MM2Hは永住権じゃない

MM2Hは10年有効。そして更新は無条件であるとされています。ま、更新条件の変更があるのかないのか、今は無いと言ってるのが将来法律的にもそれがどう保証されるのかはわからない。でもま、その辺は私は簡単に考えています。多分問題ないであろうと。

ただMM2Hが永住権、永住許可ではないことは間違いがなくて、

● 自由に仕事が出来ない
● 不動産売買にも制限がある
● マレーシアの社会保障は受けられない

これにそっくりのビザってありますよね。そう、観光ビザ。

私はMM2Hは長期間有効の観光ビザだと思っています。で、それを使って永住できるのかどうか。10年有効で更新が出来ると言うことは、永住もやろうと思えば出来るってことでしょう。でもそれはそういう使い方も出来るということであって、MM2Hが永住権でないのは同じ事。

それでもいいから永住したいという人はすればいいと思いますよ。どうしようと勝手ですから。

でも、このビザで永住を奨めるのが良いとは私には思えません。

仕事も出来ない、社会保障は何もない、日本の援助さえ受けられないという浮き草状態と言っても良いと思うんだけれど、それでも良いと自分が受け容れられるならそれでOK。でも一般論で考えれば、普通の日本国民はそれなりにいろいろ政府の援助、社会保障は受けていますよね。健康保険しかり、歳を取っていれば介護保険、仕事がなければ失業保険、万が一の時には生活保護もある。

ところがMM2Hで永住したらそれらは一切なくなるってことなんですね。お金がないからちょっとパートに出ようということさえ出来ない。と同時に、日本政府も一切あてにできない。お金が無くなったらのたれ死にするだけ。

最近の動きを見ていますとしっかり年金をもらっている退職者だけじゃなくて、小さいお子さんを持っているのにMM2Hでマレーシアに渡る人がちらほらいるようです。

本当に、大丈夫なんでしょうかね。観光ビザみたいなMM2Hで。マレーシアの準国民としての権利が全くないのは良いにしても、日本政府からも見放される。子どもの教育も、あくまで留学生扱い。

マレーシアにはMM2Hというビザを取るしか手だてがないというのなら、それはマレーシアは永住向きの国じゃないと私は判断するわけで、マレーシアありきの考え方の方々とはちょっと違うところです。

マレーシアで生活が破綻した時にどうするか、どうなるかってのはしっかり考えて決めたいと思うし、そうなったら時にはどうするべきかの情報提供も大事じゃないんでしょうか。

お金持ちの贅沢ではないロングステイ、永住への道がいつか開かれることを願っています。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

MM2Hは永住権じゃない” への3件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6144744c683157616e74496974765a73726f74556b744c734a355046716b687267bdabc8a44242fb80f8a875e34a33e3e1870e39cec5003ab5ab2a45da78be8b
    はじめまして。昔から海外での生活に憧れてMM2Hの手続きをして取得したものの・・・まだ日本で働いています。我が家は経済的に特別余裕があるわけでもなし、老後はマレーシアの方が余裕を持って生活できると本を読んで取得しましたが、何故か訪馬出来ずにいるます。マレーシアでの生活が破綻したらの言葉に「ドキ」としています。余りにも甘く考えていたのかな?と

  2. SECRET: 0
    PASS: 6e776c3847303631636b43377058726d375a776e46364a42547a4e6849657733a1ead12191c115276ee2818d44143c56681843c299e81364befd2a6cc8146df3
    空さん、はじめまして。

    ロングステイを観光の延長で考えるとまずいと思っています。数ヶ月、数年で帰るのなら、あるいはいつでも帰る場所があるのならまだしも、長い月日の中には何が起きるかわかりませんね。

    で、日本にいれば自宅もセイフティネットもあるのに海外に出たらそれは一切なくなり、周りにいるのは他人ばかり。もちろんマレーシアは絶対に面倒を見てくれない。そういう条件のビザですし。

    日本でもマレーシアでも絶対に政府にも誰からの面倒も見てもらうことなく生きていけるという自信と資産・収入があるのなら良いでしょうが、予期せぬ事故や病気、経済の大きな変動があっても大丈夫なのかどうか。準備は慎重に超したことはないはず。

    また、マレーシアでは安く生活できるという一般的な物価だけが言われていますが、では実際にどのくらいの生活費をMM2Hの方々が掛けているのか、それの実例を知る機会は極端に少ない。私の知っている例では、年間300万ー500万です。で、日本だったら1000万は掛かる内容だから安いとおっしゃる。

    その方々は日本にも家をお持ちです。日本と行ったり来たりもしています。で、その経費はそこに入っていない。つまりマレーシアの生活費が安くても、日本との二重生活になるのならトータルでいくら掛かるかという点が見えてこない。

    二重生活するほど裕福でないからマレーシアに完全に渡ってしまうとしたら・・・・・。さぁ、どうなんでしょうか。私にはわかりません。ただ歳を取って綱渡りの生活は絶対にしたくないと思うだけです。

    月15万円で食べて遊んで幸せに暮らせると宣伝する人はいますが、実際にその金額でそう暮らしているという実例を私は知りません。いや、マレーシアでの支出は実際にその程度ですという人はいますが、では日本でいくら掛かっているか、トータルではどうなのかは教えてくれません。

    たとえ教えてもらっても意味がないんですよね。自分が考える幸せな生活って他人とはまるで違いますから。だから、やっぱりエイヤッと日本を整理して飛び出すことはせずに、まずは半年、1年、2年と住んでみないとわからない。

    私としては、渡ってから、話が違うじゃないかということだけは避けたい。全ては自己責任。他人の話を信じるも信じないも自己責任。それしかないってことですね~。

  3. SECRET: 0
    PASS: 646a6757474c6e7a4a5937766f61527a4a5033773266676d593256567a464675bd398985705207a5b490ad17b860dbc33394278fd7d35ba488f837fd71c42adc
    そういえば、マレーシアが定めている基準をパスしてMM2Hを取得しマレーシアへ渡った日本人の中に、生活破綻した例はないと断言する方もいらっしゃいます。

    私はゴールドコーストですが、破綻した人は数限りなく見てきました。

    その辺で考え方の違いも出てくるかもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *