シティバンク オーストラリア

海外生活情報はここをクリック
マレーシア情報はここをクリック
オーストラリア情報はここをクリック
ロングステイ情報はここをクリック

口座も開設され、VISAデビットカード2枚(夫婦)とデポジットブックが到着。

VISAデビットカードは世界中で使えるわけですが、海外での利用では2.5%のチャージだそうです。結構大きいですねぇ。

この口座は Ultimate Saver Account で

★ 出し入れ自由
★ 1万ドル以上の預け入れ金に対して8%の利息
★ 利息は毎日計算し、毎月振り込まれる
★ VISAデビットカード、キャッシュカード併用のカード
★ 口座維持手数料ゼロ
★ 小切手は無し
★ インターネットバンキング

こんな感じでしょうか。1万ドルは死に金になりますが、それ以上の額に対しては8%というのは大きいと思います。定期預金でも8%をもらうのは結構大変で、当然ロックされますし、出し入れ自由というわけにはいきませんから、まぁ、良いかなと言う感じ。

この口座とは別に Citybank Plus というのがあります。

ほとんど上のと同じですが、

★ 小切手が使える
★ 口座維持手数料毎月AU$5.00
★ 全ての金額に対して利息は7%

これと上のとどちらが良いか悩むところです。この場合は1000ドルでも金利が付きますし、小切手が使える。口座維持手数料の毎月5ドルは年間60ドルですので、約870ドルから生まれる7%に相当します。

8%もらっても1万ドルには利子が付かないということは、2万ドルの預け入れでは4%となります。10万ドル入れて7.2%の計算。つまりかなりの額を入れないと8%のメリットがない。なおかつ小切手もないということで、開けたばかりですが、解約しようかなんて考えています。 ^^;

ちなみにオーストラリアではこのように、出し入れ自由な、日本で言えば普通預金みたいな口座でもこれだけの利息が付くものが普通です。定期預金と比べても大きな差がない。

——————注釈——————
シンガポールや香港のシティバンク、HSBCなどのマルチカレンシー口座に入れても5%以下しか付かない。
—————————————-

日本の在住者でもこの口座が開けるとのことです。その場合、居住地は日本とすれば、利息に対して10%の源泉税がかかります。外国ということだけで日本を指定しないと48.5%の源泉です。

10%取られても実質的な利回りは日本国内のオーストラリアドル建ての定期よりいいでしょ?日本ではそこから20%の源泉ですが、オーストラリでこれを利用して日本で申告する場合、差額の10%でOKのはずです。

それと日本の外貨預金の多くは、オーストラリアドルの持ち込みでは駄目だというケースが多い。これって私に言わせると詐偽みたいなもんで、彼らは円とオーストラリアドルの為替交換で儲けたいんですね。だからボーナスで10%つけますなんてのがあっても、実質的にはまるでうまみがない。

つまり日本の場合ですと

★ 両替手数料が大きい
★ 定期の金利が低い
★ 20%の源泉

となりますが、比較する物が海外ではなくて日本国内の円建ての定期ですから、こりゃいいわと思う人が多いわけで、カモがネギ背負って自分から来た状態になりますね。でも海外のわけのわからない銀行に口座を開くなんて事は自殺行為と同じような気がするから妥協するんですね。

私の考えでは、定期預金ほどつまらないものはないわけで、まとまった額をロックされるのならまだ他に面白そうな投資対象商品はあると思います。もちろんリスクをどう考えるかがポイントですが、すくなくとも定期より債券の方が良いと思いますし、定期にする必要性というのが私にはピンと来ません。

で、ロックしたくない資金はこのような出し入れ自由でも良い%が付く口座に入れたいわけです。

私は今までずーーっと Bank of Queesland という地元の銀行を使っていました。クイーンズランド州の銀行ですから、他州に行くと支店がないとか、ここが発行するATMカードは海外で使えないとか、不便はあるのですが、銀行の中では利息がいいという点があります。リスクを考えるとどうかわかりませんが、私はこの銀行のサービスや行員の応対が好きでずーっと使っておりました。

この銀行ですと、上に書いたシティバンクの7%と同じような口座で7.15%(シティバンクもいい方なので大差なし)。そして定期預金ですと8.35%(これは他行では珍しい%)というのがあります。

今日も行ってきたのですが、近々世界中で使えるデビットカードも出すと言うので、解約しようかどうか迷ってしまいます。

オーストラリアではANZという銀行が有名ですが、クレジットカードも含めてこの銀行をメインに使っていました。ところがですね、一昨年だまされたと感じたことがあって、それ以来、付き合うのが嫌になっています。

当時、出し入れ自由で7%付くという上記のような口座を紹介され、あちこちに散らばっていたお金、満期になった定期のお金とかかき集めてかなりの額をその口座にいれたんです。で、出し入れ自由で7%はいいなぁ、なんて思いながら3ヶ月ぐらい経ったある日、計算書を見てびっくり。7%付いていないんですよ。

ありゃ、何かのミスかと思って銀行に行ったところ、「お金を引き出しましたよね?」って言うんですよ。そりゃそうです。出し入れ自由って聞いていましたし、日頃のお金を入れたり出したりしていました。ところがその時に説明を受けたのは、出し入れ自由ではあるけれど、引きだした場合にはその月は7%つかないという話。

ウソだーーーーーーーーーーー。そんな話は聞いていないぞ、と文句を垂れても駄目。

出し入れ自由で7%と宣伝していますし、誰でもそのまま受け止めますよねぇ。口座を開くときに、引きだしたらその7%が付かないという説明は受けませんでした。でもその時サインした書類にはもちろん書いてあるわけです。これって落とし穴だと思いましたわ。ちゃんと細かく説明してくれる行員のいうことがすべてだと思っちゃうんですね。こちらから、「出し入れしても7%は必ずつくのですね?」と確認をすれば「いいえ」と答えたのでしょうが、その時点でそんなことを聞こうとも思わなかったです。信じ込みって恐いと思いました。

3ヶ月でウン十万損しましたし、頭に来たので、その日に全額引き出して数件隣にある Bank Of Queensland の口座に移してしまいました。ただ、ANZのクレジットカードがあるので全て解約しようかどうしようか悩んでいます。今ではシティバンクのVISAデビットカードがあるので、それを使えばいいのですが、ANZのVISAカードには私の弱みを握られています。

そう、弱みがあるんです。

これを使うとカンタス航空のマイルが貯まる・・・・  ^^;

海外生活情報はここをクリック
マレーシア情報はここをクリック
オーストラリア情報はここをクリック
ロングステイ情報はここをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *