飛行機の預けた荷物

一昨日野暮用がありまして、シドニーに行って参りました。一泊二日。その時の事なんですが・・・・。

チェックインする際に大きな荷物を預けますよね。今回のシドニー行きでも一つ荷物を預けました。

で、チェックインが済んだ後に大事な書類を家に忘れてきたことを思い出したんです。さぁ、どうしよう。うまく行けば取って帰っても間に合うと言うことで、待合室から出て家に戻りました。しかし、かなり飛ばしたものの飛行場に戻ってきた時がちょうど出発時間。間に合いませんでした。

で、預けた荷物はどうなる?

本来はバージンブルーという飛行機会社だったのですが、預けた荷物はシドニーで簡単に受け取れると考えていました。で、乗ることになった次の便はジェットスター。乗り遅れた便の飛行機代はもちろんパーで、あらたにジェットスターの切符を買ったのですが、チェックインはしたものの実際には乗らなかったとバージンブルーのサービスカウンターに言いに行ったのです。

すると、なんと!預けたはずの荷物がそのサービスカウンターにありました。なんなんでしょうか、これって。聞いてみたところ、実際に乗らないのがわかった時点で、預けた荷物を降ろしたというんです。そんな面倒なことするんですかね。

大体、本人が乗らないとわかるのは出発時間が迫ってゲートをクローズした後だし、それから乗らない人は誰だか確認して預け入れ荷物があれば卸すなんて面倒なことをするとは思っていませんでした。私としてはもしかしたら間に合うと思っていましたから、乗れないという連絡はしていなかった。

なんでこんな面倒なことをするのかと思ったんですが、これってテロ対策なんでしょうね。荷物だけ乗せる客。恐いですよね~~~。

こういう面倒な事ってどこの国でもどの飛行機会社でもやるんでしょうか。一度預かった多くの荷物の中からその荷物を探し出して降ろすって大変な作業だと思うんだけど。ましてや離陸直前で。

しかし、バージンブルーのカウンターに行って良かったです。荷物だけシドニーに行ってしまったと信じ込んでいましたから。もしあのまま荷物を受け取らずシドニーに飛んでしまったらかなりヤバイことになりました。

バージンブルーさん、ありがと~~~。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

飛行機の預けた荷物” への3件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 4b72674a783854547244656d5476386f63467334505573797071716c314c4253d3007948d45215f2365f8bd800cd09daf226a334278bf9bedba500c8b6960207
    テロ対策ですね。これは日本で経験したことあります。すごくうざいので気を付けた方がいいです。お客待ち+荷物探しで40分程機内でまたされました。おいおい、もう伊丹羽田付く時間じゃないか。ほんと腹たちましたよ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 4f394e766f73366b483075314161707373336151684b6a494f6454335030727a1ee3d49d8f4a19209327d6dcb002eec7b1dee96468ac66aeaff7cf1d38750196
    まぁ、私のせいで出発が遅れたのは間違いが無いだろうとは思うんですが、我々が飛行場に戻った時は出発時間から10分も経っていなかったし、その時点でもう荷物が戻っていたから益々変だと思ったんですよ。そんな手際が良く出来るシステムがオーストラリアにあるとも思えないし。

  3. SECRET: 0
    PASS: 3162546837756f55673254374138376f70687134674a5a37657a6b5a3666537727afc29410eb333e33db46b0dfa807db20b5c554aa24679ac73a580fb5d93b09
    乗ってない客の荷物はどんなに時間がかかっても降ろすのが世界の常識です。こんな振る舞いをされた乗客の怒りは如何ばかりか。大いに反省すべし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *