クルーズ

新しいクイーンエリザベスが出来ましたね。エリザベス女王が命名式で命名したとのニュース。クイーンエリザベス2号はまだ結構新しいんじゃないかと思っていたんですが、2号が出来たのは1967年とのこと。もう40年以上も前。年月が過ぎるのがどれほど速く、自分がどれだけ歳を取ったのか思い知らされます。

9万2000トンとのこと。ってどれだけ大きいのか検討も付きませんが、いつか一度は乗ってみたいと思います。

っていうのはウソで、この船の映像を見た時に、自分は全く違う世界に生きているんだというのを思い知りました。昔は、いつか豪華客船の旅をしたいなんて夢を見ていたことがありますが、実際にそういう旅をしたことのある人の話を聞いていると違和感を感じます。

違和感その1。当然料金ですね。でも船旅って船の中ではお金が掛からないし、交通費・食費込みの料金だと思えばそんなに高くはないという人もいる。でもねぇ。食堂で定食を食べるわけじゃないんだから美味しいお酒も飲みたいし、私みたいに和食好きだと寿司バーに入り浸りになりそうだし、飲食費だって半端じゃないお金が掛かると思う。

それと確かに交通費は掛からない。でも行く先々で船に乗ってボーーっとしているわけじゃなくて港に着けばオプショナルツアーなるものに参加することになるわけで、豪華客船のオプショナルツアーってどんなものか想像も付きませんが、半端じゃ無さそう。

それと服装が問題。私の友人でカリブ海のクルーズに行ったのがいるんですが、そのクルーズのためにわざわざドレスを新調したんだそうな。また他の知り合い日本人夫妻は、もちろんフォーマルウェアを持ち込んで、パーティの為にエナメルの靴も持っていったと。

やっぱり世界が違いますよねぇ。

ていうか、ゴールドコーストに来ていつも半ズボンにTシャツ。フォーマルな恰好どころかスーツさえもたまにしか着ない生活が長すぎた感じがします。実は日本に帰ってもおしゃれな場所に行くと自分だけ浦島太郎のような気がしてくる。

それと会話。ちょっとイギリスアクセントで英語をしゃべるぐらいは出来ますが、堪能というわけではないし、難しい会話になったらアウト。ましてや知性を感じさせる話なんか絶対に無理。日本語だって出来ないんですから。

良く言葉なんか通じれば良いんだと言う人がいますが私は全くそうは思わないです。そりゃ通じないよりかは良いでしょうが、まともな言葉を話さないと教養も何もないと思われるのが普通。相手にしてもらえません。日本語だってそうでしょ?へんなアクセントとか単語を並べるだけ、幼児言葉を話されたらその相手は日本語を知らないのだと思う前に、どこかおかしいんじゃないかと思いません?ましてや英語を話す連中は英語は国際語で話せるのは当たり前ぐらいに思っていますから、英語もできないの?なんてサル扱いされちゃう。

それと先入観念だと思うのだけれど、面倒くさい人が多いような気がします。どこそこの何様だとか、かつては何をしていたかをプンプン臭わせる人も多そう。金持ってんどーみたいな下品なのはアメリカ人の田舎者かあるアジアの国の乗客に多そうだけれど、そんなそぶりを全く見せない人でもパッと見ただけで別世界の人達ってわかるもんね。

でもクルーズって言ってもいろいろあるんですよね。超高級クルーズもあれば、オーストラリアやニュージーランド辺りを走り回っている気軽なクルーズもある。子供も居て大人達も半ズボンみたいな。そういうクルーズならいいな。

で、いつも旅行先で思うのは日本人って変だってこと。旅行先でちょっと横にいた他国の旅行者と話が始まってワイワイやることは結構あるんだけれど、日本人ってすましてるのね。あるいは外人にはニコニコするけど日本人は無視するとか。あるいは語学が全く駄目で日本人を見ると寄ってくるタイプ。で、話の内容はどういうわけか自慢話が主体。

この経験は去年のニュージーランドでもしました。他国の旅行者って面白いんだけれど、日本人観光客ってなんか変。でも若い人達は違うのね。何の拘りもないからすぐ話しが盛り上がる。ところが私ぐらいの年代のジジババが一番ややこしい感じがする。逆に70過ぎぐらいになると余裕なのか気楽に話せる人も多い。

だから乗りたくないクルーズの一番は、世界が違う大金持ちが乗るクルーズ。これだけは私は楽しめないと思うなぁ。次ぎにイヤだと思うのが日本のクルーズ。日本人ばかりだと変に気取って、それでて話し出すと面倒臭そうな感じ。

この前調べていたら、シンガポールを中心にしているクルーズ会社もあるのね。こんなのは気楽そうだから是非乗ってみたい。それともう20年にもなるのにオーストラリアのクルーズ未経験ってのも残念なので、是非経験してみたい。

でもね、オージーはオージーでかなり五月蝿い。彼らは盛り上がると回りのことは一切考えずに騒ぐからなぁ。声もでかいし。でもその中にこっちも入ってしまえばこんなに面白い人達もいないからいいかと思ったり。

ま、歳をこいてくると移動するのもおっくうになるし、寝ている内に移動してくれる船旅なんてのは良いと思うんだよね。

クルーズの初体験はいつどこになるかな。楽しみです。

-------------------

その後いろいろクルーズのことを調べてみましたが、私の考えってやっぱり古いというか変な先入観があるみたい。クルーズもヨーロッパ中心のは堅苦しいところがあるみたいだけれど、アメリカのクルーズは随分違う感じ。ディズニーランドのクルーズもあるし、船自体がテーマパークみたいになっていて、カジュアルっぽいのね。ていうかアメリカがそういう分野を開拓したんだろうと思うのだけれど、そういうのなら良いなぁ。

船の中にはフォーマルデイとかカジュアルデイとかあるそうだけれど、フォーマルデイでもタキシードを着てる人は20%程度なんて紹介もあった。

当然カジュアルが良いって事もなくて、ちゃんとする時にはちゃんとするのが当たり前だけれど、堅苦しいのだけは無理。

値段的にもこなれているクルーズがいくらでもあるんですね。知らなかった~~。

クルーズってのもはまるとドップリはまりそうな気がしてきました。おもしろそ。そういえばRCIの交換でクルーズってのあったような・・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *