RCIジャパン

RCIジャパンに電話していろいろ聞いてみました。

○ 一年の利用は全部で3000件ぐらいである。
○ エクシブの会員はサンメンバーズよりプライオリティがある。
○ エクシブ会員が差し出す7日分の権利と、7日分のシティー券に格差はない。
○ ハワイのヒルトンはこの数年、ほとんど物件そのものが出てこない。
○ ウィンダムの物件はかなり出てくる。

ま、こんな程度なんですが、RCIジャパンの大株主はエクシブのリゾートトラストで、彼らの意見、方針がかなり入っていると思われます。

彼らのシステムで変だと思うのはサンメンバーズや一部のエクシブ会員が持っているチケットの扱いです。これはメンバーには好都合なのですが、本来チケットは一泊に付き、一人一枚。二人なら2枚必要ですよね。4人なら4枚。

ところがRCIの交換に出す場合、1日1枚でOK。1週間で7枚。4人まで泊まれちゃう。日本国内での普通の運用なら、4人なら1週間で28枚必要になるはずですね。でも7枚でOK。一枚あたりのコストを考えるとかなりお得。逆を言えば、エクシブの会員が差し出すのは7日分の権利で、これは人数には関係ないですからチケットと比べたらかなりの損になる。

エクシブ会員の方にプライオリティがあるとははっきり言っていましたが、ではどういうプライオリティかと聞いたところ、お茶を濁した答えでした。

ただし、今日、ハワイのどこかを交換希望と出したとしますよね。サンメンバーズとエクシブ会員と同時に(こんなことは有り得ませんが)。そしてハワイに物件が出た場合にはエクシブ会員が優先されるとのこと。これははっきり言っていました。

でも基本は先に要望を出した方が優先されるわけで、もしサンメンバーズが1ヶ月前に要望を出していたとしたらどうなるか。残念ながらその辺の明確な答えはありませんでした。逆を言うと、当然先に出したサンメンバーズに権利がありますとも言わなかったし、後から出したエクシブ会員に優先権があるとも言わなかった。

また、交換パワーに関しては、エクシブ会員が差し出したクラスとか場所、日にちにも関係ないようなことを言っていました。サンメンバーズと同じようなシティー券を持っているエクシブ会員がいるわけですが、要望を出す時には何を差し出すか決める必要がない(会員番号だけで要望を出す)とのことで、決まってから、シティー券を出すのか、部屋の権利を出すのか決めればいいとのこと。つまり、シティー券を出した方がはるかにお得という事になります。

これを聞いてわかったことは、やっぱり場所とかクラスによる交換パワーは基本的にはないのかもしれないということ。ここは定かではありませんが、そういう差があるような感じの話は一切ありませんでした。

また、リゾートトラストがRCIに実際に交換用として差し出すのは、リゾートトラストとしてバルクスペースバンキングをしている物件で、たとえエクシブのオーナーがどの場所のどの時期のどういうクラスを交換に出そうと、それがRCIと通してそのまま交換対象になるのではない。

ここが本家のRCIでもそうですが、ブラックボックスなんですよね。良い場所が出たら自分のグループ内で流通させた方が価値があるわけで、外に対してはどうでも良いところを出せばOK。でもそれじゃクレームも増えるから、適当に調節する。

RCIジャパンの取扱量が年間3000件(日本国内含む)ということで、量としてはそんなに多くないと思いました。ですから、サンメンバーズとエクシブ会員とで取り合いになるケースは私は少ないと考えています。ほとんどの方々の行きたい時期、行きたい場所は同じだろうと思いますが、だいたいそういう時期にそういう場所へは他からの要望も多いはずで、サンメンバーズもエクシブオーナーも取れないと思うのが正解のはず。ですから、どうやったら取れるかを考えても無駄な気がしています。理屈はわからなくても、取れたらラッキー程度なのではないでしょうか。

基本的に、使わないから交換にだすのであって、また管理会社もピーク時の良い部屋を出そうとはしないわけですから、ピーク時に良いところが取れる方が変ですよね。

ですから、私としてはRCIを使うならサンメンバーズで充分だし、時期としては大きな範囲で、場所にしても広い範囲で、なおかつかなり先の期間を要望に出せば取りやすいのだろうと思います。これは本家も日本も、あるいはどこのRCIでも同じだろうと思います。

私としてわからないことは、この交換システムを、交換できればラッキー程度と考えるべきなのか、それともローシーズン利用が主で、どこそこのリゾートという特定の要望を出さないのであれば積極的に使えるほど交換がなされるのか、その辺が疑問です。

これは数年に渡って使い倒した方がいらっしゃればわかるのでしょうが、残念ながらそういう方の話はまだ聞いた事がありませんし、ブログを検索してもRCIジャパンを使い倒している方のを見た事がありません。

また、困るのは、誰それがどういう交換に成功したという話があっても、ではそれが他の人にも誰にでも出来るのかというとその答えは誰もわからず、トライしてみるしかないということ。

このあてに出来ない交換がどの程度利用価値があるのか、その辺を早く実践してみたいです。

私としては本家のRCIの物件を見ながら、RCIジャパンに交渉をしてみるのが面白いと思っています。交換対象はありません、なんて言われて、ハイそうですかとは答えたくありませんから。また逆に本家には出ていない物件でも各国のRCIにそれぞれ割り当てやプライオリティがある場合もあるかもわからず、RCIジャパンを通したら交換できたなんてこともあるかもしれませんね。

これらのリンクを押しますと、それぞれのカテゴリーにある情報満載のブログに飛ぶことができます。良いブログがたくさんあります。是非チェックしてみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *