最近強く思うこと

人間誰しもそうなのかもしれないけれど、誰かの話を聞いたり、世の中の事件にしても、それを考える時に「もし自分なら」というのが根底にあるというのを強く感じます。

当たり前でしょ、って思うかもしれないけれど、私は全くそういう風に考えないんですよ。「貴方だったらどう思う?どうする?」と聞かれれば自分だったらこう思うとかこうするとか考えますが、一般論が話題になっている時に自分の基準とそれを比べることしかできないって、私にしてみるとどうにもならないほどアホじゃないかと思えるんです。話がまるで進まない。

例えばアメリカの話をする。それはアメリカの話であって日本は関係ないのに、日本だったらあーじゃこうじゃという思考方法を取る人が多い。これって凄いおかしな思考方法だと思うんですよ。それじゃアメリカを理解することは出来ないし、北朝鮮にしても日本だったらという基準で考えたらそれこそ全くわけがわからないはず。

あるいは殺人事件があったとする。私としてはどうして殺したのか、一体殺人者は何を考えていたのか、そこが一番気になるんだけれど、そういう思考方法をする人って意外に少ない。あいつは殺人を犯した酷いヤツだで終わらせようとする。イジメも同じ。自分の価値観で判断して理解できるわけがないだろうに。

自分には無い物、知らない物の方が世の中にはいっぱいあるわけで、そういう未知の世界の話をしている時に自分の価値観や自分の環境と比べたら理解することさえ難しいはずなんだけどなぁ。

言い方を変えると、相手の立場になってものを考えることが出来ないというのはこういうことかもしれない。

で、それが顕著なのがお年寄り。

最近、自分の親も含めてお年寄りと話すことが多いのだけれど、完全に自分の世界にはまっていて、自分の知らない世界のことは無視、あるいは理解できないことでも自分の経験に無理矢理合わせて判断する。そして回りは無視して自分がしゃべりたいことだけをしゃべる。まるでトンチンカンなことが多いのだけれど、本人はそれに気がついていないんだなぁ、なんて私は冷めてその人を眺めているようなことが多い。

そもそも自分に関係ないことに興味がないのかもね。だからわけわからんことを平気で言えるようになるのかも。

これはチャットでも思うのだけれど、そういう傾向って家庭に入っている奥さんにも感じる。本当に世の中を知らない専業主婦ってのがいるようで、それもそれを何十年も続けていると外のことがまるでわからないのね。で、全てに関して自分の知っているものと比べて判断するようになる。でもその判断基準ってのが自分の狭い家庭や身の回りの基準だから、どうも話がずれてくる。日本しか知らない人が海外を理解しようとする時も同じことが起きる。知らない国を自分の近所と比べて考えようとしても無駄。

まずは自分が持っている判断基準である定規を捨てて、さらの状態で物事を理解しようして初めて未知の物を理解できる可能性があるはずだけど、そうする人って本当に少ないと思う。だから話をしてても面白くない。この人ともっと話をしたいと思う事って意外に少ない。物事を理解する方法として「自分と比べる」ってことしかできない人と話をしても全然面白くないんですよ。自分はそうは思わないけれど、そういう考え方が存在するのは良く理解できる、っていうタイプの人って私の回りには少なくて、話しに広がりがないから面白くない。でも自分が理解できない考え方は存在してはいけないという頑固者ならいくらでもいる。私のオヤジがそれ。話をしてもその人が固執している価値観がわかるだけ。そこからの広がりも発展も皆無。

その点、若い人は発想が自由で面白いと思うことが多い。

でも、そういう自分も結局はどこにでもいるオヤジと同じで、自分の枠からはみ出ることにはトンチンカンにならざるを得ない。逆にその件は自分の得意な範疇だなんて思うのもただの錯覚だったりする。ま、それが世の常なんだろうけれど、せめて自分の引き出しは一杯持っていたいし、頭は柔らかく保ちたいと思う。

考えるということは自分の脳で考えるわけだけれど、自己を消したら何を理解できるのか、そんなことが気になる今日この頃。そういえば前に私と同じ歳のオヤジとこんな話になったんだけれど、私は自分の先入観、自分にいつの間にか擦り込まれた垢の様な価値観を一つずつ時間を掛けて剥がして最後は裸の自分、何もない自分になりたいなんて言ったんですよ(その時に初めて世の中の真実が見えるようになるんだろうとマジで信じてます)。そうしたらそのオヤジはまるで逆だと言った。彼は職人気質の人で、何もない自分に一つずつ知識や経験、正しい価値観(そんなのあるのか?)をどうにか取り込んで、考え方もこれが俺だというのを作る努力をしてるとのこと。まるで頑固になるために生きているような気がしたけれど、それが普通なのかと思ったり。やっぱり私が変なのか。

頑固で偏屈な年寄りにだけはなりたくない。そんなことを思いつつ歳を取って、俺は頑固でも偏屈でもないと信じている老人になるのが一番恐い。確率高そ。 (笑)

しかし自分の親でさえも、心の底までわかり合えることはもう一生無いんだろうな、なんて思うとやっぱり悲しい・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

最近強く思うこと” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6c43614e74786b4739646779453537447935667746597a6c3168705a7745356829dfe07744e5932ee7d4c6403c7a82ab94e78adc995ee0077db9ad4d547fb9ae
    初めまして。
    最近、ちょくちょくのぞきに来てます。

    老人の話、よく聞きますよね。
    でもこれは老化現象で、ある意味仕方ないらしいです。
    人の脳の前頭葉は子供の時は小さくて、だからワガママで理性を保てないのが大人になる(25くらい)につれ前頭葉が成長するので、子供の頃のようなことは起きなくなるそうです。それが年を取るにつれ、前頭葉は萎縮?小さくなっていき、ようは子供の時のようになるのです。
    なので年を取るにつれ、言うことは聞かなくなる…というのが現れるそうです。
    ちなみにダボさんが未だトラウマが…とおっしゃってましたが、トラウマは脳の海馬と扁桃体が深く関与していて刻み込まれてしまうので、分かっていても反射的に拒否反応(というか防御?)してしまうみたいです。よく小さい頃犬に噛まれて…なんかも一生、ふいに犬に出会すと身構えてしまうみたいですし。

    色々と悩まれているようですが、大丈夫ですか?

    私はまだ28ですが、ダボさんが書かれているような主婦にならないよう、これからも興味深く読ませていただけたらと思います。

  2. SECRET: 0
    PASS: 79324c4953774a6d425a694767705374784942704f62794c52486a626942727005fc7e9126363df586ebdc0206a427719aeb518167caabc5546354d4e3d99c8a
    なつさん、いらっしゃいまし~~。

    老人の話ですが、自分がまさに老人になっていく実感があるからこそ、老人はイヤだ~~という気持ちが強くなります。自分でもそれを受け容れて、他人にも優しくなれればいいのですがなかなか理想通りには自分をコントロールできません。

    トラウマに関しては、自分の心の中の問題として押し込めるのではなくて、いつかちゃんとカウンセリングを受けてみたいと思ってます。ちょっとした薬でもかなり改善するようなことを医者も言っておりましたし、自分で自分を責めることからいつか開放される時が来るんじゃないかと気楽に考えることにしています。

    私の書いた主婦ですが・・・・。本当に女性には申し訳ないのですが、私の知ってる多くの女性には共通点があって、それは常に判断の中心に自分がいるってところ。また良し悪しと好き嫌いが同意語であるということ。これが見えた時には本当にがっかりします。

    とは言うものの、これこそが人類を滅亡から救ってきた女性の力だとマジに思ってます。まぁ、あっち立てればこっち立たずってのは物事の真理のような気がしています。(笑)

    単なる私の愚痴だと思って聞き流してください。

  3. SECRET: 0
    PASS: 387663766f59345468463865786d51366e37696b70656f49576f474169316b67622786f788fab9227ddb62b73f9f399aa6d44171c87dc1ed3781bbd0e0614f7d
    判り合えないという前提で 付き合うほうがうまく行くようです
    マレーシアの人たちは(マレー系 華人系 インド系 その他) 
    相手を分かり合う気もありませんが 干渉もしません 大人の社会です
    ですので らくちんです

  4. SECRET: 0
    PASS: 6758497554646c316a5979414775444a544d5a585a43504c616b483057643350f0053bdb06defac0261570f8f9fae57e1a629b81c7ba4af352b40ebd55a6474c
    おおにしさん

    付き合いがうまくいくならそれで良いという考え方は私にはないんです。

    たとえばイジメがない学校があったとしても、しかしそれは子ども達が他人には全く無関心だからというのが理由であったとしたら私はそれを良いとは思わない。しかし思い出してみるとその傾向は私が子どもの頃からあったようで、私の子どもの頃にはすでにいじめっ子もいなければ、正義感の強い子もいなかった。皆が我関せずという小中学校でした。

    今の社会自体がそういう方向へ動いていて、自分と他人の間に大きな溝を掘って、立ち入り禁止の札を立てる。私にはそれが大人の社会とは思えないんですよ。単に楽な方法を選んでいるだけの淺知恵としか思えない。

    ある小さなSNSに参加しているのですが、こじんまりと仲良くやっているのかと思ったら実はそうでもなくて「あの人嫌い」「薄気味悪い」とか、そんな理由で自分の日記にアクセス拒否を設定するが横行しているのがわかりました。自分が住みやすい環境を作り回りを固めて、他には無関心という行動が当たり前の世の中なのでしょうが、それが私には異常に見えます。

    生きる知恵という意味では良くわかりますが、人が理解し合える喜び、私はこれを捨てることができません。理解できる人と理解し合えば良いというのも受け容れ不可で、それは人間の進化を否定していることのようにも思えます。

    そういう意味で、グアムって不思議な島で、私が一番好きな場所でもあるんですが、彼らは村社会を作っていてお互いに深い干渉をしつつ寛容であるという、相反する物を両立させた希有な存在であると思ってます。ああいう社会が私の理想。

    グアムに行きたくなってきた・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *