどうなのか、それをはっきり出せない人はバカ扱いされる。無視される。これは企業内でも同じで、出る杭は打たれるどころか、出ない杭は抜かれると言っても大げさではないと思う。だから日本人から見ると自己アピールが半端じゃない。大げさ。俺は何でも知っている何でも出来るぐらいのことは平気で言う(笑)。

でもここも実は微妙で、アメリカ人とオーストラリア人とはまた違う感じがする。私から見るとアメリカ人の方が単純に思える。唯我独尊という言葉はアメリカ人のためにあるんじゃないかと思うくらい(いつも偉ぶってるし声も態度もでかい(笑))。オーストラリア人はやっぱりイギリスの血を引いているのだろうか、自分を出すことは出すのだけれど、出さないところは出さない。その辺が私には難しく感じるところ。

面白い話がある。例えばディナーショーを見に行ったとする。アメリカ人はウエイターにチップをはずんで良い席を取ってもらおうとする。ところがイギリス系はこれをやらない。これは卑怯な行為という見方をする様子。お金を出して自分だけ優遇してもらおうというような態度がはっきりした場合、わざと酷い待遇をすることもあると聞く。オーストラリア人は平等であることをかなり意識するようでフェアーであるかアンフェアーであるか、そういう言い方をよくするし、その言葉が日常会話に頻繁に出てくるのが面白い。女性の口癖であるIt’s not fair!!というのとは違う意味ね(笑)。

それとこれに気がついたのは近年なのだけれど、日本人と付き合っていて感じたこと。日本では頑固と自己主張が強いのは同じ意味にとられるケースが多い。オーストラリア人は頑固と自己主張が強いのは全く別もので、頑固は頑固であって自己主張が強いから頑固であるとは言えない。言うことは言うけれど他人の言うことも良く聞く。ところが日本では自己主張をすると頑固者だと断定することが多い。とにかく自分を出してはいけない世界と、自分を出すのが当たり前の世界の大きな違いがここにあると思う。日本人はディベートが出来ないと昔から言われるのはこれが原因だと思う。

私はここは非常に重要な点だと思っていて、頑固=自己主張が強いという考え方は絶対に捨てるべきだと思う。頑固は良いことだとは決して思わない。事実を事実として見ようともしない、他人の意見は聞かず、常に自分が一番というのが頑固者。でも自己主張は自分が何を考えているかを出すという意味であって、それに固執しているということではない。そういう意味での頭の柔らかさが日本人には欠落していると私は思う。ただ、最近の日本の若者のディベートを聞いているとそれは変わってきていて欧米風になっている感じも受けた。これは私としては嬉しいし、将来が楽しみ。柔らかい頭を持って他の考えや価値観に耳を傾けつつ、自分の主張はしっかりする。これが私は人間付き合いの基本中の基本だと思う。

ま、毎度の話しながら話はどんどん広がってしまったけれど、オーストラリアの学校、教育、社会には日本とは違う上に書いたような傾向があると思う。ただもちろんこれは私がそう感じるだけであって、オーストラリア人自身が、いやーー、そりゃ違うよということもあるとは思う。

久しぶりに長いのを書いた~~。え?いつも長い?わかってますよ、ヘヘンッだ!

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

薄氷を渡る思い・・” への5件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 644f35627748626175494b67744f514174695967376532486549594e6f62384fb3808143dc31de5b55b764ab3b59f75e8861702365a826c69bfc9754cb075211
    母親失格。
    今日娘の大学入試日とは知らなかった。朝知った。夜中に帰ってきた私は二度寝した後、今日が入試と知ったので娘に朝ごはんもろくに食べずに行かせてしまった。
    そういや以前に11月になったら入試代や授業料がタダ(税金)の大学を受けると言っていたのは覚えている。小学校の頃から娘は面倒くさいのか(本人曰く、学校プリント見せるの忘れるらしい)親に言わないので私はずいぶん学校行事すっぽかしをしてしまった。

    私は勉強しなさいと口やかましい割には宿題一つ見てあげた記憶がない。
    大学入試制度も私の頭ではよく理解できない。主人に至っては他人に思いやりのある人間になればそれで十分と言う。旦那よ、思いやりだけで世の中生きていけるのか?でもそういう私は娘にきちんと教育したか?
    高校の懇談会で「受験前の子に対してのメンタル的な対応は各家庭どうされてますか?」とか話題が出たが正直私は自分のことでいっぱいいっぱいで・・娘から「親は金さえ用意しとったらそれでよかと」と言われた旨を話したら大爆笑。

    子供と今朝も喧嘩してしまい昼ごはん食うなと言った。朝も食べてないのに・やはり母親失格だ。鬼だ
    ・・というか娘も親に期待してない。
    残念なことに、顔も性格も大雑把で整理整頓が出来ないないところまで私に似ている。
    娘よゴメン。親は選べないのだ。遺伝子も選べないのだ。
    今日は私も昼ごはん断ちするから、頑張って!

  2. SECRET: 0
    PASS: 51534a5461595a3776557776687034526c51464736445a6c6576534e796d48484bc2f0331e1211314e03025fa3391180c9f637541921912ae573997af681f668
    入試だったんだぁ。何も食べさせずに出しちゃった?消化の良い炭水化物とか飴でも良いから食べると脳の働きがまるで違うらしいけど大丈夫だったのかな。

    でも九州の人らしいなと思いました。うちのヨメさんもそういうタイプですよ。私から見るとちょっと冷たく思えるんだけれど、自立心を育てるべきだという信念を持っているようで、自分のことは自分で考えて行動しろといつも子どもを突き放します。

    ご主人のおっしゃることもわかるような気がするなぁ。娘さんだからそうおっしゃるんでしょう。私から見る九州ってまだまだ男尊女卑が凄くて、男は男、女は女という人が多く思います。で、女性に一番大事なことは何か考えたときに、ご主人の言うことが正しいと言えるような気がします。

    娘さんも九州女ですねぇ。「親は金さえ用意しとったらそれでよかと」ですか。最高!(笑)

    jazzmanilowさんの家族はみなさん九州っぽくちゃんとやっているように思えます。でも今の時代の流行というか、過保護が当たり前の親子関係から見ると古い考えに思えるかもしれないけれど、jazzmanilowが悩むのは間違いかもしれないですよ。いや、きっと九州の人達は心ではごめんと言いながら子どもを厳しく、放り出して育てて来たのかも。

    うちの長男はやっぱり過保護に育ててしまって後悔している点もあり、次男坊は放ったらかして育てました。で、次男の方が自分で道を開いて自分で歩くというタイプになりました。その代わり頑固者で人の言うことを聞かない(笑)。ああ、やつは母親の九州ぽさを受け継いだかも。

    娘さんも九州女らしい頼もしい女性に思えました。良いんじゃないでしょうか。

    親として子どもにたくさん愛情を持つということとと過保護とは意味が違いますよね。助けを求められたら全力で助ける。でもそうじゃなければ見て見ぬ振りして自分でやらせるという状態で良いんじゃないですか?

    腹が減ったら自分で作って食べればよか!うちのカミさんはこういうタイプで自分の気分が乗らないと子どもにご飯も作ってやりません。私も同じ境遇ですが。(笑)

    九州は九州のやり方があるような気がするんですよ。だから気骨のある人間が育つ。それで良いんじゃないでしょうか。過保護に育てていいこと無し。

  3. SECRET: 0
    PASS: 4245444f445835575a756779446d54466f7567474f305a796f305a416f6765590a46ef0c80bfc5a9c10f5e6c4c8e990902da5731b434a25103906022c402f7ec
    そう言っていただけて有難うございます。
    私はネグレクトではないかと反省しておりました。なぜか犬をぎゅっと抱きしめお前も見守ってくれと・・・・盆正月以外参ることのない仏様にもお線香をあげました。
    都会的な女に憧れてた私は、やっぱどっぷり九州のかーちゃんでした。

  4. SECRET: 0
    PASS: 67454c6a36485a7a677158717943585635426376474167543574494b695571372049fbb5d506bab068fadd44cd28c2e9dbb0effc4383ca6b2af0ec311b85d287
    僕はニュージーランドのオークランド大学に行きましたが、永住権所持者は年間5000ドル程度でした。(15年前の話なので今はもっと高くなっているでしょうけど。)なので年間5万ドルという学費にはかなりビックリしてます。

    寮も異様に高いですね。お金持ち留学生をターゲットにしてるのでしょう。シドニーでもシェアハウスなら週150ドル程度でありますし、民間人の若者は皆そういう所に住んでいますよ。

  5. SECRET: 0
    PASS: 364a3636357851777a726b677332505a333271455a4366675434516978345833c8d75b5a3330d6d01812ceafefac30b894fa4c9c06b519170f2f3ae54c5cb486
    BBさん、いらっしゃい。

    年間5万ドルというのは学費じゃなくて年間の生活費を入れたトータルです。またマスターの卒業までの学費がそういう金額という話し。ただ年間の学費が5000ドルという数字はこちらでは聞いたことがありません。まぁ、15年前って全く比較にならないと思います。長男が大学に入った4年前と今もかなり違いますし国の補助も変わった。それと物価の上がりようも半端じゃないですね。15年前通っていた子ども達の学校ですが今じゃ3倍。

    生活費を安く上げる方法ですが、おっしゃるように方法はいくらでもあると思います。これは学校に限らず社会人の普段の生活も同じ。どういう環境を維持したいかで変わってくるってことでしょうね。ちなみに寮ですが、私が調べた限りでは留学生より他州から集まるオーストラリア人の方が多かった。特に大都市の場合、市中に子どもを放つことを良しと思わない親も多いのだろうと思います。また、寮と言っても単に寝泊まりする場所じゃなくて、いわゆるカレッジですから大学生活の意味においてもかなり利便性はあると思っています。

    ただ、最初の半年、一年だけで寮を出てしまうケースは多いかもですね。うちの長男がそれでした。その後は仲の良い仲間とシェア。長男も、おっしゃるように週に150ドルぐらいかもしれない。でも考えてみるとカレッジの週350-450ってのもそんなに高くは無いですよ。食事もちゃんとした物が3食付いてるしインターネット、チューター、その他の施設がある。個室でバスルーム付き。大学の敷地内だから通学にはお金が掛からないし。勉強する環境としては完璧。

    でも長男は退屈でメシはまずいと嘆いていましたっけ。でも私はあえてそれを次男坊に体験させるつもり。個室とは言えどもカレッジとしての集団生活があるので、それを体験させたいです。また次男が選んだスクールはドロップアウトする確率がかなり高いようで、本人もやる気満々ですので勉強に集中できる環境を親としては与えてやりたい。

    さて、どうなりますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください