乾癬、アトピーの直し方

乾癬やアトピーでお悩みの方は多くいらっしゃると思います。かつて私の回りにもアトピーのお子さんを持ってる友人がいて、それはそれは大変なのは見ておりました。我が家の子どもにはアトピーは無く、今まで我が家は幸せなことにそれで悩むことはないと思っていたところ、女房が乾癬に罹った。

乾癬やアトピーはそれ自体が病気、皮膚病ということではなくて、何かの大元があり、それが表面化したのがアトピーであり乾癬であると私は考えています。乾癬の場合に言われているのは、免疫不全。免疫が弱いと言うことではなくて、局所的に免疫が強く働きすぎて出てくるようです。

ですから、皮膚の表面上に注目してそれを治そうと思っても無理で、体質的な物から変えて行かなくてはならないのだろうと思っています。

近年出てきた治療法の中に、免疫を弱める薬を使うというのがあります。これは、臓器移植をする場合、他人の臓器を移植するわけですから免疫システムが働いて拒絶反応を起こすことが言われています。それを押さえるために免疫を弱める薬剤を使うわけですが、それが乾癬にもかなり効果的に利くということ。この治療法を勧める医者もいましたが、免疫が弱まることによって、風邪に引きやすくなる、その他疾病に対して弱くなる、そして癌にも罹りやすくなると言うデメリットがあり、これはまさに多くの医者が乾癬に対して平気でステロイドを使うのと同じ発想だと私は思いました。

あれやこれや試してみているのですが、最近面白いものを見付けました。

25年以上乾癬で悩んだ人が、2ヶ月間で自分で感染を治療したというユーチューブの映像です。

こういう話が出てくると、悩んでいる人間はすぐ飛びつくのですが、世の中にはこれでお金を儲けようとする人も多く、なかなか本物を見付けるのが難しい。しかし利く人がいると聞けば、藁をも掴みたい人は怪しみながら手を出してしまうという構造があると思います。

この映像を見た時も、最初はうさんくさいと思いました。この映像からあるURLへ飛ぶように書いてあります。

ここです。  ←クリック

これは良くあるハウツーを買えという釣りだろうと思いました。

ところが読んでみると、販売ではないのがわかりました(でも出来たらドネーションをヨロシクとのこと)。そして、彼がどうやって乾癬を治したのか細かく書いてあります。ポイントは彼が試行錯誤の上作ったジュースを毎日飲む。これだけです。そして、そのジュースの作り方、またそれを飲みながらエクセルで作った表に進捗を書き込んで何がどう変わったのか把握できるようにもなっています。

これは面白そうだと思いつつ、いろいろ検索してみました。すると、乾癬で悩んでいる人達が集まるフォーラムでもこれが取りざたされ、実際にやってみた人達がかなり良い結果を出しているのがわかりました。

ここです  ←クリック

このフォーラムの存在は私も前から知っていたのですが、この件に書かれて盛り上がっているのには気がつきませんでした。これに関して書かれた第一報は2009年5月6日ですが、これを試した人が良くなったと書き込み、それに関心を持った人が続々とそれに続き、良い報告が相次いでいます。このスレッドは他に例を見ないほどの盛り上がりでいまだに続いており、ページ数が80にも及ぶ膨大な報告がなされています。

悩む人達が集まり、それぞれが過去に様々な経験を持っているのでこれに対しても当然疑心暗鬼で、それでも藁をも掴む気持ちで始め、中には挫折しそうになる人も出てくるわけですが、皆で支え合って、モチベーションを維持しながら皆で頑張って治そうという心意気には心を打たれます。

また、この方法(ジュースを作って飲むだけ)に今までに有効であると言われていた方法と並行してやる人も多く、これを女房にやらせようと今、サプリメントや材料を集め出したところです。

ジュースの内容ですが、よくよく見てみますと、乾癬治療のために体質改善をするのが大事で、その為には何を食べろという物ばかりで、これと言って特殊な物が入っているとは思えません。

ただ、フォーラムでも話されていますが、こういう物をなぜジュースにする必要があるのか、食べるだけでは駄目なのかと、誰でもがまず考える疑問があります。それに関しては明確な答えは書かれていませんが、ジュースにすることによってそのまま食べるより大量に摂れる、そして消化吸収が良いからだろうと言われています。

また、これで完璧に治ると言うことでもないようで、このジュースを止めるとまた出てくる。しかし飲み始めるとすぐ消えるということが多く報告されています。完治はしないけれど軽減は充分可能ということでしょうか。

この方法で良くなったという人の写真を出します。



ところが、我が家には一つ大きな問題があります。私は女房の乾癬が良くなるようにいろいろ調べ、乾癬がそもそもどういう病気かというのもかなり理解も深まったのですが、本人の女房の理解が進んでいません。彼女はもう1年以上乾癬で悩み続け、ましてや今では歩くのが困難なくらいになっているのに、どうも簡単に治るように考えているフシがあるのです。

たとえば、煙草は厳禁。酒も控えめに。そして日光浴をするとか、食べ物にも気をつけて駄目な物は食べないとか、世界中の人達がやっているような真剣さが女房には無いのです。つまり、嫌なことはしない。出来ること、好きなことだけやって治そうとしているのです。

肺ガンや重い心臓病に罹って、煙草は止めろと言われているのに、イヤ、それだけは止められないと意地を張っているのと同じ状態です。

例えば、煙草にしても食べてはいけない食べ物にしても、少なければ良いというわけではなくて、駄目は駄目なんですね。つまり、それらがトリガー、引き金になって症状が出る、悪化するということで、量が少なければ良いと言うことではないというのを、女房は理解していません。ほんのちょっとなら大丈夫よね?と私に聞きながら、しかし私の言うことは全く聞かずに、好きなことだけ選んでやっている状態。

つまり、こういう生活習慣がまさに乾癬を呼び込んだのだと私は思うのですが、それを女房に理解させることは出来ていない状態です。

女房のようなやり方で治るのなら、世界中の、乾癬に限らず他の病気でも悩む人はいなくなるはずです。

そんなわがままな女房ですが、勝手にしろと放って置くわけにもいかず、騙し騙し、このような方法でも見付けては、彼女の出来る範囲でやらせるようにしています。

私なら、駄目と言われる物はきっぱり切って、とりあえずそれで1ヶ月でも2ヶ月でも試します。それで良くなれば続けるし、駄目なら駄目でまた考えれば良いわけですが、女房はそれさえもしません。

困ったもんです。

それと最近見付けたクリームなのですが、これが女房と非常に相性が良いようで、症状が良くなっています。うちの近所のモールに健康食品店があるのですが、そこで何気なく立ち話をしていたところ、その店員のオバサンが私も乾癬(Psoriasis)なのだけど、これを使ってからかなり良くなったという商品です。

これ   ←クリック

これらの件に関してはかなり私は調べ込んでいますので、何か質問があればご遠慮なく書いてください。上に紹介したフォーラムは英語で、書かれている内容も膨大な量ですが、その件に関する質問でも構いません。

このジュースを作って私も飲もうと思います。実は私は数年前に脇の下が赤くなりまして、ただれ、アレルギー、あるいはカビの様な物だと思っておりましたがそれも乾癬であることがわかりました。今はそれは無くなっていますが、当時医者に行ってもらった薬では全く変化が無かったのが忘れられません。

また、フォーラムの報告を読んでみますと、このジュースを飲んで痩せたという報告が多くあります。確かにユーチューブにこのジュースのことを書いた人の映像を見ても痩せたのがわかります。

私はデブですし、どちらかというと肉系が好きですから、体質改善の為にもまたダイエットの為にもこのジュースは良いかもしれません。また、私が飲むようにすれば、女房も飲み続けるだろうと思いますし。

でも確かに面倒くさいのは面倒くさい。

さて、これから材料を買ってきま~~~~す。

一人でも多くの方の乾癬、アトピーが良くなりますように・・・・・

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

乾癬、アトピーの直し方” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 394477533335355a3237555a445666334c74624c33497768564f365252663441dba0cfb0f70fc3b9102b283b1c67cd7d3a96431dfef093e3ff3761ed8932931b
    当家の子供も2人ともアトピーでヨメちゃんが何をやったかと言うと
    完全手作り市販のものは一切使わない 人工調味料 色素が入っているものは一切使わない それ以来当家では 商品の裏の内容物の欄を見るのが癖になりました 納豆を見ると面白いですよ納豆は大豆納豆菌だけなのですが それについているタレ からしの内容物がすごい いかに人工的なものを口にしてるかがわかり 怖くなりました しかしその食事を続けたおかげで(米は玄米を主体とした雑穀米)子供たちはアトピーが治り私も 今までは3ヶ月に一度はひいていた風邪を 今は全くひかなくなりました
    それと飲食店に携わるものとして驚いたのが 野菜本来の甘さ
    大発見でした 圧力鍋があると 調味料は塩コショウだけで
    素晴らしい料理を作ることができますよ
    ご回復をお祈りしています

  2. SECRET: 0
    PASS: 6d4b483332746d724870635832434f497054344f474548345371494d694f384bb0a9146c7392e8c8e7c4ff99c511d2b92266d431d7fea96828ef1288e2f3e1eb
    あらー、大西さんのお子さんはアトピーだったんですか。大変だったでしょうねー。でも今はもう良くなったご様子、良かったですね。

    私も女房が乾癬になってからいろいろ調べるようになりましたが、食の安全をどう確保したらいいのか考えちゃいます。私自身は、環境に勝てる身体でありたいと思ってましたが、女房のようにやられてしまうとそんなバカな強がりを言っていられないくらい世の中には怖ろしいものが氾濫してると感じるようになりました。

    考えてみると米にしても小麦にしても、しっかり精製して食べるのが当たり前になっていますが、それも変なもんですよね。で、乾癬になって食べてはいけないものがまさにそれら。あとはデイリーフーズ、いわゆる牛乳関係は女房の場合は駄目と言われています。赤肉も駄目。甲殻類も駄目。それと意外だったのがナスの仲間。ピーマン、トマト、ジャガイモ、唐辛子、そしてタバコ。食べて良い物よりか駄目な物が多くてがっかりしています。

    ところで野菜の本来の甘さですか。うーーむ、私はやっぱり野菜が嫌いなんだと思いますが、どんなに美味しくても野菜を食べたいって気にならないんですよ。食べることは食べますが、無ければ無いで一向に構わないって感じでしょうか。

    でもま、これからジュースで多めに摂るようにしてみます。目に見えてわかるような変化が出たら面白いんですが、どうなりますか。

  3. SECRET: 0
    PASS: 6d47536c65354936654a536f306d707a7831324c424d4c6e364361306267373215cadf9286cf65c2db732ab5bcce524343c83db523302584f625129b6e823588
    デイリーもですか 下の子はデイリーがダメで バースデーパーティーの時など一人だけ食べられずかわいそうでした
    アイスを食べたいときも 100%果汁のシャーベットを食べたり
    今は5歳になりだいぶ食べられるようになりましたが まだでますね
    豆類を避けると日本人の食生活ができなくなりますね(味噌 醤油 豆腐 納豆)すごく薄味の生活になり 3,4年は外食しなかったですね 私は店で食べられますが ヨメちゃんは大変だったと思います おかげで今はすっかりナチュラル派になりましたが
    私も疲れがたまるとインスタント製品を食べるとじんましんが全身に出ます 
    体がやめてくれーと叫んでいるので その声には素直に従うようにしています
    体は正直なので根治できるといいですね

  4. SECRET: 0
    PASS: 4750573758764270484e436938617a6b587750626367447573494e786f595859f273fbf6621156e71c69d3350dbc13f4a6af9c50647abadae02e987edba2793d
    へーー、大西さんも結構センシティブなんだ~。大変だ。

    こういう病気って現代病なんでしょうかね。見てもわからない毒性の強い物が回りにいっぱいあるんだろうし、野菜にしても50年前のほうれん草と今のほうれん草はビタミンCでいうと4分の1しかないと言ってましたし、見えないというのは怖ろしいことだと思いました。

    大西さん一家も良くなるといいですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *