リンギット 為替管理

リンギットの取引に関していろいろ調べているのですが、どうも良くわかりません。

おわかりになる方、是非教えていただけませんでしょうか。

私の今の時点での理解ですが

1 海外での売買が禁じられている。(海外で売買をしてもそれ自体は取り締まりようがなく、タイ、シンガポールの一部では両替ができる)

2 マレーシア国内ではFXトレードが出来ない。(海外のFX会社への取り次ぎ会社はある)

3 FX取引の通貨ペアにリンギットは無い。先物にも無い。

これに間違いがありませんでしょうか。

かつてのアジア通貨危機にマハティール氏は海外での取引を禁止し、日本でリンギットを保有していた人たちは真っ青になったことがあるというのを聞いたことがあります。その時の処置により、リンギットは難を逃れたものの、ヘッジファンドやあのジョージソロスの様な連中に為替を金儲けの道具にされたくないという意志が今でもはっきり見えるようです。したがって、当然貿易や投資があるわけですから、国内で両替はできるものの、証拠金取引のようなリンギットをベースとしたデリバティブは存在しないように思われます。

情報提供、よろしくお願いいたします。

これらのリンクを押しますと、それぞれのカテゴリーにある情報満載のブログに飛ぶことができます。良いブログがたくさんありますよ~~。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

リンギット 為替管理” への1件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 37654d3439377976357a527a377a4b516e6c354d6842366e4c59737665543772f18198d22a4a2892f7f8183e76d02bf36d4033d36d67494df79be218faa7db34
    先日バリに行きましたが 普通に両替できたので「何じゃこりゃ?」と思いました 
    私のとらえ方は海外での売買は禁止されている 仕方ないので対ドルレートで計算して他の通貨に換えると言う建前上の二度手間をやっているんだと解釈しています リンギ→USD→日本円みたいな
    日本食材屋さんは日本円で契約してそれをUSに直してリンギットでTTで送るみたいなことをやっているみたいです 
    すみません知識不足で また詳しい人に聞いておきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *