酒飲みの悩み

私は結構酒を飲みます。若い頃に比べたらまるで駄目になったものの、回りの友人達の中では一番飲むのは間違いがなさそう。でも酒そのものが好きってわけでもなくて、酒を飲む雰囲気が好きなんです。今では和食食べながらの日本酒は最高に美味しいし、若い時には綺麗なオネーチャンと馬鹿言いながら飲む酒がうまかった。

でも本当に酒そのものが好きというわけじゃないので、家ではほとんど飲みません。晩酌もしません。友人が来て一緒に家で食事をする時とか、あるいは皆が集まってBBQをやる時には家でも飲みます。でも一人では絶対に飲みません。これは若い頃からそうでした。しかし外に出かけて飲む時は飲みます。かなり行けます。

女房と知り合ったのは天命みたいなもんですかね。私が26歳。彼女は20歳。まぁ、凄い女がいるもんだとびっくりしました。一緒に飲みに行っても敵は私と同じぐらい飲みますし、二人で日本酒なら2升は飲んじゃいました。チビチビ飲むのはイライラしてくるので、洋酒だとしたらブランデーのニコラシカでボトルは二本は空いちゃう。ニコラシカですがこれの本式の飲み方は知りません。これに関してははおおにしさんが書いてくれるのを待ちましょう。で、そのニコラシカってのは小さなワンショットグラスにブランデーを入れて、そしてレモンの輪切りをグラスに乗せ、その上に砂糖。これはグラニュー糖はジャリジャリするんで普通の上白糖。

まずレモンと砂糖を口の中に入れ一噛みします。で、レモンの汁がジュワーっと出たところでブランデーをグイッと全部口の中に入れ、レモンを噛み砂糖とも合わせて飲み込むという飲み方。美味しいんですよねー、これが。で、酔わないのね。糖分をたくさん摂ると酔わない。というかアルコールの分解が早いんですね。いくらでも飲めちゃいます。

って、カクテルの話じゃないですね、すいません。

まぁ、私はそういうことで飲むことは飲むんですが、いくら飲んでもへべれけになることはまずありません。でも女房は凄いんですよ。九州女の酒好き。これってどういうことかわかります?地方によっては酒を飲んでへべれけになるのが当たり前なんていうところがあるのが、女房と付き合って初めてわかりました。昔、私が女房の実家に行きますでしょ。すると近所の友達が酒を持ってやってくるわけです。その時にはそれぞれが一升瓶を3本持ってくるのが普通でしたね。で、人数の3倍ほどの一升瓶を前にして皆で飲むわけですが、そりゃすぐ酔っぱらいますわ。で、酔った人間は隣の間で寝る。起きたらまた合流して飲む。こういうことをやるんですよ。正月なんか3日3晩飲みっぱなし。気持ち悪くなって吐くだけ吐いたらまた飲むという飲み会です。これが女房の田舎(福岡県は浮羽郡)では普通だった。

ある時、女房の友人の結婚式に出席したのですがその時も凄かった。まるで動物園ですよ。結婚式が。神妙な顔をしていた出席者もそのうち動物と化す。新郎は大変だと思いました。おめでとうのお酌を皆がするわけですよ。で、そんなのを全部飲んでいたら死んじゃいますから、うまい具合にテーブルの下に隠したバケツに酒やビールを捨てるわけです。ところがそんなのはみんな知ってますから、仲のいい連中は絶対に捨てさせないで飲ませる。

普通の飲み会でも酒を断るのが難しいんです。いわゆる「俺の酒が飲めないのか」が始まるんですね。私は運良く同年代か年下と飲むことが多かったので助かりました。それでも酒を断ると遠回しにイヤミを言われたもんです。

あそこでは酒はたしなみじゃないんですね。飲んで酔う物。そういう風にみんな信じているように思えました。

こういう地域が他にもあるのは仕事で日本中を廻っていて気がつきました。その中で一番凄かったのは新潟県は長岡かなぁ。酔ってへべれけになって取引先と喧嘩するぐらいになって初めて人間関係が出来るような雰囲気で、すまして酒を飲むヤツは信用できないとはっきり取引先に、それも真顔で言われました。富山県の高岡も凄かったなぁ。そしてやっぱり四国。女性でも一升瓶を抱えて飲む様な人がいるんですね。

女房はそういう飲み方が普通ですから、田舎では良いものの都会に出てくるとそれじゃうまくないわけです。洒落たバーで飲もうが、高い寿司屋で飲もうがかなり酔うまで飲んじゃうんですよ。で、一人陽気になってニコニコしてる。これがねーー、実は私の悩みの種なんですわ。

同じような田舎出身の友達は喜んじゃいますよ。またそういう酒を飲む仲間同士って、言葉は強くなるにしても嘘はつかない本音の付き合いってのが当たり前ですから、仲がいい人とはどんどん仲が良くなる。ところが中には酒嫌いの人だっているわけじゃないですか。あるいは酒はたしなむもので、飲んでも飲まれてはいけないなんてのは常識とはっきり言う人もいる。ところがうちの虎はそんな常識は関知せず。

ですから正直なところ問題も起こすんです。飲むべきシチュエーションじゃなくても飲んじゃうし、酔ってはまずいところでも酔っちゃう。ですから酒が原因で今までいろいろありましたよ。オーストラリアに来てからも当然それですから、気の合う人とは最高。でも酒嫌いの人にはどういう風に扱われたか、なんて言われたかなんて簡単に想像付きますでしょ?オーストラリアの日本人社会で女房は何度も嫌な思いをしたことがあると書きましたが、実はその原因のほとんどは彼女の酒なんですよ。

仲良しグループから外されたこともありました。皆で遊んでから昼食を食べながらワインなんてのは普通にやるわけですが、そういうシチュエーションでも酔っちゃう。そりゃ飲んべえ同士でやるなら最高に盛り上がりますが、うちの虎は我が儘ですから自分のやり方をどこに行っても通してしまう。そりゃ嫌がられますよね。皆で集まってオーストラリア人の先生に英語を習うなんてこともやっていたのですが、終わってからの女房の酒にいい加減嫌気がさしたんでしょう。そのグループの中心だった女性が、「あの先生はあんまり良くないから、もうこの勉強会を止めることにしようと思うのよ」という話をしだして、女房は行かなくなりました。ところがそれはウソで、女房だけが外されただけなんてことがありました。で、その女性との付き合いも消滅。

それを知った私は悩みましたね。悪いのは女房。でもそういうウソを付くのは友達にしてみれば精一杯の善意なのかもしれないけれど、私はそういうやり方が好きじゃないんです。で、ある時、偶然町で会った時に言ってやりました。「ニコニコ笑いながら後を向いた瞬間ナイフで刺すようなことをするな」って。その女性は震え上がっていましたわ。まぁ、ヤクザに脅かされたようなもんですね。女房が女房なら旦那も旦那だと、そういう風に思われていたのは間違いがなさそうです。

わかりますでしょ?どうして我々がマレーシアに行くのに躊躇するか、また、なぜ女房が行きたがらないかって。今のところマレーシアでは我々より年上の人達が多くいるのはわかっているし、そういう方々とお付き合いをして酒でもガブガブ飲んで酔っぱらおうものなら何を言われるか簡単に想像付きます。現役時代はどこで何をしていたなんて古い看板を持ち出す人はたくさんいますし、さようでございますか?なんていうそういう奥様の中に入って酔っ払いの女房がどういう扱いを受け、彼女がどういう思いをするかなんて簡単にわかります。

その点、若い人と遊ぶのは女房も私も得意。私も女房も昔からたとえ年下、若者でもXX君とかそういう呼び方も上から目線もしたことはないし、お説教じみた話はせずに一緒に遊ぶタイプです。だから若者受けはかなり良いものの、マレーシアでの若者の知り合いなんて今のところ皆無ですから。

初めてマレーシアへ行った時のことを思い出します。まずは日本料理店回りをしたのですが、今は無き天ぷら専門店の美久仁さんへ行きました。カウンターで飲んでいたのですが、なんと隣に座った男性がマレーシアブログの知り合いだったんですよ(今も読んでくれてるかなー?)。その隣にいた女性もそう。世界は狭いですね。で、一緒に飲んで盛り上がり久しぶりの無礼講の酒盛りを楽しみました。女房も嬉しそうでした。その時にいた女性。この彼女も女房に劣らない酒豪だったのですが、類は友を呼ぶんでしょうねぇ。意気投合していました。その後、おおにしさんの店に流れて飲み続け、帰りには女房がいなくなって大騒ぎになっておおにしさんや店のスタッフにも迷惑を掛けたなんてこともありました。でも女房はその女性と知り合えたのがよっぽど嬉しかったのか、後で、「あの人がいるだけで私はマレーシアで住めるかもしれない」と言ってました。

でもその彼女も家の都合で日本に帰ってしまい、それを知った時の女房の落ち込みようたるや見てて可哀想でした。酒飲みが良いとは思わないし、TPOを考えられないのはただの馬鹿だと思います。でも彼女の気持ちもわかるんですよ。酒を飲んで、本音を言い合って、飾ることなく付き合いたいっていうのがわかる。

だから私たちがまずマレーシアへ行って一番最初にやらないとならないことってわかります?そう、酒飲み友達を作ることです。酔ってもあーじゃこうじゃ五月蝿いことは言わない人。馬鹿を言いつつも楽しく付き合える人。腹を割って話が出来る人。裏でごちゃごちゃ言わない人。

でもねぇ、こういう友達って出来そうで出来ないんじゃないかと思うんですよ。だって19年いるゴールドコーストでさえそういう友達は数人しかいないんですから。女房が気の重い思いをするのは良くわかります。

私?私は適当だからどうにでもなります。ああいう酒飲みの女房でも受け容れてくれる人なら有難く付き合わさせていただくつもり。私だって酒そのものは好きじゃないとは言いながら、飲むのは好きですから。でも私は飲んで騒ぐ方じゃないなぁ。このブログを見ている人なら想像できるだろうけれど、飲むと話し込むタイプ。

ま、我々がマレーシアへ行ったらおおにしさんの店をキーにして毎晩飲み歩くことになりそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

酒飲みの悩み” への10件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6e54523547655651736b755a4d415651457278366154794e556e6c614d727659722e9e9d5e977aa61ddd5375d1c330d6efe6d85aa4a073fc4c3df1e690c82127
    ・・・・・・・・・スミマセンcam4にはまってました
    ニコラシカ懐かしいですね NBAのオフィシャルレシピにも載ってますから大丈夫です(バスケットボールの選手が・・・じゃなくて 日本バーテンダーズ アソシエーションです)
    私は自他共に認めるアル中なので おっしゃることはよくわかります
    ビールみたいな かったるいのは嫌でハードリカーで攻めていきます(朝から)しかし 帰るときは警察の検問がうっとうしいので
    夜は飲みません
    10時から4時まで飲んでいるということです(私は10AMですが)ゆえに 7PMは二日酔いの状況でむちゃくちゃ愛想悪いです 
    先日も警察の検問に夜中2時につかまり「酒臭い」と言われましたが
    「それはおかしい 6時までは飲んだがそれ以降は飲んでない」と言うワケ分からん説明で納得させました
    一時期酒をやめていましたが 痩せましたがストレスが貯まりました どうも奇行をするので自分が馬鹿になってると周りに思われている自覚があればガンガン飲んで良いと思います
    接客時緊張から飲んでしまうので(饒舌になるので楽)飲みますが
    休みの日には飲まないようにしています
    (理不尽なことで説教をするらしい・・・)
    もちろん今もきっちりと飲んでいます
    故に文章もくどい
    ちょっっとCAM4に戻ります

  2. SECRET: 0
    PASS: 34484a756a476d79586770315a70324b7a3432746d37385654613976506b523989b0455c7b90f91e8c4fe96fdaf1139972799f6fd54762960a0abed99985b0a4
    ご無沙汰いたしております。
    今秋よりマレーシアに来ていて、たまたま覗いたら、美久仁さんの所の話が出ていました。もう何年前でしょうか?
    先日は[子供手当て]の話有難う御座いました。しっかり子供手当て戴いておりますが、あの制度の継続性は?になりつつありますね。

    お酒の話、完璧な下戸の私には異国の話に聞こえます。(笑)

  3. SECRET: 0
    PASS: 634273626152313377354f6176336a4172734e51764164567242557a68547938791e474f1e580064cf64315a3b7898e61cf9be379b114e7218362f9d23498455
    おおにしさん、おおにしさんがそんなに飲む人だとは知りませんでした。楽しみです。(笑)

    CAM4?なんでしょう。調べてみます。

    KL Taxiさん、ご無沙汰しております。

    私たち夫婦が美久仁さんへお邪魔したその日、KLさんもいらっしゃってご挨拶いただいた時のことを思い出しました。あれは一昨年の夏だったと思います。

    また、お会いする機会があると思いますがよろしくお願いします。

  4. SECRET: 0
    PASS: 7158726d70786d4c655a5a4d304a39304d704937524b77556e76395a304d3867a9dcb39cd94440f6586acf3c59e0a57ecf35187aeee938e0615ad5c21c30f2bc
    なんかダボさんのところとうちは似ているところがあるなあと思いながら、最近ブログを読んでました。

    私がA型、妻がO型。
    ダボさんと同じですよね?

    我が家は、家のこととか、旅行のこととか全部私がやってます。
    家のことといっても、ふだんの家事は妻がやってくれますが、家具やそのレイアウト、事務手続き(保険の加入とか確定申告とか)、車の運転などなどは私の担当。
    妻いわく、「独身時代は何でも自分でやっていたのに結婚したら何もやらなくなってしまった。私が悪いわけではなく、あなたにやらせたほう結果がいいし、私にやらせてもあなたもやり直ししたくなるでしょ」。

    言いたいことはよくわかります。
    一度、妻に旅行のことをまかせたことがあります。
    しかし何も決まっていないんです、現地に着いても。
    ホテルだけはかろうじて私が手配していたのでよかったですが、それ以外はゼロ。
    それなりに楽しめましたが、旅行の楽しみって計画を立てることが半分くらいを占めないのかなあ。

    話がとびましたが、妻は鹿児島女。
    飲み始めたら止まりません。
    周りが飲み続ければ朝までだって付き合います。

    ビックリしたのは付き合い始めたころ。
    正月を妻の実家で過ごしており、三が日に親戚宅を訪れると、80を超えた方でも朝から焼酎やらウイスキーやらをガブガブ飲む。

    私もお付き合いするけど、酒はそれほど強くないので飲んでは吐いてを繰り返す。
    つらかったなあ。

    妻は子どもを産んでから「酔っちゃう」ようになったらしく、最近は酒量が減ってきたけどそれでも私の倍は飲みます。
    九州女はスゴイと思います。

  5. SECRET: 0
    PASS: 786a434f33434465675746555555373170363458544a34545742764b6e565269625a0ec3bae3eb79db81b4590a05eabe5653f714a072e70b5631af469f78cffc
    たたおさーーーーーーーーーん

    全く我が家と一緒じゃないですか。嬉しくなっちゃいます。血液型もその通り。我が家も女房に旅行の事を任せたら何も決まりません。行く日と帰る日が決まる程度。(笑)

    旅行も買い物もその前に悩むのが楽しみの内ですよねぇ。うちのにはそういう感覚がないみたい。

    うちのも酒に強いってわけじゃなくて、最近は350mlですか、あの缶ビールを一本飲んだだけでも酔ってるのがわかるくらい。でもその後が長い。終わり無き戦いです。

    やっぱり環境ですかね。

  6. SECRET: 0
    PASS: 366755586839516b6366457274357346314b373971427966624b387772524731c8a83630cdd5c1a351cd1bf02016c389601fab57b71d6696d507a81dfea2e4a3
    おおにしさん

    CAM4とやらを検索して見てみました。

    頭が痛くなった来た~~~~~。

  7. SECRET: 0
    PASS: 4f48347a706559763532776b3643643556674750344470324b684732426c6865d9ab6caf969adcf47266e2e927ba1a0639fd079f5a9bc5687bc73d098638479a
    私は、あまり飲めない割りに実は焼酎が大好きです(^_^;)
    缶チューハイ飲むのなら、焼酎がいいな。
    でも、のん兵衛ではありませんよ(笑)
    なにせ、タコみたいになりますし。
    色んな種類を飲み比べてみたいです。
    ビールならキリンの一番搾りです(^^♪

  8. SECRET: 0
    PASS: 444b787546444f654e614f654b686b64696b5539524a59397832534631637639d9700a2ab11f8adec0d0a769d6e730a773e8754631d696d6ff2e0abde5e123cc
    あははは、nebulaさん、タコになっちゃうんですか? (爆)

    しかしいつまでもダラダラと飲み続ける女性より良いかもですね。酒飲みの女性はほんとーーに恐いと思う。 ^^;

    私はビールも好きなんだけれどスーパードライかな。それと生ビールも大好き。ただ生ビールのメーカーとか商品名ってまるで知らなくて、あの大ジョッキで一気に飲むあの爽快感が何とも言えずに好きです。

  9. SECRET: 0
    PASS: 693739766b7a5779676d386a65586d68574b53744a795254624e7a4167627155a34b8d511ab268e7eb86b00a6e610ac5f2662637d45ad1ed73695a00e7f7f62a
    うちもよく似てますよー!駅前の高級ホテルのテラスレストランで夕方5時ー6時半でツマミ2品と飲み放題で1500円に内の奥さんが友達一人と参戦。一時間半シャンペン呑んで、ボーイさんがラストオーダーを聞きに来たそうです。そこで奥さんは1人六杯づつシャンペン持って来てー🎵と頼み、全部平らげて帰って来たそうな。これを二三度繰り返し、四回目にいったら、ラストオーダーの時間になったら、支配人が出て来て、黙って
    シャンペンボトルを一本置いていくようになったそうです。その後、このパターンを二度程繰り返したそうですが、その後、そのホテルは一ヶ月程してこのハッピーアワーサービスを中止したそうです。ジャンジャン🎵

  10. SECRET: 0
    PASS: 564b323574394c3832617739717633783432795861636b457965433264536f58102369d3abdd6de8093b921de1bf320e7b91f4d402724256d8838dc78056f640
    おおお、Lucasさん

    凄いですねぇ。この話をヨメさんにしたら絶対に会いたい!って言い出しそう。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *