エクシブが安い!

まぁ、エクシブの値下がりも怖ろしいくらいで、逆に持っていない方から見ると買いたくなる価格になってる。

私たちは日本に一時帰国したときに住むところも無いし、ホテルということになるんだけれど、いくら安くなるとか無料アップグレードがあると言ってもインターコンチネンタルやクラウンプラザばかりに泊まるわけにも行かないし、かといって、小さな部屋の真ん中にベッドがあるだけのビジネスホテルも悲しい。で、やっぱりエクシブとかサンメンバーズが気になるわけです。

リゾートは当然都心にはないわけだけれど、サンメンバーズなら拠点となる大都市にシティーホテルがあって、3000円ちょっとで泊まれる(宿泊権利の単価をプラスしても5000円以内)。二人だと倍。これだったら結構長く泊まれそう。そして熱海だ箱根、その他の観光地でゆっくりできる権利があったら文句無し。

当然、空いていなければ泊まれないわけだけど、今のご時世だと買い手市場のようで、ましてや我々みたいなハイシーズンには行かない旅行パターンならどうにかなりそうな気がしています。サンデー毎日の特権を利用したい。

で、エクシブも安いのがあるので、よし!買おう!!とその気になったわけです。

ところが~~~~~~~~~~~~~~~~

海外在住者の方にはご遠慮いただいておりますとの事。なんなんだ~。

法律的に問題はないのに、どうして今時こういう閉鎖的な事を言うんでしょうね。とは言いつつ、もっともだとも思いますわ。毎年の諸経費をちゃんと払い込んでくれているなら良いけれど、どこにいるのかもわからなくなったり連絡がつかなかったら確かに困るわけで、そういう例が過去にあったとのこと。

でもねぇ、一般不動産も同じで、税金も何も払わないでどこかに消えちゃったとしてもその物件は当然差し押さえができるわけでしょ。そうすりゃ、逆にボロ儲けじゃないですか。

しかしこれも、日本国内で今普通に、それも多く起きているケースで、支払っていないからすぐ差し押さえというわけにもいかず、やっぱりいろいろあるんでしょうね。

そういえば、ヒルトンだとかマリオットのタイムシェアでも毎年のメインテナンスフィーを払わない人の%が3-5%あるそうです。そのデータの出所も信憑性もわかりませんが、これって運営会社にしてみると困るでしょうね。また既存のメンバーにその分が転嫁されると考えるのが妥当で良い事なし。

ちゃんと払うべき物は払えよな~~。で、私も払うから買わせてくださいな~~。

しかし、エクシブ安いですわ。売り出し時の7分の1ぐらいかな。インターネットに広告が出てますよね。どこがいくらって。ところが個別にそういう業者に聞いてみると、もっと安いのがあったりする。びっくりした~~~~~~。

どこかの掲示板に、売れないし面倒だからあげるよ、なんていうオーナーもいると書いてあったけど、このタイムシェアというか会員制リゾートの世界で今起きている状況って最悪みたいね。海外も同じ。

で、安く買えると喜んで買ったら運営会社が潰れちゃったりしてね。^^;

それと今考えているのは、スターウッド系のタイムシェアなんですよ。これもご多分に漏れず大安売り状態だけど、これをうまく利用すると飛行機会社のマイレージにポイント移行できて、マイル単価を考えると決して悪くないのがわかりました。

前にも書きましたが、私はもしJALのマイルがキャッシュで買えるならいくらでも買いたいくらいです。3円以内ね。で、スターウッドのスターポイントってのはJALのマイルに交換できて、20000ポイントで25000マイル手に入るんです。その為だけにわざわざスターウッドのポイントをキャッシュで買えるプログラムを利用して4万ポイント買った事があります。

で、スターウッドのタイムシェアもポイントの単価が場所によって違うわけですが、安いところ、例えば The Westin Kierland Villas なんてところだと$1,252,76でその権利は8万ポイントと交換できる。つまり1ポイント1.5セント。これって驚異的な安さで、これをJALのマイルに交換すると1マイル1.25セント。安いなんてもんじゃありません。このタイムシェアを持っているだけで、日本ーオーストラリアの往復航空券2枚ゲットできる。

今まではポイント制タイムシェアのポイントをマイルに替えてもまるで採算が合わないと考えていましたが、採算が合うタイムシェアもあるということ。でもどの場所のタイムシェアでも同じかというと、そうではないし、他社の例えばヒルトンの場合は全く駄目だし、マリオットの場合はHotel/Airに使う場合にはokとかいろいろ。

また、ホテルでいうところのエリートステータスとか、タイムシェアのポイントをそのホテルのポイントに変換するとか、これらはリセイル物件ではなくてデベロッパーから直接買わないと駄目だというのが普通。これもデベロッパーから高く買ってもらう為のインセンティブの一つなわけですね。でも、リセイルを買っても後でこれらの権利を得る道というのもスターウッドには存在するのがわかりました。

エリートステイタスって、もってるでーー、みたいに見せびらかすものじゃなくて、私のインターコンチネンタルのロイヤルアンバサダーもそうですが、かなり使い道があります。で、スターウッドで言うと一番上のプラチナ。これももらえたらかなり使える。タイムシェアでこれをもらえたら、一生そのステイタスは維持ですし、それにはかなりお金も掛かりますが、いいなぁと・・・・・

しかしまぁ、私って本当にケチというか細かい計算をする嫌なやつだと思いますわ。アメリカ人の書くタイムシェアの掲示板を見ていると、多くの人がケチ臭い計算をしているので、それが普通みたいに見えてきますが、日本のタイムシェア情報を見ていると皆さん優雅なんですよね。あんな感じでリゾートじゃなんじゃと言える人が羨ましい。

でもま、まだまだアメリカ人達のやり方を研究したいと思います。ケチばかりじゃないけれど、タイムシェアってのはお金持ちの道楽ではなくて、逆に、お金を使わずに楽しむためのシステムという風に定着している感じがします。とは言いつつ、おおーー、すげー金持ちーみたいな人も結構いますが、でも何も考えないで何千万も使うような人はやっぱりいない。というか、そういう人は情報交換の掲示板なんかに来ないんでしょう。

不思議なのは、タイムシェアの持ち数ですが、複数と言うより、10以上持ってる人が結構いるんですよ。ああいう人達がどういう計算をして、どういう遊び方をしているのかもっと詳しく知りたいというのが今の私の興味。

それとポイント制である WorldMarkってな大きなリゾートクラブがあります。Wyndhamっていう世界一大きなタイムシェアの会社の子会社ですが、(ちなみにRCIもIIもこれの子会社)これもよさげなので調べています。グループ内での交換は元より、RCI、IIでも交換が出来る。で、ここの良さは一言で言うと、普通は交換のためのポイントですが、WorldMarkは予約のためのぽいんとであるということ。ホームリゾートとか1年の第何週とかそういう観念がない完全ポイント制です。交換と予約、これって似てるようで全く異なるんですね。1週間毎でなくても良いというのも良い点。で、これを私はオーストラリア、ハワイ、そしてIIの交換目的に使おうかと考えています。

前にも書きましたが、私の頭の片隅にいつもあるのがマリオットのプーケットなのですが、マリオットのタイムシェアなり、ASと言われるポイント制のタイムシェアを何百万もだして買わなくても、このWorldMarkを使うとその何分の1のお金でマリオットのプーケットに行ける計算になります。マリオットのプーケットに関しては、交換でかなりの量がでているという情報で、あえてそこを買う必要はないというアドバイスももらっています。その人はWorldMarkを使わずとももっと安いタイムシェアで充分交換できると言っていますが、私のような初心者にはではどうしたらいいのかがまだわからない。この辺は経験がものをいうんでしょうね。

私としては、年間に1週間程度遊びに行くのなら、タイムシェアを使わずとも好きなところへ好きなときに行けば良いという考え方を持っています。でも、10週間以上となると、金銭的に大変な額になるので、タイムシェアを安く効率的に使う事を考えざるをえないということ。

これらのリンクを押しますと、それぞれのカテゴリーにある情報満載のブログに飛ぶことができます。良いブログがたくさんあります。是非チェックしてみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *