顧客囲い込み作戦に乗ったバカ

海外生活情報はここをクリック
マレーシア情報はここをクリック
オーストラリア情報はここをクリック
ロングステイ情報はここをクリック

私は飛行機会社がやっているマイレージクラブとか、ホテルがやってる顧客囲い込みプログラムに凝っているのは何度も書いたとおりです。

確かに利点はあるんですね。そしてその会社がくれるという物を断る必要もない。

ところがですね、これにはまるとアレもコレも欲しくなってくるんですよ。飛行機会社で言えば、私はJALが主流。つまり他の飛行機会社を使うにしてもJALが加盟しているワンワールドというアライアンスに入っている飛行機会社を使うことになる。ところが、その飛行機会社じゃ駄目な場所も世の中たくさんあるわけで、違うアライアンスを使わなければならないこともある。例えばANAが入っているスターアライアンスであったり、ノースウエストのスカイチームであったり。

で、それをやっているとマイルが各社に散らばるわけです。まぁ、各アライアンスに一社と考えていますので、最大3社となるはずなんですが、実はそうは簡単に行かない。なぜならショッピングマイル、つまり買い物をクレジットカードで支払うことによってマイルが貯まるというやつなのですが、使いたくもない飛行機会社のマイルしか貯まらないということがあります。

で、同じアライアンスなのにマイルが分散されてしまう。私の場合はJALが主とは言うものの、同じアライアンスのカンタス、キャセイパシフィックのマイルも貯まりつつあります。非常に困っています。

そして、ANAとノースウェストというように、それぞれ別のグループから一社づつ、全部で5社のマイルを貯めている状況です。そりゃガンガン乗る人ならそれも良いかもしれないけれど、そんなにしょっちゅう乗るわけでない私にすると、分散はかなりうまくないわけです。それぞれにそれなりのマイルを貯めないと、下手をすると捨てることになる。ということで、乗りたくもない飛行機会社をわざわざ使ったりしてマイルをもっと貯めようとすることになる。

そんな馬鹿なことをしているのに、欲望はまた大きくなるんですわ。どうせ乗るなら、その飛行機会社の会員レベルも上げたいと思うようになるんですね。巷には修行僧と言われるマニアが多くいます。各航空会社の上級会員レベルを手に入れるためだけに、本来乗る必要もない飛行機に乗る人たちです。私はそこまでいかないけれど、似たようなものかもしれません。馬鹿げていると思うんですが、欲しくなるんです。

あるマニアが書いていました。どうしてそんなことをするんだ?という質問に、それがそこにあるからと答えていました。山登りが答える答えと同じですが、その気持ち、わかるんですよ。他人から見たらバカみたいなことかもしれませんが、趣味の物を集めるってそんなものかもしれませんね。でも本人は趣味だとは思っていない。実利があるからそれは必要なのだと思ってる。というか、自分にそう言い聞かせている。

ホテルのプログラムも同じ。上級会員になるとかなりの特典があるわけです。ホテルの場合、何よりも嬉しいのが無料アップグレードですが、お金に換算したら数万円の違いがある部屋に無料でアップグレードしてくれる。寝るだけだからどこでも同じという人もいますが、やっぱり良い部屋って気持ちも良いじゃないですか。でも正規のお金を払ってまで良い部屋に泊まるほど裕福ではない。でも会員レベルが上がると無料でスイートルームにアップグレードしてくれたりすれば、それを利用したくなるのは普通でしょ。そして無料で宿泊できたり、とんでもない安い値段で泊まれる特典もついてくるんですから。

で、ホテルも一つのグループに決められればそれもいいですが、これがまた簡単にはいかない。都市によってそのグループのホテルがないことだってあるわけですから、少なくとも二つのグループを利用することになる。ところがそれぞれのグループで良い待遇を受けるためには、それこそ年間60回、あるいは100日以上の宿泊をしなければその会員レベルを維持できないわけです。世界中を飛び回る人たちって実際には結構いて、150日200日泊まる人もいっぱいいる。そういう人たちが集まって情報交換をする場に自分も入ると、段々彼らの考え方に影響されて来ちゃうのですね。

で、あるレベルを維持するのにあと10日足りない、なんてことになるとわざわざそれを維持するためだけに泊まる必要もないホテルに泊まる。飛行機で言えば、用もないのにある都市間を行ったり来たりするわけです。

で、この費用が怖ろしいことになるわけです。

趣味に何十万、何百万使う人なんてざらにいるわけで、それを考えれば、これを趣味と割り切ってしまえばなんてことがないのですが、お金の勘定をする度に、俺ってバカだなぁ、って思うわけです。

で、今日何でこんな事を書き出したかというと、私はあることを忘れていました。嫁のことです。私がある会員レベルを保っていれば、同伴者も同じ扱いを受けることが多くあります。ホテルがそうですね。一緒に同じ部屋に泊まるんですから。

でも飛行機の場合はそうはいかない。とくに同じアライアンスの他の飛行機に乗る場合、JALなら嫁も私と同じ待遇が受けられる物の、違う会社になると、私だけにしか特典がない。これも非常に困るわけです。同じ飛行機に乗るのに、嫁と別行動なんて出来ませんから。ということは、私がその特典を放棄することになります。

じゃぁ、嫁も同伴者としての権利じゃなくて、一人の顧客としての権利を取ればいいということになります。

それを今日考えていたんですが、自分一人でもいらん金を使っているのに、嫁もということになると大変なことになる。ほぼ不可能です。でもチャンスがあったらそうしようと思う気持ちがあるのも事実。

まぁ、そんなこんなで飛行機会社やホテルの良いカモにされています。彼らがくれる特典欲しさにいらない金を使うなんバカが世界中にごまんといるわけで、この経済効果って凄いものがあると思いますわ。またその会員レベルを維持することを考えたら、他の会社に浮気できないんですから。

旅行に行くにしても、同じ日程、同じ飛行機、同じホテルだとして、ツアーならかなり安くいけるのがわかっていても、自分で飛行機、ホテルも別々に取るわけです。ツアーより5割は高くなるでしょうね。それでもそちらを選ぶバカが世の中にゴマンと居る。この業界、これで食ってるんじゃないかと思うことさえある、今日この頃・・・・

海外生活情報はここをクリック
マレーシア情報はここをクリック
オーストラリア情報はここをクリック
ロングステイ情報はここをクリック

顧客囲い込み作戦に乗ったバカ” への1件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 4f4b4c5046395a716b56505634313455757667564a5759794747593533394478547a1cf552804d3f008db0d53b11300df1e84c39086faa81726d50fdcf348116
    ANAカードは布袋のEdyで換金してショッピングに利用出来ます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *