目玉焼きの極意

先週かな、ためしてガッテンでやっていた目玉焼きの極意を見ました。それを試したけれど、ホントに違いがあるのがわかって\(^O^)/。久しぶりの大ヒットかもしれない。

ゆで卵はちょっとおいといて、目玉焼きも自分が好きな焼き具合ってほんとーに微妙で、また人それぞれ大きなばらつきががある。ところが、ガッテン流の焼き方は、半生が好きな人でも固焼きが好きな人でもガッテン流を選んだという不思議な目玉焼き。

結論から言うと、

● 卵をフライパンに割って落とす時に、フライパンに卵を近づけて優しく落とすこと。

これだけ。

うそーと思ったけれど、10センチぐらいの高さから生卵を割って落とすのは黄身にとっては大変な衝撃で、内部構造が変わってしまうとのこと。

これの違いは、顕微鏡映像と、焼いた黄身を水に溶かしてみるという実験で証明してた。普通に割って焼いた卵の黄身は水に溶けない。ところが優しく落とした焼いた黄身の場合は水にさっと溶ける。これで口当たりがまるで違うってことなんですね。

これの発展型で、ガッテン流極意。

● 優しく卵を器に割り、スプーンで黄身だけ取り出し、それを最初にフライパンに優しく落とす。その後、好みに合わせて時間をずらし、白身を投入。焼き上がりも好みによって変える。

濃厚な味の黄身というのは水分の含有量の違いだということ(生み立ては水分の含有量が少ない)。で、上記の黄身だけ最初に焼くと水分が飛ばせて濃厚な味になるとのこと。

是非やってみてください。目から鱗でした。

http://cgi4.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20100609

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

目玉焼きの極意” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 33696f56587049696d53515742556f476e6d5367324a7649323030364f4e7570b1e09d2480ecaff0d3ea34af2c2a4b1479eb121a8d739e70f09227d542dd42e1
    偶然、再放送を見るとことができたので、試してみました。

    たしかにおいしくなった気がします。
    しかし、見た目が・・・

    テレビの出来上がり図を見ましたが、ちょっといまいちですね。
    白身と黄身を分離させ、白身をかきまぜてしまうとかなり分離してしまいます。
    空気が入れば膨らんでしまいますし。

    やはり極意である「卵をフライパンに割って落とす時に、フライパンに卵を近づけて優しく落とすこと」のほうが、私の好みに合い、かつおいしさアップが大きいと思いました。

  2. SECRET: 0
    PASS: 4f514f576b796c59344d66546a343934473444503554434373314579796c664cef546407581438ff8d27534ada3f0903c9737ef87aba8a98b90f1ce0c3e96aaa
    そうそう、分離して焼くのは見た目がイマイチ。なんかいたずらした?みたいな感じで受けも悪そう。

    優しく落とすだけで充分だと私も思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *