英語ができないとバカ扱いされる

英語の話になると、そんなのは通じればいいんだよ、なんていう人が結構いる。

まぁ、それも確かでしょう。観光旅行に行ったり、バカ話している分にはそれでOK。

でも対等の立場で対等の話をするときに、それじゃうまくないんですよね。結構バカ扱いされます。

言葉ってやっぱり大事で、我々日本人同士でもそうでしょ。もし子供みたいな言葉しか使えず、文法も変だったらどう思います?こういう文章も同じですが、ああ、この人ってちゃんとした教育さえ受けていないんだなぁ、とか思うじゃないですか。良く取ってくれたにしてもその程度の事は思われるわけで、状況に寄ってはバカ扱いされます。

英語の掲示板などに書き込むとそれを痛感するんですよ。こっちはもう50半ば過ぎのオヤジなのに、言葉だけ見ると子供かバカか、全く教養のかけらもないような英語なわけです。そうすると、書き込みに対する返事が子供に対して書くような文章で返ってくる事もあるんです。簡単な言葉で書いてくれるのは良いけれど、内容そのものが子供に対する内容なこともあって本当に困ってしまう。

あるいは変にプライドの高い連中には、アジア人だか猿だか知らんけれど、俺たちの仲間に入ってもらいたくないと感じる人もいるんですね。そういう人達はあからさまに嫌味を書いてくる。

かといって、私はアジア人で英語が下手で申し訳ないなんてことをいちいち書くのもおかしなもんなわけですよ。

やっぱり言葉は大事だと思いますわ。

政治家とか企業のトップでも、自分は英語が出来ても通訳を通すってのの意味がわかりますよね。

あのね、だから私たちはね、えーと、この案は貴方にとっても良いと思いますです。だから私に賛成してくれたらべりべりハッピーです。なんてしゃべろうものなら交渉がうまく行くはずもない。私の英語力って実はそんな程度なんですよ。

以前、交通違反で捕まって裁判所に出頭した事があるんです。私は日本の簡易裁判みたいに簡単に済むと思っていたので一人で出向いたわけですが、裁判所に行ってびっくり。たかがと言ってはなんですが、交通違反なのに普通の裁判なんですよ。同じように呼び出された連中と部屋に入って、後の席で順番を待つんです。で、自分の番になると「被告人XXX、前に出なさい」てなもんで、まさにあの普通の裁判。自分に手錠が掛けられていないところが違うくらいで、後は一緒。

検察官じゃなくて警察官が罪状を読み上げて、それに間違いがないかとか聞かれるんだけれど、裁判用語が私に理解できると思います?当然ちんぷんかんぷんで、ところどころしかわからないわけです。英語で自分を弁護する事さえ出来ない。で、しょうがないんで、横に立っている警察官に耳打ちしました。実は英語が不得手で意味が良くわからないと。そうしたら、その警察官が私の代わりに裁判官にいろいろしゃべってくれて、結局裁判は中止、次回に通訳なり弁護士なり連れてくるということで、その場はお開き。冷や汗なんてもんじゃありませんでした。

で、結局、裁判所を出て、回りにいっぱいある弁護士事務所に駆け込んで、いろいろ相談して彼女と後日出頭する事になりました。通訳は無しですが、次の裁判の時には私はほとんど何もしゃべることなく、弁護士がすべてやってくれました。で、罰金を500か600ドル払って、免許停止3ヶ月だったかな。弁護士費用も500ドルぐらいでした。

普通の市民ならあの程度の裁判ならみんな自分でどうにかするわけです。弁護士を連れていたのは私ぐらいなもので、本当に情けなかったです。

それと、前にもこのブログに書きましたが、私の息子が学校で明らかに人種差別を受けたと思って、学校に抗議をしたのですが、その時は日本人の弁護士に頼んだのです。で、その弁護士が校長宛にだした手紙を読んで、なるほど、こういう風に書くのかなんて感心しましたが、自分には絶対にそうは書けないわけで、やっぱり情けなかったです。

たとえば、道を歩いていてテレビのインタビューがあったらどうします?ちゃんときっちりしゃべれるのか。あるいは新聞や雑誌に投稿するような文章が書けるかどうか。公の場で、5分でも10分でも自分の主張をしゃべれるのか。そういう事を考えると、私は単なる旅行者と同じなんですね。もうオーストラリアに18年、その前にも数年あっちゃこっちゃ英語圏にいたのにこんな程度です。今までは、必要があれば通訳を連れて行ったり、会社では常にオーストラリア人のスタッフに頼んでいましたし、考えてみると、自分は全く英語が使えないやつだというのがよくわかります。

その点、マレーシアは楽だなぁ。私より英語が下手な連中がたくさんいるし。

でもやっぱりまるで英語は苦手って人は大変だと思います。常に通訳を雇うか、あるいは常に誰かに迷惑を掛けて助けてもらうしかないんですから。

私もまだまだ英語が苦手ですから、偉そうな事は言えないのですが、英語は苦手だと考えて何十年経つのか。その間にちょっと頑張って勉強すれば結構いい線いくと思うんですよね。駄目だと思う時間があるなら、勉強すべし。と、自分に言い聞かせています。

ネイティブ?なんて言われてみたいもんだ。

これらのリンクを押しますと、それぞれのカテゴリーにある情報満載のブログに飛ぶことができます。良いブログがたくさんあります。是非チェックしてみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *