次男坊の卒業式

今日は次男坊の卒業式でした。大学は家から車で15分ぐらいのところにあるボンド大学。オーストラリアでは珍しい私立の大学。次男坊はFinance(金融)とEconomy(経済)のダブルメジャーで(ダブルディグリーではない)でBachelor of Commerceを受け取りました。

大学を卒業したとはいえ、まだまだ二十歳の子どもです。

しかしこの大学に入学しようかどうしようかと次男坊と一緒に見に行ったのはついこの間なのに、本当に月日が流れるのは早いです。

ただ、この大学は他の大学と違って入学・卒業の時期が年に3回あります。1年は3学期制で、普通のオーストラリアの大学ですと2学期制。なおかつこの大学は休みがほとんどない学校で他の大学より早く卒業できます。オーストラリアの大学は普通は3年です。つまり日本やアメリカの大学のように教養課程がなく、すぐに専門課程に入るから3年で終わり。で、この学校は早い学生だと2年で卒業できてしまう。

次男坊もその予定だったのだけれど、一学期の授業を減らして確実に良い成績を取りたいということで、結局2年と3ヶ月での卒業。まだ二十歳です。次男坊の友達の中には19歳で卒業してしまう子もいて、日本ではちょっと考えられないシステムです。

友達と。

ただ、オーストラリアは昔から猫も杓子も大学に行くという国ではなく、本当に勉強したい子だけ行くという感じで、当然、親の援助ではなく自分の力で行くのが普通です。最近はちょっと変わってきましたが、大学で遊ぶという感じは皆無で、みんな非常に良く勉強しますし、図書館で寝泊まりしているような子もいるくらい。

ですから、一年の3分の1以上は休みという普通の大学では時間がもったいないと考える子どももいますし、早く社会に出て働きたいという要望もあるわけです。で、こういうシステムがあるんですね。面白いのは修士課程博士課程もそれと似ていて、21歳で修士、本当に頑張る子は23歳で博士号を取ってしまうなんてのも中にはいるようです。

次男坊はそれなりに成績が良かったのですが、前にも書きましたように残念ながら就職に失敗して、しょうがないので修士課程に行くことになりました。ただ、修士課程の場合は大学による差が大きく出てきますので、シドニーのニューサウスウェルズ大学へ進学を希望しています。もしそこが駄目だとしたらメルボルン大学か。この辺はまだどうなるかわかりませんが、勉強にやる気を出していて、親としてはそれを後押しするしかありませんし、まだまだ私たちの気が休まることはなさそうです。
 
次男坊は運に見放されているんじゃないかと思うようなことばかり続いています。高校の卒業時はクイーンズランド州としてはこれ以上はないというトップクラスのOP1という成績(これで大学が決まる)を取り、オーストラリアのどの大学のどの学部でも入れるレベルでした。ところが、第一志望、第二志望も駄目で、滑り止めさえ落ちてしまったんです(すべて歯学部。どういうわけか次男坊より成績の下だったオーストラリア人の子達は入っている)。その後、慌てたものの全てアウトで時期を逃したわけですから浪人することになってしまいます。そこで考え方を変えて、今まで全く考えもしなかった、しかしフレキシブルで1学期ずらせば入学できるボンド大学を選びました。ただ、そのボンド大学でも志望学部(医学部)には入れず、Commerce(商学部)を選んだ。これは彼が元々望んだ分野ではなかったのですが、楽天家で変わり身の早い次男坊はこれが神が行けという方向なのだと割り切って、嫌々ではなく真剣に金融関係に打ち込んで勉強してくれたのは私としては嬉しかったです。

で、成績も常にトップクラスを維持していたのに就職もやっぱりうまく行かず。かつてはオーストラリアの国営銀行だったある銀行の、店舗業務ではなくて中枢のある部門にアプライしました(こちらは会社毎ではなくて部署別に採用する)が、全国から選ばれたたった12人の候補には残ったものの、最終で落とされました(5人採用)。ただ就職の面接に行った時点では彼はまだ19歳で、回りの子達はみな年上で大人に見えたと言っていました。勝負にならなかったのかも。

運が悪いのか、上を望みすぎているのか、詰めが甘いのか、あるいはその全部なのだろうと思いますが(それとも人種的な問題があるのか)、いつもギリギリでアウトになります。ですから、今度は勉学の方でトップを目指そうとしていますが、果たしてそれで良いのか、益々進む道が細く専門化していくわけで、つぶしが利かなくなるんじゃないのかとか、そんなことが親としては気になってしかたがありません。

でも後悔だけはさせたくないので、やる気がある内は好きなようにやらせるつもり。メルボルンにいる長男もまだ大学生ですし、彼らの学費、生活費を捻出する為にも我々夫婦はこちらの家も売ってマレーシアで耐乏生活をします。子どものための苦労は苦労でも何でもないんですね。これも喜びの内の一つ。(笑)

ちゃんと頑張って形にしてくれよな~~~~~。頼むぜぇ。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

次男坊の卒業式” への11件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6a55596b796634334b696a3945357175344d6d515a4b446a745669424747515763e8619f84f3f838afa71880d2b93caeadebe79aed0a9f54aac981466d95f0c2
    はじめまして。いつも楽しみに読ませていただいております。ご子息様のご卒業おめでとうございます。
    私事で恐縮ですが、大学受験を控えた高校3年の娘の母親です。
    はあ~~同じ子供なのにどうしてこんなに意識が違うのか・・・全く裕福でない我が家が何故受験勉強に対して興味もやる気も無い娘をどこか受かる大学に行かせようとするのか?
    これが親心と言えるのか?大学とは本来勉強したい人がいけばよいとは頭では判ってますが・・・何かを学んできてくれるだろうという甘い期待への投資はリスクが高すぎるのでしょうか?

  2. SECRET: 0
    PASS: 774550624761787258783053686e4466433448717a72534f5879506d38645743de0d1fcba67b6abe42c0bfc1d6735fe6ac01a61ff5ebddb1e1904ccce3143786
    初めまして~。

    ご心配なことはよーくわかります。やる気がある子ならその方面へ行かしてやりたいのが親心ですが、ではやる気がなかったらどうするのか。実はうちの長男がまさにそれで大学へは入ったものの自分が何をしたいのかを見付けることが出来ず、したがって勉学にも力が入らない状態です。

    でもやっぱり時期がくるまで待つしかないと思っています。

    オーストラリアですと勉強するのに歳は関係ないという風土ですので、大学にも様々な年齢の学生がいます。一度社会に出てから勉強の重要性を感じ大学に入るというケースが多いのもわかります。また、社会がそれを容認してるんですね。そういう意味で日本は「こうあるべし」というのが全てに置いて重要視される社会ですので、自由度が低い感じがします。

    でも思い立ったら吉日という言葉はどの世界、どの国でも同じ基本だと思いますし、その時が来るのを待つしかないような気がしています。

    私の反省として長男に対しては彼のやりたいことを無視してしまったのではないかという点があります。私のやってもらいたいことを押しつけてしまったかもしれない。ただそれは無理矢理と言うことでもなく、催眠術みたいなもので彼が自然にそういう風に考えるようにうまくやったと私は思ったし、彼も素直でその通りだと思っていたはずなんです。でも、実際にやってみると、これが本当に自分が進むべき道なのか悩み出したようで、所詮洗脳は洗脳でしか無く、心の奥底から出てくる衝動とは別物なんですね。

    では何がしたいのか。それがあればいいのですが、それが無い、わからない悩みというのも大きいと思うんです。実は私が若い頃も同じで、長男は私に似ていると思っています。

    でもどうしようもないんですね。時が来るのを待つしかない。妥協で何かやらせてもその分野で好きでやっている連中に勝てる、いや並ぶことさえ出来ないはず。だから無理強いは百害あって一利無しとも思うのです。

    娘さんに関するご心配はよくわかりますが、ゆったりとした温かい目で見守り、自分が本当に好きなこと、やりたいことがわかるように、そしてそれに邁進できる環境を是非作ってあげて欲しいと思いました。

  3. SECRET: 0
    PASS: 65386b536d4a4265586f63784b346d55716e476e7a616932495a4f546a46706aae6795045dfe23be1a42c96379d6ed8d3ce3369328eaa50b6263b6fc6331ed5d
    本当に有難うございます。読ませていただくうちに、なにかぐっとこみ上げてきて、あまりにも同感してしまいました。私の場合は、一人っ子である娘の心の底からやりたいことを無視してしまいました。娘は私の目を気にして、やりたいことを知らず知らずのうち封印する術を身につけていました。勉強したいので塾に行かせてと何度も頼まれた時期は、裕福でもないのに音楽家にさせる為に行く必要はないと行かせませんでした。コンクール疲れからまったく弾かなくなり、やりたかった勉強もしなくなりました。無理強いは百害あって一利無し。そんないきさつがあったことすらすっかり忘れてコメントしておりました。申し訳ございませんでした。子供は親の所有物ではない。今は封印癖のついた娘が、ときはなたれて、いつか自由に羽ばたけるよう、何も言わず、見守らなければならないと反省しております。
    見ず知らずの私のコメントに、本当に心からのコメント有難うございました。心に響きました。

    それにしても本当に素敵なお父様ですね。

  4. SECRET: 0
    PASS: 526759314b4a4141626d444d4149344a4b395151636335483372516b56426d6d2f17078a3a5a963dcfaf93d547c77796d5dfda5edf47c3b9d680231e383fb0b3
    なるほど。音楽家への道に進ませたかったんですね。

    わかるなぁ、その親の気持ち。自分の理想を子どもに求めちゃうんですね。でも意外とその自覚って無くて、子どもの為にはそれがベストだと信じちゃう。私がまさにそれでした。で、うちの長男もそれがベストだと夢見た。でもある時、なんか変だと気がついてしまった。

    フト、昔流行った「積み木崩し」を思い出します。あの映画の中で娘が父親に対して「自分の言葉で話してよ!」という場面があったのですが、当時はその意味がよくわかりませんでした。ただ、自分が結婚し子どもを持ち、子どもと接している内に何となくわかってきました。自分は自分の理想論を言うばかりで、本音で子どもと接することが少なかったんじゃないかと。「あるべき論」ばかりなんですね。でも親としては教育をする義務がありますから、人生の先輩として教師みたいな立場で物を言うようになってしまう。でもこれって子どもの心には響かないのね。

    これは私自身、自分の親にも感じることで、言ってることは正しいのだけれど、そこに愛を感じないことがあります。まぁ、古い人間ですから良くあるパターンではあるのだけれど、ああせいこうせいあああるべきこうあるべきだともうすぐ60になる私に今でもそういう言い方をします。

    人生ぐうたらに生きるのも面白いもんだぞという親っていないと思うのですが、私はぐうたらですからそれを平気で子どもに言おうと思うんです。それが真実なんですから。でもそう生きることによって起こる事象に関しては自分が責任を取るしかない。でも彼らはこの責任論は聞きたくも無いんですね。そんなことはわかってると彼らは思う。いや、本当はわかっているようでわかっていないと思うのだけれど、それは親が口で教える事じゃなくて、彼らが経験して理解するべき事でしかないんでしょう。

    その為にはいろいろ経験させるしかないんですよね。ああせいこうせいというのと同じように、あれをするなこれをするなというのも言っているはずで、結局子どもはやりたいと思った事がやらせてもらえず、遠回りもしない代わりに近道もできないし、経験も増えない。どうせ反対されるのがオチだからと全てのことに消極的になってしまうというスパイラルに陥るケースが多いような気がします。

    素晴らしく輝く子どもを親は夢見てしまいますが、それが結局子どもの足かせになるんでしょうね。

    私自身は別に良い親だと思っていなくて、親としての教育がうまいとも思っていないんです。ただ子どもを持ってわかったことが一つだけあった。人間には自分を愛し守るという本能があって、それって限りなく自己中だと思うんです。でも生き延びるためにはそれが必要。ところが神さまはもう一つ人間にさずけた。それは自分以外を愛するということ。自分を犠牲にしても助けたい対象があると自覚することの幸せ。私はそれを子ども達に感じていて、その愛が存在することだけで幸せなんです。

    だから子ども達が世界一の悪党になろうと、一生だらしがなく生きようと、それで良いと思うようになりました。彼らに会えたこと、そのことだけで十分。彼らの生き方は彼らが決めることでしかないんですね。で、彼らが選らんが生き方を受け容れるのが親の一番の仕事だと思っています。

    娘さんの心の中にも今は小さな気泡でしかないかもしれないけれど、彼女のやりたいこと望むことがきっとあるはずです。で、是非それを良い悪いの評価はせずに、大きく育ててあげて欲しいと思いました。

    うちの長男にはその小さな気泡さえ無さそうで困ってますが・・・。(笑)

  5. SECRET: 0
    PASS: 696c4b66784443694c39464f4f71307571516b467245636b66304f524c767055f362bb40c857f62682a40569e589f3532b27f919e7c8510ef154f6851447012b
    今朝、上のレスを書いたのですが、今読み返してみて一つ思い出しました。

    内のアホ長男なんですが、「オヤジ、どうしてあの時にもっと強く言ってくれなかったんだ」と言われたことがあります。

    ま、内容としてはたいしたことじゃないのですが、本人がやりたくないというならやらなければいいじゃないかと私は放って置いたのですが、後になって彼はそれを後悔したらしいのです。

    これって実は私にもあります。どうしてあの時もっと強く言ってくれなかったのかと親に思うことが少なくないんです。でもまさにその発想が子どもなんですね。自立した大人がいうべき言葉じゃない。

    でも子どもならそういう事もあるはずで、やっぱり言うべき事はちゃんという。駄目は駄目、やるべきことはやれとはっきり言うのも大事なんですね。私は言うことは言うけど、その後好きにさせすぎた部分もあるような気がして、ちょっと反省してます。

    話のわかるオヤジがいいのか、五月蝿くて恐いオヤジがいいのか、難しいところだと思います。でも私は親子でも腹を割って同じ人間同士として平等に話をする努力をしてきました。しかしそれが良かったのかどうかはわからず・・・。

  6. SECRET: 0
    PASS: 576d7a69756d597952786555737445323073304b414b6a4e6b5a596341313158a5243f34109c91ed23808eb2eaefce7a6e183aba144364f546e24386e8b1d148
    有難うございます。
    お書きくださった言葉のすべてが今の私に響きすぎます。読ませていただくうちに私の気持ちが整理整頓されてきました。私は金銭的な事情で音大に行けなかったので、しかしOLしながらあらゆる手段で独学しながら今の演奏の仕事につきました。そのあたりの私の極端さが娘にも災いしましたのでしょうか。娘を見ていて歯がゆい感じもしますが、考えてみれば、この先の見えない飽食の今の日本に私が育っていたら、私も娘と同じ反応をするでしょう。
    「オヤジ、どうしてあの時・・・」本当にあの時親にもっと強くいってもらえればと思うことって少なくないですね。
    もしくは「ああ、あの時、親が私にやりたくなければやらなくていいよといいと自由にさせてくれて感謝・・・」と感動する時期も来るでしょうがなかなか人間そうは思えない。

    ど根性ものの私は「なぜ、あの時親の言うことにしたがって音大諦めてしまったんだろう・・ホステスでもしながら行けば・・根性なしの私」と(笑)
    その悔しさが原動力となり、独学後仕事に。今となっては私にはそのプロセスのほうが合ってた。

    子供に言うべき事はちゃんと言い、駄目は駄目、やるべきことはやれとはっきり言いつつ親子でも腹を割って同じ人間同士として平等に話をする努力をしてこられたお父様の優しさに息子様方は愛情をお感じになられるのでは・・・

    ここ数日、子供がたくさんいろんな経験して、人や自分を愛しながら生きていく喜びを感じながら生きていってほしいなと私も娘に思います。

    ご卒業式の前途洋洋なご子息様の写真やブログに、思わず見ず知らずの私がコメントさせていただきましたが、本当に私自身落ち着き
    を取り戻し、子供や自分までに対する気持ちの整理整頓ができました。有難うございます。
    同居中の主人の母などの事情が許せれば、どうせ主人も早く会社辞めたいと毎日嘆いてる事だし、あと金銭的な事が解決すれば(一番の難関)^^、飛んでクアラルンプール様ご夫婦(ご存知?もしくは記憶違いでなければ、こちらから辿りつけた???)のようにKLにでも住んでみたいです。人間健康に生きていられるうちにやりたいことやって、ああ楽しかったと死ねればそれがいいなと・・・ 年とったのかな~~~                

  7. SECRET: 0
    PASS: 5970347a69444c6b424f74795733446e71705a71684d624c437a63476f705a6d738ced07a60a04cba070da708c145490e203a227eaed98c139033a2e0dc34494
    なるほど、立志伝中の方なんですね。凄いなぁ。

    子どもの育て方に、ライオンが子どもを崖から落とすたとえがありますがあれってどうなんでしょうね。冷たい親だと子どもに恨まれてももしかしたらそれが良いのかもしれないと思ったり。

    オーストラリアですが、個人主義が発達していて自分の子どもにさえも口出しはしない。それも義務教育までしか面倒みないという歴史があるようです。中には中学を卒業した時点で家を出す家庭もあるとのこと。で、ストリートチルドレンなんてのも出てくるわけですが、若者は若者同士で力を合わせて生きる術を学んでいくというのがあるみたい。大学も行きたければ自分で行く。

    こういうのが社会のコンセンサスとして存在していると親も子どももそれが当たり前だと思うから自立心が強くなっていくのだろうと思いますが、今の日本的考え方だとちょっと無理ですよね。

    過保護なのかもしれないけれど、心を鬼にして・・なんてことは私には出来そうもありません。

    乱世の世なら厳しく育てるのもいいかもしれないけれど、私はせめて親子は心を通じさせて助け合って生きていきたいと思います。

    甘いんだろうなぁ・・・。

    こういう考え方って私の大嫌いな村意識に通じるのかもしれないですね。私は村意識が大嫌いだとあるところで書いたことがあるんですが、ある人に、私の考え方こそ村意識大好き人間の裏返しではないのかと看破されたことがありました。

    動物の世界を見ても子どもが育つと追い出すのが普通ですが、私には出来ませんわ。で、理想としては人それぞれが自分の子どもを愛すように他人を愛せることが出来るような社会。これが人間としての進化の行くべき先ではないかと思ったり・・・。

    飛んでクアラルンプールのブログですが、非常にユニークで面白いブログですよね。初めて見付けた時に、あまりの面白さに全て読んでしまったのを思い出します。このブログでも紹介したことがありますが、私が紹介したのはそのブログとKLで居酒屋さんをやってる大西さんのブログだけかも。ああ、あと女性のブログを紹介したことがあったっけ。

    まぁ、人生どう生きるのが一番良いのかよくわかりませんが、後悔だけはしたくないですね。娘さんもいつの日か、やれることはやったと満足できる日が来ることを願っています。

    お名前も存じ上げませんが、私は音楽的素養は皆無なのに音楽を作ったりするのが好きです。いつかKLで一緒に何か出来たらいいな、と思いました。また、私の作る音楽の根本的に音楽としておかしいところも指摘して欲しいと思ったり。

  8. SECRET: 0
    PASS: 4b4a7474684c4757466b767169354e623039666745665a66647675736e556d7a9b84d257ebb4ce0f3f5fc8bbdf1aef8bb829c1c8c882bc5811b126b17c2d06f2

    やはり飛んでクアラルンプールはこちらから辿りつきました。有難うございます。私もイッキ読み^^。
    パソコン初心者ですが、いろいろとても楽しいスタートになりました。

    いつかKLでご一緒出来たら・・と夢がまたひとつ・・。書き方がまずかったのか、未だに勉強不足からか演奏はイマイチな私。クラシックなどは全く縁がなく・・・お笑いタレントコロッケのピアノバージョンです。クラシックを真摯に勉強されてるかたから見れば気違い沙汰の音楽へのアプローチ。jazz和声に変換して、なんちゃってショパンとか。どうせ死んじゃってるから・・・

    本能からくる愛情で、ライオンだってライオンの本能スタイルで教育・・人間だからいろいろ教育にしてもアプローチ法を考えちゃうのかなーと・・
    普段子供に対して歯がゆい思いで接してましたが、とにかくアドバイス通り待ってみます。そのうち私が大学行っちゃうかもしれないし^^

  9. SECRET: 0
    PASS: 394c33507243674656344178485a61555875764c48446877796447486878776d96ca611598e52747905c18bfd36532afdf1b3d98670f93c6278f3a7ac58da360
    ああ、是非ともコラボしましょう。

    キーボードで弾いてもらえればそれをデータ化して私のと重ね合わせられますから、いろいろできそ。

    あるいは、貴女の弾く曲に私がバックを付けるとか。PC音楽の世界は広く面白くて、オーケストラのバックでも追加可能。

    ところでお名前がありませんが、このままで行きます?(笑)

  10. SECRET: 0
    PASS: 474e42466857537a6954395948474d414a58515155624a633961524d5a586c74e211b282e555c6f7a22fb27d03bf63885beb64b2143b464cb8495a2994f0c658
    失礼いたしました。名前入れさせていただきました。私はPC や機械の事と聞いただけでパニックになりそうで先に進めません。
    昔から頭が良くなかったので、自然と避けてるのかな?

    ピアノを全く触った事のない生徒さんがすぐに弾けるようなジャズアレンジを書いてくれと・・手書きは大変だしかなり私は乱筆で自分も読めない。早くPCに慣れたい。
    いつかコラボしたいですね。

  11. SECRET: 0
    PASS: 35524264574a3132765556476c3153444162315072663674584c466d4272323476a8bbbb04b3dae2e846f0a6b94fee67068a059088904dc42e707b30acc91229
    はーーい、jazzmanlowさんですね。ガッチャ!

    いつかマレーシアで一緒に遊びましょうね。楽しみ~~~~。

    実はKLでジャズボーカル教室があるのを見付けてそこに通おうかななんてことも考えています。歌もうまくなりたいのと同時に、そういう場所で音楽友達が増えるであろうことも楽しみの内。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *