コンドミニアム再び

今日も再びコンドミニアムを見に行ってきました。今日はボスと一緒。後でグダグダ言われない為にもボスのOKを貰っておかないと危なくてしょうがありませんから。

実は今の家なんですが、ボス(ヨメさん)には相談しないで買ってしまいました。女性って生活に根付いた意見を言うわけですが、家を買うというのは投資の意味もあるわけで単に住みやすい、気に入ったというだけでは済まないと私は思うわけです。というか、私は気に入ったもののヨメさんに反対されるのがわかっていたので強引に話を進めてしまったというのが事実か。

とにかくヨメさんのゴーサインが無くて買ったのは間違いがなく、まぁまぁその後ずーっとブツブツ言われっぱなし。

「誰が掃除するのよ!」

一番の文句はこれですね。で、こちらは掃除に来てもらう家も多く、我が家も週二回掃除を頼んでいたのですが、ヨメさんの性格上、じゃぁ、お願いねって言えるタイプじゃないんですよ。掃除のオバサンが来る日はヨメさんが朝から掃除の為の掃除をするというパターンでした。これに関してずーっと文句を言われ続けました。

でも確かに、必要以上にでかくてお手洗いも8つあるというバカみたいな家ですので掃除も半端じゃないのは間違いなし。

そこで今回はボスの意見を中心に決めることにしたわけです。今まで見て回ったのは下男の私の下見ということ。

このコンドミニアムは31階にある3ベッドルームですが各部屋が他のコンドミニアムに比べて狭いという欠点があります。ただ立地は最高で、コンドミニアムの下には商業施設があって買い物も便利。ゴールドコーストには3つの巨大モールがありますが、その一つであるオーストラリアフェアのすぐ横。

家具はたいした家具ではありませんが、ゴテゴテした感じはなく、必要な物は全て揃っていて、気楽に入居、退居できそう。それと、同じレイアウトの部屋で良い家具が入ってる部屋があったのですが、その部屋の床は全て絨毯。これは悩みました。部屋の雰囲気はそちらの方が良かったのですが、絨毯というのが気になります。ゴールドコーストは寒い場所ではないので、いや、暑い日が多いですからタイルの方が涼しく、また掃除が楽。

また、文句を言い出すとキリがないのですが、見晴らしは良い物のベランダが狭いのが気にならないこともない。270度ぐらいの角度で幅の広いベランダが張り出している部屋もあるし、それを見たあとはやっぱりがっかりします。でも31階の広いベランダってのも恐そうなので自分を説得。

とにかく文句を言っているとどんどん高くなるだけの話で、文句を言えるような我が家の状態ではないのでどこかで妥協点を見付けるしかない。

ま、ここはビューが良いのと、向きも最高。またロケーションが良い、駐車場が2台分ある。冷暖房はセントラル。これを金額的に換算すれば週100ドルの価値があるだろうと考えることにしました。なおかつ、ファシリティーが充実していて屋外プールが2つ、室内プールが一つ、その他無料で使えるファンクションルームや、サウナ、スチームサウナ、ジャグジー、ジム、何カ所かのバーベキューエリア、散歩が出来る庭のような場所も金銭的価値として週50ドル。そう考えれば高くないな、と思えるようになりました。また当初は2ベッドルームの家具無しの予定でしたが、ここは3ベッドルームの家具付き。もし4人家族が合流することがあっても問題ない広さ。

私が気に入ったのはこの室内プールとサウナ、ジャグジー。これがあれば家のお風呂は使わないでゆっくりできる。\(^O^)/

ということで、どうにかボスも納得。ただ不動産屋の言い値で受けるのはやめて、5%ぐらいの値引きをお願いしてみるつもり。今現在、金利が付かないキャッシュがあるので条件として家賃全額先払いなんてのを申し出るつもり。実際のところ、今の時点で入居している人達の家賃相場を調べると、やっぱり8%ぐらい安いのがわかった。だから新規として言ってくる値段はわかるけれど、そこをうまくネゴして5%引いてもらえれば妥当な線とも言えそう。

一両日中に不動産屋と話を詰めて、OKが出れば11月1日には入居したい。

忙しくなりそ。

————————–

帰りにチャーリーズという大きな魚屋に行ってきました。ここまで来れば魚も20種類以上あって豊富。今日はタコと蟹を買ってきました。タコは煮付けるつもり。蟹はすでに茹でてあるスパナクラブ(アサヒガニ)を3バイ。これが今日の晩ご飯。

この店は内海に面したところにあって、裏に鳥がたくさん集まります。自然の鳥たちに餌をやってはいけないことになっているはずですが、この店では半端の魚やアラを放り投げて鳥に与えています。だからこんなペリカンも慣れたもんで、人を怖がりません。

ペリカンといえば、前に釣りをしていた明け方ですが、頭の上をペリカンのグループが飛んでいたことがあります。ペリカンって大きいでしょ。で、くちばしが出ていて首が長い。これが飛んでるのを見るとびっくりしますよ~~。恐竜かと思った。

右端のヌードはわざと狙って入れました。(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コンドミニアム再び” への7件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6e66455835756a6f79693238724b4e75356978306b355776395a7a57436b69611b048b521f70bc0a1a615d9f54032f76e56c8301772d319df34c8243801c5681
    もう仕事をリタイアできるなら、さっさと止めて妻と子どもとのんびり過ごしたい。。。

    (妻は私の性格上、そんな生活を続けられないというが…)

  2. SECRET: 0
    PASS: 766648476a524472696c46337a454b773055733959354575736b637973384334934634ec84944df83562451c622d45759481cbae8cff703139589e26c1b60445
    確かたたおさんとの繋がりはマレーシア繋がりじゃないですよね?タイムシェアでしたっけ。

    マレーシア繋がりですとみなさん世捨て人みたいな感じで(こんなことを言ったら怒られるか~?)第二の人生がキーワードになるはずなんですが、たたおさんはまだまだ現役ですか?

    あ、これ日記のネタにしちゃおう。ありがと~~。イヒヒ。

  3. SECRET: 0
    PASS: 6137436b786a3732624834566e4e356c516844574142687248574164464245669e9a873bcadde5af8b1d9f0361220624132075e57516bd4417abca4b263c0d0a
    ダボさん
    良い場所ですね。海が近そうで+魚屋 さんがあって。
    マレーシアのペナンの海にはガッカリした記憶があります。
    島へ行けば きれいなとこもありそうですが。
    島だと 今度は街並みが どうかなって感じてます。

    このお部屋は 奥さまのOKが出たんですね。
    もしや、予算より4割増しの お部屋かしら?

    我が家は このビューで 2LDKが良いな~ と言っても
    まだ、行けない悲しさよ。

    写真で我慢しておきます。

  4. SECRET: 0
    PASS: 6c3431776541694f62677a32773837557251486763436f71496d6a4d3751394d9d28381d8be4d249b955a892dd24b8ef2294636bc20eb953010cd9a85fc4c708
    空さん

    実はペナンに行った時に私たちもがっかりしました。どうしても海というとゴールドコーストと比べてしまいますし。でもペナンは根強い人気があるようですね。我々がペナンは無理だと結論づけたのは実は日本食が理由です。特に私は日本食に飢えた状態がかなり長く、あのペナンの日本料理屋、そして日本食材の少なさはゴールドコーストよりがっかりで我慢できそうもありませんでした。

    その代わりKLの凄さにはびっくりで、宝の山に見えました。ま、今はゴールドコーストという田舎住まいですから今度は都会が良いんでしょう。

    コンドミニアムですが、ボスからOKが出ました。早速何を持っていこうか考え始めているようです。

    もともと2ベットルームを探していたわけですが、このコンドニミアムだと各ユニットが小さいのでかなり狭い感じがします。キッチンもおままごとをするような感じ。逆に他のコンドミニアムだと3ベッドルームは広すぎる感じがしたり、なかなか自分たちのニーズに合うのを探すのは難しいと思いましたが、小さいユニットで3ベッドルームというこのコンドはうまく我々のツボに嵌った感じです。

    でも問題はKLです。そもそもマレーシアには行きたくないヨメさんを連れていくわけですから、絶対に退屈しない場所で、ゴールドコーストに帰りたいと思わないようなところを探す必要があると思ってます。KLのど真ん中に候補物件がいくつかあるんですが、やっぱりメチャ高い。だから当初は日本人相手のサービスをやっているような会社の物件に1ヶ月単位で何カ所か何ヶ月か住んで、KLにヨメさんが慣れてきた頃合いを見て、適当な場所を選ぼうかと思っています。

    私が今この辺がいいなぁ、と思ってるのはモントキアラの西端にあるコンド。キラマスアユリアとか。または同じくモントキアラの北端にあるソラリスの近くとか。どうしてモントキアラかというと、他の場所が全くわからない。それだけの理由です。ダマンサラやバンサ辺りも良さそうなコンドがありますが、ちょっと気になるのはケニーヒル。ここはどうも高級住宅地らしくて政財界の大物の自宅が多いらしい。位置的に最高でKLは東側で非常に近い、そして西側はダマンサラ、モントキアラ。また緑も多い。ここが面白いと思うのは政財界の人達が多いことからその土地のセキュリティ度が高いとのこと。またうるさ方が多いので、停電も非常に少ない地域でインフラが良く整備されているとの話し。コンドは多くはないですが、レントはモントキアラと同程度の感じ。

    でもやっぱり我々は夜遊びが大好きな飲んべえ夫婦ですから、KLの中心地かタイムズスクエアとかになりそ。またミッドバレーの中に住めたら退屈しそうもないのですが、あそこの混雑は半端じゃないから止めろと言う声が大多数。

    行ってみないとわからないことばかりですが、あまり日本人には有名でない場所でも地元の人には人気のある新しく開発された場所とかレントも手頃でいろいろあるみたいですね。

    空さんはいつごろ渡馬する予定ですか?

  5. SECRET: 0
    PASS: 586b58736d377633544d42483561794a4138724e557650454d70573048757673445b89e360c4d48e86ed91a7dcc13f9b337d112d62a8047e273d8809d1437118
    ダボ さん
    そろそろ、忙しく居ているころでしょうね。

    我が家の訪馬は 一年後くらいかな~

    主人が自営業で 貧乏な我が家は もう少し日本で働かなくてはいけないかな・・・

    マレーシアの生活費が ある人の家計簿を拝見したら 日本と余り変わりませんでした(ショック)

    30万~35万円程です。主人の年金は厚生年金ではないので ビビたるもんです。
    不足分を 手元資金で賄わなくてはいけません。

    日本の株安・円高も我が家には影響あり。いたしかなありませんが(自己責任)
    マレーシアに預けている預金金利が、当初に必要になる金額になるまで(予定は2万RM)
    日本でがんばってます。

    モントキアラは聞いたことはありますが、我が家は右も左も KLわかりませ~ん。

    ダボさんの方が先の様ですので、ダボさん情報 期待大です。

    宜しくね

  6. SECRET: 0
    PASS: 6146746b5765535542785732506d367a756c397a6747676d337a74414830415a2affa5d34670a967b8f867ce672224dbdcd512f17af70dbea0c668dd81bad096
    秘密のコメントってどう入れるのかな?
    パスワード ってなにか決まっているんですか?

  7. SECRET: 0
    PASS: 5972524750716a6b4873585073674d7a55674259485847314a78467739694a4b035760b30256adc2593a9d1dda25a66122ab756b537ade3bac44059e285a8686
    巷で言う、マレーシアに住んだら3分の1の物価でというのをそのまま受け止めるととんでもないことになると思ってます。そういう風に言ってる人に限って内訳を出していないケースもあって、では普通にマレーシアでエンジョイしている人達はどのくらい掛かっているかという例を見ると、空さんが書かれたとおりの金額ですね。

    でも確かにそういう人達でも日本だったらこんな金額でこれだけのことは出来ないと口を揃えて言いますから、やはり安いのだろうとは思います。

    やっぱり安さをマレーシアに求めるのは多分間違いで、コストパフォーマンスが良い程度と思った方が良いのかもしれませんね。それと結構多くの方が日本との二重生活をしているようで、マレーシアでその程度のお金を使い、日本は日本で維持費がかかるわけですから、普通の退職者のイメージとはかけ離れている方々が多いのも確か。

    20年前のオーストラリアも同じでした。家族4人で月に15万円もあれば子どもを学校に行かせながら生活ができるという話が蔓延していた。ところがどっこい来てみたら、そういう生活は耐乏生活以外の何物でもないんですね。当時でさえ普通に生活するのに3倍は当たり前に掛かりました。ましてや海外に出て耐乏生活なんかしたくはないし、遊興費が跳ね上がりますから、数年で虎の子を使い果たしたなんて方も多くいました。オーストラリアの場合はたいてい永住権で渡ってきますから、お金がなくなれば働けば良いということがあります。最初は遊んでいたものの、数年後に夫婦揃ってお仕事に出る方も少なくなかったです。

    ま、人の話は話半分に聞いておくのが良いというのはマレーシアに関しても同じで、頭に血を上らせて舞い上がるのは決して良いことではないと思っています。その舞い上がりが楽しいってのは理解できますが・・・。

    秘密コメントというのは私にしか見えないコメントですが、チェックを入れるだけで普通のと代わりはないはずです。パスワードは秘密コメントとは関係ありません。入れても入れなくても大丈夫なはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *