ブラックカード

海外生活情報はここをクリック
マレーシア情報はここをクリック
オーストラリア情報はここをクリック
ロングステイ情報はここをクリック

クレジットカードでブラックカードと呼ばれる物がありますよね。

普通の
ゴールド
プラチナ
ブラック

みたいな感じでしょうか。私は持っていませんし、見たこともありませんが、月々の利用額が無限であるとか、家でもジェット機でも買えちゃうとかおおげさに言われているカード。

そのブラックカードというのがどのクレジットカードでもあるのかどうか私は知りませんが、アメリカンエクスプレスではセンチュリオンと呼ばれているんですね。

で、今まではこれが欲しくてもなかなか手に入れられないと言われていました。申し込んでもらえるわけではなくて、クレジットカード会社からの招待という形を取っていると言われていました。ではどんな人が招待されてるのかという条件ですが、年間5000万円コンスタントに使わないと駄目だとか、買い物の内容も関係あるとか、1億円使ってももらえなかったとか、様々な事が言われていましたが、これなら間違いなく招待されるという条件もはっきりしていなかったようです。

ところが、去年辺りからでしょうか、アメリカンエクスプレスが条件を公表しているようで、こちらから申し出ることによってもらえるようです。ただ、数を制限しているのは間違いがないようで、すぐにもらえるということでもなくて、順番待ち状態になることもあるようです。

その条件は

★ プラチナカードを1年以上持っていること
★ 過去12ヶ月に25万ドル以上使っていること
★ 支払い遅延などの事故を起こしていないこと
★ その他

でもらえるようです。ただ、このその他というのがくせ者で、内容がはっきりしていないのですが、好ましくない買い物をしていると駄目だと言われています。好ましくないというのが実際なんなのかわかりませんが、普通の買い物をしている分には大丈夫なようです。これはポイント制になっていて600点取らなくては駄目だという話しもありますが、ではそのポイント制がどういう内容なのかというのは私にはわかりませんでした。

このセンチュリオンをもらえる条件が整ったとしても、年会費が2500ドルであるとか、最初の初期費用に5000ドル掛かるとか、まぁ凡人には手が出るものではないのは間違いなし。12ヶ月で25万ドルというのもそれなりの仕事で使うのでは無い限り、これまた凡人には関係ない世界の話し。

今ではなんてことはないですが、若い頃、クレジットカードを持っていること自体、ステータスだった時代がありました。へぇ、ゴールドカードを持ってるの?凄いね、なんて言われる時代がありました。今じゃゴールドカードも当たり前になりましたが、このブラックカードといわれるカードだけは別格でした。店でもホテルでもこのカードを見せるだけでまるで別世界の扱いを受けたという話は随分聞いたものです。

実際にこれがあったらどうかという点ですが、私としては最初の5千ドルの捨て金がもったいないと思うし、年間2500ドル分の価値があるかと考えると、答えはノーです。ただ、もし初期費用もなく、年間1000ドル程度なら欲しいと思います。採算は合いそうです。

最高峰のセンチュリオンでなくしても、プラチナカードでもほぼ同等のサービスがあるようですが、プラチナカードですと年間650ドルかな。これはアメリカの話ですが、オーストラリアですと年間900オーストラリアドルです。今、10周年キャンペーン中とかで650ドルオーストラリアドルですが、それなりに面白いサービスがいろいろとくっついてきます。

私のように飛行機会社のマイルを貯めるのが好きであるとか、それと同じようなホテルのポイント、その他似たようなものが世の中に色々存在しますが、この手のカードを持っているだけでそれらの会員の上位クラスが付与されることがあります。興味のない人には全く馬鹿げた話で、年間1万円の会費でさえも払いたく無い人は多いはずですが、飛行機会社のマイルや、ホテルのポイント、会員資格によって受けられるサービスに興味のあるような人には気になる存在です。私もそうですが、その手のポイントや資格はお金で買えるなら買いたいと考える人は少なくないんですね。

例えば飛行機会社のマイルですが、私は1マイル3円で計算しています。もし3円で買えるなら買いたい。買ったマイルで特典航空券を入手したほうが、キャッシュで航空券を買うよりかなり得であるということです。たとえば私が一番利用する機会が多い成田-ブリスベンですが、キャッシュで買うとエコノミーで12-16万円。これが3万あるいは4万マイルでもらえるので3円計算ですと9万-12万円ということになります。ビジネスクラスだとキャッシュで50万円ですが、それが15-18万円相当のマイルで手に入ります。そしてなおかつ、マイルで手に入れた航空券は一年オープンと同じですので、キャッシュで買った航空券より条件は上ということになります。その他もろもろ良い点があるのですが、とにかくマイルを貯めるのはお得という考え方です。

クレジットカードによってこの手のマイルが効率よく貯められるものが存在するわけです。どれでも同じと言うことではありません。つまり、年会費が高くても、どれだけ効率よくマイルが貯められるか、同じようにホテルのポイントが貯められるか、そしてなかなか手に入れるのが大変な会員資格の上級資格が手に入るということなら、それをお金に換算した場合、年会費が高くてもOKということになります。

私の様なオタク系ではなくて、実際に仕事であちこち動き回る人に聞いてみるとアメリカンエクスプレスのプラチナは使えるという話を良く聞きます。私にはわからない世界ですが、コンシェルジェが使えると言われているようです。ホテルにいるコンシェルジェと同じですが、私設秘書代わりに使えるよ、という話を何度か聞いたことがあります。

たとえば、仕事で香港に行ったとします。そこで急遽北京に飛ばなくてはならなくなった。普通だとここであわてることになります。飛行機はどうする?ホテルは?送り迎えは?と、これを自分でやるのはかなり面倒なわけですね。ところがコンシェルジェに電話一本入れて、自分の予定を告げるだけで全て手配をしてくれると聞いています。そして飛行機運賃やホテルの料金も特別価格で、なおかつホテルの一番安い部屋を予約したのに、スイートルームに無料アップグレードしたとか、そういう感じでしょうか。

ま、これは大げさな書き方ですが、それなりにコンシェルジェは使い道があるようですし、カードに無料で着いてくるホテルやレンタカー、その他の会員資格は普通に手に入れるとなるとかなり大変なものがオマケでもらえちゃうわけです。で、マイルもポイントも有効に貯まるのなら、手に入れた方がいい計算は成り立ちます。

でも、5000ドルの初期費用、2500ドルの年会費は高いですねぇ。ブラックカードを手に入れて、一人でニタニタしたい気持ちはありますが、これはあまりにも高すぎる。

ただ、プラチナカードは今、真剣に考えているところです。年会費がオーストラリアの場合、約9万円ですが、家族カードは無料だったかな。今メインとして使っているJALゴールドコードですが、夫婦で年間36000円払っています。これも結構高くて頭がいたいのですが、仕方がないと諦めています。もしこのJALゴールドカードと同じ特典がアメリカンエクスプレスにあるのなら、間違いなくJALカードをキャンセルしてアメリカンエクスプレスのプラチナに乗り換えしますが、JALカードプラスアメックスの年会費を払うなんてことになると気が狂います。

最近、銀行口座の見直し、クレジットカードの見直し中で、新たに口座開設、クレジットカード入手が進んでいますが、クレジットカードの年会費だけでトータル9万円前後になってしまっています。これをどうにか整理して6万以下に抑えたい状態ですので、現実的にはセンチュリオンどころか、どんなに良い特典があろうとプラチナを新たに手に入れるのは難しい状態で、まぁ、こういうのがあるんですねぇという、お話だけ。

とにかく何でも安くあげたいという人向きではありませんが、どうせそれなりのお金を払うのなら、もう一つ上のサービスが欲しいという人は考える余地があるのかもしれません。

海外生活情報はここをクリック
マレーシア情報はここをクリック
オーストラリア情報はここをクリック
ロングステイ情報はここをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *