RCI交換の気になる点

RCIの交換の良さは安さ。これに尽きると思っています。

日本から見た場合ですと、今まで何度も話題に出ているようにリゾートトラストのサンメンバーズを使ったり、かなり前に書きましたがウェントという淡路のタイムシェアはRCIにバルクで部屋を出している物のウェントのオーナーはRCI交換なんかほとんどしないのでいくらでも空きがあるとのこと。つまりウェントが持っている枠内であればいくらでも交換してくださいなんてところがある。

ウェント

それどころかこのウェントはすでに完売しているのだけれど権利を行使しないオーナーがいくらでもいて、稼働率は高くないとのこと。まぁ、これはどこのリゾートでも同じだと思うのですが、このウェントの面白いところは、他のオーナーが使わずに空いている部屋は好きに使ってくださいとのこと。つまりこのリゾートに何ヶ月でも空いている限り滞在できてしまうらしい。面白いですね。

まぁ、安く滞在できるというのはこんなご時世ですし、また大きな資産収入がない凡人、ましてや現役を離れた退職者となった身としては安さは非常に大事なポイントとなります。

ただし、そればかりに気を取られるとやっぱり旅行も楽しくないと思うんですよ。それはRCIも同じで、たとえばまだ若くて子どもも小さくて、安くリゾートに行ければ良いという状況もあると思うんです。私もそうでした。でも歳を取ってくると、安さは嬉しい物のそれだけっても非常に困るんですね。

で、RCIの場合は交換相手のリゾートがどういうリゾートなのかわからない、日本RCIの言いなりってのがどうも気に入らないんですよ。ポイント交換の場合ですと自分で交換相手を探せますが、でも良いところなんか空いているわけがないんですね。妥協はもちろん大切ですが、妥協ばかりってのも問題がある。

だからこそタイムシェアは良いところを買って、自分の保有日をちゃんと確保するというのがヒルトンでもマリオットでもスターウッドでも基本は同じ。で、我々としては安くポイントなり交換権利を手に入れて少しでも良いところと交換したいと思うわけですが、そんなことに過大な期待はできるわけもない。

特になんでそれを感じるかというと、私は他の国、地域のリゾートのことはわかりませんが、ゴールドコーストに関してはどこにどういうリゾートがありそれがどういう内容なのかはよくわかっています。で、RCIで交換できるゴールドコーストのリゾートってのがいくつかあるんですが、正直なところ、これって平均以下のリゾートなんですわ。

もし日本からそのリゾートをわざわざ予約して来る友人がいたら、もうちょっと考えろよって言いたいぐらいです。ただ安いツアーでとにかくどこでも良いから安くっていうのならOK。また、そういう旅行で十分なことはおうおうにしてある。

でもねぇ、もし私がどこか他の国に行くとした時に、ゴールドコーストで言えばあの手のレベルのリゾートだと想像するとがっかりなんですわ。そりゃ安いのは嬉しいけれど、安いってことでその宿泊先を選ぶって若い時ならいざ知らず、悲しくなりません?

ここがタイムシェアの交換の難しさだと思うんですよ。

例えばスターウッドの中での交換、ヒルトンでも良いですが、そういう交換ならある程度のレベルは確保できるし、そこがどういうところかはいくらでも情報が入る。でもRCIの交換って・・・・。

私は今49000ポイント持っていて、1ベッドルームならハワイでも交換できる状態ですが、まだ使わないってのはそれなんです。なんだかワクワクしないんですよ。自分が交換できる相手を見ると、行きたいという気がしぼんで来ちゃう。

贅沢だといえば贅沢。でも今ここでエクシブの話が出ているわけですが、なぜエクシブが良いのかってのと同じで、わけのわからんところには行きたくないですよね。

かといってフォーシーズンズだインターコンチネンタルだなんてのばかり使っていたら破産しちゃうし。

何かいい手は無いもんだろうか。

内のヨメさんがこんな私を見て言う言葉は「稼げばいいじゃん」だと。他人事みたいに言いますよね。もう現役ではないジーさん一歩手前の私に稼げとよくそんなことが言えると思ってしまう。

まぁとりあえず考えていることは長期で旅行する場合、良いところ、安いところいろいろ取り混ぜて緩急を付けようと思ってるんですが、思うのは簡単、実行は難しい。

タイムシェアだエクシブだと調べながらも、実は段々意気消沈してきちゃってます。

666にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

RCI交換の気になる点” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6f3463514974504b707930536e6f734a59374468365a525342716b75333063737b8ec1cb4fbbde4e63386724f17dc85c786199dd2bcf35c1f73e18ce3c96a948
    エクシブのRCIのポイント制への移行のウワサは5年くらい前からありますね。
    まあ何も具体的な話を聞いたことがありませんが。
    RCIジャパンはRTの子会社ですので、業績にデメリットになるようなことをやりたくないということかも?
    何がデメリットかよくわかりませんが、高い交換手数料というのはその一因かも。

    エクシブ・サンメンを使ったRCIジャパンの交換ですが、アジアやアメリカ本土のゴールデンクラウンならあるようですね。

    オワフ島で交換が実現しないのは、オワフ島のRCI交換対象物件がワイキキ中心にあり、しかも日本人の所有率が高いヒルトンとウィンダムだからじゃないでしょうか。

    ※話変わって質問のこと
    エクシブオーナーの平日の宿泊プラン利用時の宿泊権利を消費しないという話は、いくつかの仲介業者から伺ったことがあります。
    しかしサンメンでこの優遇を受けられる話を聞いたことはありませんね。
    だれかご存知ないですか?

  2. SECRET: 0
    PASS: 42667a327854684e5437344a667856666b4a795877344d5546556e5774454d7702ab5a0a60778af3f91767d4e865721b4f414ed52d22f318b95a78b3706a53e7
    サンメンも同じだとアスレさんの掲示板で読んだような気がします。うーーむ、勝手にそう思いこんだのかなぁ。

    調べてみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *