明後日からマレーシア~~~

7日の夜の便で出発。20日に帰ってきます。今回は嫁の希望でエアーアジアではなくてマレーシア航空を使います。

MM2Hの許可が下りたのでそれをもらいに行くだけの旅です。

好きなことをしていていいねぇ、なんてよく言われるけれど、本当に好きなことが出来ているとは全く思っていないんですよ。私がしたいことは、日本に在住して海外なんて行きたいときに行きたいところへ行けばいいだけのことだと考えています。

こんなことを書くとマレーシア大好き人間からは文句が出そうだけれど、これが私の本音。

私には仕事がないと思ってる人が多いみたいだけど、収入がなければ生きていけないのは同じで、収入を得るためにしていることはそれを仕事だと私は考えています。何も毎日何時から何時までオフィスに出るとか、身体を使うのが仕事だとか、お給料をもらえるのが仕事だとは思っていません。

で、そういう意味での仕事とか将来のことを考えると、今オーストラリアをちょっと離れてマレーシアを拠点にした方が手取り収入も増えるし、まだまだお金がかかる子供達にやりたい勉強をやらすことができるわけで、マレーシアが好きだから行くわけでもなんでもありません。

消去法で選んだのがマレーシアです。

でも将来のためにも今行くべきだというのが私の結論。将来の為に転職を考えるのと同じ事です。ただ、そういう結論を出したのは私の勝手で、嫁にしてみるとなんでそんなことまでするのか?ってことなんですね。

本当は行きたくないと思う気持ちは嫁も同じで、というか絶対に行きたくないと思っているのが嫁で、このことが原因で病気にまでなってしまいました。ストレスが原因のある病気です。

で、その病気そのものがまたストレスの原因となるわけで悪循環に陥っています。嫁は今では買い物にも出ませんし、人に会うことさえ嫌がります。完全な引きこもり状態で、家に遊びに来る嫁のほんの一握りの親友との付き合いがあるだけ。そんな状態のマレーシアには絶対に住みたくない嫁を明後日無理矢理一緒に連れていきます。

ストレスなんて心の持ちようでどうにでもなる、なんて思うのですが、そういう考え方って他人事でしかないわけで、本人としては努力してもどうにもならないことってあるんだというのが今回よくわかりました。彼女は彼女なりに努力して、理性で感情を抑え込もうとしているのがわかります。だからこそ病気になったのだと思います。

私にしてみれば、我が家の将来を考えていろいろ計画しているわけで、自分が真にやりたいことなんか全く出来ない状態です。経済環境の悪化とか、子供達の将来の不安、嫁のストレスと病気。そんなものに囲まれて一体自分は本当に何をするべきなのかがわかりません。今の計画が本当に我が家のためになるのかどうかもよくわからない。全部放り投げて、お前ら好きに生きろと言いたいです。

でもやっぱりこの計画でやっていこうと今は思うわけです。自分のストレスなんて感じてる暇もなければ愚痴をいう相手もいない。ここにちょっとそれをぶちまけることしかできません。

マレーシアも嫌だ嫌だと思って行けば嫌なことしか起きないだろうけれど、想像も出来ない喜びがそこにあるかもしれない。そんなあてもない小さな小さな希望だけを持って明後日マレーシアに旅立ちます。

フト思い出すのは、18年前にオーストラリアに渡った頃の事。オーストラリアへ移住と決めたのもほんの出来心みたいな感じでしたが、気持ちは完全にオーストラリアへ飛んでいました。そこは別天地、明るい未来、天国のような生活が待っているような気がしていました。

これはある意味大当たりで、ある意味大はずれでもあったのですが、今振り返って見てもオーストラリアに来たのは大正解であったと思うし、そしてオーストラリアを第3の故郷(第2はグアム)と思う気持ちは強いものがあります。

私が気になるのは、あの当時のような舞い上がった気持ちが今はまるで無いって事。オーストラリアが良くてマレーシアが駄目ということではなくて、きっと歳とか今の精神的な状態もあるんでしょう。あるいは生活そのものに関して今の状態になんの不安も不便もないのにこの場を離れなければならない事に対する不安感と悔しさみたいなものが同居しているような気もします。

オーストラリアへ渡った頃は日本を出たいという欲望が非常に強く、オーストラリアの事なんか何も知らないのにオーストラリアに渡れることそのものが喜びでした。しかし今、オーストラリアを出たいという欲望は全くなく、できることならこのままここを拠点にして日本と行き来をしたいくらい(将来は日本在住が夢)。マレーシアに関してはあえて住むこともなく、行きたいときに行けるならそれが一番。

こんな気持ちでマレーシアに行くのは気が重いのですが、逆を言えばマレーシアには何も期待していないって事。これって経験者にはわかると思うのですが、期待がないことほど強い事ってないんですね。期待がなければ落胆もないってことです。良いことしか起こらない。そういう意味ではオーストラリアでは落胆と希望が入り乱れたわけのわからん生き方をしてきました。

マレーシア賛歌を歌いあげる人はいっぱいいるし、マレーシア関連で知り合った人はそういう人が多い。でもオーストラリアもそうであるように、みんながみんな幸せで渡って成功しているわけではないんですね。夢破れて帰った人もいる。渡ったことが原因で家族がバラバラになった人もいる。離婚したなんてのもびっくりするぐらい多い。あるいはいろいろ事情があって一人で滞在している人も少なくない。これはきっとマレーシアも同じだと思うんだけれど、そういう人達は多くを語らないし、語るとマレーシア応援団から叩かれるんでしょう。ちょっとでもマレーシアの気に入らないことでも書こうものなら、応援団が大騒ぎする傾向があるのはもうすでに気がついていますし、余計なことは言わずに、夢を見たい人の邪魔をする必要もないと思っています。

それどころか、私も夢を見られるものなら見てみたい・・・・

いろいろな人がそれぞれいろいろな夢を持ち、あるいは様々な事情を抱えているわけですが、マレーシア賛歌ばかりが大声で歌われている中、我々のようなタイプの渡航者は受け入れられるような土壌が無さそうに見えるのに困っています。

中には、そう思ってもそれをいちいち表面に出さずに、マレーシア賛歌を一緒に歌ってさえいれば平和なのさという人もいるでしょう。でもそれが出来るような器用さを我々夫婦は持ち合わせていない。

クアラルンプールそのものは生活上問題があるようにも思えないし、やっていけるという確信はあるので、是非とも何か私や嫁の心に火をつけてくれるものを探したいと思っています。

あ、そうそう。こんなブログを読んでる人は多くは無いわけですが、ブログ関連で知り合った方と前回偶然KLで出合いました。非常にいい方で嫁もこういう人がいるならKLも楽しいとまた再会を楽しみにしていました。ところがその方がKLを引き上げて日本に帰ってしまいました。まぁ、嫁の落胆たるや私もびっくりするぐらいで、私も残念で仕方がありません。

海外に住んでいると人との出会いの喜びより、別れの悲しみの方が大きいんですね。会ったばかりは見ず知らずの人ですから感激なんかしないのが当たり前ですが、別れるときには友達との別れです。そんな涙の別れを今まで何度私たちは経験したでしょうか。

ある時期、日本から渡ってきた人達、特に駐在組との付き合いはほどほどにしようと、無理なことですが、そんなことを決めた事さえありました。どんなに仲が良くなっても必ず別れが来ますから。海外での友人関係ってのは当然相手次第ですが、私たちの今までの付き合いはほとんどが家族ぐるみの親戚以上の付き合いをしてきました。みんな知り合いもなく、親族もいない外国へ渡るわけですから、知らない家族同士で助け合い、親族以上の繋がりが出来ることが多かったです。だから別れの悲しみも半端ではありませんでした。

これから私たちが新参者としてマレーシアへ渡ることになるわけですが、どんな出会いがあってどんな付き合いが生まれてくるのか楽しみです。ただ、今の時点ではその楽しみより、もう早速私を排斥しようと動く人がいる状態にひょんなことから陥ってしまい、そのこともマレーシアへ渡る事に関して気が重い一つの原因でもあります。出る杭は打たれるというやつを早速体験しました。

行く前からマレーシアの日本的村社会に足を突っ込んでしまい、全くバカなことをしたと反省しています。www

仮面を被った表面ヅラの良い人ではなくて、お互いにそのままの自分をさらけだしても平気で付き合える方と出合いたい。これは日本人とという意味ではなくて、マレーシア人、中国人、そして私がちょっと楽しみにしているのは、私も付き合いに慣れている陽気なオーストラリア人も含めてです。そんな方々との出会いがマレーシア滞在がうまく行くか失敗か決定づけるのかもしれないと思ったりします。

反面、あちこちのブログを見ていますと、付き合いはほどほどに自分たちのしたいことをどんどんやって行く方々も散見できます。ゴールドコーストでも日本人の面倒な付き合いが嫌でこちらに渡ってきたという人も少なくないんですね。これはこれで素晴らしい選択だし、これがきっと正解だと思っています。ただ私が心配なのは嫁です。私も変人だという自覚がありますが、嫁もちょっと変わっておりまして、人生で一番大事なのは友人だとはっきり断言するタイプです。彼女がゴールドコーストを離れたくなり理由も実はこれなんです。ゴールドコーストの友人と別れたくないんですとさ。

嫁が同じように感じる友達がマレーシアに出来れば、今度はマレーシアを絶対に離れたくないと言うんだろうと思いますが、まずはその辺に留意して嫁中心の友好関係を築かないとマレーシア滞在は失敗するだろうと読んでいます。

どうなることやら。あーー面倒臭い。

ちょっと気が沈んでいるので、ここで一曲ハッピーモーメントという自作曲を。

これらのリンクを押しますと、それぞれのカテゴリーにある情報満載のブログに飛ぶことができます。良いブログがたくさんありますよ~~。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

明後日からマレーシア~~~” への7件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 7a74335554325434315469333252356c684f4c344b3141634b6763786e4d4d478d42c388437e90a7c424a81caccf79eed257143a642cf3dbaf3345375ac5b633
    同感ですね(マレーシアに関しての考え方が)でも僕の方はdabo_gcさんほどは「肩に力が入っていない」かも知れません。どうも日本の方は「海外に移り住む」というと構えてしまって。僕なども若い時から日本、アメリカ、オーストラリア、日本、オーストラリア、マレーシアと転々として来ましたが。未だにフットワークは軽い方だと思います。
    今回のマレーシアも仕事のチャンスがあるから事務所まで開いたんで、確かに仕事の環境は「せっかち」な僕には合っています。まぁその商売で接するのが殆ど華人達ですからそうなのかも知れませんが。例えば僕の秘書の女の子などはよっぽど同じ年齢のここの(ゴールドコースト)の子達に比べれば仕事は速いし、気が利きます。で、コストは半分以下ですからね!

    僕の場合も中近東(ドバイなど)、東南アジア(インドを含む)での仕事のチャンスを考えて色々廻ってみたのですが、やはり消去法でマレーシアになったんです。別に大好きで住みたいと強く望んでいる訳ではありません。また旧英連邦の国ですのでオーストラリアの法律などの法体系が非常に良く似ているのも魅力でした。

    僕もかなり早い段階からMM2Hを検討しましたが仕事の上でのプラス面が見いだせなくてPendingになったままです。それに何時でも取れると思うと急がなくてもと思ってしまいます。それこそ「猫の目」の様に変わるオーストラリアの移民政策とは違いますし・・・・。

    現在の処、行ったり来たりで、「気に入ったら住めば良いし、そうで無かったらいつでも止めよう」と思ってます。」そういう風に奥様も考えて戴いたら気が楽になりませんか?
    かと云って「死ぬほどつまらない(刺激のない)」ゴールドコーストでこのまま朽ち果てるも嫌ですが、もしマレーシアが駄目ならまた新しい所を探すだけの事です。僕はdabo_gcさんより結構年上で「その歳で良くやるよ」なんて良く云われます。(特に日本の友人達)でもそれこそ僕に云わせれば良くあんな国に皆黙って大人しく座っているなと思いますが・・・・。最近の日本は嫌です。政治も経済も社会のシステムすべてdefaultではないですか?(活気を感じられない←これが一番僕には堪えられない!)

    そうですか、そちらは20日からですか?こちらは月半ばから月末までマレーシアですが、今回は仕事の関係で地方のドサ廻りです。野生児の僕は田舎はどうなのか楽しみなんですが、でも伝染病(デング熱など)は恐いですがね!

    マレーシア航空も良いですがあの行き帰りの時間帯なんとかならないですかね?こちらはバンコック経由、シンガポール経由と色々やりましたが、時間のロスがもったいなくて渋々エアアジアを使っております。(笑)
    ではお気をつけて行ってらっしゃい!

  2. SECRET: 0
    PASS: 3244544f6e5030496e4548393462496d6173704233516445504b374a77474169838f1713149f95dca8d0cda6f2cff4f18899bc5341c482ab56e528fb1b472eaa
    すいません、7日と書くところを20日にしてしまいました。訂正して下さいませ!

  3. SECRET: 0
    PASS: 546b67516d4f426c614f5646364c55494341536949556f4174525a767a726e7a1f8425a00d382a05a4f5078b1bc84fdbeb0da96f5be697a76b69a3bf47d0c15f
    奥様には早く良くなっていただきたいですね。家族が一番大切ですから、dabo_gcさんにとっての最大関心ごとでしょう。
    体に悪影響を及ぼすもの総てがストレスですから、無理して克服しようとせず好きな事にマイペースで集中出来きれば段々と回復していかれるんでしょか。

    長期滞在関連を商売にしたい人には滞在先の不利な情報は目の上のタンコブかも知れませんが、私と妻の様に海外生活が未経験の者にとって、つい希望と期待を抱いてしまう傾向が強く、過剰の思い込みをしない為には大変有益な情報です。
    私達も相手の人柄や目的がはっきりするまでは適度な距離でお付き合いを心がけようと考えます。

    dabo_gcさん御夫妻がマレーシアで良き友人に出会えますようお祈り致します。

  4. SECRET: 0
    PASS: 554e34664f765142434b513639355a7a394f416a6969734975487a4346756259cfa20f2261aa22ed3037a9be6402eee5712f910b9b8c7ecbca56fd0edcfde065
    ジャカランダさんは本当にフットワークが軽そうですね。羨ましいです。私自身は放浪癖があるんだろうと思っていましたが、いや、そうでもないのかもしれないと最近思うようになりました。それともまだ子供が二匹ぶら下がっていますし、放浪癖どころかお尻に根っ子が生えたような嫁がいるので我慢してるのか。

    将来はまったく未知数です。一体どうなることやら。

    ジャカランダさんのお仕事も面白そうですね。私はもう会社社会から遠ざかってしまったので浦島太郎みたいな感じでなにもわからなくなりましたが、根っからの商人ですし、商売に関する興味はまったく消えていません。いつか面白い話でも聞かせてくださいね。

    草ちゃん、お久しぶりです。

    わたしのブログは情報提供と言うより、愚痴の掃き溜めでしかないような感じですが、とは言うものの普通の人が書かない、しかし事実であることを中心に書いて行きたいといつも思っています。

    現地の情報も非常に大事で、私も多いにあちこちの情報を利用させてもらっていますが、実はそれよりもっと大事なことがあるんですよね。心の問題とでも言うべきでしょうか。成功不成功の一番の要因は心にあるんですね。ですから、夢を抱いて舞い上がるのも楽しいし良いことではありますが、足をすくわれる危険と同居しているというのが現実であると常々思っていますし、ちょっと視点を変えるのも良いことだと思うんです。

    巷にはいい話ばかり溢れています。これはそれに絡む業者さんの意向もあるのと共に、私はマスコミが悪いと思っています。光と影があって一つなのに、光の部分しか報道していないように思われます。幸せ~~、最高~~っていう人と、泣く泣く帰って行った人達の比率ってどんなものなのかそれが気になります。ゴールドコーストに限って言えば、そして私の知っている範囲で言えば、この18年でしょうがなく帰って行った人、見捨てられて一人寂しく死んでいった人、家庭生活がうまく行かず離婚した人、別居した人、お金が尽きてしまった人、家族がバラバラになった人、そういう方々の顔の方が多く目に浮かびます。

    最初の頃は皆で夢を語り、この世の春を独占していたのに時と共に一人減り、二人減りと、今ではかつての知り合いはほとんど残っていない状態です。

    様々な事情があるわけですが、しかし大きな共通点を見付けることが出来ます。それは計画に無理があったこと。それは金銭的なことであり、仕事であり、また家族の意向であったりしますが、自分の夢を実現させたいが為にごり押しをした、小さな問題を無視したということだと思います。

    引き上げる人達と話をすると、そういう兆候なり危険を最初考えなかった、想像もしなかったという人は希です。うっすら気がついていた。でもどうにかなると思ったし、どうしても来たかったという声が多かったです。

    人の振り見て我が振り直せの言葉の通り、他人に起こることは自分にもいつか起こることだろうと考え、私は常に注意を怠らなかったつもりです。で、どうにかここまでやってこれた。

    そういう経験を通して見ていると、来たばかりの危ない人ってすぐわかるようになるんです。だいたいパターンが決まってるんですね。日本での仕事内容、こちらでやろうとしていること、誰と組むかどの企業に支援を求めているかなどを聞くと、ああ、この人は欺されるだろうな、あるいはもうすでに欺されているなとか、1年は大丈夫でも3年は無理だろうとか。友人達と一緒になってそういう方々に何か気づいて欲しいと思って活動したこともあるのですが、それは余計なお世話でしか無く、逆切れされたこともしょっちゅうでした。

    ゴールドコーストでは欺されたという話がいくらでもありました。500万円の土地を2億で買わされたとか、信用した弁護士にうまくやられた、自称コンサルタントにやられた。ビザを取らせるからと5000万円の投資資金をだまし取られた、等々。その手の話は枚挙にいとまがありません。何も知らないで来た日本人をグループ内で回して儲けることをやっていたワーホリ上がりの連中もいました。何度か旅行に来る間に特定のガイドさんと仲良くなって、しまいには別荘の購入、管理までお願いする仲になって、結局だまされてしっかりぼられたとか。また情報を流す役、不動産屋、便利屋、そこに弁護士もからんだり金を持って入ってくる日本人から儲ける一大ネットワークがあったようにさえ感じます。

    日本でちゃんとやってきてしっかりした人達がだまされたり、不用意に法律を犯してしまって失敗したり、家庭不和が噴出したり、本来あり得ないことが起こりました。そしてその原因は何かというと、なんのことはない「舞い上がり」なんですね。家族間の問題もこの「舞い上がり」に比べたら小さな問題とされてしまう傾向があります。

    こちらの友人である日本人公認会計士が言ってました。成田から飛行機に乗った瞬間、みんなの理性がどこかに行ってしまうんだそうです。

    笑い話のようですが、それが起きてしまうんですね。実は私も大きな詐偽にあったことはないのですが、気持ちが舞い上がった状態で決定して、あとで後悔したことは何度もあります。

    ですから、本来なら、マレーシアにしても、舞い上がっている頭をちょっと冷やしてみてくださいと在住者は言うべきであると思うんですよ。ところが現実はそうではなくて、もっと舞い上がれと煽っている様な方々が目立ちます。

    きっとその方々もまだ舞い上がったままなんだろうと私は思っているんですが・・・

    またオーストラリアの場合は、新規の流入量が減っていますので帰る人が目立つ。しかしマレーシアは逆に新規が多いので帰っていく人は目立たないのかもしれませんね。いつかある程度の年月が経ったときに、定着率や満足度なんて統計を見てみたいもんです。

    まぁ、誰に騙されようが、生活破綻しようが、それは自己責任ですし、夢を見て、いつか夢から覚めたとしても、自分は夢を見ることができたのだとそれに満足できるなら良いと思うし、そうするしかないと今では思っています。

    青い鳥探しの旅ですが、青い鳥はマレーシアにいるのか、オーストラリアにいるのか、日本にはいないのか、今の自分の家にはいないのか、どこに行ってどうやったら捕まえることが出来るのか、冷静に考える必要があると思います。

    なことを言いながら、今の私の家の状態はこれと全く逆で舞い上がりが一切ない。なさ過ぎるくらい無い。それどころか行きたくないというストレスが溜まって病人まで出ている状態。困ったもんです。

    何事も思うようには行かないようで・・・・・

    草ちゃんも、絶対に後悔しないような計画を是非立てて、そして実行していただきたいと願っています。

    私も頑張りま~~~~~~~~す。

  5. SECRET: 0
    PASS: 6f335657657879344e306f6e584d72376d45444a524b61613633394b47325a6201799107957df09b67825e0002fc1328e49eee3a085fbb2242de9be88de40417
    なんだかゴールドコーストで仕事をしている人達は悪者ばかりみたいに思われたら困ります。私自身、電話関係、輸入中古社の仕事をしていましたが、地道にちゃっとやってる人達もいっぱいいます。

    でも、ボーッとしてる人からは儲けちゃおうと考える人はどこにでもいるわけで、理性が無くなって舞い上がってる人はカモにされて当然。判断力が消え去ってしまったのではないかとハタから見ていても感じるような人が少なくないんです。

    きっとマレーシアも同じだろうと思うし、まさか私も今更そういう道を歩きたくないので、ある意味、冷め切っている今の状態は良いことかもしれないなんて思うことさえあります。

    俺の場合は絶対に大丈夫だ。と言いつつ後で泣く人が絶えないのは一体何が問題なのか。それを忘れないでやっていこうと思います。

    青い鳥は常に自分と一緒にいる、なんて思えたらどこへ行っても幸せなんでしょうね。その線を狙っているんですが、なかなか・・・・・・・・・・

  6. SECRET: 0
    PASS: 546a476576444f6b53307448673956524d444d67706542506a494e696e4e384b25243201ebc99bdb23bc1be8e311a5b272f9d77ba0f5699aac1551764da7a145
    私も騙されやすい性質で何の根拠もなくこの人は誠実に対応してくれる筈と思い込む嫌いがあります。ですから過剰に自己防衛をしようと意識してしまいます。dabo_gcさんがコメント返しで書いて下さった影の部分は自分の将来を見る思いです。
    海外滞在が長いdabo_gcさんが希望されるように経済的な余裕が十分であれば、日本を拠点にして好きな時に海外へでるのが理想なんでしょうね。そう言う意味では日本に戻れる場所を維持して海外長期滞在を目指したいと考えます。
    本当の有意義な情報とは部分的なものであたかも総てであるように思わせるのではなく、全体を示してそれで判断をさせ、そして成功に導くべきと私も思います。
    この度のご忠告に感謝致します。

    いつかdabo_gcさんにお会いしたいですねね。

  7. SECRET: 0
    PASS: 3533747a76514d52656770467279307552696e51324a4d6b725359714b4c39581eeace647389df04a3295d18269ae86a23d3cbaa47d39dd8c0f4f24e03a3c82a
    草ちゃん、私のこのブログが何かの助けになったとしたらこんな嬉しいことはありません。是非とも素晴らしいマレーシア滞在を手に入れて頂きたいと思います。

    フト思ったのですが、騙されないように過剰に注意をしている方にも何度か会ったことがありますが、相手を信用しない、あるいは疑いの目を持って付き合うと、それが相手にも伝わりますし、自分も全く面白くないんじゃないかと思います。

    で、私が思うのは、相手を疑うんじゃなくて、自分を常に疑っていれば大丈夫だということなんです。

    うまい話を聞いて、それに乗ったとする。それは相手が悪いのか、自分が悪いのか。悪いのは自分ですよね。だから自分が今、これだ!と思ったことが本当にそれで大丈夫なのかそれだけ注意していれば良いって事になりますよね。

    また悪い人がいつも悪いわけでもなく、いい人がいつもいいわけでもなく、こちらによって相手も変わっていくわけですから、やっぱり自分を疑っていれば災難は避けられますね。

    一つ思い出しました。ゴールドコーストに10数年前でしょうか、一人の詐欺師が来まして、かつて銀行員だったという彼のサーファーズパラダイスで土産物店を開こうという口車に乗って、こちらでもやり手といわれている人達が何人か投資し、最終的にはお金を持って夜逃げされて騙されました。

    その詐欺師は我が家にも来て一緒に食事をしたり飲んだりする仲だったのですが、ちょっと話が大きい、不自然さは若干感じていました。でもまさか詐欺師だとは思わなかった。

    そして面白いのは、彼は私には一切仕掛けてこなかったんですよ。

    やっぱり舞い上がっていたり、隙があったり、あるいはスケベ根性があるからそれにつけこんで詐欺師も詐欺行為ができるんであって、自分がしっかりしていれば大丈夫なんだと後になって思いましたっけ。

    面白いのは、その詐欺にあって、最終的に取る物がないのでその店舗の権利を取った人が、それが切っ掛けになって商売を初めて、その後大きくかっぽり儲けて今に続いているなんてこともある。災い転じて福となるなんて、世の中面白いもんだと思いましたっけ。

    草ちゃん、いつかマレーシアで一杯飲みながらバカっ話でもしましょうね~~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *