嬉しかったこと

我が家にちょっと嬉しい事が・・・・

昨日は次男坊の大学のAwardNight。いわゆる学期毎、年毎に行われる成績優秀者の表彰式の日。

次男坊の通う金融学部では6つのアワードがあって、その内4つを次男坊が独占。拍手喝采だったそうだけれど・・・・

「これでも就職できません」

って一言言ってみたら良かったね、なんて本人は苦笑い。

次男坊が狙っていた企業に就職が決まった子もいて、彼らの特徴はその企業のインターンシップを経験してるということ。インターンシップなんてせいぜい数週間その企業に行って下働きをする程度でどれだけの意味があるのかなんて思っていたけれど、そうじゃないみたいなんですね。

でも次男坊がインターンシップをやっていたら就職できたのかどうかはわからない。

人種や国籍(あるいは永住権)の差別があるのか次男坊に聞いてみたけれど、絶対にそれは無いと断言する。ということは、次男坊は企業が欲しいと思わない人間だということ。オタク系でもないし、勉強一筋系でもないし、日本人的に見れば明るくて礼儀正しい良い子だと親の欲目にはそう映る。

ただ、一つはっきりしてるのは、リーダーシップがあるかないかがわからず、それの証明がないということ。

こちらでは高校でも大学でもリーダーシップってのをとにかく大事にするのがわかる。だから成績が悪くても生徒会長とか、スポーツのキャプテン経験者は就職も有利な様子。

仕方がないので9月には卒業だけれど、シドニーの大学のマスターコースへ行くことに決定。そこで選んだ科目は金融ではなくて、Actuarial Studies。これって日本語でなんというのかわからない。いわゆる数学と統計を駆使して保険とか投資のリスクコントロールをする専門家養成コース。

負けず嫌いだからきっと頑張るとは思うけれど、つぶしの利かない専門家になって本当に大丈夫なのか親としては心配。その職を必要とする企業はオーストラリアには数えるぐらいしか存在しない。

長男は長男で頑張っていると本人は言うけれど、将来も考えずに青春を謳歌しているグータラにも見える。

親としてホッとできるのはいつのことになるのやら・・・・・・・

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

嬉しかったこと” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 396f636e474475514c535372776a79505459586653537a4c69537a77454f6f57b9a833689789a933cd530326b397cae48c45df0018bd22f5cb9fe6685d32424b
    お子さんのこと、大変みたいですね。

    >Actuarial Studies。これって日本語でなんというのかわからない。いわゆる数学と統計を駆使して保険とか投資のリスクコントロールをする専門家養成コース。

    アクチュアリーですね。
    日本ではそのまま呼ぶか、「保険数理士」といいます。
    私は数学専攻だったので、マスター時代の同期は結構この資格をとっています。

    少なくとも日本では、アクチュアリーの資格を持った人は厚遇されますね。
    日本では超難関資格の一つですから、マスターをでたくらいでどうなる(すぐ取得できる)ものではありまえんが。

  2. SECRET: 0
    PASS: 7771537458436a54435963454657594d456135466e4c71436f5546394f5a6153213c50c2b3c07b734fcb4682d6162d3bf6e24bb736ff5ca8283561bab07a2a4d
    なるほどぉ、保険数理士ですか。私が持っていたイメージが違う感じがします。スタートが保険だったかそういう名前なんでしょうか。

    どうも息子は保険や年金の方面にはまるで興味がないみたいで、あくまで投資関連のリスクコントールをやりたいみたいです。だからフェローシップは取れなくてもアソシエイツで良いのかも。オーストラリアは試験がPart1,2,3とあって、卒業時にはPart1,2が終わってアソシエイツになれるのかな。

    ただ行きたい方向とちょっとずれてるわけで、本来なら金融のマスターへ進めば良いんだろうけれど、今回の就職失敗で恐くなったんだと思いますわ。やっぱり後々資格が取れる方向性を残したいんだろうと思う。

    もし途中で就職ができればさっさとマスターは止めるなんて言ってるし。でもアクチュアリーの仕事場って近年かなり広い分野に渡ってるらしくて、警察でも需要があると聞いてびっくり。犯罪者の統計でも取るんだろうか。広い分野で仕事が出来るなら、将来フェローシップを狙うのも面白そうですね。

    フェローになるとコモンウェルスのイギリス、ニュージーランド、カナダ、シンガポール、香港、そしてマレーシアでも仕事が出来るみたいで、一緒にマレーシアでなんてのもおもしろそ。

    さて、どうなりますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *