相場のこと

このブログに相場のことを書くのは控えめにしたいと思うのですが、たまにそのことで意見を求められることがあります。また、前回FXの事も書きましたので、それに関して聞いてきた方もおられますので、ちょっとだけ私が考えるポイントを書いておきます。

まず大前提ですが、これだという決め手は存在しないということ。もしそれがあるなら、相場で失敗する人はいない。また、Aさんに取っては有効な手法でもBさんに取ってはまるで駄目だということもあります。それは心理的な物、性格が大きく作用するということと、自分が売買する対象商品、時期によっても変わるからだと思います。

重要だと私が思うことは、

● 裁量、つまり思惑だけで売買するのだけは駄目。
株だとすれば、この会社の業績は良いから上がるだろうとか、この辺が底かなとか、それでは丁半博打、サイコロを転がすのと全く違いがないと思います。

● 損切りすることが平気になること。
自分が望んだ方向へいつか戻るだろうという考えは捨てる。売買を始める前に、逆の方向へ動いた場合はいつの時点で撤退するというのを決めることが重要。これが出来ない限り絶対に勝てないと思います。勉強している内はなるほど、当たり前だと思うのですが、実戦ではかなり損切りは難しくなります。ですから、注文が通った時点で、ストップロスオーダーを入れる癖を付けるべきだと思います。

● トレード手法を決める。
損切りもそうですが、どういう時に買い、どういう時に売るのかというルールを作ること。このルールは絶対的なもので変更不可。裁量売買をしないということでもあります。システムトレードをお奨めします。

ここまでは基本的なことですが、次からはそれなりにやっている方に対するものです。基本はテクニカル分析をするという前提です。

● 一つの対象商品に縛らないこと。
つまり、最初に対象商品ありきでは駄目だと思います。つまり、日経225を売買すると決めてから、どうするかではなくて、自分の手法に合う対象商品を見付けること。対象商品によってそれぞれ動く癖があり、数多い商品の中には自分に合う物があるはずですので、それを探すことが重要。それは自分のチャートでデータを取り込んで見てみればすぐわかること。ただし、その動きも日によって違うのは当たり前ですから、絶対的な物として考えるのではなくて、その商品の動きの傾向、という程度に考えた方がいいかもしれません。

私としては前にも書きましたが、Eurex市場、つまりドイツに上場されている長期国債BUNDの動きが良いと思います。それと同様なことが日本国債にもあります。大きな市場は動きが滑らかです。スリッページが最小限で済むのも魅力。日経225よりはるかに簡単だと私は思います。FXのことはよくわかりませんがGBP/USDかEUR/USDが良いと思います。USD/JPYは動きが難しいと私は感じます。AUDは動き出すとスプレッドが広くなり、スリッページばかりが大きくなる。

株式のことは私にはまったくわかりませんが、デイトレというと日経225だ、SP500ミニだと単純に考えては絶対に駄目だと思います。世の中には自分を待っている商品があると考えてみてください。日本人だからJPYだとか、国内の商品だなんていう考え方は捨てて、世界中のありとあらゆる商品の値動きを調べてみるぐらいの気構えが必要だと思います。

デイトレーダーだとしたら
● チャートは必ずティック足で見ること。ここが非常に重要だと思います。分足はだめ。動かない時には売買も少なく、動く時には何倍にも取引が増えます。これを時間軸で固定して見てしまうと、ダラダラと続いていたところに突然長い足が出現という形になります。これは1分足でも同じ事。これではチャートで売買サインをだすのも難しいだけ。

ティック足で見ますと、取引が少ない時には詰めて表示され、多くなればそれはいくつかの足に別れて表示されますので、突然長い足がでることはなく、なだらかな曲線となって表示されるわけです。

このティック足での表示をサポートしているチャート、業者はきっと少ないのではないでしょうか。ですから諦めている方も多いかも知れません。またティック足のチャートも分足も、ちょっと見た感じでは同じように見えることも多いので、どうでもいいかと思いがちですが、大きく動く時、つまりチャンスがあるときにどういう違いがでるかはちゃんと一本一本足を比べて、サインの出方の違いも確認してみるべきだと思います。この作業を面倒くさがっては絶対に駄目。どうにかティックチャートを見てみてください。目から鱗が落ちるはず。

あるいは出来高足もいいかもしれません。これはティックチャートと似てると思います。

もし私にティックチャートがなければ絶対に勝てないと確信しています。

それと、このブログは相場関係ではないので、今後は相場そのものに関する書き込みは控えるつもりですのでよろしくお願いします。

これらのリンクを押しますと、それぞれのカテゴリーにある情報満載のブログに飛ぶことができます。良いブログがたくさんありますよ~~。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

相場のこと” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 38614f676a52416668746f55356656724d70326b384c7769536e4764706f376c8b4bde71497ebab47e77acde7a684860b74acbd3545988c6390d009938f44362
    Daboさんの記事を読んでFX参戦を前提に学習する気に成っています。
    簡単ではないとは思いますが挑戦してみますよ。
    きっかけ有難うございました。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74664e653635306a345157714c6735635a7238576e694a6437714d7361435473ca0cf31dfa29e7340444b1f6536d1b47e055aac76360b55d5abf5ef03fe15ea0
    Telemonさん、私はFXはかなり難しいと思っています。

    Telemonさんの場合はお仕事で為替が関係するので、そちらのヘッジ程度に考えているなら良いと思いますが、あわよくば・・なんてスケベ根性があると痛い目を見る可能性が高いと思います。

    もしこの世の中にドイツのBUNDがなくて、またティック足のチャートが手に入らないとしたら私は絶対に相場に手を出しません。

    多分・・・・

  3. SECRET: 0
    PASS: 76464c3651743864754e6c3630487557317256704f53776b58765a3544663474b742921c6d93dbd59325687b80b90f9d4402b6e6d7160df4398c5e7cd087a803
    ティック足・・・その重要性も理解出来ていない状態ですから、
    理解出来るように学習します。 その上で自分にあっているのかの判断をしたいと思います。
    仕事上、毎日為替とはにらめっこしていますのでその延長戦での勉強と考えていますよ。
    相場は私には向かないと思います。

  4. SECRET: 0
    PASS: 475a6b7865695950745773393859476d715769656c7976577a77624655337a536a5b27e8c50f46ce8b7f2f60f8ba7feaf2ebd473c5c80f19b0937d84843be3b2
    相場なんてって言ったらいけないと思うけれど、この世界って天国と地獄が隣り合わせで、やっぱりこの中で生きるなんて異常だと私は思いますわ。

    仕事で関係せざるを得ない人はたくさんいるだろうし、それは仕事の一環としてそれで良いけれど、相場そのものが生きる世界となると最悪。

    この世界に生きてもなーーんも残る物がないし。預金通帳の残高だけ。それも増えていれば良いけれど、減っていたなんてことも大いにあるわけで、人生が崩壊してしまう。

    やっぱりやることやって一段落付いて、隠居仕事としてやるのが良いと思います。

    かつて私の友達に若いのに就職もしないで自宅から相場をいじり、その世界で生きると言っていたのがいましたが、今は連絡も無いし、どうしているのか非常に気になる・・・・

    所詮、無くなっても良いお金でやるのが相場だし、これで資産形成しようなんて考える人は、この世界のカモになるだけだと思うなぁ。また他の収入がないというのもかなり厳しいし、遊び感覚、バイト感覚、暇つぶし感覚でやって、儲けが出たらそれこそ儲け物と思うのが一番だと思う。

    たまたま大きく儲けることが出来たら、宝くじにでも当たったと思うのが良いかも。

    で、その遊びを真剣にやるというのが相場の面白さかもしれない、なんて考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *