Citibank が危ない?

海外生活情報はここをクリック
マレーシア情報はここをクリック
オーストラリア情報はここをクリック
ロングステイ情報はここをクリック

あまり想像したくないことがありますが、こんな記事がありました。

ニューヨークポスト

シティーバンクも危ないという記事。まぁ、UFJだって危ないと思った時期もあるわけで、シティバンクだって今後どうなるかは誰にもわからない。

で、このメガバンクが破綻するようなことがあったら世の中どうなるのか。

自分が築いた金融資産は安全かどうか、吹き飛んだらどうするのか。皆さん、どうします?

いつ何時何があるかわからない。だからこそいつでも食える自分である必要があるんですね。ちょっとやそっとの資産を作って、それで早期リタイアなんて考えるべきじゃないと言うのは、こういう事でもあります。自分の資産なんていかに危ういものか・・・

逆にいつでも食えるような自分なら、資産なんか後から着いてくるから大丈夫ということになる。で、自分は何で食っていけるか?いつの時代も、どこの国へ行っても食える自分であるのかどうか。

ここでやっぱり出てくるのが相場なんです。相場ってどの国にも、いつの時代にも存在する。商品でもいいし、為替でもいいし、もちろん株でもいい。その取引市場さえ存在していればどうにか生きていけるとしたら良いですよね。

投資じゃないです。投機です。スペキュレーション。短期勝負。

これで食える技術を持てば世界がひっくり返っても、そこで生きていける。

それと、世界中どこに行ってもある商売ってのがありますね。質屋。ポーンショップ。私はこの商売がない国へ行ったことがありません。だから、万が一の時には、この店へ行って、当面のお金を得られる状態をいつも作っています。

それはなにか?

私の場合はダイアモンドです。指輪にして常時身につけています。金でも良いのですが、金は重い。100万円分の金って凄い重さになります。でもダイアモンドなら小さくて軽い。デパートで100万円で買ってきたダイアは駄目です。どこの質屋に持っていって、たたき売ってもその額になるような物を持たないと意味がない。50万円でも良いと思います。

海外旅行に行ってもこれがあると安心です。パスポート、お金、クレジットカード、全てを無くしたとしてもこれさえあればどうにか帰ってくることはできます。あるいは、もし旅行中に世界が破綻しても、これを元手に立ち上がることができると思っています。私にとってはこれが何にもまさる保険です。

では、それさえも無かったら・・・・

どうなるんでしょうか。想像も付きません。

皆さん、そういう状況になったらどうします?

海外生活情報はここをクリック
マレーシア情報はここをクリック
オーストラリア情報はここをクリック
ロングステイ情報はここをクリック

Citibank が危ない?” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 387554355272466537737a6a744b335a465877625a464c46524d37324a426162202c49ff33819be895e9698fb7dd535753184ce7d2b453b21bd443e5ab235691
    マレーシアでは 金製品をプレゼントするときはレシートもいっしょに渡します
    レシートつきだとマーケットプライスで買い取ってもらえますが ないと半値以下で買い叩かれるそうです

  2. SECRET: 0
    PASS: 4834516c6d37506a68394f736430764b4f39634a6a7a5645715861766f6a64507e7cdf0b6e18ee65b2b397aa4e161115484c14b8d68a4bf3e4e9ff252ca44b2f
    日本では考えられない習慣だけれど、それっていいかもですね。金は確かに含有量がどのくらいか調べるのは簡単じゃないし・・・

    昔、金製品で有名なマカオの土産物で、 KIS というマークを見たことがあったのを思い出しました。ルーペで見ても K18 に見えた。

    その点でも宝石の方が鑑別(本物か否か)、鑑定(価値)は簡単だから良いかもしれません。

    フト思ったけれど、マレーシアの質屋を回って掘り出し物でも探してみたいなぁ。あるかなぁ。

    かつて、日本での本業は宝石屋でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *