今更アバター

見てきました~。もちろん3Dで。良かった~~~~。

ストーリーは小中学生向きみたいな感じがするもののやっぱりCGの迫力と出来が半端じゃなかったし、3Dも遊園地にあるような観客をびっくりさせる使い方じゃなくてごくごく自然で、目に負担もありませんでした。眼鏡も全く違和感なし。

しかし、世の中は3D3Dと騒いでますが、どうも私としては笛吹けど踊らずになるような気がしてしょうがないんです。人間の脳みそってうまい具合に出来てて、3Dでは没入できるけど2Dじゃ駄目ってことはないんですよね。ラジオもそうで、そりゃFMは良いけどAMは全く駄目かというとそうでもない。脳はうまい具合に適応しちゃう。

アバターの3Dを見ていても、おおおー3Dだーー、なんて思うのは最初だけでいつのまにか自分が3Dを見ているという感覚はなくなる。これって2Dでも同じじゃないかと思うんですよ。

ましてやソフトがどれだけ追いついてくるかわからないし、3Dテレビが欲しいなんて全く思わないもんなぁ。

それと写真じゃないけど、構図の美しさってあるじゃないですか、3Dだとどうもその感動が少ないような気もします。逆に夜店で売ってる3Dの安っぽい写真的な感じさえ受けちゃう。3Dにするから失う物もあるような気がします。音楽で言うモノラルよりステレオ、また音質に拘るってのと、2Dより3Dってのは違うような気がするんですよ。これって慣れの問題でしょうか。

ああ、アバターの2Dを見てみればいいのか。おーし。見てみようっと。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *