株式売買&納税義務(非居住者)

海外生活情報はここをクリック
マレーシア情報はここをクリック
オーストラリア情報はここをクリック
ロングステイ情報はここをクリック

国税庁のHPにこれに関する記述がありましたので、転載します。

元はここ クリック

No.1936 海外出向者が株式を譲渡した場合

[平成19年4月1日現在法令等]

 サラリーマンが1年以上の予定で海外の支店などに転勤すると、原則として日本国内に住所がなくなりますので、所得税法上非居住者となります。
 非居住者の場合、日本で課税を受けるのは国内源泉所得のみとされています。
 また、非居住者に対する課税は、日本国内に恒久的施設を有するか否かでその方法が異なり、総合課税か源泉徴収による分離課税となります。
 恒久的施設とは(1)支店等、(2)建設作業所等、(3)事業に関し契約を締結する権限を有するなど一定の要件を備える代理人等をいいます。
 サラリーマンが海外出向中であれば、一般的には恒久的施設を有しない非居住者に該当します。
 恒久的施設を有しない非居住者の場合、譲渡所得については、国内源泉所得とされる譲渡のみ課税され、株式を譲渡して譲渡益が生じた場合でも、国内源泉所得に該当しなければ日本で課税されません
 内国法人の発行する株式等の譲渡で国内源泉所得として課税されるのは以下の場合等です。

* (1) 内国法人の株券等の買集めをし、これをその内国法人等に対し売却することによる所得
* (2) 内国法人の特殊関係株主等である非居住者が行う、その内国法人の株式等の譲渡による所得
* (3) ストックオプションの権利行使により取得した特定株式等の譲渡による所得
* (4) 特定の不動産関連法人の株式の譲渡による所得
* (5) 日本国内にあるゴルフ場の株式形態のゴルフ会員権の譲渡による所得
* (6) 日本に滞在する間に行う内国法人の株式等の譲渡による所得

 課税される場合は原則として確定申告による15%の税率の申告分離課税となります。また、租税条約により日本で課税されないこともあります。なお、ゴルフ会員権の譲渡は総合課税の対象となります。

(所法161、164、169、170、所令291、措法37の12)

————————–
以前調べたとおり、納税義務もないことがこれからわかりますが、口座を開けなければどうにもならないじゃないか、という問題が残ります。

非居住者が証券取引用の口座を開くのは法律違反ではなくて、証券会社の社内規定と言うことですので、個人の責任に置いて無理矢理開くのは可能かもしれませんね。その辺のことは私にはわかりませんので、ご自分でお考え下さい。

しかし考えてみれば、もし非居住者に口座を簡単に開かせるとややこしいことが起きるかもしれませんね。証券会社の社内規定とは言うものの、もしかしたら国税庁がそうするように指導しているんじゃないかと勘ぐってしまいます。規制緩和は対外的にもやらないとまずいから法律では禁止しない。でも国税庁の本音は禁止なのかもしれない。もし、証券会社がこれをOKしてしまうと、海外に出ている知人の名義を借りるなんてのも出てきて、これまた脱税の温床となるかもしれませんよね。

名義の貸し借りは所得税法上で違法(未確認)ということらしいですが、巷では違法との認識が無くて親兄弟の名前を借りちゃったなんてのは結構ある話ですし、マレーシアに渡った人とか、香港シンガポール、その他のタックスヘイブンに住んでる人や会社の名前を使ったら非居住者ですから無税。そして、その人達の国ではそもそも税金が掛からないわけだから、名前を使っても良いよ、なんて簡単にOKする人が出てくるかもしれない。

ずるいがしこいやつは、脱税をしたい日本人、日本企業に名義貸しますなんて商売を始めちゃうかもだ。名義を貸す人は日本人の必要もないし、世界の誰でも良いって事になるからメチャクチャ。その名前を使って信用取引までもが出来ちゃった日にはいくら担保を積ませても大きな暴落相場の時にはその担保もショートするわけで、追い証支払い不能事故が続出。株式市場が崩壊する危険すらありますね。株式市場の崩壊は国の崩壊。うーーむ、これは簡単にOKしていい事じゃないなぁ。

こりゃやっぱり非居住者に口座は開かせない方がいいわ。証券会社は偉い!!

とは言うものの、こんな社内規定がない国はいくらでもある。香港シンガポールとかタックスヘイブンじゃないアメリカにしても非居住者の取引口座は簡単に作れるし、信用取引も出来る。アメリカの場合はW-8っていうこの世界じゃ有名な書類の提出をさせられるけれど、他人名義ならそれも意味を成さないし、どうなっちゃうんだろうか。

日本では、個人じゃなくして、非居住者の機関投資家の場合、適格機関投資家としてに金融庁長官へ届出が必要というルールがあるのも納得。ちゃんとその会社を調べないと、日本企業のダミーかもしれないしね。

面白い世界ですねぇ。

このネタ、経済推理小説につかえるかもだ。実は、非居住者の証券取引口座を利用した、日本国家転覆を狙った北の陰謀だったなんて結末。マレーシアに渡ってボーーっとしててもしょうがないから、小説でも書きますかね。 ^^v

海外生活情報はここをクリック
マレーシア情報はここをクリック
オーストラリア情報はここをクリック
ロングステイ情報はここをクリック

株式売買&納税義務(非居住者)” への1件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 534747756f627943675259684456724f77567733724762664b32784738443331f865a3340018cb1c7d8fd5a380c9e3ee07b57b2588ffef33323e7acd0e2153e1
    だぼさんならたちばなあきらを超える小説、絶対書けそう!!
    めっちゃ楽しみにしています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *