タイムシェアの価格の調べ方

まず、海外の物件ですが、タイムシェアの市場を調べるのに、一番簡単なのはグーグルの検索で

Timeshare resale

この二つの文字を打ち込んでください。そうすればタイムシェアを販売している会社がごっそり出てきます。

あるいは日本のサイトでしたら、

中古販売会社   ←クリック

のような所があります。

タイムシェア 販売 等と検索すればすぐ出てきます。

ここで一つ注意しないとならないのは、海外のサイトも日本のサイトも同じですが、これは売り側の希望価格という事で、この価格で流通しているわけではないということ。

では右から左に販売される場合、どんな値段なのか調べてみましょう。一番いいのはオークションサイトだと思います。やっぱりeBayですね。

eBay  ←クリック

これで出てくるページの上の方に検索窓がありますので、Timeshare  と打ち込んで、searchボタンを押してみてください。出品されているタイムシェアがごっそり出てきます。

また、過去にどんな出品があり、それらがいくらで落札されたか見る方法があります。ただし、これを使うには、貴方がeBayに登録されていなければなりません。登録するだけなら何ら問題も責任もありませんので、是非登録してみた下さい。

登録が済んだとして、では、スターウッド系を見てみましょう。

スターウッド系 ここをクリック。

次にヒルトンのHGVCです。

次にマリオット系です。

ウインダムです。

結構いろいろ出てきますよね。売買が成立しなかったものもあれば、成立した物もある。また、誰も買おうとさえせずにたったの1ドルで放置されている物もある。

きっとこれらの価格を見るとあまりの安さにびっくりすると思いますが、これが市場価格の最低限と言って良いと思います。

オークションサイトではなくて販売されている会社の多くは、上にも書きましたように、売り主の売りたい価格が表示されているところが多く、実際にはそれで売買されていないということが起きています。というのは、eBayを見てわかるように、今は買い手市場で売るのが非常に難しい時期です。しかし売りたい人はいくらでもいる。そういう人達を狙った商売が今大繁盛しています。

私たちに売るのを任せてくださいという電話やDMが多いようです。そしてその代わり、何百ドル、中には何千ドルという売る為の諸費用を請求してくる。これも変ですよね。売れたらいくら払うじゃないんですよ。売って上げますから、今、お金を払ってくださいという商売です。これらの商売人はかなり口八丁手八丁で売り主に近づき、思わず払ってしまったという人がかなりの数いるようです。

でも、実際には売れない。インターネットでリスト表示をして、広告を出しているだけです。でもたまには売れる事もあるでしょうね。でもそれは少ないというのはその業者のサイトを良く調べればわかることです。ですから、この手の業者のサイトを見て、今の価格はこの程度なんだ、なんてことは考えない方が良いと思います。実際にはもっと下の方で取引されているケースが多い。鵜呑みにせずにいろいろ調べてみましょう。

インターネットの中で価格的にこなれていて、良いと一般的に言われているのはレッドウィークという所。

レッドウィーク  ←クリック

業者から買う場合、そこがちゃんとしているのかどうかというのは非常に大切です。問題ばかり起こしている業者も数多くいるようです。もし貴方が取引したい会社があったとしたら、その評判もインターネットで調べれば結構出てきます。グーグルに会社名を入れて、検索してみてください。

この業者も評判がよいです。  ←クリック

マリオット系はここがお奨めといわれています。  ←クリック

こういうところを見ていると、段々相場観が出来てきます。欲しいリゾートがあったらまずこれらを調べてみたら良いと思います。

これらは全て中古物件です。タイムシェアは車と違い、数年たったから価値が落ちるということは無いはずです。もちろん運営会社の方針が変わって価値が下がったり上がったりする事はあるでしょうが、基本的には新品とか中古の差はないはず。

ところが、販売元のデベロッパーは新規のお客さんが自分たちから買ってくれないで中古市場で買われると困るわけですね。ですから、デベロッパー達は、彼らから買った客と中古市場で買った客を差別するのが普通です。

直接買った新規のお客には様々なサービスが付けられますが、その内容を吟味してみると、中古物件と何百万円も違うほどのオマケではないというのが私が調べた結果です。でもそれでもデベロッパーから直接買う事を選ぶ人も多いし、それはそれで、安心を買うという意味でも良いと思います。

でも、その時に、もし売るなったときにはこういう市場価格しかつかないというのを知っていれば、デベロッパーの甘い言葉をそのまま信じることなく、買い手としての要求をきっちり伝えて、普通以上のインセンティブを引き出す事も可能かも知れません。

また、タイムシェアを使っているうちに、家庭の事情なり、気持ち的にも変化が出てきて、違う場所に行きたいとか、あるいは行けなくなるケースもあると思います。その時に売ってしまうのも一つの手ですが、とりあえず、自分の権利を貸そうとする人も多いんですね。ですからそれを使う手もあるということ。まず、自分が欲しいタイムシェアがレントで貸し出されていないのか調べてみたらどうでしょうか。

レント物件 ←クリック

自分の行きたい時にちょうど合う物が見つからないかも知れませんが、その時には、日程は調節できますという売り主に相談するのも良いと思います。これらのレントの料金は、そのタイムシェアを買って毎年支払う諸経費とほぼ同等、中には諸経費より安いのではないかと思うものさえあります。ですので、自分でタイムシェアを買うより、その時その時、行きたい場所を選んでその時だけの権利を買うのも一つの手だと思います。

これは非常に有効なタイムシェア利用の一つの考え方だと思います。初期費用として何百万、なおかつ自分が死んでも子々孫々まで相続人が払い続けなくてはならない義務がある毎年の経費とは無縁でいられるのですから。売るときには二束三文になる悔しさもないし、また売れるかどうかもわからないなんて心配する必要もなく、好きなときに好きな場所に何度でも行けます。
(3年間だけのリース契約のタイムシェアがあるというのは前にも書きました。RCIポイントがかなり安く手に入ります。3年後嫌なら知らん顔していれば権利は自動消滅。継続したければ継続手続きをとるだけ)

レントに関しては上に上げたレッドウィークで調べるのも結構良いと思います。

その他、Timeshare rent と打ち込めばレント物件を紹介している多くのサイトも見つかりますので、調べてみてください。

また、タイムシェアに関しては大きな二つの掲示板が存在します。これを読めばほとんどのことがわかると思います。売り物件やレント物件も出ています。またどこの権利はいくらが妥当かなんてことも聞いてみると理論的にちゃんと説明してくれます。お奨め物件などを聞いてみるのもいいのではないでしょうか。

TUG ←クリック

TS4MS   ←クリック

日本国内のリゾート販売に関してはまずここにアクセスしてください。

アスレ  ←クリック

その他の業者ですが、例えばエクシブなどのリゾートトラストの商品を扱っている登録業者が良いと思います。それらはここに書いてありますので、検索でそれらの業者のサイトを探したら良いと思います。また取引の注意点なども参考になります。

11の登録業者  ←クリック

このブログを始めたきっけけはマレーシアへ渡るということから始まりました。そしてマレーシア関連で知り合った方々の中には頭に血が上っている方がいらっしゃるのを発見しました。そしてひょんなきっかけで私もタイムシェアの世界に入りましたが、これまた調べれば調べるほど頭に血が上ってる方々がいらっしゃるのに気がつきます。

頭に血が上る事が悪い事とは思いません。恋をしているのと同じ状態ですから何よりも楽しい時期だと思います。ただし、そういうときには自分がやりたいことに都合の良いようにしか考えない傾向があるのを忘れてはいけないと思っています。

私はもうすぐ定年退職の世代ですし、あまり頭に血を上らせて冷静さを失って、失敗も無駄ももう許されません。ですので、夢に舞い上がることなく、冷静に判断して、ましてや現役時代のように使いたいだけ使えるお金があるわけでもないですから、ボケてきた頭も使ってどうにか効率的に人生を楽しもうと思っているわけです。

そして私が知り得たことは、きっと皆さんと何かの縁があるのでしょう、このブログを見に来てくれた方々には隠すことなくお知らせしようと思っています。

ただし、私のブログも含めて、ブログに書いてある事は信用しないというスタンスは重要だと思います。これはあくまで情報、噂と思ったいたほうが良い事が結構あります。これは業者にも言える事で、業者だから間違いがないと思ったらそれこそ大間違い。こういう権利の売買は契約書が全てです。セールスマンの言ったことでも契約書に書いていない事は何もないのと同じです。特に海外の場合は、売らんが為にかなり大げさな説明があると言われています。ですから、信用できる業者を探すのも大切ですが、たとえ大手だとしても契約書に書いていない事は口約束でも駄目ということ。ましてやブログはまた聞きや誤解の宝庫であることを忘れずに。私もいいかげんですからね~~。

Enjoy happy timesharing !!

これらのリンクを押しますと、それぞれのカテゴリーにある情報満載のブログに飛ぶことができます。良いブログがたくさんあります。是非チェックしてみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

タイムシェアの価格の調べ方” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 753437724e74614d634868657439436874377861777758506e4635716d4851437c84ce3c375b3e38754fed3c3cd9ea8553c590f811bd540e011398e6bb704cbd
    >自分でタイムシェアを買うより、その時その時、行きたい場所を選んでその時だけの権利を買うのも一つの手だと思います。

    情報ありがとうございます↑これが私的には好みです

  2. SECRET: 0
    PASS: 794641534b427665504831625776675638645a55425a417172484c55356c55593b2483286b9e211c7bcbf747d677095cc87d24487ba01a2a7b9febceb26e220e
    実は、正直なところタイムシェアって調べれば調べるほど、考えれば考えるほど買うもんじゃないなぁ、って気がしてきます。

    物事には良い面悪い面いろいろあるわけですが、タイムシェアの悪い面を考えると、あまりにも不利な点が多すぎます。夢に酔っている間は良いけれど、冷めたときの衝撃、面倒くささも多すぎる。

    こういうのはデベロッパー側からの考え方をしてみると結構わかるんですよね。ホテル事業ではなくて、あるいはホテルをタイムシェアに変換したり、どうしてそんなことをするのか。どうしてこれだけの数のタイムシェアデベロッパーがこの20年、この業界に参入してきたのか。素晴らしい物件を作って、素晴らしいシステムで、それが民衆に受け入れられたからなんてことじゃないと思っています。

    と、言いつつもう少しのめり込んでみようと思ってますが。^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *