電池を含む製品を郵便で送れない?

どうも世の中ややこしくなっているようで、リチウムイオン電池、リチウム金属電池を使う製品は日本から国際郵便では送れないことになっていたのがわかりました。つまり一般的な携帯電話、PC、カメラは全部アウトで、ゲーム機、計算機、MP3プレイヤーなどもリチウム電池を積んでいる機種は駄目で、本体しか送れない。リチウムイオン電池は腐食性物質とみなされる。

日本郵便のホームページ ←クリック
PDF  ←クリック

いわゆる危険物質ということで、例えば火薬とか化学薬品と同じ扱いになり、日本から海外へ郵便局を通して送るのは不可能のようです。ただし、その電池を抜いて本体だけ送るのは可能。あるいは電池でもコイン電池、豆電池と言われる小さなものはOK。

これって非常に困りますよねぇ。

これの元になる法律・条約は国際航空運送協会(IATA)の「危険物に関する規則」らしいです。つまり日本国内ではなくてIATA加盟国の決め事。だから日本からだけじゃなくて海外からもほとんど駄目ってことになります。

ただし、輸送貨物や飛行機に乗る旅客が携帯する物に関してはまた別の取り決めがあるようです。日本においては日本郵便は厳しくてEMSだろうと船便だろうとリチウム電池は駄目だそうです。国内は送る方法もあるようです。

日本郵便のHPにはこのように書いてあります。

Q. 海外へノートパソコンを送りたいのですが、どうすればよいですか?

A. ノートパソコンは内蔵するリチウムイオン電池を取り外していただければ航空便等でも送付することが可能です。リチウムイオン電池は危険物に該当するため、国際郵便としてお引受けできません。リチウムイオン電池を内蔵する携帯電話やデジタルカメラ等も同様となります。

ここ  ←クリック

どうしようもないのかというと、そうではなくて、Fedxとか宅配業者はまた違う規則があるようです。これはそれぞれの業者に聞くしかない。

見つからないだろうと隠して送った場合ですが、郵便局で見つかれば当然そこで返されますよね。で、相手国に届いて発覚した場合はどうなるかですが、これは破棄されるらしいです。禁止物品ですから送り返すこともできないとのこと。

また罰則もあるようなことが書かれていました。ただそこまでは調べていませんが、隠して送って見つかった場合は申告義務を怠った責任は間違いなく問われますし、その電池が発火して火災が起きた場合などはどうなるのでしょうか。

これってたかが電池と思いますが、近年リチウムイオン電池の発火事故は何度となく起きていますし、今年の9月3日ですか、UPSの飛行機がドバイ近郊で墜落したのは貨物として積んでいたリチウム電池が発火したのが原因と言われているようです。ですから益々五月蝿くなりそうです。

その記事  ←クリック

ただ国によって決まりが違うようで、アメリカはさすがだと思いました。日本みたいに何が何でも駄目というのではなくて様々な条件付ですがそれがクリア出来ていればシールを貼るだけで大丈夫そうで、それは業者が全部やってくれるみたいです。

我々のように海外に住んでいますと、日本から何か送ってもらったり、またこちらから送ったりする機会が増えますが、リチウムイオン電池が駄目だとなるとかなり面倒なことになりますね。電池の無いノートパソコンとかカメラなんてねぇ、どうすりゃいいんでしょうか。現地調達って簡単そうで実はそうでもないんですよね。

たまたま私はカメラを買おうと思ったのですが、送付が出来ないという連絡があり、この規則を知りました。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *