日本人がいない学校

海外生活情報はここをクリック
マレーシア情報はここをクリック
オーストラリア情報はここをクリック
ロングステイ情報はここをクリック

私の長男も次男も、大学に日本人がいないと嘆いています。

え?と思う方は多いと思います。最近は修学旅行でオーストラリアに来るケースも多いし、ワーホリもごっそりだし、留学生もいっぱいいるはずだと。

それは間違いがないんだけれど、日本人が行くところって大体決まっているんですよね。語学学校とか、変に海外(オーストラリアから見て)に力を入れている学校とか。いわゆる普通の大学に行くと、日本人は非常にマイナーな民族ということになるようです。その代わり、中国人はどこにでもいる。韓国人も日本人より多い。

この中国人の多さにはびっくりするほどで、昔だと中国人といえば、台湾、香港、シンガポール、マレーシアからの中国人だったのが、最近では本土からの中国人がごっそり来ています。そしてインド人も多い。

まず、医学系。そしてビジネス、会計。長男はメルボルン大で金融を取っているんですが、会計のクラスにオーストラリア人が一人しかいなかったってぶったまげていました。やっとこさ知り合った日本人は、慶応の大学院生で交換留学生だったかな。でもすぐに帰っちゃったそうです。最近また一人見つけたと言っていましたが、彼は正規留学生。その彼と気があって、今後一緒にアパートを借りるそうです。

日本人大好きな長男ですが、まるで日本人がいないといつもブツブツ言っています。で、友達の多くは中国人だし、一緒に住んでいるルームメイト達もドミトリーで知り合った中国人。彼女も中国人。最近、習ってもいないのに中国語を話す変な日本人になっちゃいました。

彼が住んでいるのはメルボルンです。その話を聞いた次男は、絶対に兄貴と同じ大学は行かないと言っていました。おいおい、遊びに行くんじゃないんだぞ、と私は言ったものの、彼の気持ちもよくわかりますわ。で、シドニーの大学なら行くと言っておりましたが、ではシドニーがどういう状況かというのは私にはわかりません。メルボルンよりは日本人が多そう。

で、結局次男は成績は兄貴より全然良かったのに有名校はすべて蹴って、日本人だらけのゴールドコーストのボンド大学に入りました。でも大学の中は中国人ばっかりで、やっぱり日本人は少ないと言っています。大学付属の語学学校にはわけのわからない糞大金持ちの日本人とか、フェラーリに乗る台湾人とかいるようですが・・・・

日本から語学留学をさせる場合、日本人がいないところがいいと考える親は多いと思いますが、田舎の学校に行くと、それこそクロコダイルダンディーの映画に出てきたオーストラリア英語を話すようになっちゃうかもしれませんし、そこは考えようだと思います。

オーストラリア英語はねぇ・・・なんて言う人も多いですが、私はオーストラリアの標準語は非常に良いと思っています。前にも書きましたが、Rや曖昧母音が異常に強いアメリカ西海岸の英語より綺麗だし、蓄膿症?なんて思うキングスイングリッシュよりもいいかもしれない。私として一番好きなのは、オーストラリアの発音でイントネーションをイギリス風にしゃべる英語。ミーハーかもしれませんが、かっこいーーーーーなんて思っちゃいます。

日本を考えてみてくださいな。津軽とか鹿児島がどういう日本語をしゃべるか。あるいは大阪のど真ん中で河内弁を覚えてきたらどうなるか。関東だって茨城のような郷愁溢れる日本語もあるわけですし、方言を聞いてすべてがそれだと思われても困りますよね。オーストラリアもあのなまりが当たり前だなんていうと、何も知らないのねって笑われます。話題としては面白いけれど、オーストラリアではみんなあんな言葉を話しているとは思わない方が良いと思います。まともな人はまともです。

I go to hospital today が I go to hospital to die になるなんて笑っちゃう例が良く出てきますが、たしかに a の発音に特徴があるのは間違いがありません。でも、その発音が極端な人ってお年寄りとか田舎の人がほとんどで、私の回りには A をアイと発音するオーストラリア人はあまりいません(テレビのアナウンサーにたまにいるけど)。でも田舎に行くと、全員これかもしれない。ですから、留学先を考える上で、日本人のいない田舎を選ぶとちょっと危ないかもです。アメリカに英語を学びに行く人も、真剣な人は東海岸に行きますね。あえて日本人がいない田舎を選ぶのはちょっと考え物です。これはオーストラリアも同じだと思います。

本来、英語を学ぶのに海外に出る必要なんか全くないというのが私の持論なんですが、言葉とは文化そのものですから、やっぱり現地で覚えるというのは言葉を覚える以上の良さがあるのは間違いがないかもしれません。で、大都市の日本人が多い語学学校に入ったら英語も覚えないとか、日本人とつるんで遊んでばっかりになるかもしれないとか、そういう心配はありのがわかりますが、もしそうなったら、所詮そういう子供だったと、そういう子供に育てた親である自分がバカだったと諦めるべきだと思うんです。ちゃんとした子はちゃんとしてますから、余計な心配かもしれません。また、結局遊んじゃったとしても、それも大事な人生勉強だと思うんです。日本に帰ってから反省して猛勉強したなんて話も少なくないです。実は私もそのパターンの一人です。^^v

------------

日本人が少ないのはある意味危険かもしれません。というのは、日本人はひじょーーにもてるそうです。これは男の子も女の子も同じで、日本人だというだけでもてるらしい。お相手は、中国人、韓国人。特に台湾人は日本人が大好きみたいで、追いかけ回されると言ってましたよ。

昨今アジアの若者の中では日本ブームになってるでしょ?あれの流れだと思いますが、まぁ、凄いらしい。長男はメルボルンでかなりいい思いをしているようです。

私もメルボルンに行きたい・・・・・

海外生活情報はここをクリック
マレーシア情報はここをクリック
オーストラリア情報はここをクリック
ロングステイ情報はここをクリック

日本人がいない学校” への1件のコメント

  1. 接客業から学んだマネジメントと文化 ブレンダン先生(あざみ野)

    Q: お生まれはどちらですか? オーストラリアのシドニーの郊外、マルーブラ(Maroubra)で生まれました。シドニーにある有名な海岸です。子供の頃は夏休みになるといつも友達と海岸に行き、スポーツをしたり泳いだりして遊んでいました。 I wan born in Sydney Australia, in a beach suburb called Maroubra. It’s very famous beach in Sydney. So my childhood was always in summer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *