良い写真を撮りたい

最近、カメラのことを書きだしたらカメラ関連でこのブログを見に来る人も出てきたようなので、ちょっと続けて書くことにしてみます。

どういうわけか最近またカメラのことが気になりだして、総入れ替えと言っていいほどの買い換えを考えているものの、どうしたらいいのかわからない。

誰しも自分が撮りたい絵というのがあるはず。私自身はそれは掴めているものの、どうしたらその絵が撮れるのかがまだ良くわからない。

●センス
●技術
●機材

これのどれ一つが欠けても駄目なわけだけれど、センスだけは産まれ持った物でもあるし、これを育てるのは並大抵の努力ではできないと思う。カメラ好きな人のブログやHPを見ていて面白いと思うのは、カメラやレンズのこと、それらの性能に非常に詳しい人が、では良い写真を撮るかというとそうでもないのがわかる。逆に私の友人でなんと携帯電話で感動を与える写真を撮る人もいる。では自分のセンスがどの辺に位置しているのか考えた場合、なかなか自己採点ができない。でも自己満足できる物が撮れればそれで良しとするべきだけど、まだまだその域にも達することが出来ない。

技術はある意味簡単かもしれない。これは勉強でどうにかなる。

問題は機材。良い機材が無ければ良い写真が撮れないのかどうか。私はそうだろうと思う。まずレンズ。私は写真を大きく引き伸ばして印刷することもないし、風景画を多く撮る方ではないので、ましてボケを多用するタイプだから周辺部の写りが気になることはほとんどない。これは救いだろうと思う。でも中心部分のピントが合った部分はキリッと締まってくれないと困るし、ボケが好きだから明るいレンズが絶対に必要となる。

で、最近悩むのは、一眼なら私の要求に応えられるレンズはいくらでもあるのだけれど、カメラもレンズも重いってこと。で、コンパクトデジカメはどうも昔のカシオのイメージが未だに残っていて、ろくな写真が撮れないという先入観がある。いやあったというべき。

最近手に入れたDP2もコンデジなのに良く写るし、それはフォビオンというセンサーゆえだと思っていた。でも他のコンデジを見てみると結構良い写りのものがあるのにも気がついた。たとえばパナのLX3。これの後継機でLX5というのが今度出てくるが、これも満更悪くはなさそう。どれにも共通することは明るいレンズを搭載していること。

つまり、私の欲しい絵は明るいレンズがあるならどうにかなってしまうレベルということで、フォビオンセンサーなど扱いが難しいカメラを使う必要はないのではないかと思うようになってきた。

なんて言うのかなぁ。たとえば100メートル走で言えば、0.1秒を削るのに大騒ぎするのと同じで、カメラにしてもあれがいいのこれがいいのと言うのもそれに似てるような気がしてくる。1秒違うとかなりの差だけれど、0.1秒の違いを得るためにどれだけの機材、出費が必要か考えた場合、妥協も必要だと思う今日この頃。

つまり私の写真に対するこだわりは、その0.1秒の差はどうでもいいと思う程度のこだわりでしかないってこと。となると、今時のカメラはどれもそこそこ良い写りをするし、つまりレンズで選べば答えは簡単に出てきそう。

私が一番こだわるのは質感。ノッペリした写真はいらない。でもこの質感は何からそれを感じるのかが私にはわからないから困る。解像度と豊かな色調なのだろうか。それと良く言われることだけれど、空気が写ると言われるあれ。本当に被写体が目の前にあって、手を出すと触れるように感じるあれ。匂いさえも伝わってくるようなあの感じ。

で、妥協して欲しいと思うのはやっぱり最近売り出して絶好調のソニーのNEX5。これなら私が持っているほとんどのレンズが装着できるし、高感度耐性も高いのでお散歩カメラとしてはベストだろう。ただ、写りに関しては多くは望んでいない。

問題はメインの勝負カメラ。私が今考えているのはキャノンのフルサイズである5D2。カメラ本体もレンズも高価だけれど、このカメラでどうにかならなければもう私は諦めた方が良いはず。

と言いつつ、気になるのがシグマの一眼であるSD15。これは私がすでに持っているコンデジのDP2と同じセンサーを搭載。つまりこれを手に入れればあらゆる焦点でDP2の写りを期待できるってこと。ただ高感度耐性は低いし、使い勝手も悪そうで、どうしても欲しいという気にはならない。本当は私が買うべきなのはこのカメラのような気がするんだけど・・・。

このシグマのフォビオンセンサーにぞっこん惚れている有名な人がいるんだけれど、彼がいつも書いている「ベイヤー型(いわゆる普通のカメラ)で満足できる人がうらやましい」という言葉。これがわかるような気がする。フォビオンセンサーじゃないと写らない絵があるのがわかっているけれど、キャノンやニコンの最新型のカメラのような性能がないし、それらで満足できるなら悩むことはなくなる。

キャノンの5D2かシグマのSD15か。ここが思案のしどころ。値段的にはレンズを含めて考えるとキャノンはシグマの3倍。とりあえずSD15で、キャノンを考えるのは5Dマーク3を待つという考え方もある。

手持ちのカメラで残念なのがパナソニックのマイクロフォーサーズであるGH1。これは巷ではかなり良い評判なのだけれど、どうも私にはうまく使いこなせないのか、満足できる写真が一枚も撮れない。良いレンズを持っていないのも理由の一つだろうけれど、10数本あるオールドレンズを付けてもなんとなくイマイチの感じがする。相性みたいなものがあるのだろうか。ちょっと古いペンタのistDSの方が良い写真が撮れる。

オーストラリアでカメラを買うと日本での3割増しぐらいの出費になる。だから高いカメラはやはり日本で買いたい。

カメラを買いに日本に行こうか考える日々・・・・・。おっと、その前にお金策か。^^;

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

良い写真を撮りたい” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 426838476a3345557666586756366f3355793539634a47366d6d345853554a7024f7335ea1e3c96218e000ea3e43527b005f981e460a770be585e0f9ae0bd1d8
    美味しい食べ物しかり・・・
    カメラの機材にしかり・・・
    本質、究極を求めるダボさんらしからぬお言葉^^:

    私もいつも、先立つものを考えてしまいますが・・・額が違うかな(*^_^*)

    作品楽しみです♪

  2. SECRET: 0
    PASS: 79684b4163306569446f45535a544c415766384d6243426733414e646d377a61e677ef69dd6ad30df2cc8a40269b11bbd1034d0a36cdcdfe77f0da848ecc27c7
    究極だなんておおげさな。

    どの分野でも凄い人はいくらでもいて、私はそれらの世界にちょっと顔を突っ込んだだけのレベルですよ。いつになっても初心者の域を出られない。残念だけどしゃーないね。

    でも形から入る、道具から揃えるって癖はなくなりませんね。使いこなせるかどうかはまた別問題だけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *