無駄な時間が過ぎるばかり・・

マレーシアに行こうとフト思いついたのが一昨年の今頃だったと思う。

で、8月に下見旅行。そしてMM2Hの申請。12月末には仮承認が降りた。そのまま行けば去年の春頃にはKLに渡っていたはず。

しかし、一昨年のリーマンショックによる世界的な不況は我が家にも影響して、楽しい老後~~なんて夢は簡単に吹っ飛んだ。

そしてそんな頃に女房の乾癬が悪化。気分転換の為にニュージーランドへキャンピングカーの旅行をしたり、私は私で日本、香港へ行って四国のお遍路さん、伊勢神宮、白山のヒメ神社を参拝し神さま捜しの旅をしたり。

経済も落ち着いて、新しい時代が始まったような気がするんだけれど、それはそれで我が家の経済状況も落ち着いて、今後の予定が立てられるようにはなってきた。で、マレーシアへ渡るチャンスを見計らっているんだけれど、これがなかなかうまく行かない。

何も進んでいない。

女房の乾癬は悪くなるばかりで、足の裏の皮膚が割れて歩けなくなったり、引っ越しだマレーシアだどころじゃなくて、毎日の生活にも支障が出てきた。

そしてそのまま、また月日が流れてるって感じかな。

子ども達は二人とも就職も出来ずに、仕方がないのでマスターコースへ行くなんて馬鹿なことをやっているし、早く自立してくれないと親の負担が半端じゃない。

ただ時間が過ぎ、お金がザルの間からこぼれ落ちていくのを見ているような気がしてしょうがない。

裁判が終わって判決を待っているような感じもする。動くに動けない。

でもま、これが生活ってものかな、なんて気もしてくる。仕事を持ち子どもがまだ学生だとすれば、こんな感じでただ時間ばかりが過ぎていくのは普通といえば普通なのかもしれない。

まだ期が熟していないって事なんでしょうか。

ま、自分の過去を振り返ってみても、人生は全てタイミングだな、なんて気もしてくる。

しかしまぁ、音楽じゃ、カメラじゃ、PCじゃとやらなくてはならいことには目を向けず、適当な趣味に逃げている自分がいるのも間違いがない。

時間が止まっているような気がする。このままじゃうまくない。

でもフト思うことがある。マレーシアに行って我々は一体何をしようとしているのか。それがどうもわからない。

ゴルフだ旅行だなんだかんだと言っても、別にマレーシアに行かなければ出来ないわけじゃないし、リゾートに住む楽しさなんて言ってもリゾートとしてはゴールドコーストの方がはるかに素晴らしいと思う。

一体自分がマレーシアに何を求めているのかがわからなくなる。

変化?

そうかもしれないなぁ。まぁ、とにかくマレーシアに居住すると言うことは、私の場合、所得税がゼロになることを意味していて、また生活費が多分こちらより安くなることを考え合わせると、子ども達の学費、生活費の捻出、そして私たち夫婦の今後の本当の意味での老後への準備という意味で大きな意味がある。

って、まさにマレーシアを選んだのはそれが理由で、マレーシアに海外所得は免税の恩恵がなければ絶対に住もうという話にはならないと思う。単にマレーシアが好きなら、行きたい時に行けば良いだけのこと。逆を返せば、マレーシアが気に入らないとしても、経済的な理由でそこを離れることはできないという縛りが出来る。

結局、この縛りが心の底にあって、行かなくてはいけないのに、行こうとしない深層心理の動きがあるような気がしてくる。金が理由で住む国を替えるなんて、夢溢れる若者ならいざしらず、歳を食って生活費が、税金が・・・なんて考えはみみっちくて我ながら嫌になる。

マレーシアに渡る人達、MM2Hだとしても渡る理由はいろいろだろうと思う。表面的には自由を求めてなんて楽しいことを言っていても実は違う理由がある人達もいるだろう。

我が家の場合は、経済難民。これに間違いなし。ご褒美人生にはほど遠い。

でもま、行けば行ったで楽しいこともあるだろうと楽観してはいるんだけれど、どうなりますか。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *