タイムシェア関係 備忘録 その1

サンメンバーズの権利を使ってRCI交換で海外リゾートを使う場合、全日券2枚と平日券5枚必要。人数分必要なし。

エクシブメンバーの場合、7日分の宿泊権利だから割高になる。

サンメンバーズの中古を買うと仮定して、サンメンバーズワールドホリデークラブ平日会員を取得。売価3万円で平日券20枚。年会費18900円。同様に、サンメンバーズ・オーナーズクラブを購入。売価4万円でシティ券30枚。年会費36750円。

シティ券は全日券として使えるため。上記の二つの権利を持てば、合計50枚で、RCIを通し、7X7=49で7週間分のタイムシェアと交換が可能。余り1枚。

RCIの交換手数料は1回(週)に付き31500円。

つまり初期投資(手数料は未計算)7万円。年会費55650円。年会費を7で割ると7950円。それにRCI手数料をプラスすると39450円。これで海外のリゾートに1週間泊まることが可能。4名まで。

安いなぁ、これ。しかし年間7週間も・・・。(爆)

ちなみに、サンメンバーズ・オーナーズクラブだけを購入したとすると年会費36750円で30枚だから、7X4で4週間と交換できる。28枚必要で2枚あまり。年会費を4で割ると9188円。それにRCI交換手数料を足して40688円なり。

これでも安い。そして4週間分ある。ただし、それはハワイなどを想定した場合安いと言えるけれど、アジアを考えると決して安くはない。アジアを想定した場合は私が買ったようなRCIポイントが多くて安い物件を買うのが正解だろう。ちなみに49000ポイントで年間のメンテナンスフィーは約30000円。これでアジアのリゾートなら2-4週間は泊まれる。

RCIの交換比率はこれを参照。

RCIの交換必要ポイント表 ただし2008年度版

49000ポイントあれば、1ベッドルームだとすれば、レッドシーズン、つまりハイシーズンでもアメリカ国内でクラウンクラスで1週間、スタンダードクラスで2週間。ブルーシーズン、閑散期なら2-4週間泊まれる。ハワイやカリブの場合はクラウンクラスには足りず、シルバー及びスタンダードなら1週間滞在可能。ヨーロッパは場所と時期によって必要ポイントがバラバラ。それでも高ポイントのところは一週間も泊まれないが安い場所、時期だと4週間泊まれる。幅が広い。

アジア地域だと一番高い時期のクラウンクラスでも1週間。安い時期のスタンダードクラスなら4週間泊まれる。たった3万円で。

RCIの交換もポイントで見ると地域や時期、クラスで必要ポイントが数倍変わってくる。ところがサンメンバーズやエクシブで交換する場合、それらがどのくらいの交換力があってどんなところと交換されるかはわからない。

しかし所詮4万円ぐらいで一週間泊まれるとすれば(それも4人で!!)、ハワイやカリブが取れれば、または観光時期のクラウンクラスが取れればかなりラッキーだし、たとえ安い場所の安い時期だとしても所詮4万で決して高いわけではない。RCIポイントをうまく使えば同じ金額で4週間泊まれるとしても、4倍違うと考える必要があるだろうか。4倍違ってもたいした違いはないと言っても良いような気がする。海外のリゾートに行って4週間滞在する宿泊代が16万でも安いわけで、それをあえて3万にするために面倒なことをして別途交換用のタイムシェアを入手する必要も無いと言えるのではなかろうか。違いは13万円でしかない。

ただ本当に安く、そして長期で海外を放浪するのが目的だとしたら、私が購入したようなタイムシェアを3口手に入れれば、10万円で3-4ヶ月放浪することは可能。これはサンメンバーズをどう利用してもこの数字は出てこない。サンメンバーズの場合、少なくとも一週間31500円は掛かってしまうのだから、3ヶ月となればRCIの費用だけで44万になってしまう。(RCIポイントの交換手数料はUS$139。それを加味すると3ヶ月で20万ぐらいにはなるわけでRCI日本との差はかなり縮まる)

でもそこまで安くする努力が必要かどうかは疑問。とりあえず、サンメンバーズがあれば十分のような気がする。

サンメンバーズは他にも種類があるし、サンメンバーズエグゼクティブゴールドを手に入れれば全日券40枚、平日券20枚、シティ券30枚。合計90枚で、RCI交換をすれば12週間もの海外滞在が可能。2ヶ月以上だ。全部をRCI交換に使わずとも、二人で使うならエクシブでもサンメンバーズの施設でもトータル45日分あるわけで、エクシブだけを考えても30日分もある。つまりこれならエクシブに30日、海外に4週間という滞在も可能。日本を中心に旅するなら45日分、海外に集中するなら12週間分。どちらにも十分すぎるほどの権利があり、使い切るのが難しいぐらいだろう。

サンメンバーズ、恐るべし!

-------------

計算に間違いがある。RCIの交換でポイントを使った場合、日本RCIと同様に交換手数料が掛かるのにそれを計算にいれていなかった。これは確かUS$139だったはず。つまり毎週この金額が最低限かかる。日本RCIは31500円。つまり上の試算によるサンメンバーズ利用とRCIポイント利用の差はもっと縮まってくる。こりゃやっぱりサンメンバーズが最強って言っても間違いがなさそう。

-------------------

冷静に考えてみればみるほどサンメンバーズの凄さがわかる。つまりあえて海外のタイムシェアを買ってRCIポイントを稼ぐ必要なんかないのがわかる。いや、やるなら私みたいな中途半端じゃなくてポイントを15万ポイントぐらい手に入れるべきだろう。

いらないものを買ってしまう。ここですね、人間の欲望の盲点は。いらないのに「海外のタイムシェアなんてちょっと恰好よくね?」ってなところだと思う。飛んで火にいる夏の虫ってのはこれのことを言うのだろう。世間の一般常識的にはエクシブにしてもサンメンバーズにしても他のリゾートにしてもそういうものを購入するのはあくまで少数派でしかない。それを購入することによって、自分の気に入るリゾートを定宿として持つ、なおかつ「オーナー」などという甘い響きにウットリしてしまう部分があるのだろう。

その自己満足を満たしてくれるサプライヤーは、それとちょうど我慢できる程度の金銭的負担とをうまくバランスさせてこういう商売を成り立たせているのだろう。私は日本にいる頃、宝石業界に長かったが、宝石とリゾートってかなり似ている部分があると思う。いわゆる必需品ではなくて、不要不急のもの。無くても一向に構わない。しかし持っている者としては何とも言えない満足感がある。

そう考えていくと、エクシブの3000万クラスの権利を買う気持ちもわかるような気がする。そこそこの別荘を持てばそのくらいの価格になるし、エクシブのスーパースィートクラスの雰囲気を持つ別荘なら場所的にもこだわるだろうし、億単位になるのは間違いがない。なおかつそれの維持は費用的にも労力的にも半端ではない。それでいて、年間どのくらい使うかと言えば、26日も使わないケースが多いかもしれない。じゃぁ、エクシブの方が良いじゃんという考え方が十分成り立つ。そちらの方が現実的であり、経済的にも良いかもしれない。また、重要なポイントとして別荘を持つよりリゾート権利を買う方がヨメ族(別荘では掃除・食事当番となる)には嬉しいはず。

各地のスーパースィートを収集するのが趣味という人がいるとのこと。これで3カ所、4カ所を持ち、1億の資金をつぎ込んで年間維持費は約100万。別荘ならこれの数倍の経費は掛かる。そしてエクシブの滞在権利は合計で年間100日もある。利用には最低1日25000円ぐらいは掛かるし、当然旅費食費も掛かるが、それは自分の別荘を持っていても同じ事。

当地ゴールドコースト、あるいはハワイにしても億の単位の別荘を持つ人は世の中にいくらでもいる。それを考えれば、国内で言えばエクシブに集中させて億の金を突っ込んでもまったく異常でも何でもないような気がしてきた。そしてその上を行くのがスターウッド、マリオット、フォーシーズンズ、またヒルトンのヘビーユーザーであり、何カ所も持っている人はいくらでもいる。そんな事を考えると正月の一週間を家族と過ごすために2000万円をつぎ込む人の気持ちもわからないわけではない。

ましてや中古市場という格安でそれを入手できる方法が存在する。多額の投資をする人は中古物件には近寄らない人が多いのもわかるが、ここは頭を切り換えて、中古も新品もないと割り切って適当にまぜて平均値を下げる努力をすればこれ以上面白いリゾート遊びはないかもしれない。

夫婦二人だと考えてしまう部分もあるけれど、もし私の二人の子ども達が結婚し、孫でもいるなら、そして私が裕福であったとしたらエクシブのスーパースイートを間違いなく買うだろうと思う。あるいはハワイのタイムシェアもありかもしれない。オジーチャン、ハワイに行ってみたいなぁ、なんて孫に言われれば速攻で買ってしまうような気がしてならない(もちろん中古。プロパーからは絶対に買わない)。孫と毎年1週間ハワイで過ごせる喜びはお金に換算することは不可能。また、プロパーから買えばそれを手放す時には60-70%の損を覚悟しなくてはならないけれど、中古市場から買ったものなら投資金額もプロパー物の数分の1だし、またいつかそれを叩き売ったにしても損はしれている。

エクシブのスーパースイートでも私に何十億もの資産が、あるいは数億の年収があるなら別だけれど遊びに2500万だ3800万だという金を出してあの権利を買うとは思えない。しかしそれらが中古市場では400万から700万で入手できる。これってウソのように安い。これを買っていつか手放す時には半額か3分の1を覚悟すれば簡単に売れるのでは無かろうか。つまりちょっとした車を買うよりよっぽど良い計算。ベンツを買うつもりでセルシオで我慢すればエクシブのスーパースイートがオマケで着いてくると考えたら面白い。(笑)

うーーむ、この悪魔のささやき。やばい。

しかしまぁ、先立つ物さえあればなんと優雅な生活ができるのかというのがここでもわかる。しかし無い物は逆立ちしても無いのだから、どうにか安くそして効率よく遊べる方法を探すしかない。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *